トラスコ中山

ダイヤモンドインターナルバー(円筒先丸)

ダイヤモンドインターナルバー(円筒先丸)の製品概要

【特長】・頭頂部がR形状のため、穴あけや小さい穴のバリ取りなどの使用に向いています。・ヌープ硬度約7000(地球上で最も硬い物質)で金属類、大理石、ガラスなど、ほとんどの被削材に使用可能です。特にセラミック材などの高硬度な被削材に最も適しています。しかし、ダイヤモンドは熱に対し弱いため、研削時の発熱が多い加工(HSSなど)には不向きです。【用途】・R面研磨・面取り・バリ取り。

ダイヤモンドインターナルバー(円筒先丸)の 型式一覧 (7件)

ダイヤモンドインターナルバー(円筒先丸)の詳細情報

メーカー トラスコ中山
このページのトップへ