このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.9Mb)

190 Series II ユーザー・マニュアル

製品カタログ

190 Series II ユーザー・マニュアルのカタログです。

このカタログについて

ドキュメント名 190 Series II ユーザー・マニュアル
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.9Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 フルーク•キャリブレーション (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Ti200, Ti300, Ti400 ユーザー・マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

TiX520, TiX560 ユーザー・マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

Tix640, TiX660, TiX1000 ユーザー・マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

このカタログ(190 Series II ユーザー・マニュアル)の内容


Page 1:May 2011, Rev. 2, 01/14 (Japanese)© 2011-2014 Fluke Corporation. All rights reserved. 仕様は予告なく変更になる場合があります。All product names are trademarks of their respective companies.ScopeMeter®Test Tool 190 Series IIFluke 190-062, -102, -104, -202, -204, -502, -504ユーザーズ・マニュアル

Page 2:hpp000.eps

Page 3:保証および責任Fluke の製品はすべて、通常の使用およびサービスの下で、材料および製造上の欠陥がないことを保証します。テスト・ツールの保証期間は発送日から 3 年間、アクセサリーの保証期間は発送日から 1 年間です。部品、製品の修理、およびサービスに関する保証期間は 90 日です。この保証は、最初の購入者または Fluke認定再販者のエンドユーザー・カスタマーにのみに限られます。また、ヒューズ、使い捨て電池、あるいは、使用上の間違い、改造、不注意、事故もしくは異常 な操作や取り扱いによって損傷したと Fluke が認めた製品は保証の対象になりません。Fluke は、ソフトウェアーは実質的にその機能仕 様通りに作 動すること、また、本ソフトウェアーは欠陥のないメディアに記録されていることを 90 日間保証します。しかし、Fluke は、本ソフトウェアーに欠陥がないこと、または中断なく作動することは保証しておりません。Fluke 認定再販者は、新規品且つ未使用の製品に対しエンドユーザー・カスタマーにのみに本保証を行いますが、より大きな保証または異なった保証を Fluke に代 りに行う権限は持っていません。製品が Fluke 認定販売店で購入されるか、または購入者が適当な国際価格を支払った場合に保証のサポートが受けられます。ある国で購入された製品が修理のため他の国へ送られた場合、Fluke は購入者に、修理パーツ/交換パーツの輸入費用を請求する権利を保有します。Fluke の保証義務は、Fluke の見解に従って、保証期間内に Fluke 認定サービス・センターへ返送された欠陥製品に対する購入価格の払い戻し、無料の修理、また は交換に限られます。保証サービスを受けるには、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご連絡ください、または、問題個所の説明と共に製品を、送料および保険料前払い (FOB目的地)で、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご返送ください。Fluke は輸送中の損傷には責任を負いません。保証修理の後、製品は、輸送費前払い(FOB 目的地) で購入者に返送されます。当故障が、使用上の誤り、改造、事故、または操作や取り扱い上の異常な状況によって生じたと Fluke が判断した場合には、 Fluke は修理費の見積りを提出し、承認を受けた後に修理を開始します。修理の後、製品は、輸送費前払いで購入者に返送され、修理費および返送料(FOB 発送 地) の請求書が購入者に送られます。本保証は購入者の唯一の救済手段であり、ある特定の目的に対する商品性または適合性に関する黙示の保証をすべて含むがそれのみに限定されない、明白なまたは黙示の他のすべての保証の代りになるものです。データの紛失を含む、特殊な、間接的、偶然的または必然的損害または損失に関して、それが保証の不履行、または、契約、不法行為、信用、若しくは他のいかなる理論に基づいて発生したものであっても、FLUKE は一切の責任を負いません。ある国または州では、黙示の保証の期間に関する制限、または、偶然的若しくは必然的損害の除外または制限を認めていません。したがって、本保証の上記の制限および除外規定はある購入者には適用されない場合があります。本保証の規定の一部が、管轄の裁判所により無効または執行不能と見なされた場合において も、それは他の部分の規定の有効性または執行性に影響を与えません。Fluke Corporation, P.O. Box 9090, Everett, WA 98206-9090 USA またはFluke Industrial B.V., P.O. Box 90, 7600 AB, Almelo, The Netherlands

