このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.8Mb)

Ti200, Ti300, Ti400 ユーザー・マニュアル

製品カタログ

Ti200, Ti300, Ti400 ユーザー・マニュアルのカタログです。

このカタログについて

ドキュメント名 Ti200, Ti300, Ti400 ユーザー・マニュアル
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.8Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 フルーク•キャリブレーション (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

TiX520, TiX560 ユーザー・マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

Tix640, TiX660, TiX1000 ユーザー・マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

Ti90, Ti95, Ti100, Ti105, Ti110, Ti125, TiR105, TiR110, TiR125 マニュアル
製品カタログ

フルーク•キャリブレーション

このカタログ(Ti200, Ti300, Ti400 ユーザー・マニュアル)の内容


Page 1:September 2013 (Japanese)© 2013 Fluke Corporation. All rights reserved.Specifications are subject to change without notice.All product names are trademarks of their respective companies.Ti200, Ti300, Ti400Thermal Imagersユーザーズ・マニュアル

Page 2:保証および責任Fluke の製品はすべて、通常の使用及びサービスの下で、材料および製造上の欠陥がないことを保証します。保証期間は発送日から 2 年間です。部品、製品の修理、またはサービスに関する保証期間は 90 日です。この保証は、最初の購入者または Fluke 認定再販者のエンドユーザー・カスタマーにのみに限られます。さらに、ヒューズ、使い捨て電池、または、使用上の間違いがあったり、機能の変更をされたり、規定を無視されたり、汚染されたり、事故若しくは異常な動作や取り扱いによって損傷したと Fluke が認めた製品は保証の対象になりません。Fluke は、ソフトウェアーは実質的にその機能仕様通りに動作すること、また、本ソフトウェアーは欠陥のないメディアーに記録されていることを 90 日間保証します。しかし、Fluke は、本ソフトウェアーに欠陥がないことまたは中断なく動作することは保証しておりません。Fluke 認定再販業者は、新規品且つ未使用の製品に対しエンドユーザー・カスタマーのみに本保証を行いますが、より大きな保証または異なった保証を Fluke に代り提供する権限は持っていません。製品が Fluke 認定販売店で購入されるか、または購入者が適当な国際価格を支払った場合に保証のサポートが受けられます。ある国で購入された製品が修理のため他の国へ送られた場合、Fluke は購入者に、修理パーツ/交換パーツの輸入費用を請求する権利を保有します。Flukeの保証義務は、Flukeの見解に従って、保証期間内に Fluke認定サービス・センターへ返送された欠陥製品に対する購入価格の払い戻し、無料の修理、または交換に限られます。保証サービスを受けるには、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご連絡いただき、返送の許可情報を入手してください。その後、問題個所の説明と共に製品を、送料および保険料前払い (FOB 目的地) で、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご返送ください。Fluke は輸送中の損傷には責任を負いません。保証による修理の後、製品は購入者に送料前払い (FOB 到着地)で返送されます。当故障が、使用上の誤り、汚染、変更、事故、または操作や取り扱い上の異常な状況によって生じたと Fluke が判断した場合には、Fluke は修理費の見積りを提出し、承認を受けた後に修理を開始します。修理完了後、製品は購入者に送料前払いで返送されますが、Fluke は購入者に対して修理費および送料 (FOB 出荷地) を請求します。本保証は購入者の唯一の救済手段であり、ある特定の目的に対する商品性または適合性に関する黙示の保証をすべて含むがそれのみに限定されない、明白なまたは黙示の他のすべての保証の代りになるものです。データの紛失を含む、あらゆる原因またはいかなる理論に起因する、特殊な、間接的、偶然的または必然的損害または損失に関して、それが保証の不履行、または、契約、不法行為、信用、若しくは他のいかなる理論に基づいて発生したものであっても、FLUKE は一切の責任を負いません。いくつかの国においては、示唆的保証の条件を制約すること、あるいは二次的あるいは結果として生ずる損害に対する責任の免責または限定が許されていませんので、本保証における制約および免責はすべての購入者に適用されるとは限りません。本保証の規定の一部が、管轄の裁判所またはその他の法的機関により無効または執行不能と見なされた場合においても、それは他の部分の規定の有効性または執行性に影響を与えません。Fluke CorporationP.O. Box 9090Everett, WA 98206-9090U.S.A.Fluke Europe B.V.P.O. Box 11865602 BD EindhovenThe Netherlands11/99製品を登録するには、http://register.fluke.com をご利用ください。

