1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(5.3Mb)

ハイスループット全自動比表面積・細孔分布測定装置 ASAP2460

製品カタログ

優れた処理能力を備えた多用途な分析

ASAP2460比表面積・細孔分布測定装置は、高性能で高いサンプル処理能力を達成するためユニークな拡張機能のシステム設計を取り入れています。
ASAP2460装置の基本は2ポートを備えたマスターユニット(本体)です。
より効率的なサンプル処理の為に外部2ポートユニットをマスターユニットに追加、接続することによリ合計4ポート、あるいは最大6ポート迄、拡張できます。装置には等温線データを対話形式で解析したりユーザー自身で定義可能なレポート機能を備える直感的な操作の新設計MicroActive解析ソフトを搭載しています。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 ハイスループット全自動比表面積・細孔分布測定装置 ASAP2460
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 5.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 島津サイエンス東日本株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

AUTOPORE V
製品カタログ

島津サイエンス東日本株式会社

ACCUPYC II
製品カタログ

島津サイエンス東日本株式会社

触媒特性評価装置 AutoChem(TM) II 2920
製品カタログ

島津サイエンス東日本株式会社

このカタログの内容

Page1

ハイスループット全自動比表面積 細孔分布測定装置
Page2

優れた処理能力を備えた多用途な分析 ASAP 2460 ハイスループット全自動比表面積・細孔分布測定装置 ハイパフォーマンス / ハイスループット ASAP 2460 比表面積・細孔分布測定装置は、高性能で高いサンプル処理能力を達成するためユニークな拡張機能のシステ ム設計を取り入れています。ASAP 2460装置の基本は2ポートを備えたマスターユニット(本体)です。 より効率的なサンプル処理の為に外部2ポートユニットをマスターユニットに追加、接続することにより合計4ポート、あるい は最大6ポート迄、拡張できます。装置には等温線データを対話形式で解析したりユーザー自身で定義可能なレポート機能を 備える直感的な操作の新設計MicroActive解析ソフトを搭載しています。 分析システム • 全ての測定ポートは独立し、並行して操作でき他ポートの測定状況に関わらずサンプル の取り付け、取り外しが可能です。各ポートごとに独立したデュワーを備え測定が終われ ばすぐに次の新しい測定を始める事ができます。 • デュワーは補充無しに最大60時間測定することができます。 マイクロポア測定などでは高精度の吸着/脱着等温線を得るために各データ・ポイントの 平衡に達する条件が長い場合でも時間をかけて取得することを可能にします。 • マスターユニットに2台の外部拡張ユニットを接続する事により6ポート同時並行測定が 可能です。また各々のポートではBET比表面積測定を僅か30分で測定する事ができます。 • ガスの導入、排出用サーボ制御機構により、より高度なガス管理と高速なデータ・ポイント の収集を可能にしました。 • 最大5種類の異なる吸着ガスに加えさらにフリースペース測定用ガスを装置に同時に取 り付けできます。また測定ポートには各種サイズのサンプルセルが使用できます。 • 長時間測定可能なデュアー及び特許の等温ジャケットにより、長い分析時間全体に渡り サンプルおよび飽和蒸気圧(Po) チューブの両方を安定した温度に保証します。 (Po ) 値は入力したり、連続的に或は指定した間隔で設定することができます。 • 直観的な操作性のMicroActive解析ソフトは等温線データを対話形式により解析した り分かり易いユーザー定義の報告書作成を行い表面積と細孔分布測定作業を容易にし ます。 BET、t-Plot、ラングミュア、DFT演算と先進のNLDFT法等ではグラフィカルなインタ フェースを利用しデータ範囲を設定し、再解析が可能です。 • 斬新なダッシュボードモニターは、リアルタイムで装置の稼働状況及びメンテナンスの予 定をタイムリーに提供します。
Page3

