1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.7Mb)

A&D 校正サービスカタログ

製品カタログ

A&D はかり・分銅・力計・一軸・トルク等の校正サービスを行ってます

このカタログについて

ドキュメント名 A&D 校正サービスカタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社エー・アンド・デイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

A&D ウェイトチェッカ AD4961シリーズ
製品カタログ

株式会社エー・アンド・デイ

A&D 金属検出機 AD4976シリーズ
製品カタログ

株式会社エー・アンド・デイ

A&D X線検査装置 AD4991シリーズ
製品カタログ

株式会社エー・アンド・デイ

このカタログの内容

Page1

電子天びん・はかり・分銅 校正サービス JCSS 0107 JCSS 0099 「質量「」はかり「」一軸試験機」区分登録事業者番号 「力」「トルク」区分登録事業者番号
Page2

エー・アンド・デイは、お客様のご要望に応じ、 適切な校正サービスをご提供します。 ■ エー・アンド・デイは、JCSS校正認定事業者です。 ■ はかり・分銅のJCSS校正証明書の発行が可能です。 (一軸試験機・力計・トルクメータも発行可能) ■ お客様のご要望に即したプランをご提供します。 様々な製品を取り扱う計量・計測器メーカーとして、エー・アンド・デイでは5つのJCSS校正品目の他に、更に7つの一般 (ISO)校正も弊社グループにて一括して承ることができます。 計量・計測器メーカーの安心・安全なサポート体制に加え 幅広い校正品目をお任せ頂くことができます。〔JCSS校正品目は、一般(ISO)校正も可能です。〕 粘度 温・度 ピペット湿度 はかり 分銅JCSS JCSS 校正の 一軸 種類 力計 pH JCSS JCSS 圧力 トルク JCSS 電気 長さ JCSS サービス受付品目 〔一般(ISO)校正も可能〕 一般(ISO)校正受付品目 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ JCSS校正 ( Japan Calibration Service System ) 計量・計測器の校正をする民間の事業所に対し、その能力を国の機関が審査し、合格した事業者が、校正認定事業者としてJCSSロゴマーク付の 校正証明書を発行できます。 「質量「」はかり「」一軸試験機」 校正品目 : はかり・分銅・一軸試験機(引張・圧縮試験機)・力計・トルクメータ 区分登録事業者番号 発行可能な証明書は、「JCSS校正証明書」です。 「力「」トルク」 国家計量標準から繋がっている事を公に証明できる{計量のトレーサビリティの証}となります。 区分登録事業者番号 国際MRA対応JCSS認定事業者 : エー・アンド・デイおよびリトラはJCSS校正事業者の中で、さらに国際MRA対応認定事業者として認定されており、 当社が発行するJCSS認定シンボル付き校正証明書は、米国、ヨーロッパ諸国、韓国、中国等のILAC/MRA署名認定機関の国々で受け入れが可能です。 受け入れ国についての詳細はIAJapanホームページを参照ください。 一般(ISO)校正 一般(ISO)校正は、弊社の定めた手法により機器の校正を行います。 使用される校正機器は、国家標準器とのトレーサビリティが確保されています。 校正品目 : はかり・分銅・一軸試験機(引張・圧縮試験機)・力計・トルクメータ・温湿度・粘度・圧力・長さ・pH・電気・液体体積(ピペット) 発行可能な証明書は、「校正証明書」、「検査成績書」、「トレーサビリティ体系図」です。
Page3