Page 4:注文およびサービス指定サービス・センターに関する情報は、弊社 WWW ページhttp://www.fluke.com (英語のみ)にアクセスしていただくか、あるいは下記の電話番号までお問い合わせください。日本: 03-6714-3114米国・カナダ: 1-888-993-5853ヨーロッパ: 31-40-2675200その他諸外国: 1-425-446-5500

Page 5:i目次章 題目 ページはじめに ...................................................................................................................... 1テスト・ツールキットの開梱 ........................................................................................ 2安全に関する情報: はじめにお読みください............................................................... 4リチウムイオン・バッテリー・パックの安全な使用 ......................................................1. スコープとメーターの使い方 .................................................................................... 11本器の起動方法.......................................................................................................... 11本器のリセット方法................................................................................................... 12メニューの操作.......................................................................................................... 13キー・ラベルおよびメニューを隠す方法 .................................................................... 14キー LED.................................................................................................................... 14入力接続部................................................................................................................. 15入力接続 .................................................................................................................... 15

Page 6:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアルiiプローブ・タイプ設定の調整 .................................................................................... 16入力チャネルの選択 .................................................................................................. 17Connect-and-View™ を使用した全自動設定 ................................................................ 18自動スコープ測定方法............................................................................................... 19画面のフリーズ.......................................................................................................... 20平均、残像、グリッチ表示の使用方法...................................................................... 21波形の捕捉................................................................................................................. 24合格-不合格テスト..................................................................................................... 32波形の解析................................................................................................................. 32自動メーター測定方法 (型番 190-xx4 用) .................................................................. 33マルチメーター測定方法 (型番 190-xx2 用)............................................................... 35自動/手動レンジの選択.............................................................................................. 382. レコーダー機能の使い方 ........................................................................................... 41レコーダー機能メイン・メニューを開く.................................................................... 41長時間にわたるプロット測定 (TrendPlot™).............................................................. 42長時間メモリーによるスコープ波形の記録 (Scope Record)..................................... 45TrendPlot、Scope Record の解析 ............................................................................. 283. リプレイ、ズーム、カーソル機能の使い方............................................................... 49100 件の最新スコープ画面の再表示.......................................................................... 49波形の拡大................................................................................................................. 52カーソルを使用した測定 ........................................................................................... 534. 波形のトリガー.......................................................................................................... 57トリガー・レベルおよび傾きの設定 ........................................................................... 58

Page 7:目次 (続き)iii遅延トリガーと早期トリガーの使い方...................................................................... 59自動トリガーのオプション........................................................................................ 60エッジ・トリガー ...................................................................................................... 61外部波形のトリガー (型番 190-xx2) .......................................................................... 64ビデオ信号のトリガー............................................................................................... 65パルスのトリガー ...................................................................................................... 475. メモリーおよび PC の使い方 .................................................................................... 71USB ポートの使用 ..................................................................................................... 71データの保存および呼び出し .................................................................................... 72FlukeView®の使用...................................................................................................... 806. ヒント........................................................................................................................ 81標準アクセサリーの使い方........................................................................................ 81独立絶縁された入力部の使い方................................................................................. 83立掛けスタンドの使い方 ........................................................................................... 86Kensington®ロック .................................................................................................... 87ハンドストラップの装着 ........................................................................................... 87本器のリセット方法................................................................................................... 88キー・ラベルおよひメニューを隠す方法 .................................................................... 88表示言語の変更.......................................................................................................... 89コントラストおよび輝度の調節................................................................................. 89日付と時刻の変更 ...................................................................................................... 90バッテリーの節電方法............................................................................................... 91自動設定オプションの変更........................................................................................ 637. 保守............................................................................................................................ 95クリーニング ............................................................................................................. 95

Page 8:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアルiv保管 ......................................................................................................................... 95バッテリーの充電...................................................................................................... 96バッテリー・パックの交換 ......................................................................................... 97電圧プローブの校正 .................................................................................................. 99バージョンと校正情報の表示 .................................................................................. 101バッテリー情報の表示............................................................................................. 101部品とアクセサリー ................................................................................................ 102トラブルシューティング ......................................................................................... 1088. 仕様 ......................................................................................................................... 111はじめに .................................................................................................................. 111オシロスコープ........................................................................................................ 112自動スコープ測定.................................................................................................... 116Fluke 190-xx4 用のメーター測定............................................................................. 120Fluke 190-xx2 用のメーター測定............................................................................. 120レコーダー............................................................................................................... 122ズーム、リプレイ、カーソル .................................................................................. 123その他...................................................................................................................... 124環境 ....................................................................................................................... 126認定 ....................................................................................................................... 12610 対 1 プローブ VPS410........................................................................................ 129電磁イミュニティ.................................................................................................... 130