低比表面積測定(Kr)とマイクロポア専用測定オプション 2460標準モデルに加え、低比表面積測定用クリプトンモデルとマイクロポアモデルを用意 低比表面積モデル(Kr)では、10-mmHg圧力トランスデューサを搭載し低比表面積の試料、例えば AP(I 活性医薬製剤)、粉末冶金、その他非常に低い比表面積の高精度な測定を行います。 マイクロポアモデルは、低圧側の測定を拡張し、窒素、アルゴン、二酸化炭素、水素および他のガスを使用して、 マイクロポアを持つ材料の特性の為に高性能な1-mmHgの圧力トランスデューサーが加えられています。 新たに追加された圧力トランスデューサーはマイクロポア測定に必要な低圧範囲で圧力分解能をより高めます。 ASAP 2460の優位性 2、4、及び6つの独立した高速処理の分析 ステーション BET比表面積測定はわずか30分で完了 ガス導入オプションは最大吸着量の増加ま たは指定された圧力範囲以上の導入が可能 分析温度は手入力したり計算、測定等で設 定可能 平衡時間のオプションでは、等温線の各 ポイントごとに平衡時間を指定することが 可能 低比表面積、マイクロポア用のモデルを用意 先進のNLDFT法を含む斬新なMic ro Active解析ソフト 最新技術によりマスターユニット及び最大2 ユニットの外部拡張システムは全てのポー トで優れた正確性、繰返し精度及び再現性 を提供 相対圧力(P/Po)
Page4

優れたデータ・プレゼンテーション能力 先進のMicroActive解析ソフト マイクロメリティックス社先進の MicroActive解析ソフトによりユーザーはMicromeritics製品のASAP, 3Flex, TriStar, そしてGeminiガス吸着装置を共通な操作手順により対話形式で等温線の解析を行う事ができます。 ユーザーは、対話形式で移動可能なカーソルバーを操作し、測定したデータ範囲を設定して、簡単に再解析する事ができます。 等温線はリニアー、ログスケールの両方で表示する事ができます。 プレビュー画面で測定レポートの内容がプリントアウトせずに確認出来ます。 データ整理 カーソルバーで直接解析範囲を スクリーン上のカーソルバーを動かすだけで吸着データはす 変更するとリアルタイムに再計算 ぐにアップデートされ再計算された新しいデータを表示する されます。 事ができます。重要なパラメーターの変更もワンクリックで直ちに測定デー タに反映されます。 • 対話形式によるデータ操作は、これまでに比較し非常に簡 単に操作できます。これは、ユーザがそれらの材料の表面 積および空隙率を正確に効率的に決定することを可能に します。 • 水銀圧入法のデータを含み最大25データ迄データを加 えたり差引いて重ね合わせる事が出来ます。 • BET、t-Plot、ラングミュア、DFT演算と先進のNLDFT法 等ではグラフィカルなインタフェースを利用しデータ範囲 を設定し再解析が可能です。 • レポートエディタにより、ユーザーはスクリーン上のプレ ビューを見ながらレポートデザインを作る事ができます。 各々のレポートには、1つの要約、表、グラフィカルな情報 等を含みます。 対話型のMicroActive解析ソフトの特徴は、スクリーン上で直接変更点を反映させる事でt-Plotに フィットさせる際の面倒なトライアンドエラー作業を減らします。 BET比表面積のような変換の計算は簡単に解析することができます。カーソルバーは、データ・ポイントの範囲を素早く簡単に選 択することが可能です。その結果、求められた要約の値は直ちに再計算後更新されます。計算ウィンドウ内では、選択されたデー タ範囲はさらに一層、詳細に解析できます。
Page5

ASAP 2460対話形式のレポート内容 • 吸脱着等温線 • 多点法・1点法BET比表面積 • Langmuir比表面積 • t-プロット • Alpha-S 法によるマイクロポア解析 • BJH法によるメソポア細孔分布/吸・脱着 • Dollimore-Heal吸・脱着 • Horvath-Kawazoe法マイクロポア細孔分布 • MP法マイクロポア細孔分布 • DFT 細孔分布と表面エネルギー • Dubinin-Radushkevich法 • Dubinin-Astakhov法 • 要約 • ユーザー自身で定義可能なレポートフォーム デュアルDFTモデル デュアルDFTモデルは最新の細孔分布解析法であり、分子サイズの細 孔が存在する材料上(炭素の様なスリット細孔)の全細孔分布を解消す る為に窒素と二酸化炭素の等温線を組み合わせ計算を行います。 この方法の細孔径分布範囲はこれ迄の標準的な窒素分析と比較し、よ り小さな細孔サイズ迄拡張されます。これはCO2分子がN2分子より小 さく、非常に小さな細孔へ吸着出来るという事実によります。 デュアルDFTモデルは、ユーザーが2つの等温線を使用してサンプルの細孔径分布を決定する ことが可能です。77KでのN2吸着等温線(緑)と273KでのCO2吸着等温線(赤)を利用し、 一つの細孔径分布を計算した例です。ユーザーは、CO2や窒素から両方の等温線を用いて決定 される細孔径分布をカットアンドペーストする必要はありません 水銀圧入法/ガス吸着法データの重ね合わせ ASAP2460のMicroActive解析ソフトは、強力なユーティリティ機能を搭載、 ガス吸着等温線から算出した細孔径分布と水銀圧入法による細孔分布を重ね ることが可能です。この新しいインポート機能で、ユーザーが簡単にマイクロ 孔、メソ孔およびマクロ孔の分布を表示することができます。 アルミナペレットのガス吸着BJH脱着と水銀圧入法の細孔径分布の重ね書き
Page6