質量(電子天びん・はかり)校正のご案内 質量(電子天びん・はかり)校正は、工場出荷時および、お客様の現地におけるJCSS校正または一般(ISO) 校正を主軸とした校正サービスです。 ご提供プラン ❶ 工場出荷時校正 工場から製品が出荷される前に検査・校正を行います。 低価格で便利なプランです。 (税抜) 料金体系( 基本料金 + 校正料金 + 証明書発行手数料 + その他 ) 校正の種類 JCSS校正 一般(ISO)校正 基本料金 なし なし 校正料金 ●〈 表A〉校正料金表(JCSS校正)に基づく ●〈 表A〉校正料金表(一般(ISO)校正)に基づく 校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図 証明書内容・料金 JCSS校正証明書(校正料金に含まれる) (校正料金に含まれる) その他の料金 なし なし ●:校正を行う製品の台数分必要 〈表A〉 校正範囲・校正料金表(1台あたり) (税抜) JCSS校正 一般(ISO)校正 はかりの能力タイプ 校正料金(証明書料金込み) 最小表示(目量)0.001mg   ¥60,000 ¥10,000 最小表示(目量) 0.01mg ¥40,000 ¥10,000 最小表示(目量) 0.1mg   ¥24,000 ¥10,000 ひょう量 12kg 以下 ¥18,000 ¥10,000 ひょう量 100kg 以下 ¥24,000 ¥10,000 ひょう量 200kg 以下 ¥40,000 ¥10,000 ひょう量 300kg 以下 ¥70,000 ¥10,000 ひょう量 600kg 以下 準備中 ¥10,000 ひょう量 1200kg 以下 準備中 ¥10,000 目量の数 3000 d 以下 (ひょう量 12kg 以下のモデルのみ) ¥15,000 ¥10,000 ご提供プラン ❷ お預り校正 弊社にて製品をお預かりして校正いたします。 標準的なプランです。 ※ 校正対象製品は弊社製品に限ります。 料金体系( 基本料金 + 校正料金 + 証明書発行手数料 + その他 ) (税抜) 校正の種類 JCSS校正 一般(ISO)校正 基本料金 ● ¥18,000 なし 校正料金 ●〈 表B〉校正料金表(JCSS校正)に基づく ● 修理料金体系の点検料金の取り扱い ● 校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図の 証明書内容・料金 JCSS校正証明書(校正料金に含まれる)   3点セット ¥10,000 その他の料金 運送料(往路)※1 運送料(往路)※1 ※1 校正を依頼される機器の運送料(往路)は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。 ●:校正を行う製品の台数分必要 〈表B〉 校正範囲・校正料金表(1台あたり) (税抜) JCSS校正 一般(ISO)校正 はかりの能力タイプ 校正料金(証明書料金込み) 校正料金 最小表示(目量)0.001mg   ¥60,000 最小表示(目量) 0.01mg ¥40,000 最小表示(目量) 0.1mg   ¥24,000 ひょう量 12kg 以下 ¥18,000 ひょう量 100kg 以下 ¥24,000 修理料金体系の適用 ひょう量 200kg 以下 ¥40,000 (お問い合わせください) ひょう量 300kg 以下 ¥70,000 ひょう量 600kg 以下 準備中 ひょう量 1200kg 以下 準備中 目量の数 3000 d 以下 (ひょう量 12kg 以下のモデルのみ) ¥15,000 ● 校正を依頼する機器を発送する際には、裏表紙の「校正見積申込書/登録申込書 電子天びん・はかり専用紙」をコピーして記入したものを同梱してください。 ※校正対象を弊社に引取リ実施するお預り校正での一般(ISO)校正料金は、修理料金体系での取扱になりますのでご注意ください。
Page4

