1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(882.7Kb)

最適ソリューションで運用に差をつける K-VaCS

製品カタログ

火力発電事業に関する技術コンサルティングサービスのご紹介

■サービス概要
発電事業の基本計画から運転開始後の設備保守管理に至る全てのステップにおいて、お客さまのニーズに応じたサービスをご提供します。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 最適ソリューションで運用に差をつける K-VaCS
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 882.7Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 関西電力株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

One Giant Leap with K-VaCS
製品カタログ

関西電力株式会社

関西電力 K-VaCS ~Kansai-Value Creation Service~
製品カタログ

関西電力株式会社

このカタログの内容

Page1

Kansai-Value Creation Service 関西電力について 最適ソリューションで運用に差をつける 会社概要 (2016年3月現在) 火力発電所 (2017年1月現在) 関西電力は、日本全体の16%の電力を供給する国内2番手の 火力発電所 設備容量合計:19 .41GW 電力会社です。 燃料 発電所名 ユニット 出力[MW] 総出力[MW] 石炭 舞鶴 1-2 900×2 1,800 K-VaCS 概 要 電力供給設備 姫路第一 5 7296 713 1,442天然ガス 発電所 (GTCC) 姫路第二 1-6 481×6 2,886設立年月日 1951年5月1日 堺港 1-5 400×5 2,000 火 力 19GW(12地点) 天然ガス 姫路第一 1-2 32.7×2 65.4 (GT) 関空エネセン※ 1-2 20×2 40 従業員人数 19,914名 原子力 9GW(3地点) 天然ガス 姫路第二 既設5-6 600×2 1,200 (連結) (33,089名) (コンベンショナル) 南港水 力 1-3 600×3 1,800 8GW(152地点) 海南 1-2 450×23-4 600×2 2,100新エネルギー等 11MW(3地点) 最大電力 3,306万kW 御坊 1-3 600×3 1,800 (発電端1日最大)(2001年8月2日) 合 計 37GW 重原油 相生 2 375 375赤穂 1-2 600×2 1,200 販売電力量 1,275億kWh 送電線(全長) 多奈川第二 1-2 600×2 1,200宮津 1-2 375×2 750 架 空 14,208km 天然ガス/重原油 相生 1,3 375×2 750 売上高 2兆8,682億円 合  計 19,408地 中 4,525km ※使用燃料として灯油も使用 資産総額 6兆4,330億円 配電線(全長) 舞鶴発電所外観 姫路第二発電所外観 堺港発電所外観 架 空 124,974km 資本金 4,893億円 地 中 6,505km 海外プロジェクト IPPプロジェクト (2017年6月現在) コンサルティング/FS/DDプロジェクト FS:Feasibility Study 実現可能性評価 (2016年11月現在) DD:Due Diligence 投資事業事前調査 持分容量:2GW以上 プロジェクト件数:60超 東南アジア 東南アジア 台湾 タイ タイ 国光火力 ロジャナ火力 480MW GTCC 7 ベトナム 台湾 448MW GTCC (出資比率:30%,参画:2006~) 1 1     コジェネ (出資比率:39%,参画:2003~) フィリピン 5 名間水力 ミャンマー 17MW 流れ込み式 ラオス (出資比率:24%,参画:2005~) 1 シンガポール10 ナムニアップ1水力 フィリピン 290MW ダム (出資比率:45%,完工予定:2019) サンロケ水力 マレーシア 436MW ダム 1 (出資比率:50%,参画:1998~) インドネシア シンガポール ラジャマンダラ水力 インドネシアセノコ火力 47MW 流れ込み式 6 (出資比率:49%,完工予定:2019) 2,810MW GTCC490MW 油 タンジュンジャティB火力 (出資比率:15%,参画:2008~) 2,000MW 石炭 (出資比率:25%,完工予定:2021) その他地域 その他地域 オーストラリア 北アメリカ オーストラリア 北アメリカ その他の国 ブルーウォーターズ火力 エンパイア火力 ウェストデプトフォード火力 3 4 28 459MW 石炭 635MW GTCC 768MW GTCC (出資比率:50%,参画:2013~)(出資比率:25%,参画:2017~)(出資比率:17.5%,参画:2016~) 関西電力株式会社 火力事業本部 火力開発部門 〒530-8270 大阪市北区中之島3丁目6番16号 TEL:06-6441-8821(代) http://www.kepco.co.jp/ 2017.07
Page2

