このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.9Mb)

【展示会レポート】第9回 生産システム見える化展

ホワイトペーパー

2017年7月19日〜21日に東京ビッグサイトで開催された「第9回 生産システム見える化展」。ものづくりにおけるQCDの革新と改善を対象にした展示会です。

ブースで伺った話を、写真とともにまとめました。ぜひダウンロードして、報告書や同僚との情報共有、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
株式会社ブロードリーフ、株式会社信興テクノミスト、株式会社日本コンピュータ開発、株式会社NTTデータ関西、アスプローバ株式会社、ACTUNI株式会社、日産自動車株式会社、富士通株式会社

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】第9回 生産システム見える化展
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 1.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

第9回 生産システム見える化展 展示会レポート 2017/7/19(水)~ 2017/7/21(金) 2017年7月26日発行 株式会社アペルザ
Page2

生産システム見える化展 / 目次 4 株式会社ブロードリーフ 現場で撮影した映像をIEに基づいて分析!ムリ・ムダ・ムラを撲滅 改善活動を支援する作業分析・最適化ソフトウェア『OTRS®10』 6 株式会社信興テクノミスト 作業者、フォークリフト、台車など、“動くもの”を見える化 工事・電源不要で導入可!RFIDを利用した『動線見える化システム』 8 株式会社日本コンピュータ開発 タッチパネルやiPad使用で誰でも簡単に操作可能! 現場の状況を見える化!中小製造業向け生産管理ソリューション 10 株式会社NTTデータ関西 引合発生時からアフターメンテナンス、保守点検までサポート! 受注生産型製造業向けERP『Biz∫SCAW製番管理システム』 12 アスプローバ株式会社 国内トップクラスのシェア!標準時間をベースに秒単位で計画を立案 生産計画作成ソフトウェア『Asprova APS』 14 ACTUNI株式会社 シャッター速度1/20,000!製造ライン動作の詳細観察に最適 カメラ・機材・検証用ソフトがセットになった『Line-Cam HSV300』 16 日産自動車株式会社 日産のクルマづくりで培ったマネジメント/改善ノウハウを提供 “ありたい姿”に導くための解決方法を提案!日産コンサルティング 18 富士通株式会社 リアルタイムに工場全体のKPIや設備稼働状況を可視化! AI/IoT活用による工場全体の見せる化『Intelligent Dashboard』 2
Page3

生産システム見える化展 / 概要 生産システム見える化展とは ものづくりにおけるQCDの革新と改善を対 象にした展示会。製品と設備の見える化、設 計と生産の見える化、品質の見える化、ヒト と技術・技能の見える化、経営の見える化に 関する製品やサービスが一堂に集まります。 公式サイト http://www.jma.or.jp/seisan/index.html Cluez 特集ページ https://jp.cluez.biz/feature/page/267/ 名称 第9回 生産システム見える化展 会期 平成29年7月19日(水)~21日(金)3日間 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 会場 〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1 入場料 3,000円 ※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料 主催 一般社団法人日本能率協会 出展社数 40社/58ブース 7月19日(水)11,689名 7月20日(木)12,369名 来場者数 7月21日(金)14,405名 合計38,463名 ※同時開催イベントも含む 3
Page4

生産システム見える化展 / 注目の企業 現場で撮影した映像をIEに基づいて分析!ムリ・ムダ・ムラを撲滅 3D-15 改善活動を支援する作業分析・最適化ソフトウェア『OTRS®10』 株式会社ブロードリーフ 自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウェア を手がけるブロードリーフは、作業分析/業務最適化ソフトウェア『 OTRS®10 』を出 展した。同製品は現場で撮影した映像をIEに基づいて分析し、ムリ・ムダ・ムラをなくし ていくというもの。作業手順書や動画マニュアルの作成にも使えるとして注目を集めた。 出展内容 製造工場における改善活動を支援する作業分析・最適化ソフトウェア『OTRS®10』(新製品) 企業の公式サイトはこちら↓ Cluezの企業ページで詳細をチェック↓ http://www.broadleaf.co.jp/ https://jp.cluez.biz/company/page/5997/ 4
Page5

ブロードリーフ / 注目の製品 製造工場における改善活動を支援する 作業分析・最適化ソフトウェア『OTRS®10』 作業の分解もクリックひとつででき、グラフで表示されるのでムダが一目でわかる。1つの映像から映像 内に映り込む複数の作業者や機械の動作分析が可能なので、連合作業分析や両手作業分析にも。 作業の標準化だけでなく、動画付きの作業手順書や動画マニュアル、発表資料が簡単に作成できるの で教育訓練や技術・技能伝承のツールとしても活用できる。 製品カタログの詳細はこちら↓ https://jp.cluez.biz/catalog/page/5997/15586/?utm_campaign=cluez_ezx267_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product01 製品カタログ 5
Page6