Page 3:i目次題目 ページはじめに..................................................................................... 1Flukeへの連絡先 ........................................................................ 2安全に関する情報....................................................................... 2無線周波数データ....................................................................... 5アクセサリー.............................................................................. 5ご使用になる前に....................................................................... 7バッテリー.............................................................................. 82 ベイ・バッテリー充電器.................................................. 8本器の AC 電源ソケット..................................................... 912 V 車両用充電器 (オプション)......................................... 10電源のオンおよびオフ............................................................ 10極端な条件下での操作 ............................................................... 10各部の名称 ................................................................................. 11プライマリー・トリガーおよびセカンダリー・トリガー.......... 13焦点............................................................................................ 13コントロール・ボタン ............................................................... 14タッチ・スクリーン................................................................... 14メニューの使用方法................................................................... 15画像のキャプチャー................................................................... 15IR-PhotoNotes™..................................................................... 16音声注釈 (記録)....................................................................... 17音声注釈を聞く (記録)............................................................ 17キャプチャーした赤外線画像の編集 ...................................... 18キャプチャーした赤外線画像の保存 ...................................... 18Micro SD メモリー・カード....................................................... 19温度測定..................................................................................... 20SmartView®ソフトウェア.......................................................... 20

Page 4:Ti200, Ti300, Ti400ユーザーズ・マニュアルiiメニュー ..................................................................................... 21測定メニュー........................................................................... 21レンジ.................................................................................. 21レベル/スパン...................................................................... 21放射率の調整....................................................................... 23背景 (背景反射温度補正) ..................................................... 25透過/透過率の調整............................................................... 25スポット温度....................................................................... 26スポット・マーカー ............................................................ 26中心ボックス....................................................................... 27画像メニュー........................................................................... 28パレット .............................................................................. 28IR-Fusion®技術 ................................................................... 29カラー・アラーム................................................................ 30グラフィック表示................................................................ 31ロゴ ..................................................................................... 31カメラ・メニュー ................................................................... 32LaserSharp™ Auto Focus System ...................................... 32バックライト....................................................................... 33トーチライト....................................................................... 33メモリー・メニュー................................................................ 34画像ファイルの再生 ............................................................ 34画像ファイルの削除 ............................................................ 34設定メニュー........................................................................... 35単位 ..................................................................................... 35ファイル形式....................................................................... 35自動電源オフ....................................................................... 36日付 ..................................................................................... 37言語 ..................................................................................... 38ワイヤレス接続 ................................................................... 38画像の保存先....................................................................... 38高度な設定........................................................................... 39ビデオのストリーミング ............................................................ 40HDMI®......................................................................................... 40リモート・コントロール (Ti400)................................................ 41メンテナンス .............................................................................. 41ケースのクリーニング方法 ..................................................... 41バッテリーの取り扱い ............................................................ 42一般仕様 ..................................................................................... 43詳細仕様 ..................................................................................... 45

Page 5:iii表目次表 題目 ページ1. 記号............................................................................................ 42. 推奨アクセサリー....................................................................... 53. 各部の名称 ................................................................................. 114. コントロールの概要................................................................... 145. パレット..................................................................................... 28図目次図 題目 ページ1. レンズ・カバーのレーザー警告 ................................................. 32. アドオン・レンズの取り付け..................................................... 63. SD メモリー・カードの挿入と取り外し.................................... 194. レベルおよびスパンの設定 ........................................................ 23

