1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(486.3Kb)

ディープラーニングスターターボックス:アプライアンスサーバー

製品カタログ

ディープラーニングをすぐ始められるオールインワンパッケージ

今日、製造業においてもAI(人工知能)/ディープラーニングの波が来ています。
なかでも画像処理・マシンビジョンを用いた欠陥・異物・傷の外観検査では、品質・効率を向上させるために大きな期待が寄せられています。
しかしその一方で、AI(人工知能)/ディープラーニング開発をはじめたいが何から始めれば良いのか、何を用意すれば良いのかが、分かりづらいという声が多く聞かれます。
本製品は、AI(人工知能)/ディープラーニング開発に必要な環境はすでにセットアップ済みで、「これから始めたい」とお考えの方に向けたスタートアップ製品。

◆製品特長
・フレームワークは画像認識に定評あるCaffe、他にTorch, Chainer, TensorFlowを標準搭載
・ディープラーニングのGUI環境にNVIDIA® DIGITS ※対応はCaffeとTorch
・PascalアーキテクチャーのGPU「NVIDIA® GeForce® GTX 1080」を搭載
・学習用と画像保存用のサーバーを分けたことで追加学習が可能
・画像保存用サーバーは冗長性に優れ、安全で高速保存が可能なRAID 10構成

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 ディープラーニングスターターボックス:アプライアンスサーバー
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 486.3Kb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 HPCシステムズ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

ディープラーニングスターターボックス ディープラーニングをすぐ始められる オールインワンパッケージ
Page2

コンセプト ディープラーニングを自社ビジネスに取り組むには、まずは手元にある画像データを学習させ、その結果を分析する必要があります。 これには、画像データを保存するためのストレージサーバーを構築したり、学習用サーバーにはフレームワークなどのソフトウェアをセットアップ したりと、使い始めるだけでも多くの手間がかかります。 しかし、本アプライアンスを利用することで、ディープラーニングの環境構築に時間を浪費することなく学習を開始することができ、ディープラー ニングを利用した新規ビジネスへの参入のスピードアップを図ることが可能です。 製品特長 初心者向けに必要な機能は揃っているから、 ディープラーニングをすぐに始められる トレーニング用GPU搭載サーバーには、ディープラーニングに必要なソフトウェア(NVIDIA® Driver, NVIDIA® CUDA® Toolkit & cuDNN, Caffe/PyCaffe, Torch, Chainer, TensorFlow, NVIDIA® DIGITS(インストール代行を承ります)など)が、既にセットアップされています。届いたらすぐにディープラー ニングが始められる環境が整っています。手間のかかるハードウェア選定や構築、ソフトウェアのインストールをする必要はありません。ディープ ラーニングスターターボックスに画像データを入力し設定して計算処理をさせるだけ。 11Uで収まるコンパクトさ トレーニング用サーバーと画像保存用ストレージサーバーがオールインワン ディープラーニングスターターボックスは、11Uのサーバーラックにトレーニング用GPU搭載サーバー(4Uラックマウント)と画像データ保存用ス トレージサーバー(3Uラックマウント)を搭載したオールインワン・アプライアンス(専用機)。空いた4U分のスペースに画像検査装置用コントロー ラーなどを搭載することも可能です。高さ610mm×幅600mm×奥行き650mm (キャスター込み)のキューブ型でコンパクトなサイズ。置く場所の制 限を受けることは少なく、空いたスペースに無理なく設置することが可能です。 各サーバーノードは、カスタマイズ対応も可能 標準構成以外にもCPUやGPUの変更などカスタマイズ対応が可能です。またディープラーニングスターターボックス内に納まる画像検査装置用コン トローラーなどのご相談も承ります。
Page3

分野別活用事例 製造業 生産管理・事故防止・技術継承・合否判定 医療・介護 画像診断・見守り・投薬管理 小売・飲食・食品 自動レジ会計・在庫管理・補充・レイアウト・万引き防止・内部監視・異物混入監視・不審者検出 セキュリティ・カメラ監視 エレベータ監視・施設監視・見守り(老人・子供・ペット)・万引き防止・内部監視 建設・不動産 作業管理・事故防止・物件検索・施設監視 農業・漁業 水やり追肥・除草・育成収穫管理・害虫駆除・鳥獣被害対策・水質管理・餌やり・出荷調整・出荷合否判定 倉庫・物流 在庫管理・事故防止・積み替え・設備保守・異常監視 広告・マーケティング 視聴者反応分析・顧客行動分析 システム概要 ディープラーニングを始めるステップ概要 ※DLSBはディープラーニングスターターボックスのことです
Page4