ご提供プラン ❸ 現地校正 弊社認定の校正員が貴社におうかがいします。台数がまとまると大変お得なプランです。 ※ 他社製品も承ります。 料金体系( 基本料金 + 校正料金 + 証明書発行手数料 + その他 ) (税抜) 校正の種類 JCSS校正 一般(ISO)校正 基本料金 ○ ¥18,000 ○ ¥18,000 校正料金 ●〈 表C〉校正料金表(JCSS校正)に基づく ●〈 表C〉校正料金表(一般(ISO)校正)に基づく ● 校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図の 証明書内容・料金 JCSS校正証明書(校正料金に含まれる)   3点セット ¥10,000 《複数発行割引》2~9セット:80%、10セット以上:50% その他の料金 ○ 派遣費(宿泊費含む)※1 ○ 派遣費(宿泊費含む)※1 ※1「 派遣費等についてのご案内」ページをご参照ください。 ○:台数に関わらず一律の料金 ●:校正を行う製品の台数分必要 〈表C〉 校正範囲・校正料金表(1台あたり) (税抜) JCSS校正 一般(ISO)校正 はかりの能力タイプ 校正料金(証明書料金込み) 校正料金 最小表示(目量)0.001mg   ¥60,000 最小表示(目量) 0.01mg ¥40,000 最小表示(目量) 0.1mg   ¥24,000 ひょう量 12kg 以下 ¥18,000 ひょう量 100kg 以下 ¥24,000 修理料金体系の適用 ひょう量 200kg 以下 ¥40,000 (お問い合わせください) ひょう量 300kg 以下※2 ¥70,000 ひょう量 600 k g 以下※2 準備中 ひょう量 1200 k g 以下※2 準備中 目量の数 3000 d 以下 ¥15,000 (ひょう量 12kg 以下のモデルのみ) ※2 ひょう量200kgを超えたはかりの場合、弊社の分銅を現地に持込み使用する場合は、200kgを超えた分の分銅について ¥800/10kgの分銅使用料が別途必要になります。 校正をお申込みいただく際の注意事項とご案内 ① 一製品の能力が、「はかりの能力タイプ」項で重複する場合、校正料金の高い方の能力タイプが適用されます。 (例:目量0.01mg/0.1mgの複目量はかりの場合、目量0.01mgの料金が適用されます。ひょう量12kgを超える場合、目量の数3000d以下でも、 「ひょう量100kg以下」/「ひょう量200kg以下」の料金が適用されます。) ② クレーンスケールについては、JCSS校正はございません。  一般(ISO)校正のみ承ります。 料金は¥46,000(税抜)となります。 ③ 水分計(MS/MX/MF/MLシリーズ)については、別途お問い合わせください。 ④ SBシリーズなどの計量台+指示計(AD-44・・等)と組合わせてのJCSS校正は別途ご相談ください。 ⑤ その他のはかり校正 一般(ISO)校正・点検ではチェックスケール、タンクスケール、ホッパースケール、システムはかり等の校正も承っておりますので 別途お問い合わせください。 JCSSを始めとする 国内最大で圧縮力10MNまでの校正が可能な 校正が行なわれる開発・技術センター 各種の技術要求に対応する設備 特定二次標準器
Page5