Page 9:1はじめに警告本器をご使用になる前に、「安全に関する情報」をお読みください。本書の説明は、ScopeMeter® テスト・ツール 190 シリーズ II(以下、「本器」)の全機種に該当します。これらのモデル番号は以下に示す通りです。ほとんどの説明図では、モデル番号 190-x04 が使用されています。入力 C と入力 D、および C と入力 D 選択キー ( C とD ) はモデル番号 190-x04 にのみあります。モデル番号 説明190-062 60 MHz スコープ入力 (BNC) (x 2)、メーター入力 (バナナ・ジャック) (x 1)。190-102 100 MHz スコープ入力 (BNC) (x 2)、メーター入力 (バナナ・ジャック) (x 1)。190-104 100 MHz スコープ入力 (BNC) (x 4)、190-202 200 MHz スコープ入力 (BNC) (x 2)、メーター入力 (バナナ・ジャック) (x 1)。190-204 200 MHz スコープ入力 (BNC) (x 4)、190-502 500 MHz スコープ入力 (BNC) (x 2)、メーター入力 (バナナ・ジャック) (x 1)。190-504 500 MHz スコープ入力 (BNC) (x 4)、

Page 10:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル2テスト・ツールキットの開梱テスト・ツール・キットには、次のものが含まれています。注記充電式 Li-ION バッテリーは、初めて開梱した時には完全には充電されていません。第 7 章を参照してください。13456212345 - 12345 - 123457 8 9 10edabc111312CAT II 1000VCAT III 1000VCAT IV 600Vf図 1. テスト・ツール・キット

Page 11:テスト・ツールキットの開梱3Fluke 190 シリーズ II の各モデルには以下の付属品を含みます。# 説明1 テスト・ツール− サイド・ストラップ− バッテリーパック BP290 (型番 190-xx2) または BP291 (型番 190-xx4 および 190-5xx)2 ハンド・ストラップ (取り付け方法は、第 6 章参照)3 電源アダプター (購入した国によって異なります。)4 PC 接続用 USB インターフェース・ケーブル(USB-A~ミニ USB-B)5 安全に関する情報 ユーザーズ・マニュアル(多言語)、FlukeView®ScopeMeter®Softwareデモ版for Windows (機能制限版)6 梱包用箱 (基本バージョンのみ)Fluke 190-062、190-102、190-104、190-202、190-204(次のものを含む):# 説明78910電圧プローブ・セット (赤)電圧プローブ・セット (青)電圧プローブ・セット (グレー) 190-xx2 には含まれません。電圧プローブ・セット (緑) 190-xx2 には含まれません。各セットには次のものが含まれています。a) Fluke 190-50x:10 :1 電圧プローブ、500 MHz (赤または青またはグレーまたは緑)その他のモデル:10 対 1 電圧プローブ、300 MHz (赤、青、グレー、緑)b) プローブ・チップ用フック式クリップ (黒)c) ミニ・アリゲーター・クリップ付きアース・リード (黒)d) プローブ・チップ用アース・スプリング (黒)e) 絶縁スリーブ (黒)f) Fluke 190-50x:50 Ω (1 W) 終端器11 テスト・リード テスト・ピン付き(赤 1 本、黒 1 本)、型番 190-xx2 用のみ。

Page 12:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル4Fluke 190-xxx/S バージョンには次のものも含まれています (SCC290 キット)。# 説明12 FlukeView®Windows用ScopeMeter®ソフトウェア 有効化キー (FlukeView®のデモ・ステータスを完全機能ステータスに変換します)。13 ハード携帯ケース安全に関する情報: はじめにお読みください本器を使用する前に「安全に関する情報」をお読みください。本マニュアルの全体にわたって、それぞれ必要な箇所に警告や注意が記載されています。警告は、使用者に危険を及ぼす恐れのある条件及び行為を示しています。注意:本器に損傷を与えるおそれのある条件および行為を示しています。

