Interview社員インタビュー

ただ結果を出すのではなく、高い再現性にこだわりたい。 クラウド事業部  営業企画 都築巧真

クラウド事業部 営業企画
都築巧真
新卒でコンサルティング会社に入社。業務改善のコンサルティングや基幹システムの導入に従事。
その後、製造業に特化したセールス・マーケティングのコンサルティング会社「FAナビ」を経て、経営統合を機にアペルザに参画。
自社サービスである製造業向けカタログポータル「アペルザカラログ」の立ち上げから携わる。

アペルザではどんな仕事をしていますか?

代表の石原と同じ目線を持って、営業活動全般の仕組みをつくる

クラウド事業部の営業企画として、営業の仕組みづくりを担当しています。例えば新しく入社したメンバーの早期立ち上がりを支援する環境の整備など、全体に対して働きかけるような取り組みを企画し、営業リーダーやメンバーと一緒に実行しています。
意識しているのは、代表の石原と同じ目線を持つこと。部署の施策は自分が決める。会社の数字は自分達がつくっているんだ。と自負しています。

我々のチームミッションは、製造業のお客様のマーケティングや営業活動における課題を紐解き、解決策をご提案することです。創業から3年が経ち、現在は「情報発信のためのメディア」、「商談支援のためのクラウド」、「購買活動のためのeコマース」、この3つのサービスを一気通貫で提供できている。それが、圧倒的な強みになっていることを実感する日々です。地方都市への営業も活発になってきていますので、自社の営業活動の基盤をつくることで成長の加速に貢献していきたいと考えています。

アペルザの創業時からいるメンバーだからこそ感じる、この1年の変化とは?

仕組みをつくることの重要性を実感。

私が入社した頃の組織と比べると、営業のメンバー数もかなり増え、組織が成長期にあると感じています。当時のチームは数名規模で、情報の共有も隣の席に「おーい」と声をかければ済んでしまいましたが、今は仕組みの重要性を強く感じています。どのようにしたら継続的に成果を出し続けられる強い営業チームをつくることができるか?メンバー全員がワークする営業スタイルや組織の仕組みとはどのようなものか?そういった事を、常に考えながら走り続けています。

仕組みとは、PDCAが効くことで自動的に成長していける状態だと私は考えています。例えば、1ヶ月単位で見れば、営業施策の良し悪しは分かります。翌月も同じことをしていても結果は変わらないですし、結果がでないことを続けていても仕方ないので、どんどん変更していくことを良しとしています。仕組みに完成形はなく、競争環境や所属メンバーによっても変わります。変わり続けることができれば、成長速度をあげていく事ができるはずだと信じています。アペルザが大きくなり、仲間が増えていく。そうした組織の成長が早いところは、非常に楽しいところですね。

今後の営業チームを、どのようにしたいと考えていますか?

若手が思いっきり挑戦できる環境。

1つ目は、一人ひとりの営業メンバーの個性を活かし、多様性のある営業チームを創り上げていくことです。一方で、すべてを個人の力量に頼ってしまうと、チームとして安定しないので、守破離の「守」ではないですが、個性を大事にするためにこそ、ベースの仕組みが必要だと考えています。基本となるアペルザの営業の型があり、その上に個性というオプションを発揮できるような状態を、早く実現したいですね。

2つ目は、若手にもっと権限移譲していくことです。そのために、若手が集まってスキルアップや改善などをテーマにした企画提案の機会をつくり、代表の石原に提案するような場を設けています。また最近では、若手メンバーが早い段階からマネジメントに参加し経験を積めるような機取り組みも始めようとしています。

最後に3つ目ですが、もっともっとお客様の事業に貢献するためにも、営業一人ひとりのスキルや知識を磨いていく必要があると考えています。お客様の課題に寄り添い、お客様と一緒になって知恵を絞り、答えを見つけていくことこそが、アペルザの営業スタイルです。こうしたお客様への価値提供を担保するために、毎日のように勉強会や共有会を実施していますが、メンバーの一人ひとりが日々成長を実感し、高い意識で業務に取り組む事を促進していきたいです。

どんな方と一緒に働きたいですか?

成長意欲とチャレンジ精神にあふれた方。

課題に対して前向きに取り組むことのできる、成長意欲の高い方と一緒に働きたいですね。製造業という巨大でレガシーな業界に対して、変化の一石を投じようとしているのが、アペルザです。すぐに解決できる課題だけではなく、むしろ答えがないところを切り開いているのが面白い。営業していると、お客様から少しずつ反応があり、新しい風を受け入れてくれている感覚があります。そうした難易度が高くスケールの大きなチャレンジにやりがいを感じてくれる方だと、嬉しいですね。