1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.8Mb)

圧力波式スートブロワ

製品カタログ

圧力波式スートブロワは、天然ガス/メタンガスと酸素の混合気体を点火する事により、圧力波を生じボイラ内のガス、内壁及び配管表面に微細な震動をもたらし、表面の堆積物を効果的に取り除きます。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 圧力波式スートブロワ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.8Mb
取り扱い企業 三國機械工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

コンプレッサ・油圧機器 三國機械工業 会社案内
製品カタログ

三國機械工業株式会社

三國機械工業 エンジニアリング製品事例
事例紹介

三國機械工業株式会社

青木製作所ダイヤフラム式圧縮機
製品カタログ

三國機械工業株式会社

このカタログの内容

Page1

210 210 210 機 器 構 成 ❽ Brand new phase of Soot Blower ❼ ❶ 各ガス供給用電磁弁 ❻ ❷ ❺ ❺充填タンク(酸素) EXPLOSION POWER社製 ❸ 充填タンク(メタン/天然ガス) ❹ 移送用電磁弁 圧力波式スートブロワ❶ ❹ ❹ ❶ ❺ 燃焼シリンダ Shock Pulse Soot Blower ❻ グロープラグ ❼ ピストン ❷ ❸ ❽ 窒素ガス(衝撃吸収用) ❾ ボイラ ❾ 噴出ノズル 1 待機状態 2 充填タンクへのガスの注入 3 各ガスの移送及び混合 充填タンクは各々酸素、メタン/天然ガス 各ガス供給用の電磁弁が開き、設定された 移送用の電磁弁が開き、混合されながら燃 で満たされ、燃焼タンクは空の状態で、窒 圧力まで注入されます。酸素とメタン/天 焼シリンダへ移ります。移送後に電磁弁は 素ガスで押されたピストン及び相手方の バルブシートで気密性を保っています。こ 然ガスは完全に隔離されており、発火する 閉じます。 の状態で制御盤からの信号で一連のサイ ことはありません。 クルがスタートします。 シ ス テ ム オ ル ガ ナ イ ザ ー 三國機械工業株式会社 国 両都国営技 駅地館 下 通 両国国技館 江戸東京博物館 鉄 り 大江 戸 本社 〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-11 線 Tel.03-5624-6392(代表) Fax.03-5624-6393 JR 両国駅西口 東口 隅 日立営業所 〒317-0072 茨城県日立市弁天町1-8-7 田 川 Tel.0294-22-0392(代表) Fax.0294-22-3715 横 清 綱 澄通 大阪営業所 〒530-0041 大阪市北区天神橋3-3-3 横丁 り Tel.06-6242-4334(代表) Fax.06-6351-6625 両国橋 京葉道路 至錦糸町 ENEOS セブン イレブン 4 点火 5 圧力波の放出 6 待機状態へ MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. 卍回向院 時津風 Head Office 三國機械工業 吉良邸跡 部屋 グロープラグが起動し、燃焼シリンダの前 超音速レベルの圧力波が噴出ノズルから 圧力波の放出後、ピストンは窒素ガスに押 3-19-11,Ryogoku,Sumida-ku,Tokyo 130-0026,Japan 室で点火し、圧力波を生じ、ピストンを押し 放たれ、先ずは線状に、後に球状に伝播し、 し戻されて閉じます。これで一連のサイク Telephone +81-3-5624-6392 戻して、噴出ノズルへの通路を開けます。 ボイラ内のガス、ボイラの各部表面及び付 ルは終了し、次の圧力波の放出への待機 Telfax +81-3-5624-6393 燃焼は燃焼シリンダ内へ続きます。 着物に振動を与えます。 状態になります。 www.mikunik ika i . jp MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 2018-6-0.3K-MP
Page2

