1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.4Mb)

ドローンビジネス調査報告書2018 【海外動向編】

製品カタログ

海外の市場データや企業戦略を分析した調査報告書です。

本調査報告書は、海外の市場データや企業戦略、技術トレンドなどを捉えながら、世界のドローンビジネスの現状を解説します。国内および海外市場で、自社がどのように戦略をたてて、どのようにビジネスをしていけばいいのか、ビジネスの機会を逃さずに、事業を大きくしていくためのアイデアやヒントをつかむためのレポートです。

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 ドローンビジネス調査報告書2018 【海外動向編】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社インプレス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

表紙

イ ンプレス総合研究所 [ 新産業調査レポートシリーズ ] SAMPLE ドローンビジネス 調査報告書2018 [ 海外動向編] W o r l d D r o n e M a r k e t R e p o r t 2 0 1 8 春原 久徳[ 監修] 田中 亘/春原 久徳/インプレス総合研究所[ 著]
Page2

はじめに

はじめに はじめに 現在、ドローンの活用が世界的に広がるなか、日本でSも業務でAのドローン活M用への期待がP確実に高まLっ E ています。国内ではドローンの活用に関するルールやガイドラインの整備が進み、農業や測量、防災、空 撮、点検などの分野でドローンを活用したビジネスが動き出しています。 ドローンを活用したビジネスの世界市場、国内市場ともに拡大していくことが予想されます。今後、日 本企業は、こうした状況をチャンスととらえ、国内市場に限らず世界を視野に入れて、ビジネスを行って いくことが考えられます。 本調査報告書は、海外の最先端事例や世界各国の動向、技術トレンドを捉えながら、海外のドローンビ ジネスの現状を解説します。国内および海外市場で、自社がどのように戦略をたてて、どのようにビジネ スをしていけばいいのか、ビジネスの機会を逃さずに、事業を大きくしていくためのアイデアやヒントを 掲載しています。 第 1 章「海外のドローン市場概況」では、海外のドローンに関する市場データを分析しながら、海外 のドローンビジネスに関する概況や投資トレンドをまとめています。また、DJI や Parrot といったド ローン業界のビッグプレイヤーの動向と、NVDIA や Qualcomm、Intel などの大手 IT 企業のドローンビ ジネスにかかわる戦略を分析し解説しています。 第 2 章「注目すべき海外最先端企業の最新動向」では、「ハードウェア」「サービス」「ソフトウェ ア」「周辺サービス」の 4 分野においてドローンを活用したビジネスを行っている 30 の企業について、 実際に行っているサービスの特徴や強みなどをまとめ、分析しています。 第 3 章「ドローンビジネスの課題と展望」では、事業レイヤーごとの課題や今後を分析し、日本のド ローンビジネスの展望をまとめています。 また、付録に海外のドローンビジネス企業一覧(500社以上)をExcelデータにまとめています。 本報告書が、新しい市場であるドローンを活用したビジネスを進める上で、少しでもお役に立てれば幸 いです。 株式会社インプレス インプレス総合研究所 2017年 12月 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 3
Page3

目次

目次 目次 SAMPLE はじめに ....................................................................................................... 3 第 1 章 海外のドローン市場概況 ................................................................ 11 1.1 ドローンの定義 ................................................................................................................................ 13 1.1.1 本書で取り扱う「ドローン」の定義 ...................................................................................... 13 1.1.2 ドローンの分類..................................................................................................................... 13 1.1.3 民生用(ホビー)と業務用 .................................................................................................... 13 1.1.4 回転翼と固定翼、VTOL ....................................................................................................... 13 1.2 ドローンビジネスに関わるプレイヤー .............................................................................................. 16 1.3 海外の市場規模と販売台数の予測 ......................................................................................................... 17 1.3.1 ドローンの世界市場規模は 60 億ドル(2017 年) ................................................................. 17 1.3.2 世界のドローン出荷台数は 300 万台(2017 年) ................................................................... 18 1.3.3 米国のホビー用ドローン出荷台数は 447 万台(2021 年,FAA) ............................................. 19 1.3.4 米国の産業用ドローンの機体台数は 42 万台(2021 年,FAA) ............................................... 20 1.3.5 中国のドローン市場規模 ....................................................................................................... 21 1.3.6 水中ドローンの市場は 52 億ドル市場へと成長(2022 年) .................................................... 23 1.3.7 対ドローン(アンチドローン/カウンタードローン)市場規模は、15 億ドル超へと成長(2023 年) 23 1.3.8 無人機向け蓄電池パックの市場規模は 2.25 億ドルへ(2026 年) .......................................... 24 1.4 ドローンの業務活用 ......................................................................................................................... 25 1.4.1 FAA に登録している機体は 94 万以上(2017 年) ................................................................ 25 1.4.2 米国で商業利用機体トップ 30 ............................................................................................... 25 1.4.3 米国の商業用パイロット/オペレーター数は 40 万人超え(2021 年) ................................... 28 1.4.4 米国、空撮用途が産業用ドローンの主力ビジネス .................................................................. 29 1.4.5 アウトソーシングの可能性が高い産業 ................................................................................... 32 1.4.6 米国のオペレーターが規制緩和を求めている項目 .................................................................. 33 1.4.7 撮影された画像やデータを処理するソフトウェア(米国) .................................................... 34 1.4.8 米国における空撮業務の費用 ................................................................................................ 35 1.5 ドローンビジネスに関する投資トレンド ........................................................................................... 36 1.6 機体メーカーの新しい動き ............................................................................................................... 37 1.7 技術のトレンド ................................................................................................................................ 41 1.8 世界各国(または地域)の規制と概況 .............................................................................................. 42 1.9 主要企業の戦略 ................................................................................................................................ 44 1.9.1 DJI や Parrot のアライアンスや買収戦略 ............................................................................. 44 4 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page4