質量(分銅)校正のご案内 質量(分銅)校正は、工場出荷時および弊社校正室にお客様の分銅をお預かりして校正するJCSS校正 または一般(ISO)校正を主軸とした校正サービスです。 ご提供プラン ❶ 工場出荷時校正 工場から製品が出荷される前に検査・校正を行います。 低価格で便利なプランです。 (税抜) 料金体系( 基本料金 + 校正料金 + 証明書発行手数料 + その他 ) 校正の種類 JCSS校正 一般(ISO)校正 基本料金 なし なし 校正料金 ●〈 表E〉校正料金表(JCSS校正)に基づく ●〈 表E〉校正料金表(一般(ISO)校正)に基づく 校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図 証明書内容・料金 JCSS校正証明書(校正料金に含まれる) (校正料金に含まれる) その他の料金 なし なし ●:校正を行う製品の台数分必要 ご提供プラン ❷ お預り校正 弊社にて製品をお預りして校正いたします。 標準的なプランです。 ※ 他社製の分銅も承ります。 (税抜) 料金体系( 基本料金 + 校正料金 + 証明書発行手数料 + その他 ) 校正の種類 JCSS校正 一般(ISO)校正 基本料金 なし なし 校正料金 ●〈 表E〉校正料金表(JCSS校正)に基づく ●〈 表E〉校正料金表(一般(ISO)校正)に基づく 校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図 証明書内容・料金 JCSS校正証明書(校正料金に含まれる) (校正料金に含まれる) その他の料金 運送料(往路)※1 運送料(往路)※1 ※1 校正を依頼される機器の運送料(往路)は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。 ●:校正を行う製品の台数分必要   校正料金の合計が¥14,000以下の場合、返送の送料として別途¥4,000が必要となります。 A&Dの分銅 分銅の型式 AD1603-***E2、F1、F2、M1 AD1604-***F1、F2、M1 分銅の等級 OIML E2、F1、F2、M1級相当 OIML F1、F2、M1級相当 分銅の形状 OIML分銅 枕分銅 〈表E〉 校正範囲・校正料金表(1個あたり) (税抜) 校正クラス1 校正クラス2 校正クラス3 OIML E2級相当 OIML F1級相当 OIML F2級相当 OIML M1/M2級相当 分銅公称値 JCSS/一般(ISO)校正料金(証明書料金込み) JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 20kg ¥38,000 ̶̶ ¥22,000 ¥18,000 ¥20,000 ¥17,000 ¥14,000 ¥12,000 10kg ¥27,000 ̶̶ ¥21,000 ¥17,000 ¥17,000 ¥14,000 ¥12,000 ¥10,000 2kg ~ 5kg ¥25,000 ̶̶ ¥20,000 ¥16,000 ¥14,000 ¥11,000 ¥10,000 ¥9,000 500g ~ 1kg ¥17,000 ̶̶ ¥16,000 ¥14,000 ¥12,000 ¥10,000 ¥8,000 ¥7,000 5g ~ 200g ¥14,000 ̶̶ ¥12,000 ¥10,000 ¥9,000 ¥7,000 ¥6,000 ¥5,000 1mg~ 2g ¥10,000 ̶̶ ¥9,000 ¥7,000 ¥7,000 ¥5,000 ¥5,000 ¥4,000 ※ 表中の”̶̶“は校正範囲外を表します。 〈 注意事項 〉 ① ご依頼される分銅については下記の点にご注意ください。分銅の状態によっては校正ができない場合がございます。   ・ 分銅のキズ・サビ・メッキや塗装の剥げ等がないこと。   ・ 分銅の収納箱、収納ケースがあり、分銅の製造メーカーを特定する銘板等が貼付されていること。  ( ※ 分銅メーカーが不明の場合、分銅の特性評価ができませんのでJCSS校正はお受けできません。 一般(ISO)校正での対応は可能です。)   ・ 分銅の等級表示・個体識別記号の表示があること。 ② 校正を依頼する機器を発送する際に、必ず以下の書類(コピーでも可)を同梱してください。  「 校正見積申込書/登録申込書 共通用紙」+「分銅専用紙」(どちらもホームページからダウンロードしていただけます。) ※ その他のサービス 分銅の器差調整、再メッキ、再塗装につきましては別途見積とさせていただきます。
Page6

現地校正の料金計算方法 質量(電子天びん・はかり)校正の、ご提供プラン❸『現地校正』の料金体系は下記のような計算式で料金を算出します。 「基本料金」+「校正料金」+「証明書発行手数料」+「分銅発送料」+「派遣費(+割増料金がかかる場合は割増料金)」 質量(電子天びん・はかり)の現地校正料金 明細 単価 数量 小計 基本料金 ¥18,000 1 ¥18,000 JCSS校正料金 または 一般(ISO)校正料金 ¥ ¥ 証明書発行手数料(JCSS校正の場合は校正料金に含まれる) ¥ ¥ 分銅発送料 ¥ ¥ 派遣費  直線移動距離 ¥ ¥      割増料金 ¥ ¥ 【例】 BM-252(250g╳0.01mg)のJCSS現地校正 (派遣人員1名、最寄りのサービス拠点から50km未満、平日作業、深夜作業なし、前後日移動あり、宿泊あり) 明細 単価 数量 小計 基本料金 ¥18,000 1 ¥18,000 JCSS校正料金 または 一般(ISO)校正料金 ¥40,000 1 ¥40,000 証明書発行手数料(JCSS校正の場合は校正料金に含まれる) ¥0 0 ¥0 分銅発送料 ¥0 ¥0 派遣費  直線移動距離 ¥13,000 1 ¥13,000      前後日移動費 ¥30,000 1 ¥30,000      宿泊費 ¥12,000 1 ¥12,000 ¥113,000 派遣費等についてのご案内 ① 派遣費は、最寄の弊社の全国サービス拠点<表A>からお客様までの直線距離により<表B>に基づき計算いたします。( 高速料金を含んでいます。) <表A> 全国サービス拠点             住 所     TEL 〒364-8585 開発技術センター 埼玉県北本市朝日1-243 048-593-1743(直) 〒465-0035 名古屋営業所 愛知県名古屋市名東区豊が丘407 高柳ビル2F 052-726-8760(代) 〒532-0003 大阪営業所 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル6F 06-7668-3908(直) 〒733-0037 広島営業所 広島県広島市西区西観音町9-7 なかよしビル4F 082-233-0611(代) 〒812-0013 福岡営業所 福岡県福岡市博多区博多駅東3-5-8 サンエイビル2F 092-441-6715(代) ② 派遣費は移動時間を含めた弊社定時間内での料金になります。 開発技術センター(8:30~17:30)、各サービス拠点(9:00~18:00) <表B> (税抜) 最寄のサービス拠点からの直線距離 派遣費( /1人) 50km未満 ¥13,000 50~100km ¥20,000 100~150km ¥26,000 150km~200km ¥32,000 以上50kmごと ¥6,000 ③ 割増し料金表( 税抜) 1) 残業時間 : 弊社定時間以外の作業については、一時間につき ¥13,000 の料金が加算されます。 2) 深夜料金 : 22時以降の作業には一時間につき ¥15,000 の料金が加算されます。 3) 休祭日及び弊社規定の休日 : 技術料金(基本料金+校正料金)、残業時間、及び深夜料金に 50% の割増しとなります。 4) 前後日移動費 : 遠方への派遣や、早朝作業等の理由により実作業日以外の移動が発生した際は派遣員一人につき1日 ¥30,000 の料金が加算されます。 5) 宿泊を伴う作業については派遣員一名につき、¥12,000の料金が加算されます。
Page7