Page 13:安全に関する情報: はじめにお読みください5本器及び本マニュアルにおいて使用されている国際標準記号は次のとおりてす。記号 説明 危険。重要な情報。マニュアルを参照。 二重絶縁 関連する北米の安全基準に準拠。 関連するオーストラリア規格に準拠。 韓国の関連 EMC 規格に準拠。電池 安全規格 接地 リサイクル情報 EU 指令準拠 DC (直流) AC または DC (交流または直流)本製品は WEEE 指令 (2002/96/EC) のマーキング要件に適合しています。添付されたラベルは、この電気/電子製品を一般家庭廃棄物として廃棄できないことを示します。製品カテゴリー: WEEE 指令の付属書 1に示される機器タイプに準拠して、本製品はカテゴリー 9「監視および制御装置」の製品に分類されます。この製品は、一般廃棄物として処分しないでください。リサイクルの情報については、フルークにお問い合わせください。CAT III屋内の低電圧電源設備の分電盤に接続されている回路のテストおよび測定は、測定カテゴリー III に準じます。CAT IV屋内の低電圧電源設備の電源に接続されている回路のテストおよび測定は、測定カテゴリー IV に準じます。

Page 14:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル6警告感電又は火災の発生を避けるため、次の事項を厳守して下さい。• 必ずフルーク社製電源、部品番号 BC190 (電源アダプター) をご使用ください。• ご使用になる前に、BC190 に指定されている電圧レンジが、電源の電圧と周波数にあっているかどうか確認してください。• BC190/808 および BC190/820 ユニバーサル電源アダプターには、地域の安全規則に準拠した電源コードのみを使用して下さい。注記:さまざまな電源ソケットに対応できるようにBC190/808 および BC190/820 ユニバーサル電源アダプターにはオスプラグが採用されていて、プラグは使用地域に適切な電源コードに接続する必要があります。本器の使用地域に適合する電源コードに接続して下さい。アダプターは絶縁されているため、電源コードに保護用のアース端子が付属している必要はありません。保護用のアース端子の付いた電源コードが一般的になってきておりますが、このコードを使用することも可能です。警告感電や発火防止のために、製品の入力が 42 V ピーク(30 Vrms) または DC 60 V に接続されている場合は、次の注意事項を厳守してください。• 絶縁された電圧プローブ、テスト・リード、および本器に付属しているアダプターか、Fluke 190Series II ScopeMeter®テスト・ツール・シリーズ用と指定されているアダプターのみを使用してください。• 使用前に、電圧プローブ、テスト・リード、及びアクセサリーを点検し、損傷がないことを確認して下さい。損傷している場合は、使用前に取り替えて下さい。• 使用していないプローブ、テスト・リード、及びアクセサリーは、すべて本器から取り外して下さい。• 電源アダプターは、本器に接続する前に、必ずAC コンセントに接続してください。• AC 30 V rms、AC 42 V ピーク、又は DC 60 V を超える電圧には触れないでください。• アース・スプリング (図 1 の d) をアースから 42 Vピーク (30 Vrms) より高い電圧に接続しないでください。• プローブ付基準接地リードを使用するときは、必ずプローブの先端が黒い絶縁スリーブに覆われて(図 1. アイテム。10e)いることを確認してください。

Page 15:安全に関する情報: はじめにお読みください7• 端子間、および各端子とアース・グラウンドとの間に定格を超える電圧を加えないでください。• 入力端子に、本器に記載の定格を越える電圧を加えないで下さい。1:1 のテスト・リードを使用する場合は、プローブ先端の電圧が本器に直接伝送されるため、十分に注意して下さい。• 金属部分がむき出しになっている BNC またはバナナ・プラグ・コネクターを使用しないで下さい。フルークは、ScopeMeter®テスト・ツール製品に適した安全設計のプラスチック製 BNC コネクター付ケーブルを提供しています。第 7 章「オプションのアクセサリー」を参照してください。• コネクターに金属を差し込まないようにして下さい。• 指定された以外の方法で本器を使用すると、提供されている安全保護機能が損なわれることがあります。• 指示をすべてお読みください。• 本器が誤作動を示している場合は、使用しないでください。• 損傷している場合は、製品またはその付属品は使用しないでください。• 故障している場合は、製品またはその付属品を修理してください。• プローブの保護ガードより前に指を出さないでください。• 正しい測定カテゴリー (CAT)、電圧、電流定格を備えたプローブ、テスト・リード、測定用アダプターのみを使用してください。• 製品、プローブ、アクセサリーのうち、定格部品の測定カテゴリー (CAT) の最も低い定格を超えて使用しないでください。• 爆発性のガス、蒸気、粉塵、湿気のある環境で本器を使用しないでください。• 本器が正しく作動することを確認するために、使用前に既知の電圧を測定して下さい。• 本器を使用する前に、ケースに損傷がないかどうかを点検して下さい。割れやプラスチックの欠損がないことを確認します。各端子の周りの絶縁の状態を確認してください。• 安全のため、単独で作業をしないでください。• ご使用の地域及び国が定める安全規約に従ってください。危険性のある通電中の導体が露出している場合は、感電やアーク爆風による怪我を防ぐために必ず身体保護用具 (認定ゴム手袋、顔面保護具、耐火性衣類) を着用してください。• 本器を起動する前に、電池収納部ドアを必ず閉め、ロックしてください。• 電池収納部ドアが外れてい