生産システム見える化展 / 注目の企業 作業者、フォークリフト、台車など、“動くもの”を見える化 3B-28 工事・電源不要で導入可!RFIDを利用した『動線見える化システム』 株式会社信興テクノミスト コンサルティングからシステム構築、開発、運用まで一連のサービスを手がける信興テク ノミストは、RFIDを利用した『動線見える化システム』を出展した。作業者や台車など “動くもの”を見える化し、本来あるべき姿との差を明らかにするというもの。元々は物 流・ロジスティクス向けに開発したものだが、製造業でも多くの導入実績があるという。 出展内容 『動線見える化システム』 企業の公式サイトはこちら↓ Cluezの企業ページで詳細をチェック↓ http://www.shinko-1930.co.jp/ https://jp.cluez.biz/company/page/5996/ 6
Page7

信興テクノミスト / 注目の製品 『動線見える化システム』 “動くもの”にリーダを取り付け、設置したタグを読み込むだけと仕組みはシンプル。このように作業動線 や滞留時間が一目でわかる。 必要なものはすべてセットになっており、工事不要で導入可能。ラインを止めることなく取り入れられる。 また電源もいらないので、設置場所を選ばない。特に自動車関係で豊富に採用実績があるという。 製品カタログの詳細はこちら↓ https://jp.cluez.biz/catalog/page/5996/15599/?utm_campaign=cluez_ezx267_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product02 製品カタログ 7
Page8

生産システム見える化展 / 注目の企業 タッチパネルやiPad使用で誰でも簡単に操作可能! 3B-21 現場の状況を見える化!中小製造業向け生産管理ソリューション 株式会社日本コンピュータ開発 中小零細企業を対象に、安価で信頼性の高いコンピュータシステムの開発・導入・運用支 援を手がける日本コンピュータ開発は、タッチパネルとiPadで簡単に操作できる中小製造 業向け『生産管理ソリューション』、さらにテーマは“どんぶり勘定卒業”、受注から登録 可能と導入のハードルを一気に下げる新製品『原価管理ソリューション』を出展した。 出展内容 ■生産管理ソリューション ■原価管理ソリューション 企業の公式サイトはこちら↓ Cluezの企業ページで詳細をチェック↓ https://www.nck-tky.co.jp/ https://jp.cluez.biz/company/page/6001/ 8
Page9

日本コンピュータ開発 / 注目の製品 中小製造業向け『生産管理ソリューション』 タッチパネルとiPadを使った“直感的”な操作が特長。パソコンに慣れていない人でも指先だけで簡単に 操作できる。さらに特急対応など納期変更が生じた際は、大画面モニタで視覚的に計画を共有可能。 作業指示書にはバーコードが。作業員が作業開始・終了時にiPadを使ってスキャンすれば、履歴や実 績を残していける。こうした実績はリアルタイムで反映されるので、正確な製造進捗を把握できる。 製品カタログの詳細はこちら↓ https://jp.cluez.biz/catalog/page/6001/15582/?utm_campaign=cluez_ezx267_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product03 製品カタログ 9
Page10

生産システム見える化展 / 注目の企業 引合発生時からアフターメンテナンス、保守点検までサポート! 3D-29 受注生産型製造業向けERP『Biz∫SCAW製番管理システム』 株式会社NTTデータ関西 製造業をはじめ、流通、サービスなどさまざまな企業に向けて基幹系システムを中心にソ リューションを提供するNTTデータ関西は、20年以上の歴史を誇る製造業向けERPパッ ケージ『Biz∫SCAW製番管理システム』を出展。引合発生時から保守点検まで一貫して管 理できるので、受注生産や個別受注生産製造業といった多品種少量生産に最適だという。 出展内容 製造業向けERPパッケージ『Biz∫SCAW製番管理システム』 企業の公式サイトはこちら↓ Cluezの企業ページで詳細をチェック↓ www.nttdata-kansai.co.jp/ https://jp.cluez.biz/company/page/5998/ 10
Page11