Python プログラミング言語搭載 Pythonプログラミング言語は、ASAP2460ソフトウェアに組み 込まれています。この強力なスクリプト言語により、ユーザー は、ASAP2460アプリケーション内で利用可能な標準レポート ライブラリの拡張機能を開発することができます。 新しい等温線モデルまたは計算を容易にレポートシステムに追加できます。 Pythonインタフェースは、ユーザーがレポートをカスタマイズし、MicroActive の有用性を拡張することができます。 新しい導入ガス法 圧力テーブルにあるオプションでは、到達相対圧力、相対圧力の増分、吸着量の増分およ び平衡インターバル時間が設定できます。 等温線の測定では、一定量のガスが投与された後にデータポイントを記録するか或は少 しずつ相対圧力を増加させるか、またはその両方の設定が可能です。 これは、等温線データの分解能をより改善し、非常に低い分圧の正確な導入ガスを高い レベルで実現する事が可能です。 圧力テーブルは相対圧力の増分、吸着量の増分、またはその両方で設定可能 斬新なダッシュボード ASAP2460は、測定装置の最適動作を可能にするためワンクリックで装置の診断情報を リアルタイムで提供します。 装置診断ダッシュボードの表示例
Page7

豊富な外部サンプル前処理装置 マイクロメリティックス社のサンプル前処理装置は、比表面積および細孔容積の分析のためのサンプルを一括して処 理します。それは、サンプルの表面及び細孔から吸着した水蒸気または大気汚染物質ガスなどを除去するために、加熱 しながら不活性ガスを流すか、真空引きします。比表面積および細孔容積解析法による計算されたデータの品質は、 試料表面の清浄度に大きく依存します。すべてのマイクロメリティックス社のサンプル前処理装置は、ヘリウム、窒素、 アルゴン、及び他の非腐食性ガスを利用できます。 FlowPrep™ 060 - 表面及び細孔から吸着された物質の除去のためにサンプルを加熱し、 不活性ガスを流しながら前処理します。6ポートを搭載したサンプル前処理装置では、温度、ガスを選択し、 サンプル物質およびアプリケーションに最適な条件で前処理をすることができます。 VacPrep™ 061 - 吸着した水蒸気など物質を除去するためにガスを流すことに加えて、 サンプル部加熱及び真空排気により前処理することもできます。VacPrepは、6ポートを搭載し、 各々に真空脱気またはガス流通を提供しています。 SmartPrep™ 065 - 吸着された物質を除去するために高温でサンプルを加熱し、 不活性ガスを流しながら前処理します。温度、昇温速度および各サンプルの処理時間は、 6ポートを個々にコンピュータによって制御されます。 5種のプリセット条件(昇温速度、時間等)の設定が可能です。 また、すべての脱ガスの情報は将来の参照用として サンプルデータファイルに統合されています。 SmartVacPrep™ 067 新しいスマートVacPrepは加熱及び真空排気により 試料の前処理を行う6ポートシステムです。 各ポートは、独立して動作させることができサンプルは 前処理を経て他のサンプルの処理を妨げることなく、追加又は 脱気ポートから移動することができます。サーボ制御機構により サンプルが飛散せず真空排気する事ができます。 サンプルはすべてプログラムされた手順に従って全自動で行われます。 試料前処理装置仕様 FlowPrep060 VacPrep061 SmartPrep065 SmartVacPrep067 前処理方式 加熱ガスフロー方式 加熱ガスフロー方式加熱真空排気方式(選択可能) 加熱ガスフロー方式 加熱ガスフロー方式 加熱真空排気方式 前処理ステージ数 6個(温度共通) 6個(独立温度設定可能) 温度範囲 室温~400℃ 室温~425℃ 40℃~450℃ 精度 ±5℃ ±10℃ 使用ガス 窒素、ヘリウム、アルゴン、他の不活性化ガス など コンピュータ制御 不可 可能( ASAP2460ソフトウェアによる制御、もしくはスタンドアロンソフトウェアによる) 昇温・ 保持サイクル - 最大5サイクルまで 昇温速度 5~20℃/min 0.1~10℃/min 真空速度 - 1.0~50mmHg/秒(サーボ制御) 保持時間 最大999min設定は1minきざみ 使用環境温度 動作時 10~35℃ 非動作時0~50℃ 大きさ・ 重さ 43cm(H)×36cm(W)×30cm(D) 43cm(H)×36cm(W)×30cm(D) 50cm(H)×50cm(W)×40cm(D) 69cm(H)×53cm(W)×43cm(D) 約8.5kg  約10kg  約15kg  約32kg 所要電源 100/120/220/240V AC±10%, 50/60Hz 最大200VA 85~265V AC±10%, 50/60Hz 最大500VA 100/120/230V AC±10%, 50/60Hz 最大500VA
Page8