Page 16:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル8• る状態、またはケースが開いている状態で、本器を使用しないでください。危険な電圧に曝露する可能性があります。• 本器をクリーニングする時は、事前に入力信号の接続を取り外してください。• 指定された交換部品のみを使用してください。警告で説明している電圧定格は、実際の印加電圧に基づいています。AC 正弦波の印加は AC Vrms (50~60 Hz)、DC の印加は DC V の単位で表記しています。測定カテゴリー IV (CAT IV) は屋外または地下に設置されている送電を対象としています。測定カテゴリー III (CAT III) は、直接分電盤から電気を取り込む機器(固定設備の一次側及び分電盤からコンセントまでの電路)になります。測定カテゴリー II は、ローカル・レベルを参照しており、家庭用電化製品やポータブル機器に適用されます。本マニュアルで、「絶縁された」 または 「電気的浮遊」などの用語は、本器の入力 BNC がアース・グラウンド以外の電圧に接続されている状態での測定を示します。「絶縁された入力コネクター」は、金属の露出部がなく、感電を防ぐために完全に絶縁されています。BNC ジャックは、絶縁された (電気的に浮遊している) 測定の場合、アース電圧より高い電圧を独立して接続することができ、アースに対して CAT III では 1000 Vrms、CAT IV では 600 Vrms まで対応が可能です。安全保護機能が作動しない場合指定された以外の方法で本器を使用すると、提供されている本器の安全保護機能が損なわれることがあります。テスト・リードが損傷している場合は、使用しないでください。テスト・リードの絶縁に損傷がないか、金属部が露出していないか、磨耗インジケーターが表示されていないか、点検して下さい。例えば予定した測定ができなくなった時、又は視覚的に損傷が認められる時には、安全保護機能が損なわれているおそれがあります。その内容についてはフルークにご相談ください。例えば予定した測定ができなくなった時、又は外観に損傷が認められる時には、安全保護機能が損なわれている可能性があります。

Page 17:リチウムイオン・バッテリー・パックの安全な使用9リチウムイオン・バッテリー・パックの安全な使用Fluke 型番 BP290 (26 Wh)/BP291 (52 Wh) のバッテリー・パ ッ ク は 、 UN Manual of Tests and Criteria Part IIISubsection 38.3 (ST/SG/AC.10/11/Rev.3) ( 別 称 : UNT1..T8 テスト) に準拠してテストされ、その基準を満たしていることが証明されています。このバッテリー・パックは、EN/IEC62133に準拠したテストも受け、適合が証明されています。すなわち、このバッテリー・パックは、世界各地に何らの制限なく出荷することが出来ます。バッテリー・パック の推奨される安全な保存方法• バッテリー・パックは熱源や火気の近くで保存しないでください。日光のあたる場所で保存しないでください。• バッテリー・パックは、使用する時まで、梱包から取り出さないでください。• 可能な場合、本器を使用しない時にはバッテリー・パックを取り外してください。• 損傷を防ぐため、バッテリー・パックを長期間保存する前は、100%充電してください。• バッテリー・パックを長期間保存した後は、元の性能を実現するために、充電と放電を何度か繰り返すことが必要な場合があります。• バッテリー・パックを保管する際は、子供やペットの手の届かない場所にしてください。• バッテリーやバッテリーの一部を飲み込んでしまった場合は、医師の診察を受けてください。バッテリー・パックの推奨される安全な使用方法• バッテリー・パックは使用前に充電してください。バッテリー・パックの充電には、Fluke 承認のアダプターのみを使用してください。充電を正しく行うために、Fluke の安全に関する指示とユーザーズ・マニュアルを参照してください。• バッテリーの充電完了後はすみやかに充電器の接続を外してください。• バッテリー・パックは、通常の室温 20 °C ± 5 °C で仕様の性能が発揮できます。• バッテリー・パックは熱源や火気に近づけないでください。また、直射日光を当てないでください。• バッテリー・パックに機械的ショック等の衝撃を加えないでください。• バッテリー・パックは清潔で乾いた状態に保ってください。汚れたコネクターは、乾いた清潔な布で拭いてください。• 本器に付属の充電器以外は使用しないでください。• Fluke により本器での使用を目的として設計されたバッテリー、または本器での使用が推奨されているバッテリー以外は使用しないでください。• 本器や外付けバッテリー充電器にバッテリーを装着する時、正しい位置に置くよう注意してください。