210 210 210 機 器 構 成 ❽ Brand new phase of Soot Blower ❼ ❶ 各ガス供給用電磁弁 ❻ ❷ ❺ ❺充填タンク(酸素) EXPLOSION POWER社製 ❸ 充填タンク(メタン/天然ガス) ❹ 移送用電磁弁 圧力波式スートブロワ❶ ❹ ❹ ❶ ❺ 燃焼シリンダ Shock Pulse Soot Blower ❻ グロープラグ ❼ ピストン ❷ ❸ ❽ 窒素ガス(衝撃吸収用) ❾ ボイラ ❾ 噴出ノズル 1 待機状態 2 充填タンクへのガスの注入 3 各ガスの移送及び混合 充填タンクは各々酸素、メタン/天然ガス 各ガス供給用の電磁弁が開き、設定された 移送用の電磁弁が開き、混合されながら燃 で満たされ、燃焼タンクは空の状態で、窒 圧力まで注入されます。酸素とメタン/天 焼シリンダへ移ります。移送後に電磁弁は 素ガスで押されたピストン及び相手方の バルブシートで気密性を保っています。こ 然ガスは完全に隔離されており、発火する 閉じます。 の状態で制御盤からの信号で一連のサイ ことはありません。 クルがスタートします。 シ ス テ ム オ ル ガ ナ イ ザ ー 三國機械工業株式会社 国 両都国営技 駅地館 下 通 両国国技館 江戸東京博物館 鉄 り 大江 戸 本社 〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-11 線 Tel.03-5624-6392(代表) Fax.03-5624-6393 JR 両国駅西口 東口 隅 日立営業所 〒317-0072 茨城県日立市弁天町1-8-7 田 川 Tel.0294-22-0392(代表) Fax.0294-22-3715 横 清 綱 澄通 大阪営業所 〒530-0041 大阪市北区天神橋3-3-3 横丁 り Tel.06-6242-4334(代表) Fax.06-6351-6625 両国橋 京葉道路 至錦糸町 ENEOS セブン イレブン 4 点火 5 圧力波の放出 6 待機状態へ MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. 卍回向院 時津風 Head Office 三國機械工業 吉良邸跡 部屋 グロープラグが起動し、燃焼シリンダの前 超音速レベルの圧力波が噴出ノズルから 圧力波の放出後、ピストンは窒素ガスに押 3-19-11,Ryogoku,Sumida-ku,Tokyo 130-0026,Japan 室で点火し、圧力波を生じ、ピストンを押し 放たれ、先ずは線状に、後に球状に伝播し、 し戻されて閉じます。これで一連のサイク Telephone +81-3-5624-6392 戻して、噴出ノズルへの通路を開けます。 ボイラ内のガス、ボイラの各部表面及び付 ルは終了し、次の圧力波の放出への待機 Telfax +81-3-5624-6393 燃焼は燃焼シリンダ内へ続きます。 着物に振動を与えます。 状態になります。 www.mikunik ika i . jp MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 2018-6-0.3K-MP
Page3

210 210 210 機器構成 設置例 適用範囲、導入メリット 【概念図】 適 用 範 囲 • 焼却炉(一般ゴミ、スラッジ、産業廃棄物) • バイオマスボイラ • 石炭焚き/重油焚きボイラ • 製鉄所/製錬所 • セメントキルン マンホールに装着した圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワは、天然ガス/メタンガスと酸素の混合気体を点火する事により、圧力波を生じさせます。 この圧力波がボイラ側へ伝播し、ボイラ内の内壁及び配管表面に微細な振動をもたらし、表面の堆積物、灰を効 複数(最大6台)制御用の制御盤「EG106」 果的に取り除きます。 【構成図】 制御盤 圧縮空気 (複数台制御可能) 導 入 メリット 窒素 DCS(中央制御)との接続 • コンパクト且つ変動要因に左右されにくい設計 • ボイラ運転時間の延長が可能 酸素 • 移設が容易 • メンテナンス業務の軽減 • 従来技術と比べ、クリーニング能力向上 • 蒸気の消費ゼロ→温度降下極小 天然ガス /メタン ボイラへの噴出口 • ボイラ配管部分の熱によるダメージの解消  →発電効率の向上 他のSPSへ • 排出温度低減によるボイラ効率改善 • プラント全体の性能向上 圧力波式 圧力制御ユニット スートブロワ本体 バルブパネル 各種ガスボンベと圧力制御ユニットの設置例 ガスボンベ パージエアー Shock Pulse Soot Blower EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ
Page4

210 210 210 機器構成 設置例 適用範囲、導入メリット 【概念図】 適 用 範 囲 • 焼却炉(一般ゴミ、スラッジ、産業廃棄物) • バイオマスボイラ • 石炭焚き/重油焚きボイラ • 製鉄所/製錬所 • セメントキルン マンホールに装着した圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワは、天然ガス/メタンガスと酸素の混合気体を点火する事により、圧力波を生じさせます。 この圧力波がボイラ側へ伝播し、ボイラ内の内壁及び配管表面に微細な振動をもたらし、表面の堆積物、灰を効 複数(最大6台)制御用の制御盤「EG106」 果的に取り除きます。 【構成図】 制御盤 圧縮空気 (複数台制御可能) 導 入 メリット 窒素 DCS(中央制御)との接続 • コンパクト且つ変動要因に左右されにくい設計 • ボイラ運転時間の延長が可能 酸素 • 移設が容易 • メンテナンス業務の軽減 • 従来技術と比べ、クリーニング能力向上 • 蒸気の消費ゼロ→温度降下極小 天然ガス /メタン ボイラへの噴出口 • ボイラ配管部分の熱によるダメージの解消  →発電効率の向上 他のSPSへ • 排出温度低減によるボイラ効率改善 • プラント全体の性能向上 圧力波式 圧力制御ユニット スートブロワ本体 バルブパネル 各種ガスボンベと圧力制御ユニットの設置例 ガスボンベ パージエアー Shock Pulse Soot Blower EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ
Page5