Page 6:Ti200, Ti300, Ti400ユーザーズ・マニュアルiv

Page 7:1はじめにFluke Ti200、Ti300、Ti400 Thermal Imagers (以降「本製品」または「本器」)は、様々な用途で使用できるハンドヘルド・タイプのサーモグラフィーです。その用途には、機器のトラブルシューティング、予防/予知保全、建物診断、研究開発などがあります。本器では視認性に優れ、工業用途に最適な 640 x 480 LCD タッチ・スクリーンに熱画像が表示され、取り外し可能なメモリー・カードに画像を保存できます。保存した画像やデータはメモリー・カードを通じて PC へ、USB 直接接続により PC へ、またはワイヤレス転送により PC またはモバイル・デバイスへ転送できます。本製品には、SmartView®ソフトウェアが付属しています。このソフトウェアは、品質解析およびレポートに使用できる高性能なプロフェッショナル向けソフトウェアです。SmartView®Mobile ソフトウェアはモバイル・デバイスでも使用できます。本器の電源は、堅牢な充電式リチウムイオン・スマート・バッテリーから供給されます。付属の AC 電源アダプターを使用すれば、AC 電源に直接接続できます。本器は、Fluke LaserSharp™ Auto Focus System と、高度手動フォーカス機能を備えています。また、IR-Fusion®技術、Autoblend™ モード、IR-PhotoNotes™ 写真注釈システム、WiFi™ 接続、Bluetooth®接続、HDMI®ビデオ接続に関連した、多くの役に立つ機能も備えています。

Page 8:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル2Flukeへの連絡先フルークにご連絡いただく場合は、次の電話番号までお問い合わせください。• 米国: 1-800-760-4523• カナダ:1-800-36-FLUKE (1-800-363-5853)• ヨーロッパ: 31 402-675-200• 日本: 81-3-6714-3114• シンガポール: 65-6799-5566• その他の国: 1-425-446-5500またはFlukeのWebサイト www.fluke.comをご覧ください。本製品の登録には、http://register.fluke.com をご利用ください。マニュアルの最新の補足を表示、印刷、あるいはダウンロードするには、http://us.fluke.com/usen/support/manuals をご利用ください。安全に関する情報「警告」は使用者に危険を及ぼすような条件や手順であることを示します。「注意」は、テスト中の製品や機器の損傷の原因となることがある条件や手順であることを示します。 警告目の損傷および人体への傷害を防ぐため、次の事項を厳守してください。• レーザー光を直接見ないでください。レーザー光を直接または反射面を介して人や動物に当てないでください。• 本製品を分解しないでください。レーザー光線が目に悪影響を与える可能性があります。本製品を修理する場合は、必ずフルークのサービス・センターに依頼してください。

Page 9:Thermal Imagers安全に関する情報3レーザーに関する追加の警告情報は、本製品のレンズ・カバーの内側に記載があります。図 1 を参照してください。www.patentlabel.com/flukeFLUKE CORPORATIONEVERETT, WA USAhie05.eps図 1. レンズ・カバーのレーザー警告 警告人身への傷害を防ぐため、次の注意事項を厳守してください:• 本製品を使用する前に、安全に関する情報をすべてお読みください。• すべての説明を注意深くお読みください。• 本製品は指定された方法で使用してください。指定外の方法で使用した場合、製品の安全性に問題が生じることがあります。• バッテリーの残量低下マークが表示されたら、測定結果が不正確になるのを防ぐために電池を交換してください。• 作動に異常が見られる場合は使用しないでください。• 本製品が損傷している場合は使用しないでください。

