1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(664Kb)

【共有変数のレビュー効率化に貢献】共有変数自動解析ツール Shared Variable Checker2

製品カタログ

Cソースを静的解析し、変数の競合状態を図表で生成、不具合リスク箇所の特定に寄与

■製品概要
Cソースを静的解析し、変数の競合状態や関連性を図表で生成し、お客様のレビューの効率化や、品質向上、不具合リスクの特定に貢献致します。
ポインタ関数/変数、マルチコア・排他制御にも対応しております。

■製品特徴
・ガイオ・テクノロジー製「CasePlayer2」の解析情報から、変数競合状態を解析
-CasePlayer2製品紹介URL:https://www.gaio.co.jp/products/caseplayer2
・上記解析結果をもとに、変数の競合状態を図表で生成
・解析結果は、Excel/PDFに一括変換
・関数と変数のマトリックスを表示可能

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 【共有変数のレビュー効率化に貢献】共有変数自動解析ツール Shared Variable Checker2
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 664Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ガイオ・テクノロジー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

共有変数自動解析ツール「Shared Variable Checker2」 共有変数のレビュー効率化に貢献 Shared Variable Checker2 Cソースを静的解析し、変数の競合状態を図表で生成、不具合リスク箇所の特定に寄与 関数ポインタ/ポインタ変数・マルチコア・排他制御(割り込み)・構造体/共用体メンバ変数等に対応 関数と変数のアクセスをマトリックス表示(CSV出力可能)
Page2

スライド番号 2

共有変数自動解析ツール Shared Variable Checker2 製品概要 Cソースを静的解析し、変数の競合状態を図表で生成、レビューの効率化/品質向上に貢献  関数ポインタ/ポインタ変数・マルチコア・排他制御(割り込み)・構造体/共用体メンバ変数等に対応 Shared Variable Checker2 ソースA ソースB ソースC 共有変数 可視化 ソー スB ①変数を選択 ②変数競合の発生箇所と要因を確認 ③関数ツリーにて、Read/Write情報を確認 製品特徴 関数ポインタ/ポインタ変数を自動的に紐づけ&解析 割り込み禁止/許可関数を指定し、排他制御を解析 ポインタアクセスを自動解析 割り込み禁止箇所を解析 破線で表示 実関数 ポインタ変数 関数と変数のアクセスをマトリックス表示 動作環境 変数 項目 内容 一覧 必須アプリケーション CasePlayer2(Ver6.3.1以上)※ 関数 ※ガイオ・テクノロジー製静的解析ツール 一覧 動作OS Windows8.1/10 64bit ※32bitは非対応 Memory 8GB以上(16GB以上を推奨) 出力形式 CSV(タブ区切り) ガイオ製品の最新情報は: 営業部 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー25階 TEL: 03-4455-4767 https://www.gaio.co.jp/ E-mail:info@gaio.co.jp