製品仕様 ■トレーニング用GPU搭載サーバー プロセッサー インテル® Xeon® プロセッサー E5-2620 v3 (6コア, 2.40 GHz) ×1 ※変更可能 チップセット インテル® C612 チップセット メモリー 64GB (16GB×4, DDR4-2400MHz, ECC) ※変更可能 ストレージ 1.0TB ×1(SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB) ※変更可能 グラフィックス NVIDIA® GeForce GTX 1080×2, ASPEED AST2400 BMC I/O USB3.0×2, USB2.0×4 (前面2, 背面2), COM×1, VGA×1, 10GbE×2 ※1基は画像保存用ストレージサーバーと接続, IPMI×1 拡張スロット PCI Express(x16)×2(空き:0) ※GeForce GTX 1080×2搭載PCI Express(x8)×1 ※GeForce GTX 1080使用で、x8スロットは使用不可 外形寸法 4UラックマウントW430mm × D380mm × H176mm(突起物等を除く) OS Ubuntu 14.04 LTS その他ソフトウェア パッケージ内容: NVIDIA® Driver, NVIDIA® CUDA® Toolkit & cuDNN, NVIDIA® DIGITS(インストール代行を承ります), Caffe/PyCaffe, Torch, Chainer, TensorFlow ■画像保存用ストレージサーバー プロセッサー インテル® Pentium® プロセッサー G4400 (2コア, 3.30 GHz) ×1 チップセット インテル® C236 チップセット メモリー 32GB (16GB×2, DDR4-2133MHz, Non-ECC) ※変更可能 HDD1(システム領域) 1.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,内蔵) HDD2(データ領域) 2.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,リムーバブル) ストレージ HDD3(データ領域) 2.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,リムーバブル)HDD4(データ領域) 2.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,リムーバブル) HDD5(データ領域) 2.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,リムーバブル) HDD6(データ領域) 2.0TB (SATA3 6GB/s 7200rpm 128MB,リムーバブル) ※データ領域のストレージは1本スペア RAID データ領域はRAID 10構築( HDD実効容量:4TB) グラフィックス インテル® HD Graphics , Aspeed AST2400 BMC I/O USB3.0×2, USB2.0×4 (前面2, 背面2), DisplayPort×2, DVI-I×1, VGA×1, 10GbE×2 ※1基はトレーニング用GPU搭載サーバーと接続, 1GbE×2, IPMI×1 拡張スロット PCI Express(x16)×1, PCI Express(x8)×2 (空き:1) ※RAIDカードで1基使用 外形寸法 3UラックマウントW430mm × D380mm × H132mm(突起物等を除く) OS CentOS 6 x86_64 ■その他 ファイル共有 トレーニング用GPU搭載サーバーと画像保存用ストレージサーバー間は、10GbEでNFS経由接続外部装置/機器との接続は、お客様環境により10GbE/1GbEのLANでNFS/Samba接続 外形寸法 11UラックW600mm × D650mm × H610mm (キャスター込み) 日本製電源 電源 合計:1132W (連続最大容量)/1400W (ピーク容量)トレーニング用GPU搭載サーバー:822W (連続最大容量)/1000W (ピーク容量) 画像保存用ストレージサーバー:310W (連続最大容量)/400W (ピーク容量) 入力電圧:AC90V 〜 240V 利用環境 温度:10℃〜 35℃ 湿度:20% 〜 80% RH (結露なきこと) 保管環境 温度:10℃〜 35℃湿度:20% 〜 80% RH (結露なきこと) ■オプション マルチインターフェース 4ポート KVMスイッチ 本製品内の各サーバーを一組の液晶ディスプレイ、マウス、キーボードで操作することができ、直接作業する時に便利です。 10G BASE-T, 8ポート アンマネージプラス・スイッチ 10GbEの高速ネットワーク環境で本製品をリモート操作する時に便利です。 HPCシステムズ株式会社 〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-X 8階 embe.hpc.co.jp/ 会社名及び製品名は、当社及び各社の商標または登録商標です。価格、写真、仕様等は予告なく変更する場合が あります。製品の色調は実際と異なる場合があります。Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロ ゴ、Centrino、Centrino Inside、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、 お問い合わせ Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、 Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの hpcs_sales@hpc.co.jp | TEL:03-5446-5535 商標です。AMD、AMD Radeon™、Radeon™は、Advanced Micro Devices,Incの商標です。Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。 2017年4月20日現在の内容です。