1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.2Mb)

ビッグデータの可視化・分析ソフトウェア BIGDAT@Viewer

製品カタログ

BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューアー)は、データサイエンティストでなくても 簡単にビッグデータを可視化することができる、新しい知見の発見を支援するソフトウェアです。

統計解析や多変量解析の高度な専門知識がない方でも、直感的なユーザーインターフェースにより、
簡単な操作でビッグデータの可視化・分析を行うことができます。

膨大な実験データや工場の機器ログなどが持つ様々な属性を使用してデータ間の類似性をMAP化し、
データの全体構造を直感的に把握することで、属性間の相関の発見に結びつく「気づき」を
得ることができます。

・誰でもビッグデータを活用して新たな価値を生み出せる

・IoT時代、ビッグデータは宝の山!
 でも、データサイエンティストがいないと活かせない?
 あらゆるものがインターネットでつながるIoT時代。収集される膨大なデータからは、
 製品やサービスの開発、作業環境の改善などに役立つ新たな知見が得られるとされ、
 ビッグデータに大きな期待が寄せられています。しかし、その活用にはさまざまな課題が存在し、
 ビッグデータを有効活用するためには、こうした課題を解決する必要があります。

・大規模データの処理を実件するエンジン「toorPIA」とは?
 BITDAT@Viewerのマップ化処理には、株式会社toor(トア)が開発したビッグデータ
 可視化エンジン「toorPIA」を採用。従来の統計的手法の限界と言われていた処理量を
 はるかに超えた大規模データのクラスタリング処理を実現しています。

このカタログについて

ドキュメント名 ビッグデータの可視化・分析ソフトウェア BIGDAT@Viewer
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.2Mb
取り扱い企業 サイバネットシステム株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)