目次 1.9.2 ドローンビジネスにおけるアライアンスの傾向 ..................................................................... 45 1.9.3 PrecisionHawk 社が描く「ドローンは次世代の iPhone になる」 ......................................... 47 1.9.4 3DR の戦略転換 ........................................S..................A...................M...................................... 50 1.9.5 NVIDIA の「ドローン」×「AI」戦略 ..................................................................P................ 5L1 E 1.9.6 空飛ぶスマホを実践する Qualcomm の動向 .......................................................................... 52 1.9.7 インテルの描くドローンの成長戦略 ...................................................................................... 56 1.9.8 Microsoft,Amazon,Google など大手 IT 企業による、ドローンの産業利用を視野にいれたデータプ ラットフォームの主導権争い ............................................................................................................ 61 1.9.9 世界市場で戦う日本企業 ....................................................................................................... 62 1.10 UTM(ドローン航空管制システム)の動向 ...................................................................................... 65 第 2 章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 ........................................... 67 2.1 注目企業について............................................................................................................................. 68 2.2 ハードウェア ................................................................................................................................... 73 2.2.1 CyPhy Works ...................................................................................................................... 73 2.2.2 POWER VISION ................................................................................................................. 76 2.2.3 Yuneec ................................................................................................................................. 79 2.2.4 Zerotech .............................................................................................................................. 81 2.2.5 Kespry ................................................................................................................................. 84 2.2.6 Sky-Watch ........................................................................................................................... 86 2.2.7 Draganfly Innovations ........................................................................................................ 88 2.2.8 Vantage Robotics ................................................................................................................. 92 2.2.9 FLIR Systems ..................................................................................................................... 95 2.3 サービス .......................................................................................................................................... 98 2.3.1 Skycatch.............................................................................................................................. 98 2.3.2 Airware ..............................................................................................................................101 2.3.3 H3 Dynamics......................................................................................................................104 2.3.4 Airobotics ...........................................................................................................................107 2.3.5 DRONE VOLT.................................................................................................................... 110 2.3.6 DRONE DEPLOY .............................................................................................................. 112 2.3.7 Airinov ............................................................................................................................... 115 2.3.8 Agrisense ........................................................................................................................... 118 2.3.9 Industrial SkyWorks ..........................................................................................................120 2.3.10 Dedrone ..............................................................................................................................122 2.3.11 Camp Six Labs ...................................................................................................................125 2.3.12 Propeller Aero ....................................................................................................................127 2.3.13 DRONEBASE ....................................................................................................................130 2.3.14 Measure .............................................................................................................................133 2.3.15 JD.com ...............................................................................................................................136 2.4 ソフトウェア ..................................................................................................................................139 2.4.1 Pix4D .................................................................................................................................139 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 5
Page5

目次 2.4.2 AUTODESK ...................................................................................................................... 142 2.5 周辺サービス .................................................................................................................................. 144 2.5.1 AirMap .............................................................................................................................. 144 2.5.2 Unifly ............................................................................S..................A...................M............... 146P LE 2.5.3 Dronedoctor ....................................................................................................................... 148 2.5.4 AKITABOX ........................................................................................................................ 150 第 3 章 ドローンビジネスの課題と展望 .................................................... 153 3.1 ハードウェア .................................................................................................................................. 154 3.1.1 機体.................................................................................................................................... 154 3.1.2 センサー(カメラ等) ........................................................................................................ 155 3.2 オペレーション .............................................................................................................................. 156 3.3 ソフトウェア/クラウドサービス ................................................................................................... 157 3.4 サービス ........................................................................................................................................ 158 3.4.1 空撮(単純な空撮) ............................................................................................................ 158 3.4.2 産業特化型の利用 ............................................................................................................... 158 3.5 周辺サービス .................................................................................................................................. 160 3.6 海外企業と日本企業の違い ............................................................................................................. 163 3.7 GPS 情報の取得困難な空間(非 GPS 空間)での利用について ....................................................... 164 6 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page6