校正サービスの体系図 A&Dの品質システム ● JCSS認定事業者 ● ISO/IEC17025 ● ISO9001 JCSS校正 一般(ISO)校正 品目: ● JCSS質量(はかり) 品目: ● 温湿度 ● 質量(はかり/分銅) ● JCSS力(一軸試験機) ● 粘度 ● 力(一軸試験機/力計) ● 圧力 ● トルク ● JCSS力(力計) ● 長さ ● pH ● JCSS質量(分銅) ● 液体体積(ピペット) ● JCSS力(トルク) ● 電気量(電圧・抵抗・周波数) お客様サポート 次期校正日お知らせ/お客様相談窓口/インハウスセミナー/IQ、OQ、PQ/USP 校正サービスの対象品目 対象品目 工場出荷時校正 お預り校正 現地校正JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 はかり ◯ ◯ △※1 △※3 ◯ ◯ 一軸試験機 △※1 △※1 ── ── ◯ ◯ 力計 ◯ ◯ ◯ ◯ ── ◯※2 分銅 ◯ ◯ ◯ ◯ ── ── トルク計 ◯ ◯ ◯ ◯ ── ── ピペットMPA 準備中 ◯ 準備中 ◯ ── ── ※1 お客様の現地校正を推奨いたします。 ※2 力計で、現地での特殊ロードセル及び大容量校正(10N~30MNまでの圧縮荷重)が可能です。別途ご相談ください。 ※3 お預り校正で、はかりの一般(ISO)校正は、修理料金の体系での取扱いとなります。 お問い合わせください。 一般(ISO)校正対象品目 ( 修理料金体系) 工場出荷時校正 お預り校正 現地校正 温湿度 ◯ ◯ ── 粘度 ◯ ◯ ◯ 圧力 ◯ ◯ ── 長さ ◯ ◯ ── pH ◯ ◯ ── 電気量 ◯ ◯ ── ピペット ◯ ◯ ── ※ 工場出荷時校正とは・・・工場から製品が出荷される前に検査/校正を実施し、証明書を発行するサービスです。 ※ お預り校正とは・・・・・・・弊社の施設にお客様の校正依頼品をお預かりして点検・校正を実施するサービスです。 ※ 現地校正とは・・・・・・・・・弊社認定技術者がお客様を訪問し、現地にて点検・校正を実施するサービスです。 管理のサポート お申込みに際して ご担当者様の連絡先(所属部署、ご担当者名、E-mailアドレスなど)をお知らせいただいた上で、次回校正期限の 時期が近づいた場合に”校正期限のお知らせ情報”を弊社からご連絡させていただきます。 お申込み頂いたお客様情報を弊社にて管理いたしますので、お客様の翌年以降の校正に関する管理業務の合理化が可能です。 (登録させて頂くお客様情報は個人情報保護法案に基づき、校正や新製品のご案内を目的とし、法律上正当に要求された場合を 除いて、第三者に譲渡及び提供は致しません。)
Page8