Kansai-Value Creation Service K  - V a C S とは? (Kansai-Value Creation Service) サービス概要 発電所で発生するトラブル/お困り事への対応 新設プロジェクトの基本計画から運転開始後の設備保守管理に至る全てのステップにおいて、 日々のトラブルやお困り事に対して、アドバイスやサポートが可能です。 顧客のニーズに応じたサービスを提供します。 トラブル対応アドバイス ■長期的な視点でのトラブル・不具合事例 発電所建設フェーズ 発電所運用フェーズ 5年 10年 15年 20年 25年 30年 電源計画・事業評価 基本設計 詳細設計/発注/建設/試運転 運転・補修 バーナー燃焼に関するトラブル LTSA契約更新GT 高温部品取替 火力発電所建設エンジニアリング・プロジェクト管理支援 ガス配管等の減肉損傷によるトラブル 火力 見積取得 プロジェクト管理 運転パフォーマンス ST 車室・主要弁のき裂 購入仕様 タービン軸振動に関するトラブル HRSG 小口径配管外面腐食 基本計画策定 見積仕様評価 EPC管理策定 向上支援 契約 クリープ損傷によるトラブル品質検査・性能試験 車室・主要弁のき裂 炭種変更によるクリンカトラブル マスタープラン策定アドバイザリー ST 静翼・ノズルボックス侵食 EPCテクニカル 設備保守管理 貯炭・石炭輸送に関するトラブル ロータ翼溝損傷(クリープ・腐食・SCC) 地点ポテンシャル 購入仕様の ベンダー評価 アドバイザリー 石炭高度化支援 計画外停止の原因解明と対策 火力 ボイラチューブ漏れ(アッシュエロージョン・硫化腐食)評価結果のレビュー レビュー 選定アドバイス 仕様変更・設計変更アドバイス その他日々の細かなトラブルシューティング 高差圧弁のエロージョン ボイラ 運用準備支援・アドバイザリー 配管内面減肉技術サポート 運用手順書作成 管寄・ヘッダーのクリープ 運用方針策定 (運転・保全) 運営課題対策支援 メーカーの修繕内容の技術レビュー (運転・保全) 研修マテリアル作成 補機 ミルローラ減肉・コンベアベルト・ローラの損傷 研修実施 オペレータの研修サポート 集じん機・減速機損傷 5つの特徴 チェックが入る項目がございましたら、お気軽にご相談ください 65年以上にわたる発電事業で培ってきた経験・技術力を盛り込んだサービスです。 1 過去に経験が無い新たな建設を遂行中であり、エンジニアリング能力を強化する必要がある。 2 複数の建設プロジェクトが遂行中であり、エンジニア不足である。 A 新設プロジェクトにおけるFS~EPCまでの豊富な経験 新設 ・豊富な経験に基づくチェック項目 プロジェクト 3 技術的観点からEPC、OEMの提案を評価することが困難である。対象 設備裕度見直しによるパフォーマンス向上知見 4 新設プロジェクトに対して第三者からの評価が必要である。B ・適切な余寿命評価 ・純正品以外も含めた競争入札 5 過去に運転開始以降にトラブルを経験しており、今回はより良い準備をしておきたい。 C O&M事業者としての中長期の事業経営視点 6 技術的な原因により、計画よりもパフォーマンスが悪い。 ・ライフサイクルコストを考慮した設備設計 7 OEMの提案よりもさらにコスト削減を図りたい。 D 数十年に及ぶ運営課題への対応ノウハウ 8 プラントパフォーマンス向上のために新たな設備導入/更新を検討している。 ・高いプラント効率の維持 ・低い計画外停止率の達成 既設発電所 対象 9 環境負荷の小さい燃料(バイオマス等)の使用量拡大を計画している。 E 高度な技術知見を要するプラント運営手法 ・RBM※導入による設備保守業務高度化 10 運転パフォーマンスを改善する必要がある。 ●年間可能設備利用率(1)80%以下、計画外停止率(2)5%以上 ※Risk Based Maintenance 故障の「確率」と「影響度」を加味し、リスクレベルに応じた点検計画を立案 ●プラント効率の初期計画との差が1%以上 (1)発電可能時間/総時間 (2)計画外停止日数/(運転日数+計画外停止日数) 長年に渡る運用実績をベースに、火力発電所の新設および ● どのような困りごとにも対応! お問い合わせ先 既設発電所の運営をサポートいたします。お気軽にご相談ください! ● 様々なサービス提供が可能! E-mail:kansaidenryoku.K-VaCS@a3.kepco.co.jp