掲載資料一覧 掲載資料一覧 SAMPLE 資料 1.1.1 タイプ別の主な機体メーカー ............................................................................................................. 15 資料 1.3.1 世界市場におけるドローンの市場規模予測 ...................................................................................... 17 資料 1.3.2 世界のドローンの出荷台数予測 ......................................................................................................... 18 資料 1.3.3 米国のホビー用ドローンの出荷台数予測 .......................................................................................... 19 資料 1.3.4 米国の産業用ドローンの出荷台数予測 .............................................................................................. 20 資料 1.3.5 中国ドローン製造業の市場規模(市場規模左軸、伸び率右軸) ......................................................... 21 資料 1.3.6 現地シンクタンクによる 2025 年の中国の市場規模の予測 ............................................................ 22 資料 1.4.1 米国 FAA に登録してドローンの登録数 ............................................................................................ 25 資料 1.4.2 米国市場における商業利用されているドローントップ 30 .............................................................. 26 資料 1.4.3 米国で商業利用されている機体トップ30の機体メーカー別シェア ............................................. 27 資料 1.4.4 米国における商用利用ドローンのパイロット/オペレーター数の推移予測 ................................. 28 資料 1.4.5 産業用ドローンの現在の利用用途(複数回答) ............................................................................... 29 資料 1.4.6 米国のドローンの産業利用用途 ......................................................................................................... 30 資料 1.4.7 ドローンの利用者の産業属性 ............................................................................................................. 31 資料 1.4.8 ドローンを活用した業務において、アウトソーシングする可能性が高いと思われる分野 ........... 32 資料 1.4.9 規制緩和してほしい項目(複数回答) .............................................................................................. 33 資料 1.4.10 ドローンで取得されたデータや画像などを処理するソフトウェア .............................................. 34 資料 1.4.11 米国における空撮業務の費用相場 ................................................................................................... 35 資料 1.5.1 ドローンに関する投資のトレンド ..................................................................................................... 36 資料 1.6.1 PARROT 社 PARROT BEBOP-PRO THERMAL .............................................................................. 37 資料 1.6.2 PARROT 社 Parrot Disco-Pro AG .................................................................................................... 37 資料 1.6.3 DJI 社 MATRICE 200 ......................................................................................................................... 38 資料 1.6.4 3DR 社 Sitescan ................................................................................................................................ 39 資料 1.6.5 Vantage Robotics 社 Snap Drone ................................................................................................... 39 資料 1.6.6 Cyphy works 社 PARC ...................................................................................................................... 40 資料 1.6.7 スウィフト社 Swift 020(スウィフトオーツーオー) ................................................................... 40 資料 1.9.1 PrecisionHawak のサービスプラットフォーム概要 ....................................................................... 47 資料 1.9.2 PrecisionHawak のサービスで提供されているデータ ................................................................... 48 資料 1.9.3 PrecisionHawak で提供しているソフトウェア .............................................................................. 48 資料 1.9.4 PrecisionHawak がサービス展開する産業 ...................................................................................... 49 資料 1.9.5 JETSON TX1 モジュール .................................................................................................................. 51 資料 1.9.6 JETSON TX1 開発者キット............................................................................................................... 52 資料 1.9.7 Snapdragon Flight(1) ................................................................................................................. 54 資料 1.9.8 Snapdragon Flight(2) ................................................................................................................. 55 資料 1.9.9 TurboX SOM ラインナップ .............................................................................................................. 56 資料 1.9.10 インテルが注力する UAV 市場の産業用途 ...................................................................................... 59 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 7
Page7