Page 18:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル10• バッテリー・パックの端子を短絡しないでください。端子が金属 (コイン、ペーパークリップ、ペンなど)によって短絡する可能性がある場所にバッテリー・パックを置かないでください。• 外観に損傷が認められるバッテリー・パックや充電器は使用しないでください。• バッテリーには、火傷や爆発を生じる可能性がある危険な化学薬品が含まれています。化学薬品に触れた場合は、水で洗い流し、医療措置を受けてください。バッテリー液が漏れている場合は、修理してから使用してください。• バッテリー・パックの改造:バッテリーを分解したり、改造や修理をしてはなりません。また、それにより、誤作動や損傷が生じたバッテリーは使用してはなりません。• バッテリー・パックは改造したり、つぶしたりしないでください。• バッテリーは意図された用途にのみ使用してください。• 今後の参考にするために、本器の資料は保管してください。バッテリー・パックの推奨される安全な運搬方法• 運搬中、バッテリー・パックに短絡や損傷が生じないように、十分な保護措置を講じる必要があります。• 航空機による Li-ion バッテリーの安全な輸送方法を定めた IATA ガイドラインに準拠してください。バッテリーの安全な使用に関する情報も参照してください。• 機内預け入れ荷物: バッテリー・パックは本器に装着されている状態でのみ、預け入れることができます。• 機内持ち込みの荷物: 通常の個人使用の目的に必要なバッテリー・パックは機内に持ち込むことができます。• 郵便局、宅急便、その他の運送会社による出荷に関する国や地域のガイドラインに準拠してください。• 郵便では最高 3 つまでのバッテリー・パックを郵送できます。パッケージには次のように明記してください。リチウムイオン・バッテリー内包 (リチウムメタルはなし)バッテリー・パックの推奨される安全な廃棄方法• 不要となったバッテリー・パックは、地域の規則に従って、正しく廃棄してください。• 正しい廃棄: バッテリーは一般ごみとしては廃棄しないでください。リサイクルの情報については、フルーク・サービス・センターにご連絡ください。• 端子を絶縁テープで覆ってから、廃棄してください。

Page 19:11第 1 章スコープとメーターの使い方本章について本章では、本器のスコープとメーター機能について、手順を追って説明します。ここで説明する手順は、本器の機能をすべて網羅するものではありませんが、基本的な機能を実行するメニューの使い方について基本的な例を挙げて説明します。本器の起動方法通常の AC ライン・コンセントから本器に電源を供給する場合には、図 2 に示す手順 (1 から 3) に従ってください。バッテリー駆動の方法は第 6 章を参照してください。on/off キーを押して、本器の電源を投入してください。電源が投入され、前回使用した時の設定状態で本器が起動します。日付、時刻および情報言語を調整するためのメニューは、テスト・ツールに初めて電源が投入されたときの状態自動的に切り替えられます。BC190132図 2. 起動方法

Page 20:ScopeMeter® Test Tool 190 Series IIユーザーズ・マニュアル12本器のリセット方法次の手順に従って本器をリセットして出荷時の初期設定に戻せます。1 本器の電源を切ります。2 USERUSER キーを押したままにします。3 一旦押してから、離します。本器の電源がオンになり、ビープ音が 2 回鳴り、リセットが無事完了したことを示します。4 USERUSER キーを放します。図 3「リセット後の画面」に示す様な画面が表示されます。図 3. リセット後の画面