1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

トレーサビリティツールプラットフォーム『ZIPC TERAS』

製品カタログ

既存の資産/環境を変えずに成果物間のトレーサビリティを確保

トレーサビリティ(追跡可能性)とは、「複数の情報を相互に関連付けて追跡可能にする仕組み」です。
ソフトウェア開発のトレーサビリティとは、「ソフトウェア開発の成果物である文書間において追跡が可能である」ことを指します。
もう少し具体的には、「定義書、仕様書、設計書、ソースコードなどソフトウェア開発の各プロセスで作成される
さまざまな文書間で関連する情報をひも付け、情報から情報へとその関連を相互に追跡できる仕組み」がトレーサビリティです。

このカタログについて

ドキュメント名 トレーサビリティツールプラットフォーム『ZIPC TERAS』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.5Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社NTTデータ オートモビリジェンス研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

拡張階層化状態遷移表CASEツール『ZIPC V10』
製品カタログ

株式会社NTTデータ オートモビリジェンス研究所

テストシナリオ生成ツール 『ZIPC Tester』
製品カタログ

株式会社NTTデータ オートモビリジェンス研究所

Classification Tree Methodを活用したテストケース生成ツール『ZIPC FOT』
製品カタログ

株式会社NTTデータ オートモビリジェンス研究所

このカタログの内容

Page1

ZIPC TERAS トレーサビリティツールプラットフォーム 既存の資産/環境を変えずに成果物間のトレーサビリティを確保 トレーサビリティとは トレーサビリティ(追跡可能性)とは、「複数の情報を相互に関連付けて追跡可能にする仕組み」です。 ソフトウェア開発のトレーサビリティとは、「ソフトウェア開発の成果物である文書間において追跡が可能で ある」ことを指します。 もう少し具体的には、「要求定義書、仕様書、設計書、ソースコードなどソフトウェア開発の各プロセスで 作成されるさまざまな成果物(文書)間で関連する情報を紐付け、情報から情報へとその関連を相 互に追跡できる仕組み」がトレーサビリティです。 期待される効果 • 「担当者でないとわからない」ことがなくなる • 要件がすべて設計、実装、試験されているかを検証できる • 成果物をレビューする際に上流の要件を簡単に確認できる • 変更に対する影響範囲を論理的に把握できる • 不具合の影響範囲が明確になり、ヌケモレなく対応できる 作業の流れ 1 成果物の作成 2 ZIPC TERASへ 3 トレサビ確保 4 トレサビ確認 登録 Office等の普段利用しているツー 作成された成果物を 文書内にIDが記述されている トレーサビリティの情報を活用し ルで作成された成果物 ZIPC TERASに登録します。 場合には、ツールが自動で て、影響範囲検索や (既存資産)を登録することが ローカルにある文書や トレースを作成します。 カバレッジの確認ができます。 できます。 構成管理(Subversion/Git) 文書内にIDがない場合には、 で管理された文書も登録できま 手動でトレースを作成します。 す。 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-9 アリーナタワー TEL:045-473-2816 詳細はinfo@zipc.comまでお問い合わせください。http://www.zipc.com/ キャッツ株式会社 ▼
Page2

ZIPC TERAS の機能紹介 ~既存環境にトレーサビリティを導入~ 異なる成果物間のトレーサビリティを管理 Microsoft WordやExcel, Power Point, PDFなどの文書を項目毎に取り込むことが可能 • Enterprise Architect・・・ダイアグラムと要素 •Microsoft Excel・・・行/列/シート,図形のテキスト • MATLAB/Simulink・・・System, Block, Line •Microsoft Power Point・・・テキストボックスの各行図形のテキスト • Microsoft Word・・・章立て • PDF・・・正規表現による抽出項目指定(文字列認識が可能もの) • テキストファイル・・・正規表現による抽出項目指定 Trac, Redmine, JIRA連携 ※ JIRA連携でリックソフト社と協業を予 テキストベース連携 定 ・影響範囲分析やカバレッジ確認結果を基に ZIPC TERAS からTrac, Redmine, JIRA に対して • テキスト文書を正規表現で解析し、 チケット起票を支援する 項目を抽出する 要件カバレッジ ・Trac, Redmine, JIRA(チケット)もトレーサビリティ管理対象にできる • ソースコードやログファイル、 トレーサビリティ確保 影響範囲検索 XML等のテキストベースの ソースコード 指定した要素に対応する 上流・下流の要素を検索表示 文書であれば取り込み可能 この改造は 他の製品にも影響が 影響項目の一覧を作成 カバレッジ状況一覧 Trac/Redmine/JIRA チケット起票 取り込み ログファイル チケットが 取り込める 要求仕様書,設計書,テスト仕様書 ・・・ カバレッジ不足の ようになる 最新状況を表示 何が足りないか ・・・ XML 一目でわかる ※ JIRA 連携はオプション MATLAB/Simulink, EA 等 Subversion, Git 連携 EA連携/Visio連携 タグベースリンク(自動) ローカル環境のファイルだけではなく、SVN/Git の リンク対象文書にあらかじめ記載された“トレースタグ” リポジトリ上のファイルでトレーサビリティ管理も可能 を解析し、対応する項目間を自動でリンクする機能 要求仕様書.doc アーキテクチャ仕様書.doc 要求仕様書 アーキテクチャ仕様書 仕様1 サブシステム1 仕様ID:SR001 サブシステムID:SS001 概要: XXXXX 安全要求仕様ID:SR001 説明:XXXXXXXXXX 概要:XXXXXXX 説明:XXXXXXXXXXXX 仕様2 仕様ID:SR002 サブシステム2 概要: XXXXX 要求仕様書.doc アーキテクチャ仕様書.doc サブシステムID:SS002 説明:XXXXXXXXXX 安全要求仕様ID:SR001 仕様3 概要:XXXXXXX SR001 SS001 仕様ID:SR003 説明:XXXXXXXXXXXX SR002 SS002 サブシステム3 SR003 SS0021 サブシステムID:SS003 安全要求仕様ID:SR002 SS0022 SS003 ※ Visio 連携はオプション キャッツ株式会社 ・本資料の内容は、予告なしに変更する場合があります。 ・本資料に掲載された社名、製品名は各社の商標または登録商標です。 201902