掲載資料一覧 資料 2.1.1 ハードウェア企業の概要 .................................................................................................................... 69 資料 2.1.2 サービス企業の概要 ............................................................................................................................ 71 資料 2.1.3 ソフトウェア企業の概要 ........................................................S....................A.....................M................... 71 資料 2.1.4 周辺サービス企業の概要 .................................................................................................................... 72 PLE 資料 2.2.1 CyPhy Works 資金調達の状況 ........................................................................................................... 74 資料 2.2.2 PARC ................................................................................................................................................... 74 資料 2.2.3 PowerRay ........................................................................................................................................... 77 資料 2.2.4 PowerEgg ........................................................................................................................................... 77 資料 2.2.5 PowerEye ........................................................................................................................................... 78 資料 2.2.6 TORNADO H920 PLUS .................................................................................................................... 80 資料 2.2.7 6 つのプロペラを備えたヘキサコプター「H520」 4K 解像度に対応した E90 ..................... 80 資料 2.2.8 (左)農薬散布用ドローンの Guardian-Z10 (右)機体をコンパクトにすることも可能 ...... 82 資料 2.2.9 オクトコプター「 E-EPIC 」 ........................................................................................................... 82 資料 2.2.10 新型ドローン「 Hesper 」。折りたたむことが可能なデザイン ................................................. 83 資料 2.2.11 Kespry 資金調達の状況 .................................................................................................................... 84 資料 2.2.12 Kespry サービスのフロー図 ............................................................................................................ 85 資料 2.2.13 Huginn X1D ..................................................................................................................................... 87 資料 2.2.14 Heidrun V1 ...................................................................................................................................... 87 資料 2.2.15 Tango2 ............................................................................................................................................. 89 資料 2.2.16 Draganflyer Guardian .................................................................................................................... 89 資料 2.2.17 Draganflyer X4-P ............................................................................................................................ 90 資料 2.2.18 Draganflyer Commander ............................................................................................................... 90 資料 2.2.19 Universal Control System(UCS)は、Draganfly Innovations の次世代コントローラー。 . 90 資料 2.2.20 Snap Drone。プロペラガードが特徴的、安全性が考慮されている ........................................... 93 資料 2.2.21 Vantage Robotics の資金調達状況 ................................................................................................ 93 資料 2.2.22 Snap Drone ..................................................................................................................................... 94 資料 2.2.23 FLIR C3 ............................................................................................................................................ 96 資料 2.3.1 Skycatch の資金調達状況 ................................................................................................................. 99 資料 2.3.2 Skycatch が提供するサービス ......................................................................................................... 99 資料 2.3.3 DRONEBOX ...................................................................................................................................... 105 資料 2.3.4 Airobotics の資金調達状況 ............................................................................................................. 108 資料 2.3.5 AiRobotics Airbase ......................................................................................................................... 108 資料 2.3.6 DRONE VOLT の売上(2016 年) ................................................................................................. 111 資料 2.3.7 DRONE DEPLOY の資金調達状況 ................................................................................................. 113 資料 2.3.8 DRONE DEPLOY 価格表 ................................................................................................................. 113 資料 2.3.9 Drone Mapping Directory .............................................................................................................. 114 資料 2.3.10 簡素化された窒素についてアドバイス ........................................................................................ 116 資料 2.3.11 冬期のバイオマスの分布例 ........................................................................................................... 117 資料 2.3.12 建築検査の模様 .............................................................................................................................. 121 資料 2.3.13 Dedrone の資金調達状況 .............................................................................................................. 123 資料 2.3.14 DroneTracker の仕組み全体図 .................................................................................................... 123 8 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page8

掲載資料一覧 資料 2.3.15 Camp Six Labs の資金調達状況 ....................................................................................................1 25 資料 2.3.16 Propeller Aero の資金調達状況 .....................................................................................................1 28 資料 2.3.17 AeroPoints ...................................................S....................A.....................M.........................P................1 28 資料 2.3.18 DRONEBASE の資金調達状況 ......................................................................................................1 3L1 E 資料 2.3.19 MEASURE の資金調達状況 ...........................................................................................................1 34 資料 2.3.20 JD の開発機体 ................................................................................................................................. 137 資料 2.5.1 Airmap の資金調達状況 ....................................................................................................................1 45 資料 2.5.2 Unifly の資金調達状況 ......................................................................................................................1 46 資料 2.5.3 AKITABOX の資金調達状況 .............................................................................................................1 50 資料 3.1.1 米国で利用されている機体 Top30 のメーカ別シェア(再掲) .................................................... 154 資料 3.5.1 ホビー用ドローンの出荷台数予測(再掲) .................................................................................... 160 資料 3.5.2 産業用ドローンの出荷台数予測(再掲) ........................................................................................ 161 資料 3.5.3 米国 FAA に登録してドローンの登録数 ..........................................................................................1 62 資料 3.6.1 3DR Sitescan が DJI 機でも利用可能に ..........................................................................................1 63 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 9
Page9

1.3.4 米国の産業用ドローンの機体台数は42万台(2021年,FAA)

第 1章 海外のドローン市場概況 1.3.4 米国の産業用ドローンの機体台数は 42 万台(2021年,FAA) 産業用ドローン機体に関する予測について、米国の FAA(連邦航空局)は、2016 年までの実数を 踏まえて、2021 年までの予測を発表している。LOW(低位S推計)、BASE(中位M推計)、HIGPH LE (高位推計)と幅をもたせて推測しており、最適と思われる数字は 2021 年に約 42 万台と算定し ている。仮に 2021 年に 42 万台であったとしても、2016 年の出荷台数と比較すると、5 倍以上の 伸びになる。さらに最も楽観的な予測の約 160 万台となれば、その規模は約 10 倍の成長となる。 この予測が、どこまで現実的なものとなるかは、測量や精密農業にインフラ点検などの用途に、ど れだけドローンが浸透するかにかかっている。 2000000 (単位:台数) 1500000 LOW 1000000 Base High 500000 0 2016 2017 2018 2019 2020 2021 単位:台数 低位推計 中位推計 高位推計 2016 年 42,000 42,000 42,000 2017 年 95,000 108,000 235,000 2018 年 133,000 167,000 445,000 2019 年 173,000 242,000 742,000 2020 年 207,000 327,000 1,133,000 2021 年 238,000 422,000 1,616,000 資料 1.3.4 米国の産業用ドローンの出荷台数予測 出所:FAA 発表データをもとに作成 20 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page10

