1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

配管ダクトの見える化を行います

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 配管ダクトの見える化を行います
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.5Mb
取り扱い企業 昭和電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

全ての排気・集塵設備を 行います。 ●据付から年月が経過した設備 ●ダクトルートが据付当初から追加・変更された設備 ●据付当初の能力を維持できてるのか不明な設備 ●現在の法令に適正な能力を持っているのか不明な設備 Step.1 見える化(図面化) 既存設備を図面化します。 Step.2 法令順守 設備の定期自主検査・制御風速の適正を確認。 職場あんぜんのサイトより抜粋 用途・フード形状に合わせた測定方法によって測定し報告します。
Page2

Step.3 作業環境測定 作業環境における各物質の濃度測定を確認。 作業環境測定風景 作業環境測定結果報告書(証明書) 測定には【作業環境測定機関】のみが行えます。 昭和電機㈱は【作業環境測定機関】登録企業です。 作業環境測定後は 第1~3管理区分に分けられます。 (適切) (なお改善の余地) (適切でない) Step.4 改善対策 作業環境測定に基づき各設備の改修・設計施工を行います。 工学的対策:排気装置・集塵装置の設計施工 届出書類:労働基準局への申請用紙作成 根本から危険作業をなくす対策を質的対策(本質安全化)といいます。 質的対策でも困難なときは、工学的対策(設備対策)により設備による対策 と管理的対策の検討となります。個人用保護具は、最後の対策の位置づけと なります。 2019年5月発行