Page 10:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル4• 実際の温度測定の前に、放射率に関する情報を参照してください。反射性物質では、実際の測定温度より低く表示されます。こうした物質による火傷の危険があります。• 爆発性のガスまたは蒸気の周辺、結露のある環境、または湿気の多い場所で本製品を使用しないでください。• 電池セルやバッテリー・パックを熱い場所や火の近くに置かないでください。直射日光下に放置しないでください。表 1 に、本器および本マニュアルで使用されている記号を示します。表 1.記号記号 説明 記号 説明重要な情報。マニュアルを参照。  警告。レーザー。AC 電源に接続されています。バッテリーが取り外されています。バッテリーの状態。アニメーション表示になっている場合は、バッテリーを充電中です。 電源オン/オフ記号。  欧州連合および欧州自由貿易連合の要件に適合。関連するオーストラリアの規格に準拠。 関連する北米の安全規格に準拠。 関連する韓国のEMC規格に準拠。日本品質保証機構本製品には、リチウムイオン・バッテリーが搭載されています。固形廃棄物と混合しないでください。使用済みバッテリーは、地方条例に従って資格のあるリサイクル業者か危険物取扱者によって廃棄されなければなりません。リサイクルの情報については、Fluke のサービス・センターまでお問い合わせください。本製品は WEEE 指令 (2002/96/EC) のマーキング要件に適合しています。この記号が貼付されている電気製品/電子製品は家庭用の廃棄物として廃棄できないことを意味しています。製品カテゴリー: WEEE 指令の付属書 1 に示される機器タイプに準拠して、本製品はカテゴリー 9「監視および制御装置」の製品に分類されます。本製品は、分別されていない一般廃棄物として処分しないでください。リサイクルの情報については、サービスセンターにお問い合わせください。

Page 11:Thermal Imagers無線周波数データ5無線周波数データ本器の無線ライセンスのデジタル・コピーにアクセスする方法については、39ページを参照してください。アクセサリー表 2 は、本器で使用可能なアクセサリーのリストです。表 2.推奨アクセサリーモデル 説明 部品番号FLK-TI-SBP3 スマート・バッテリー・パック 3440365FLK-TI-SBC3B 充電器/アダプター付き電源 4354922TI-CAR CHARGER 12 V 車両用充電アダプター 3039779FLK-TI-VISOR3 サン・バイザー 4335377FLK-TI-TRIPOD3 三脚取り付け用アクセサリー 4335389BOOK-ITP サーモグラフィーのガイド 3413459FLK-LENS/TELE2 赤外線望遠レンズ 4335377FLK-LENS/WIDE2 赤外線広角レンズ 4335361オプションの望遠レンズおよび広角レンズによって柔軟性が増し、より多くの赤外線検査作業用途で利用可能になります。レンズの取り付け方法については、図 2 を参照してください。

Page 12:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル6hie08.eps図 2.アドオン・レンズの取り付け

Page 13:Thermal Imagersご使用になる前に7ご使用になる前に梱包箱からアイテムを慎重に取り出します:• Thermal Imager• 主電源アダプター付き AC 電源• 2 ベイ・バッテリー充電器• リチウムイオン・スマート・バッテリー x 2• ハード・キャリング・ケース• USB ケーブル• HDMI ケーブル• リムーバブル・メモリー・カード[1]• ソフト輸送バッグ• 調節可能なハンド・ストラップ (左手または右手用)• 印刷版ユーザーズ・マニュアル (英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語)[2]• CD 版ユーザーズ・マニュアル[2]• SmartView®ソフトウェア• 保証登録カード注記[1] 本器に付属のメモリー・カードまたは Fluke から入手できるメモリー・カードの使用をお勧めします。ブランドや容量の異なる、別途購入されたメモリー・カードの使用およびその信頼性について、Flukeは保証しません。[2] 製品に付属していない言語の印刷マニュアルをご希望の場合は、Fluke (TPubs@fluke.com) まで電子メールでお問い合わせください (日本語版のご用意はありません)。メールの件名に製品名および言語を明記してください。

Page 14:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル8バッテリー本器を初めて使用する場合は、最初にバッテリーを最低 2 時間半充電してください。バッテリーの状態は、5 セグメントの充電インジケーターに表示されます。 警告怪我を防ぐため、電池セルやバッテリー・パックを熱い場所や火の近くに置かないでください。また、直射日光を当てないでください。注記新品のバッテリーはフル充電されていません。バッテリーをその最大容量まで充電するには、充電/放電のサイクルを 2 ~ 10 回繰り返す必要があります。バッテリーを充電するには、次のオプションのいずれかを使用します:2 ベイ・バッテリー充電器1. AC 電源を AC コンセントに接続し、DC 出力端子を充電器に接続します。2. スマート・バッテリーを 1 本または 2 本、充電器のベイに挿入します。3. インジケーターが「充電完了」の状態になるまで、バッテリーを充電します。4. バッテリーの充電が完了したら、スマート・バッテリーを取り出し、電源を抜きます。