1.4 ドローンの業務活用、1.4.1 FAAに登録している機体は94万以上(2017年)、1.4.2 米国で商業利用機体トップ30

第 1章 海外のドローン市場概況 1.4 ドローンの業務活用 SAMPLE 1.4.1 FAAに登録している機体は 94万以上(2017 年) 2017 年 10 月末時点で、FAA に登録しているドローンをみてみると、836,796 人のホビーユー ザーと 106,739 機の産業用ドローンの登録数 106,739、合わせて 94 万以上存在する。 登録数 ホビーユーザー 商業利用ドローン 米国および米国の領域内 929,406 823,600 105,806 海外(米国外) 14,129 13,196 933 全体 943,535 836,796 106,739 資料 1.4.1 米国 FAA に登録してドローンの登録数 ※ホビーは、ユーザーの登録。商業利用機は機体登録数。 出所:FAA 発表データをもとにバード大学が作成 http://dronecenter.bard.edu/files/2017/11/Drone-Registrations-Web-.pdf 1.4.2 米国で商業利用機体トップ 30 上記の商業利用のユーザーが利用している機体のトップ 30 をランキングにすると以下のように なる。 機体メーカー 機体 数量 1 DJI Phantom4 26,189 2 DJI Phantom3 16,944 3 DJI Mavic 13,902 4 DJI Inspire1 7,787 5 Intel ShootingStar2 4,800 6 3DR Solo 3,269 7 DJI Inspire2 2,669 8 DJI Phantom2 2,272 9 Intel ShootingStar 1,838 10 Yuneec TyphoonH 1,609 11 Yuneec TyphoonQ500 1,505 12 Autel RoboticsX-StarPremium 1,234 13 Kespry KespryDrone2.0 1,042 14 GoPro Karma 938 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 25
Page11

1.4.4 米国、空撮用途が産業用ドローンの主力ビジネス

第 1章 海外のドローン市場概況 1.4.4 米国、空撮用途が産業用ドローンの主力ビジネス FAA が複数回答も含めて収集した統計によれば、産業用ドローンの用途で第一位が 34%の商業 空撮だった。次点は 26%の不動産空撮、建設や点検S関連で 26A%。農業はM21%で、防災P関連が 8%L、 E そして保険が 5%となっている。 統計結果からは、ドローン産業に関与するユーザーの業種は、現時点では空撮の用途が高い。今 後は、2位以下の産業にどれだけドローンが普及していくかが、FAAの予測の最良の数値となる。 資料 1.4.5 産業用ドローンの現在の利用用途(複数回答) 出所:FAA 発表データをもとに作成 https://www.faa.gov/data_research/aviation/aerospace_forecasts/media/FY2017- 37_FAA_Aerospace_Forecast.pdf ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 29
Page12

1.6 機体メーカーの新しい動き

第 1章 海外のドローン市場概況 1.6 機体メーカーの新しい動き SAMPLE 世界的なドローン市場において、2017 年に見られた顕著な傾向は「産業用ドローン」へのシフ トだった。その中でも、機体の開発だけではなく、社員のリストラも含めて産業用ドローンにシフ トした主要メーカーが、フランスの Parrot社。同社は、2016年に Parrot mamboや Parrot Swing のようなホビー用の軽量ドローンを発売したが、年末に大規模な事業再編を行い、ビジネスの軸足 をホビーから産業用途にシフトさせた。その代表的な機体が、Parrot Bebop-Pro Thermal。FLIR One Pro サーマルカメラと 14MPのカメラをデュアルで搭載したドローンで、熱センサーによる屋 外施設の異常監視などを目的に開発されたドローン。 資料 1.6.1 PARROT社 PARROT BEBOP-PRO THERMAL 資料 1.6.2 PARROT社 Parrot Disco-Pro AG Parrot 社はこの他にも、固定翼ドローンの Parrot Disco にマルチスペクトルカメラを搭載した Parrot Disco-Pro AGという精密農業に特化したモデルも販売している。Parrot Disco-Pro AGは、 同社が買収したスイスの SensFly 社の eBee に対して、圧倒的なコストパフォーマンスがあり、す ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 37
Page13