電子天びん・はかり専用紙 校正見積申込書/登録申込書 Step 1 今回初めての登録お申込みですか? ▢ はい    ▢ いいえ ACSS ID番号 2回目以降のお客様でお客様登録書のACSSXX~で始まる ID番号がおわかりでしたら右の欄にご記入ください。 Step 2 初めてのお客様、住所・会社名、担当者等に変更があるお客様は下表にご記入お願いします。 ※印は必須項目です。 ※申込日      年     月     日 フリガナ ※会社名(機関名) フリガナ ※住所 〒 ※依頼者所属部署 フリガナ ※ 依頼者氏名 ※ T E L FAX E - m a i l ▢ 同上会社名 校正証明書に ※名義者名 表示する ▢ 同上住所 ※名義者住所 英文表記 英文証明書が ※会社名 必要な場合 英文表記 ※住所 ※校正周期 (    )年 / 1回 ※販売店名 ※販売店担当者 ※T E L FAX Step 3 校正の種類を選択してください。 ▢ JCSS校正  ▢ 一般(ISO)校正 Step 4 校正証明書の種類を選択してください。 ▢ 和文     ▢ 英文 ※ 和文と英文両方の場合は、2つにチェックを入れてください。  別途¥5,000承ります。 Step 5 下記対応表より校正品目を選択してください。 校正形態 お預り校正 現地校正 校正品目 JCSS校正 一般(ISO)校正 JCSS校正 一般(ISO)校正 お預り校正  ▢ はかり ○ ○ ◎ ◎ 現地校正  ▢ 分銅 ◎ ○ ── ── ◎:推奨プラン Step 6 ご依頼予定品目、機種、製造番号等をご記入ください。 ご依頼予定機種 製造番号 ひょう量/最小表示(目量) 申込書にご記入の上、ご購入店および弊社取扱販売店にご依頼ください。 分銅用の「共通用紙」と「分銅専用紙」は、弊社ホームページにご用意しています。「 サポート」→「校正サービス」をご参照ください。 〈注意事項〉 証明書類の再発行および追加(和文および英文)の場合は、一式につき、一律¥5,000で承ります。( JCSS校正および一般(ISO)校正共通)       お預り校正の場合、校正を依頼する機器を発送する際に、必ず以下の書類(コピーでも可)を同梱してください。       電子天びん・はかり:電子天びん・はかり専用紙(このページをコピーしてお使いください。)       分銅:共通用紙+分銅専用紙(どちらもホームページからダウンロードしていただけます) お問い合せ先 エー・アンド・デイ お客様校正相談センター 0120-957-513 受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝日、年末年始、夏期休暇は除く) 株式 会社 本社 :〒 170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目2 3番1 4号 TEL.03-5391-6128(直)FAX.03-5391-6129 ■札 幌 出 張 所 TEL.011-251-2753(代)FAX.011-251-2759 ■仙 台 出 張 所 TEL.022-211-8051(代)FAX.022-211-8052 ■宇都宮営業所 TEL.028-610-0377(代)FAX.028-633-2166 ■東京北営業所 TEL.048-592-3111(代)FAX.048-592-3117 ■東京南営業所 TEL.045-476-5231(代)FAX.045-476-5232 ■静 岡 営 業 所 TEL.054-286-2880(代)FAX.054-286-2955 ■名古屋営業所 TEL.052-726-8760(代)FAX.052-726-8769 ■大 阪 営 業 所 TEL.06-7668-3900(代)FAX.06-7668-3901 ■広 島 営 業 所 TEL.082-233-0611(代)FAX.082-233-7058 ■福 岡 営 業 所 TEL.092-441-6715(代)FAX.092-411-2815 http://www.aandd.co.jp *校正サービス-ADJC-05-PR4-18202GP