ハイスループット全自動比表面積 ・ 細孔分布測定装置 ASAP 2460 仕様 標準モデル クリプトン対応モデル  マイクロポア対応モデル 測定方式 定容法によるガス吸着法 測定部 2ポート、4ポート、6ポート(クリプトン測定: 左記のポート数から1ポート減) 窒素使用時 0.01m2/g以上 処 比表面積 理 能 — クリプトン使用時 0.001m 2/g以上 力 メソポア分布 直径約1~300nm(窒素・BIH法による) マイクロポア分布 — — 直径約0.5~2nm 物 理 吸 使用ガス 窒素、アルゴン、二酸化炭素など 窒素、クリプトン、アルゴン、二酸化炭素、飽和炭化水素など 着 測 定 標準セル 形状: 丸型フラスコ型 機 能 球部内容積: 約9cm 3 直管部外径: φ12.7mm(1/2インチ) 直管部内径: φ8mm 液体窒素系 液面制御:等温ジャケットによる デュワー瓶容積:約2.5L持続時間:約60時間 133.3KPa(1000mmHg)×5-9個、 133.3KPa(1000mmHg)×5-9個、 133.3KPa(1000mmHg)×5-9個、 精度±0.15%、分解能1.333Pa 精度±0.15%、分解能1.333Pa 精度±0.15%、分解能1.333Pa (0.01mmHg) (0.01mmHg) (0.01mmHg) 1.333KPa(10mmHg)×1個、精度± 1.333KPa(10mmHg)×1個、 測定部圧力計 0.15%、分解能0.01333Pa 精度±0.15%、分解能0.01333Pa (0.0001mmHg) (0.0001mmHg) 133.3Pa(1mmHg)×1個、 ±精度±0.12%、分解能0.001333Pa (0.00001mmHg) 排 ポンプ形式 2段ロータリポンプ ターボ分子ポンプ + ダイアフラムポンプ 気 系 到達真空度 0.67Pa(5×10-3mmHg) 5.07×10-6Pa(3.8×10-8mmHg) コンピュータ Windows搭載パソコンシステム(Windows7 32bitプロフェッショナル) 所要電源 本体:100-240V AC±10%、50/60Hz、150VAコンピュータ関係:100 V AC、5A、50/60Hz 使用環境 温度:動作時10~30℃ 非動作時-10~55℃湿度(相対湿度)20~80%、結露しないこと 大きさ・重さ マスターユニット(本体) 92.7cm(H)×36.6cm(W)×58.4cm(D)、約68kg(コンピュータ関係を除く) ※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。 代理店 マイクロメリティックスジャパン合同会社 www.microjp.com 本 社 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉 5-4-6-501 東葛テクノプラザ5階 TEL:04-7128-5051 FAX:04-7128-5054 大阪オフィス 〒564- 0051 大阪府吹田市豊津町 1-18 エクラート江坂ビル510号 TEL: 06-6170-7590