第 1章 海外のドローン市場概況 でに日本でも 55 万円(税抜)で販売している。 一方で、空撮用ドローンで世界的にシェアを維持している DJI 社も、2017 年は産業用ドローン 元年と宣言し、二種類の新モデルを発表した。一つは、Inspire 2 をベースに産業用途に特化した M200 というクアッドコプター。もう一つは、農薬散布用ドローSンの Agras MG-1 とMいうオクタコPLE プター。M200 は、高精度な位置情報を取得できる RTK(リアルタイム・キネマティック)モデ ルや、赤外線カメラと通常のカメラをデュアルで搭載できるなど、検査や点検用途に向けた機体設 計になっている。 資料 1.6.3 DJI 社 MATRICE 200 この他にも、中国の Yuneec社では、空撮用に開発していた Typhoonというモデルをベースに、 H520 という点検業務に適した産業用ヘキサコプター7を発表している。 中国企業のグローバルな台頭という面では、PowerVision 社も空撮用ドローンからホビー用に水 中ドローンまで、幅広い製品開発を実践している。空撮用ドローンのPoweEyeは、DJIの Inspire を強く意識したモデルで、コンパクトに折りたたんで持ち運べる機体が特長で、コストパフォーマ ンスに優れている。 新たな産業用ドローンを開発し販売するメーカーが増える中にあって、ドローンの機体事業から 撤退する動きもある。その代表が 3D Robotics 社の Solo だ。同モデルは、2015 年に発表され市場 の注目も集めたが、コンシューマー向け販売でつまずき、その後 Site Scan という測量向けのソ リューションを展開していた。しかし、ソリューションの中核となるドローン Solo の供給に限界 が出て、2017年の後半には DJI の Phantom 4 に対応するなど、ハードベンダーからソリューショ ンベンダーへの業態変化を起こしている。 7 https://www.yuneec.com/en_GB/camera-drones/h520/overview.html 38 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page14

2.1 注目企業について、■ ハードウェア

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 2.1 注目企業について SAMPLE 本章では、海外最先端企業として 30社を選定している。 各社を事業内容のカテゴリー別に区分し、それぞれの概要を以下にまとめる。 ハードウェア 企業名 概要 CyPhy Works Cyphyのドローンは、専用ケーブルで充電しながら最大で 500時 間の連続飛行が可能な有線給電ドローン。防災や軍事など、高所 からの継続的な監視や警戒などの業務に利用できる。 POWER VISION 水中ドローンのPowerRay、コンシューマー向けドローンの PowerEgg、空撮用ドローンのPowerEyeという 3種類のドローン を開発し販売している。創業は 2009年。米シリコンバレーで研究 開発を行い、中国、米国、カナダ、オーストラリア、ドイツ、 フィンランドに製造と販売のグローバル拠点を構築している。 Yuneec ドローン市場には、2014年から進出し、3軸ジンバルと 5.8GHz長 距離リアルタイム・デジタル・ビデオリンクを備え、1080pカメ ラ(60FPS)を搭載したQ500およびH920航空写真撮影システム を発表した。米国インテルが出資したドローン企業としても有 名。 Zerotech 2016年に世界的にヒットした小型自撮りドローンのDobbyを開発 販売するメーカーとして有名。Dobbyは、200g未満の機体なので 日本でも飛行申請が不要な小型ドローン。 Kespry 産業用途向けに設計されたExmor APS-Cセンサーを搭載し、20メ ガピクセルのカラーディテールをキャプチャーできるSony UMC- R10Cカメラを搭載したドローン。正確な体積の計算、距離と角度 の正確な測定、危険や損傷の安全な識別を行う。 Sky-Watch 2014年9月、デンマーク国立先端技術基金(Danish National Advanced Technology Foundation)が支援するプロジェクトのもと で、新しいタイプの無人航空機(UAV)の開発を支援するための 協定を航空機大手ボーイング社と締結している。そのあとも、 ボーイング社から支援をうけているとみられる。 Draganfly Innovations 18年の経験を持つ世界をリードするマルチローターメーカー。空 撮、産業検査、公安、教育研究などの分野にドローンを提供して 68 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page15

■ サービス

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 いる。また、新開発の固定翼のTango2は、カタパルトから発射さ れて、長時間の飛S行を実現している。 Vantage Robotics CNNが米国初となる群衆のA上を空撮できる包括的な許可を取った際に、FAAから認定されたドローンが、MVantage RobPotics社の開LE 発したSnap Drone。安全で高画質な空撮を行うために、同社と CNNが 2年の歳月をかけて開発したオリジナルのドローンで、米 国では$999で販売が始まっている。 FLIR Systems FLIR社は、世界各国に拠点を置き、サーモグラフィのカメラ製品 やサービスの提供を行っている。ポケットサイズの多機能サーモ グラフィカメラをドローンに搭載する事業者が増えている。 資料 2.1.1 ハードウェア企業の概要 サービス 企業名 概要 Skycatch 2013 年に創業した企業で、サンフランシスコに本社を構えてい る。空撮映像からオルソ画像や3Dモデルを作成するサービスを 提供。小松製作所が「スマートコンストラクション」を進めるう えで、資本業務提携を締結している。 Airware Airwareは、空中データを企業の実用的なデータへ変換するソ リューションを提供する。保険や建設にテレコムなど、産業別の ソリューションを揃え、災害時には被害状況の可視化や通信施設 の保守点検などを実現する。世界経済フォーラムの「技術パイオ ニア」の 1つとして数百の候補者の中から選ばれた。同社のソ リューションは 37カ国で使用されている。 H3 Dynamics H3 Dynamicsはシンガポールに本社を構えるスタートアップで、 産業用 IoTの機能拡大に注力している企業である。エネルギー貯 蓄システムや最先端のロボット開発、リアルタイム分析や無人シ ステムなどを活用して幅広いソリューションを提供する。太陽光 で充電するドローンの格納ボックスを製造し販売している会社。 日本のブイキューブ・ロボティックス社が提携し、国内での販売 を担当している。 Airobotics 2014年7月に創業。イスラエル・テルアビブに本社を構えてい る。人手による操作をしないで、完全に自動化された商用ドロー ンの承認をイスラエルの民間航空局やCAAIから受けた世界初の企 業。独自開発のドローンを格納し離発着を自動化する専用ボック スの組み合わせで、人手を介さない完全な自動飛行を実現する。 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 69
Page16