Page 15:Thermal Imagersご使用になる前に9本器の AC 電源ソケット1. AC 電源アダプターを AC コンセントに接続し、DC 出力端子を本器の AC電源ソケットに接続します。AC 電源アダプターを使用してバッテリーを充電している間、ディスプレイ上に  が点滅します。2. ディスプレイの充電インジケーターが点滅しなくなるまで充電を続けます。3. スマート・バッテリーの充電が完了したら、AC 電源アダプターを抜きます。注記本器を充電器に接続する前に、本器の温度が常温近くになっていることを確認してください。充電時の温度仕様を参照してください。暑い場所や寒い場所では充電を行わないでください。極端な温度下で充電を行うと、バッテリー容量が減少する場合があります。本器を AC 電源に接続したままバッテリーを取り外すと、 がディスプレイの左下隅に表示されます。本器の電源がオフの状態で AC 電源アダプターを接続すると、 がディスプレイの中央に表示され、バッテリーの充電中であることを示します。バッテリー状態のアイコンがフル充電を示すまで、本器を充電器に接続しておきます。フル充電アイコンが表示される前に本器を充電器から取り外すと、作動時間が短くなる場合があります。注記バッテリーが AC 電源に接続されているか、本器がビデオ・モードになっている場合、スリープ・モード/自動オフ機能は自動的に無効になります。

Page 16:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル1012 V 車両用充電器 (オプション)1. 12 V アダプターを車両の 12 V アクセサリー・ソケットに接続します。2. 出力端子を本器の AC 電源ソケットに接続します。3. 画面のインジケーターに充電完了の状態が表示されるまで充電を続けます。4. バッテリーの充電が完了したら、12 V アダプターと本器を取り外します。 注意本器の損傷を防ぐため、車両の始動またはジャンプ・スタートの前に本器を車両用 DC 充電器から外してください。電源のオンおよびオフ本器の電源をオンまたはオフにするには、 を 2 秒間押したままにします。表 を参照してください。本器は、節電機能と自動オフ機能を備えています。これらの機能を設定する方法については、36 ページを参照してください。注記正確に温度を測定し、画質を最適に保つには、すべての ThermalImagers で十分なウォームアップ時間を取る必要があります。この時間は、モデルおよび環境条件によって変わることがあります。大半のサーモグラフィーは 3 ~ 5 分でウォームアップが完了しますが、温度測定の正確さが非常に重要な場合は、少なくとも 10 分間待機することをお勧めします。周囲温度が大きく異なる複数の環境下で本器を使用する場合は、さらに長い調整時間が必要になることがあります。極端な条件下での操作極端な周囲温度条件下で本器を保管または連続使用すると、操作が一時的に中断することがあります。この場合、操作を再開する前に本器を安定させてください (冷却またはウォームアップ)。

Page 17:Thermal Imagers各部の名称11各部の名称表 3 に、本器の各部の名称を示します。表 3. 各部の名称Ti200IR FUSIONTECHNOLOGY11109678451213312hie01.eps品目 説明 HDMI 接続 USB ケーブル接続 マイク スピーカー 液晶ディスプレイ  電源のオンおよびオフ ファンクション・ボタン (F1、F2、F3) 矢印ボタン リチウムイオン・スマート・バッテリー

Page 18:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル12表 3.各部の名称 (続き)品目 説明 ハンド・ストラップ 手動フォーカス・コントロール 2 ベイ・バッテリー充電器 主電源アダプター付き AC 電源Ti200IR FUSIONTECHNOLOGY1920212223241816151714hie06.eps コネクター・カバー AC アダプター/充電器入力端子 リムーバブル Micro SD メモリー・カード・スロット マイクロ USB ケーブル接続 LED トーチ/フラッシュライト リトラクタブル・レンズ・カバー 可視光カメラ・レンズ レーザー・ポインター/レンジ・ファインダー 赤外線カメラ・レンズ セカンダリー・トリガー プライマリー・トリガー

