1/7ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(795.2Kb)

金属積層造形材料の計測・評価をトータルコーディネート「金属積層造形材料評価試験サービス」

製品カタログ

弊社の4連式回転曲げ疲労試験機・残留応力測定サービスにて金属積層造形材料の計測・評価を行います

3Dプリンタを用いた金属積層造形技術は鋳造や鍛造での製作が難しい形状を造形を実現し、実用化が期待されています。
でもこの材料って既存の金属材料と比べて特性はどうなの??
調査が必要なのは分かっているけど・・・
評価するための機器やノウハウがない・・・

山本金属製作所の“計測評価技術”にて金属積層造形材料を
評価することが可能です!!

GIGAQUAD®は4連式採用により効率的で、かつ非常に高い再現性を実現した試験機です。
4本の試験片を同時に試験できるため、データ収集が早く、効率的なS-N曲線作成が行な
えます。弊社ではGIGAQUAD®用の試験片製作から受託試験まで一貫して承ります。
コスト高の素材に対しても、小型試験片にて対応可能です。

腐食環境ユニット・高温環境ユニットもございますので実際に金属が使用される
環境を想定した試験も実施可能です。

MIRS®法は厚板内部まで計測できる残留応力計測手法です。
本方法では100mm以上の厚板内部の残留応力測定にも適用可能です。
※計測可能板厚:4mm~200mm

トレパニングによる応力開放前後の穴径変化から残留応力を導く極めてシンプルな計測手法です。創業以来培ってきた、精密な穴をあける、正確に直径を計測するといった
YAMAMOTOのコア技術(精密加工・計測技術)が生かされています。

このカタログについて

ドキュメント名 金属積層造形材料の計測・評価をトータルコーディネート「金属積層造形材料評価試験サービス」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 795.2Kb
取り扱い企業 株式会社山本金属製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

金属積層造形材料の計測・評価をトータルコーディネート 金属積層造形材料 評価試験サービス 株式会社山本金属製作所 Yamamoto Metal Technos Co., Ltd 高精度残留応力測定法 4連式回転曲げ疲労試験機 MIRS ® GIGAQUAD ®
Page2

はじめに(こんなことありませんか?) 3Dプリンタを用いた金属積層造形技術は鋳造や鍛造での製作が難しい形 状を造形を実現し、実用化が期待されています。 でもこの材料って既存の金属材料と比べて特性はどうなの?? 調査が必要なのは分かっているけど・・・ 評価するための機器やノウハウがない・・・
Page3

金属積層造形材料評価試験サービス 山本金属製作所の“計測評価技術”にて金属積層造形材料を 評価することが可能です!! 4連式回転曲げ疲労試験機GIGAQUAD® 高精度内部残留応力測定法MIRS®
Page4

4連式回転曲げ疲労試験機GIGAQUAD® GIGAQUAD®は4連式採用により効率的で、かつ非常に高い再現性を実現した試験機です。 4本の試験片を同時に試験できるため、データ収集が早く、効率的なS-N曲線作成が行なえます。 弊社では GIGAQUAD®用の試験片製作から受託試験まで一貫して承ります。 4連式の様子 試験片(φ5の試験片にも対応します)
Page5

受託試験のフロー 試験片形状に 試験片用 回転曲げ 関する打ち合 試験片加工 S-N曲線の 材料の受領 疲労試験の わせ 導出実施 腐食環境ユニット・高温環境ユニットもございますので実際に金属が使用される 環境を想定した試験も実施可能です。 腐食環境ユニット 高温環境ユニット
Page6

高精度内部残留応力測定法MIRS® MIRS®法は厚板内部まで計測できる残留応力計測手法です。 本方法では100mm以上の厚板内部の残留応力測定にも適用可能です。 ※計測可能板厚:4mm~200mm
Page7

MIRS®の計測方法 トレパニングによる応力開放前後の穴径変化から残留応力を導く極めてシンプルな計測 手法です。 創業以来培ってきた、精密な穴をあける、正確に直径を計測するといった YAMAMOTOのコア技術 (精密加工・計測技術)か生゙ かされています。 計測プロセス 積層造形材測定事例