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 DRONE VOLT ドローンの概念設計から製造、法的な申請サポートなどプロジェ クトの全段階で顧客企業に対応する。アメリカ、イタリア、カナ ダ、イタリア、スイス、デンマSーク、ベネAルクス、メキシコ、コロンビアなど様々な国々に進出。2015年には IPOもM果たしてい PLE る。2016年の全体の売上高は 682万ユーロ(約9億円弱)にのぼ る。2015年の売上高より 90%増。 DRONE DEPLOY DroneDeployはアメリカ・シリコンバレーにあるドローンスター トアップ企業である。クラウドベースの空撮データ処理サービス を提供。DroneDeployモバイルアプリを使用して、DJI製ドローン のマッピングフライトを自動化する。 Airinov 2010年に創業したAirinov社は、フランスのパリに本社を置く精 密農業のための農業リモートセンシングを行うサービス事業者。 創業時はオリジナルのデルタウィング型ドローンを開発していた が、2014年にフランスParrot社のグループになると、sensFly社 の eBeeにマルチスペクトルカメラの sequoiaを利用したリモート センシングを行うようになる。 Agrisense AgriSenseは、ランドサットによる衛星からのセンシングや、職員 が現地に出向いて計測するデータの取得方法に加えて、無人航空 機(UAVs)も活用している。UAVsを使用して、1x1kmのテスト サイトで高解像度のリモートセンシング画像(4cm分解能)の時 系列データを収集し、フィールドデータ収集を補完している。 Industrial SkyWorks ドローンを活用した建物の検査やガスに石油施設の点検を行う。 高所や危険な箇所の点検をドローンで行うことで、数千ドル単位 のコスト削減になる。 Dedrone 2014年の 2月にドイツのカッセルで設立された企業。2016年に本 社をアメリカのサンフランシスコへ移した同社は、ハードウェア 開発とサービスを提供している。2016年 7月には航空機メーカー のAirbus社との提携を発表し、不法なドローンの摘出に努めてい る。自動アンチドローンセキュリティは、すべてのドローンの脅 威を検出し分類して軽減する空域セキュリティプラットフォーム だ。 Camp Six Labs 2017年8月には、3Mが同社と提携している。資金調達や提携な どのニュースを総合すると、ドローンに 3M製のタービンブレー ド保守用の部品を搭載して、損傷している箇所などを空中からリ モートで修復する計画。 Propeller Aero AeroPointsという測量ポイントを開発し販売するメーカー。 70 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page17

■ ソフトウェア

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 AeroPointは、ドローン専用に設計された世界で唯一の地上コント ロールポイント。日本のセキドと提携している。 DRONEBASE サービスを必要とSする事業者Aと、ドローンを操縦できるパイロットを結びつけることで、低価格なビジネMスマッチングPサービスとLE なっている。DroneBaseは全米 50州と 30カ国以上で運営され、 $ 99からの料金体系になっている。 クラウドを活用した人材斡旋の仕組みをドローン産業に応用し、 不動産や建設に保険や通信などの事業者に空撮ソリューションを 提供している。 Measure 自社で機体の開発や販売は行わず、ドローンを所有している人材 を、サービスを必要とする企業に斡旋している。スタッフ構成の 多くに、データ工学を専攻した人材が多く、パイロットの人材斡 旋だけではなく、ドローンで収集したデータ解析の事業を強化し ている。 JD.com 交通インフラが未整備のために、ビジネスの展開が難しい農村地 域に、ドローンでの空輸を JD.comでは検討している。JD.comは 物流費を 70%削減し、新鮮な食料や薬を地域や経済に利益をもた らす遠隔地へのドローン配送に取り組んでいる。 資料 2.1.2 サービス企業の概要 ソフトウェア Pix4D 2011年の創業以来、Pix4Dソフトウェアは、ドローンの空撮画像 から、地理的に関連したプロフェッショナルな地図とモデルを作 成することに専念してきた。フランスのパロット社が産業用ド ローン事業を強化するために、同社を買収しグループ傘下におさ めている。また 3D RoboticsのSite Scanにクラウド上の演算処理 を提供するなど、測量関連企業との連携や提携も推進している。 AutoDesk オートデスクは、3D デザイン、エンジニアリング、エンターテイ ンメント ソフトウェアの世界的なリーダー。3D Roboticsが Autodeskと提携して、空撮画像からデータ解析を行い 3Dモデル や空撮マップなどを作成するクラウドソリューションを提供する と発表して話題になった。 資料 2.1.3 ソフトウェア企業の概要 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 71
Page18

