1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.9Mb)

コンタクトプローブ ガイドブック

事例紹介

《コンタクトプローブを的確に選定するために》コンタクトプローブの的確な選定は、「製造のコストダウン」と「開発のスピードアップ」を実現させます。

■構造
 コンタクトプローブの構造により、測定精度と耐久性が変わります。
■電流
 大電流通電時に重視すべきことは、コンタクトプローブ本体と接触部の発熱です。
■温度
 高温・低温環境での測定において重視すべきことは、コンタクトプローブ固有抵抗値の安定です。
■材質・表面処理・形状
 コンタクトプローブ先端形状が変われば、接触抵抗値も変わる。
 測定対象物材質・表面処理が変われば、接触抵抗値も変わる。
◆測定実験受託
◎サンケイエンジニアリングができること

このカタログについて

ドキュメント名 コンタクトプローブ ガイドブック
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 2.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社サンケイエンジニアリング (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

お悩み解決!電気測定の119番
事例紹介

株式会社サンケイエンジニアリング

プロダクツ&サービス
事例紹介

株式会社サンケイエンジニアリング