210 210 210 機器構成 設置例 適用範囲、導入メリット 【概念図】 適 用 範 囲 • 焼却炉(一般ゴミ、スラッジ、産業廃棄物) • バイオマスボイラ • 石炭焚き/重油焚きボイラ • 製鉄所/製錬所 • セメントキルン マンホールに装着した圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワは、天然ガス/メタンガスと酸素の混合気体を点火する事により、圧力波を生じさせます。 この圧力波がボイラ側へ伝播し、ボイラ内の内壁及び配管表面に微細な振動をもたらし、表面の堆積物、灰を効 複数(最大6台)制御用の制御盤「EG106」 果的に取り除きます。 【構成図】 制御盤 圧縮空気 (複数台制御可能) 導 入 メリット 窒素 DCS(中央制御)との接続 • コンパクト且つ変動要因に左右されにくい設計 • ボイラ運転時間の延長が可能 酸素 • 移設が容易 • メンテナンス業務の軽減 • 従来技術と比べ、クリーニング能力向上 • 蒸気の消費ゼロ→温度降下極小 天然ガス /メタン ボイラへの噴出口 • ボイラ配管部分の熱によるダメージの解消  →発電効率の向上 他のSPSへ • 排出温度低減によるボイラ効率改善 • プラント全体の性能向上 圧力波式 圧力制御ユニット スートブロワ本体 バルブパネル 各種ガスボンベと圧力制御ユニットの設置例 ガスボンベ パージエアー Shock Pulse Soot Blower EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ 圧力波式スートブロワ
Page6

210 210 210 機 器 構 成 ❽ Brand new phase of Soot Blower ❼ ❶ 各ガス供給用電磁弁 ❻ ❷ ❺ ❺充填タンク(酸素) EXPLOSION POWER社製 ❸ 充填タンク(メタン/天然ガス) ❹ 移送用電磁弁 圧力波式スートブロワ❶ ❹ ❹ ❶ ❺ 燃焼シリンダ Shock Pulse Soot Blower ❻ グロープラグ ❼ ピストン ❷ ❸ ❽ 窒素ガス(衝撃吸収用) ❾ ボイラ ❾ 噴出ノズル 1 待機状態 2 充填タンクへのガスの注入 3 各ガスの移送及び混合 充填タンクは各々酸素、メタン/天然ガス 各ガス供給用の電磁弁が開き、設定された 移送用の電磁弁が開き、混合されながら燃 で満たされ、燃焼タンクは空の状態で、窒 圧力まで注入されます。酸素とメタン/天 焼シリンダへ移ります。移送後に電磁弁は 素ガスで押されたピストン及び相手方の バルブシートで気密性を保っています。こ 然ガスは完全に隔離されており、発火する 閉じます。 の状態で制御盤からの信号で一連のサイ ことはありません。 クルがスタートします。 シ ス テ ム オ ル ガ ナ イ ザ ー 三國機械工業株式会社 国 両都国営技 駅地館 下 通 両国国技館 江戸東京博物館 鉄 り 大江 戸 本社 〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-11 線 Tel.03-5624-6392(代表) Fax.03-5624-6393 JR 両国駅西口 東口 隅 日立営業所 〒317-0072 茨城県日立市弁天町1-8-7 田 川 Tel.0294-22-0392(代表) Fax.0294-22-3715 横 清 綱 澄通 大阪営業所 〒530-0041 大阪市北区天神橋3-3-3 横丁 り Tel.06-6242-4334(代表) Fax.06-6351-6625 両国橋 京葉道路 至錦糸町 ENEOS セブン イレブン 4 点火 5 圧力波の放出 6 待機状態へ MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. 卍回向院 時津風 Head Office 三國機械工業 吉良邸跡 部屋 グロープラグが起動し、燃焼シリンダの前 超音速レベルの圧力波が噴出ノズルから 圧力波の放出後、ピストンは窒素ガスに押 3-19-11,Ryogoku,Sumida-ku,Tokyo 130-0026,Japan 室で点火し、圧力波を生じ、ピストンを押し 放たれ、先ずは線状に、後に球状に伝播し、 し戻されて閉じます。これで一連のサイク Telephone +81-3-5624-6392 戻して、噴出ノズルへの通路を開けます。 ボイラ内のガス、ボイラの各部表面及び付 ルは終了し、次の圧力波の放出への待機 Telfax +81-3-5624-6393 燃焼は燃焼シリンダ内へ続きます。 着物に振動を与えます。 状態になります。 www.mikunik ika i . jp MIKUNI KIKAI KOGYO CO.,LTD. EXPLOSION POWER社製 圧力波式スートブロワ 2018-6-0.3K-MP