1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(337.1Kb)

★ミズノテクニクス★ 動画を活用した妥協を許さない挑戦

事例紹介

最高品質共有の仲介役 細かな作業情報を瞬時把握

工場改善ソフトウェア 【デジタル作業分析システム】
類似の作業分析システムが他にもある中で、ペガサスミシン製造のDPA(デジタル作業分析システム)の導入を決めたのが、スポーツブランドであるミズノにおけるトップ選手向け水着の試作開発を担うミズノテクニクス氷上工場だった。DPA発売後すぐの導入がスポーツブランドミズノの協力工場となったことで、いきなり真価を問われたこととなったDPA。導入から今日まで、同工場で生産開発などを軸にDPAの魅力を感じてきたスタッフは、次のようにDPA導入についてのきっかけを振り返り語った。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 ★ミズノテクニクス★ 動画を活用した妥協を許さない挑戦
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 337.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ペガサスミシン製造株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

◆日本ミシンタイムス 2015 年 4 月 1 日号、4 月 15 日号 DPA 最強の工場支援ソフト 妥協を許さない挑戦 日本ミシンタイムス 2015 年 4 月 1 日号、4 月 15 日号 DPA 最強の工場支援ソフト 妥協を許さない挑戦 最高品質共有の仲介役 細かな作業情報が瞬時に ミズノテクニクス 氷上工場 類似の作業分析システムが他にもある中 これがセンター的な役割を担うミズノテク で、ペガサスミシン製造のDPA(デジタル ニクス氷上工場の1つの使命でもある。「こ 作業分析システム))の導入を決めたのが、 れならいける」という本社の認可が下りれ スポーツブランドであるミズノにおけるト ば、ミズノテクニクスから国内外の協力工 ップ選手向け水着の試作開発を担うミズノ 場に社員が現地工場へ赴き指導する。 テクニクス氷上工場だった。DPA発売後 動画を伴うきめ細かな縫製加工データ すぐの導入がスポーツブランドミズノの協 は、国内外問わず現地の協力工場スタッフ 力工場となったことで、いきなり真価を問 に一瞬に伝わるという。言葉が壁ともなる われたこととなったDPA。導入から今日 海外工場などでも、動画と数字のきめ細か まで、同工場で生産開発などを軸にDPA な縫製加工データは、一瞬にして伝わって の魅力を感じてきたスタッフは、次のよう いく。ミズノの妥協を許さない品質は、企 にDPA導入についてのきっかけを振り返 画・開発・各工場責任者、そして内外にわ り語った。 たるグローバルな工場オペレータで共通の (一部省略) 情報管理によって保たれている。発売後間 § もない頃にDPAを導入したのがミズノテ クニクス氷上工場だ。ミズノ品質を発信す スポーツブランドであるミズノにおけるト るセンター的な役割、責任からミズノ各工 ップ選手向け水着の試作開発を担うミズノ 場では何でも貪欲に試すという社風がある テクニクス氷上工場では、オペレータの技 が、同社もそうであった。「このソフトは 術伝承が課題の1つであった。そのブラン いい」。担当者が目を向ければすぐに社内 ドは妥協を許さない常に高い品質を要求す に設置した。常に技術力の向上目指すミズ る。ミズノ本社から試作の型紙データが送 ノ。一方でオペレータの確保と技術伝承と られてくると、それを製品にしていく、また いう深刻な問題も抱えていた。結果を求め 逆にミズノテクニクスから改良提案を行う、 て導入を決めたミズノグループ会社。DP 17
Page2

◆日本ミシンタイムス 2015 年 4 月 1 日号、4 月 15 日号 DPA 最強の工場支援ソフト 妥協を許さない挑戦 Aはスポーツブランドミズノで試されると は動画を目にしてその生産の方法も理解で いう正念場をいきなり迎える。 きるようになった」 一般的な国内縫製業では、以前から人手 § 不足と技術の伝承について、各工場が培っ たノウハウで乗り切ってきたが、DPAの 「当社がDPAを導入するにあたっては、 魅力でもある『技術の伝承』は、世界で活躍 実は、当社の協力工場の方が先にDPAを するブランドミズノを支えるミズノテクニ 導入していた。そこで見聞きした事が導入 クス氷上工場でも実力を発揮することとな のきっかけでもあったが、協力工場でのD った。 PAの評価が少しずつ出始めていて、『技術 内外の縫製工場の様々な問題、従業員の の伝承』については誰もが認めるところと 高齢化と若手オペレータ確保の問題、その なり、導入については当社も早かった」 流れから起こる独自の技術の伝承問題など、 ミズノテクニクス氷上工場の役割は、本 世間でいうところの工程分析とともに、人 社から試作の型紙データが送られてくると、 に伝えていく独自の技術の断絶も直面する それを製品化していくこと、逆にミズノテ 問題となっている。 クニクス氷上工場から改良提案を行うとい うこと。これがセンター的な役割を担う同 社の1つの使命でもある。 これまでも行われてきたミズノグループ における国内外の工場における人員削減と は違う構造改革。長年現場を知り尽くした 社員の定年退職や人員の異動に伴うこの改 革でさらなる生産強化を構築してきたミズ ノグループ工場。この中で、新商品の開発に も関連する役割を担うミズノテクニクス氷 DPA を活用しながらさらなる技術の向上を目指す 上工場では、関連協力工場に対して具体的 ミズノテクニクス氷上工場 な指示などを発信する役割もある。 「新商品など、本社の方で考えたものを ミズノテクニクス氷上工場スタッフが、 カタチにする、あとは本社に対して行った DPA導入の大きな理由とも語った『技術 試作開発商品が、正式に生産認可が下りれ の伝承』は、動画で熟練者と初心者の動作を ば、国内外の関連工場に生産をシフトして 同時に比較しながら見ることができるとい いくのですが、ここで様々なDPAの役割 うことだけでなく、画面上に注意事項のコ が際立つことになります。DPAを使った メントや、オペレータの声等も同時に乗せ 生産データを協力工場に見せることで、具 ていくことができる。誰が見ても、隠された 体的な生産の仕方なども伝達されるばかり 独自の縫製テクニックや注意事項が明確に か、例えばキャリアの浅いオペレータなど 示されることとなる。 18
Page3

◆日本ミシンタイムス 2015 年 4 月 1 日号、4 月 15 日号 DPA 最強の工場支援ソフト 妥協を許さない挑戦 「ですからある意味で、究極の技術が記 録されたDPAでもあるので、協力工場さ んにとっては、逃げ場のない厳しい作業分 析システムとも言えますが、当社での生産 工程と、手などの細かな作業動作、その他ス ピード感までもがリアルに理解してもらえ、 当社でも困ったことが動画を見てもらうこ とで、お互いの研究にも役立ち、オペレータ の技術レベルや新しい縫製技術の発見にも 結び付き、有難い、助かる、という声も広が っているところです」 スポーツブランドミズノを支えるミズノテ クニクス氷上工場と、国内外の協力工場 で、瞬時にして妥協を許さない最高品質が 共有される仲介役としてもDPAは、新た な存在感を出している。 会社概要 会 社 名: ミズノテクニクス株式会社 所 在 地: <氷上工場> 〒669-3465 兵庫県丹波市氷上町大字 横田字乱橋 610-1 設 立: 2002 年 事業内容: スキージャンプ、スピードスケート、競泳 水着、野球ユニフォームなど、スポーツ アパレル製品の設計、製造、製造技術 開発 19