■ 周辺サービス

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 周辺サービス AirMap AirMapは、UAV向けのUTM(S飛行管制)テAクノロジーMを提供するプロバイダーだ。何百万というドローンや何百ものパートナーがAirMapのデータとサービスを利用して安全かつ効率的な飛行を PLE 行っている。日本では、楽天がパートナーシップを結び、共同で 日本法人を設立している。 Unifly ベルギーに本社があるドローン向けの運行管理システムを提供し ている。ドローンの操縦者は、ドローンとそのフライトを国際法 および地方の規制に沿って計画、追跡、検証できる。2016年 11 月に日本のテラドローン社が 5億円の出資を行っている。 Dronedoctor 米国 で唯一のDJI推奨サービスセンター。前払いの手数料はな く、修理の前に料金を確認するので、予期しない費用は発生しな い。技術者は 20年以上の業界経験があるベテラン。 DJI Phantomシリーズを中心に、空撮などの用途で広く長く使わ れるようになってきたことから、この会社のようなメンテナンス のビジネスが成立しつつある。 AKITABOX AkitaBoxの施設管理ソフトウェアは、建物の計画、資産、および メンテナンス記録を整理統合して提供する。同社はドローンベン ダーではないが、6月にPrecisionHawk(プレシジョンホーク)と パートナーシップを締結すると発表して注目されている。 資料 2.1.4 周辺サービス企業の概要 72 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation
Page19

2.2 ハードウェア、2.2.1 CyPhy Works、■ 基本情報、■ 概要

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 2.2 ハードウェア SAMPLE 2.2.1 CyPhy Works 基本情報 企業名 CyPhy Works 所在地 アメリカデンバー URL https://www.cyphyworks.com/ 代表者 Helen Greiner 創業 2008年 カテゴリー ハードウェア 主な製品名 PARC 主な事業レイヤー 機体開発・販売 概要 Cyphy Works社はアメリカのマサチューセッツ州にある企業。Cyphyのドローンは、専用ケーブルで充 電しながら最大で500時間の連続飛行が可能な有線給電ドローン。防災や軍事など、高所からの継続的な 監視や警戒などの業務に利用できる。30 倍のズームカメラを取り付けることで、高所から遠方の監視も 可能になる。 日本では、田中電気が輸入販売を行い、前橋消防署などは移動型の火の見櫓として、実証実験を行って いる。 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation 73
Page20

■ 資金調達や買収などの動き、■ サービスの詳細、■ サービスの特徴

第 2章 注目すべき海外最先端企業の最新動向 資金調達や買収などの動き Draper Nexusなどから資金調達を受けている。また、CyphyWorksのパートナーには、アメリカ陸軍、 空軍、沿岸警備隊、国土安全保障省などが名を連ねている。米軍かSら資金援助AをうけたこMともあるようPだ。 LE 日付 取引名 金額 2015年 10月 Series B - $22,000,000 2015年 5月 Funding Round — 2015年 5月 Debt Financing - $2,500,000 2013年 11月 Series A - $7,000,000 2011年 7月 Funding Round - $1,200,000 2012年 2月 Funding Round - $1,750,002 総額 $34,450,002 ※CrunchBaseやメディアで発表されている資料をもとに主な動向を整理 ※金額が細かい場合、四捨五入している場合あり 資料2.2.1 CyPhy Works 資金調達の状況 資料2.2.2 PARC サービスの詳細 CyPhyのドローンPARCは、3つのパーツで構成されている。ひとつはドローン本体、もうひとつはド ローンのケーブルを一定のテンションに保つリール、そして電源やデータの中継を行う変圧装置になる。 有線給電では、変圧器で 1万ボルトに昇圧された電力を専用に開発された細くて強度のある専用ケーブル で、最大 400 フィートの高さまで電源を送る。電源ケーブルは、データ転送機能も備えているので、IP 通信を利用してカメラなどからの画像データを受信できる。また、地上からは専用のソフトウェアを使っ て高度やカメラの向きにズームなどをコントロールできる。 サービスの特徴 PARC は、地上から専用ケーブルで結ばれているので、基本的に移動はしない、位置と高度をセットす 74 ドローンビジネス調査報告書 2018【海外動向編】 © 2017 W.Tanaka,H.Sunohara,Impress Corporation