1/21ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(5.1Mb)

急傾斜地超大型モノレール運搬システム

製品カタログ

安全性と運搬効率を向上

急傾斜地(35~50°)法面工事等において重量物の資機材を運搬する超大型モノレールで、
最大積載4t/最大傾斜45度/分速40mの能力を有する動力車と多種多機能の以下の
4つの特別仕様台車で構成されています。
○フラットデッキダンプ台車は、重機等(4トン)を運搬でき急傾斜にある作業構台に
 合わせ荷台を水平調整が可能でバックホウ等が自走で荷降ろしできる。
○三転ダンプ台車(積載2トン)は、油圧ショベル等にて
 土砂の搬入ができ、ダンプによる一括排出ができる。
○ミキサー台車(1㎥)は、生コンを攪拌しながら、
 また傾斜補正をかけながら漏洩させず走行できる。
○クレーン台車(2.5トン吊り)は、クレーンアーム回転ベース台座から
 急傾斜に合わせ0°~45°まで傾斜補正可能で傾斜地でも安全なクレーン作業ができる。
施工工程に合わせ、特別仕様台車を組合せ、安全性と作業効率向上に貢献します。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 急傾斜地超大型モノレール運搬システム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 5.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 内田産業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

第15回国土技術開発賞(国土交通大臣表彰)受賞 平成29年度京都中小企業技術大賞受賞 国土技術開発賞二〇周年記念創意開発技術大賞受賞 急傾斜地超大型モノレール運搬システム NETIS番号:KK-100080-VR 内田産業株式会社 Copyright UCHIDA Industry
Page2

技術の概要 高速道路トンネル坑口深礎杭工事 0.1m3クラスのバックホウを搬入 ➢急傾斜地(35°~50°)/不整地に対応 ➢最大積載4トン/45°傾斜を分速40mで走行 ➢ 4種の特別仕様台車を準備、運搬内容(施工工程)に あわせて最適な台車で運搬 安全性と運搬効率を向上 2 Copyright UCHIDA Industry
Page3

技術の特徴 ~4種類の特別仕様台車~ 45°までダンプ可能 ミキサ-攪拌しながらダンプ可能 フラットデッキダンプ台車 1m3 ミキサー台車 三転方向にダンプ可能 クレーン自体を45°まで角度補正可能 2t積載三転ダンプ台車 2t積載クレーン台車 3 Copyright UCHIDA Industry
Page4

技術の効果 角度補正なし 45°荷台角度を補正 常に水平状態で積み降ろし作業でき、安全性と作業効率を向上 0.1㎥バックホウ作業構台へ自走移動中 2m幅の林間で設置 自然環境に優しく、工期/費用も削減 4 Copyright UCHIDA Industry
Page5

比較事例 工 事 法面対策工事 項 目 超大型モノレール ケーブルクレーン コスト 18,377,610円 (1) 22,683,403円 (1.23) 設置・撤去 設置・撤去 工程(工期) 15日/103m 30日/103m 品 質 曲線施工が可能。 直線施工のみ。 (運搬範囲) 設置範囲内での搬入・搬出が可能。 架線下のみの搬入・搬出。 安全性 軌道設置のため安定性あり 架空運搬のため落下リスクあり 最大積載4t。平均風速10m/s以上 施工性 最大積載3t。強風時は運行中止。 でも運搬可能。 軌道幅2m程度で林間を走行。 設置スペース/ 支柱周辺と架線下の列状伐採要。 間伐程度の伐採で、地形改変不要。 環境への影響 伐採、支柱基礎等、地形改変要。 借地面積も最小限に。 重機搬入 分解せず自重4t重機を搬入。 分解して現地組み立て。 5 Copyright UCHIDA Industry
Page6

活用される主な工事と施工実績 施工エリアが急傾斜地・不整地にあり通常の車両で 資機材などが運搬できない下記工事。 アンカー工、集水井・水抜きボーリング工 深礎杭工、大口径ボーリングホール工 法面切土、掘削土排出 砂防堰堤建設、堆積土砂排出 橋梁下部工、橋脚耐震補強 高速道路、鉄道線路脇法面工 ダム改修、調整池・貯水槽建設・撤去 鉄塔建設・撤去 小水力発電所建設、水圧管設置・撤去 など ◼国土交通省 83件, 地方自治体 237件, 民間企業 241件 計 561件 (2018年5月末時点) 6 Copyright UCHIDA Industry
Page7

優位性事例 (山間部の橋梁下部工事) 仮桟橋工事用道路案 大型モノレール案 工期:1年強 工期:約半月 費用:1億円強 費用:約3400万円 工期・費用縮減と環境影響を抑 ※図面情報は設計図書等を基に当社が独自に 制 7 加工して作成 Copyright UCHIDA Industry
Page8

施工事例:トンネル抗口近辺の法面対策、橋梁下部工事 8 Copyright UCHIDA Industry
Page9

施工事例:三転ダンプ台車による土砂運搬 9 Copyright UCHIDA Industry
Page10

優位性事例 (狭小部の橋脚耐震補強工事) 仮桟橋案 大型モノレール案 工期・費用縮減と地形改変なし (借地協議で有利) ※図面情報は設計図書等を基に当社が独自に 10 加工して作成 Copyright UCHIDA Industry
Page11

施工事例:橋脚耐震補強工事 11 Copyright UCHIDA Industry
Page12

施工事例:橋脚耐震補強工事 12 Copyright UCHIDA Industry
Page13

施工事例:橋脚耐震補強工事 13 Copyright UCHIDA Industry
Page14

施工事例:橋脚耐震補強工事 14 Copyright UCHIDA Industry
Page15

優位性事例(小水力発電所設備更新工事) ケーブルクレーン案 大型モノレール案 費用縮減と借地・伐採面で有利 ※図面情報は設計図書等を基に当社が独自に 15 加工して作成 Copyright UCHIDA Industry
Page16

施工事例:小水力発電所設備更新工事 16 Copyright UCHIDA Industry
Page17

施工事例:小水力発電所設備更新工事 17 Copyright UCHIDA Industry
Page18

施工事例:小水力発電所設備更新工事 18 Copyright UCHIDA Industry
Page19

施工事例:小水力発電所設備更新工事 19 Copyright UCHIDA Industry
Page20

施工事例:小水力発電所設備更新工事 20 Copyright UCHIDA Industry