Page 19:Thermal Imagersプライマリー・トリガーおよびセカンダリー・トリガー13プライマリー・トリガーおよびセカンダリー・トリガー2 段式トリガーは、ピストル式グリップ・デバイスの標準トリガー (引き金) 位置にあります。大きい緑色のトリガーがプライマリー・トリガーです。小さい黒色のトリガーがセカンダリー・トリガーです。通常操作の場合、プライマリー・トリガーの機能は、ユーザーが熱画像をキャプチャーし、メモリーに保存できるようにすることです。セカンダリー・トリガーは、LaserSharp™ Auto Focus System とレーザー・ポインターを作動させます。LaserSharp™ Auto Focus System を有効/無効にする方法については、32 ページを参照してください。焦点本器は、LaserSharp Auto Focus System と高度手動フォーカス・システムを使用します。焦点を正しく合わせることは、サーモフラフィーをお使い頂く上で非常に重要です。焦点が正しければ、赤外線エネルギーを検出器のピクセルに正しく向けることができます。焦点が正しくないと、熱画像がぼやけてしまい、放射測定データが不正確になる可能性があります。ほとんどの場合、焦点が合っていない熱画像は使い物にならないか、利用価値がありません。Fluke のみが提供している LaserSharp Auto Focus System は、精密に調整および位置決めされたレーザー・ポインターを使用して焦点領域を示します。LaserSharp Auto Focus System を使用して焦点を合わせるには、本器のハンドルにあるセカンダリー (黒) トリガーを押します。ターゲットにレーザー・ポインターを合わせます。レーザー・ポインターが適切な位置になったら、トリガーを放します。本システムは、レーザーが当たっていた精密なポイントに、自動的にすばやく高い信頼性で焦点を合わせます。注記• ユーザーは LaserSharp Auto Focus System を有効/無効にすることができます。• レーザー・ポインターは、赤外線レンズと平行に位置決めされます。AutoBlend モードを使用している場合、レーザー・ポインターのドットは、常に LCD ディスプレイの中心点マーカーのすぐ上に配置されます。ただし、検査対象物に当たっているレーザー・ポインターを自分の目で確認する方が簡単です。

Page 20:Ti200、Ti300、Ti400ユーザーズ・マニュアル14高度手動フォーカス・システムを使用して焦点を合わせるには、電子的に駆動されるフォーカス・ホイール・コントロールに指を置いて、検査対象物に正しく焦点が合うまでコントロールを回します。注記LaserSharp™ Auto Focus System の手動オーバーライドとして高度手動フォーカスを使用できます。コントロール・ボタン3 つのファンクション・ボタン (、、) と 4 つの矢印ボタン(、、、) がプライマリー・コントロールです。これらのボタンでカーソルを動かしてメニュー階層を移動し、機能を設定します。表 4 に、ボタンおよびボタンの作動概要を示します。ライブの手動モードでは、いつでも矢印ボタンを使用してレベルおよびスパンを調整できます。通常は、次のボタンを押します: を押して変更を設定し、ライブ表示に戻ります。 を押して変更を設定し、前のメニューに戻ります。 を押して変更を取り消し、ライブ表示に戻ります。表 4. コントロールの概要ボタン ボタンのラベル/作動 またはプライマリー・トリガー キャンセル またはプライマリー・トリガー 実行 (メニュー階層から抜ける) 選択または OK 戻る    カーソルを移動してオプションをハイライトタッチ・スクリーンタッチ・スクリーンを使用して、そこに表示されているものとの直接対話処理を行うことができます。パラメーターの変更または機能やオプションの選択を行うには、画面上のターゲットに指で触れます。オプション選択のドロップダウン・リストを示す矢印など、タッチする対象は簡単に認識できます。薄暗い空間でも作業できるよう、タッチ・スクリーンにはバックライトが付いています。バックライトの明るさを変更するには、33 ページを参照してください。