NTTデータ関西 / 注目の製品 製造業向けERPパッケージ 『Biz∫SCAW製番管理システム』 階層構造を持ったストラクチャー型部品表を採用。完成した製品レベル、また製品を構成するユニット、 ユニットを構成する部品、素材など物レベルでの進捗やコストに関する予実管理ができる。 受注ではなく引合発生時が業務の始点。アフターメンテナンス、定期点検なども一緒に管理できるので、 寿命20〜30年の装置や機械を手がけるメーカーなど、顧客との付き合いが長期にわたる企業に最適。 製品カタログの詳細はこちら↓ https://jp.cluez.biz/catalog/page/5998/15603/?utm_campaign=cluez_ex267z_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product04 製品カタログ 11
Page12

生産システム見える化展 / 注目の企業 国内トップクラスのシェア!標準時間をベースに秒単位で計画を立案 3C-15 生産計画作成ソフトウェア『Asprova APS』 アスプローバ株式会社 スケジューラ専門会社のアスプローバは、国内トップクラスのシェアを誇り、世界のあら ゆる分野で使われる生産計画作成ソフトウェア『Asprova APS』を出展した。標準時間 をベースにした秒単位での生産計画を立案でき、設備や作業の効率向上、正確な納期の把 握、製造リードタイム短縮などを実現するというもので、多くの来場者が注目した。 出展内容 生産計画作成ソフトウェア『Asprova APS』 企業の公式サイトはこちら↓ http://www.asprova.jp/ 12
Page13

アスプローバ / 注目の製品 生産計画作成ソフトウェア『Asprova APS』 現場のニーズに徹底的に応え、定期的なアップデートを実施することで、資源ガントチャート、製造BOM ウィンドウ、負荷グラフなど生産計画に必要な機能を網羅。今回の新機能についてパネルで紹介した。 機械や人単位で負荷状況を把握できるため、早期の対応が可能になるほか、生産計画の精度を高め ることで資源を最大限に活用可能、さらに進捗を全社的に共有できるなど導入のメリットは豊富。 製品カタログの詳細はこちら↓ http://www.asprova.jp/companyinfo/file/AsprovaAzPS.pdf 製品カタログ 13
Page14

生産システム見える化展 / 注目の企業 シャッター速度1/20,000!製造ライン動作の詳細観察に最適 3C-20 カメラ・機材・検証用ソフトがセットになった『Line-Cam HSV300』 ACTUNI株式会社 非破壊検査装置・映像監視装置などを手がけるACTUNIは、増設や機能拡張に柔軟に対応 するネットワーク対応監視カメラシステム『AD-Vision』について、工場での活用を提案。 さらに1/20,000のシャッター速度で撮影可能、録画に必要な機材やケース、比較検証用 ソフト、HDD装置などがパッケージ化された『Line-Cam HSV300』を紹介した。 出展内容 ■ネットワーク対応監視カメラシステム『AD-Vision』 ■ハイレゾ・スピードビデオカメラセット『Line-Cam HSV300』 企業の公式サイトはこちら↓ Cluezの企業ページで詳細をチェック↓ http://www.actuni.co.jp/ https://jp.cluez.biz/company/page/5999/ 14
Page15

ACTUNI / 注目の製品 ネットワーク対応監視カメラシステム『AD-Vision』 品質管理や出退勤など活用法は多岐にわたる。同社 でも導入したところ、最初は拒んでいた社員達から z 製品カタログの詳細はこちら↓ 「もっと設置してほしい」との声が上がったという。 https://jp.cluez.biz/catalog/page/5999/15593/?utm_campaign=cluez_ex267_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product05製品カタログ 『Line-Cam HSV300』 特別な照明を使わなくても1/20,000の高速シャッ ター撮影が可能。持ち運びも簡単なので、検証した 製品カタログの詳細はこちら↓ い製造ラインに気軽に持ち込める。 z https://jp.cluez.biz/catalog/page/5999/15596/?utm_campaign=cluez_ex267_20170726&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=product06製品カタログ 15
Page16

生産システム見える化展 / 注目の企業 日産のクルマづくりで培ったマネジメント/改善ノウハウを提供 3A-11 “ありたい姿”に導くための解決方法を提案!日産コンサルティング 日産自動車株式会社 日産のクルマづくりで培ったマネジメント/改善ノウハウを提供し、高い経営目標の実現 をサポートすることをミッションとする日産コンサルティングは、その取り組みについて パネルを使って紹介した。ものづくり現場だけでなく、農業、ホテル、病院、市役所など、 実にさまざまな業界で豊富な実績があるという。 出展内容 日産コンサルティングの紹介 企業の公式サイトはこちら↓ http://www.nissan-global.com/JP/CONSULTING/ 16
Page17

日産自動車 / 注目の製品 日産コンサルティングの紹介 日産のクルマづくりで培ったノウハウを凝縮した生産方式「APW」を活用したコンサルティングを、ものづ くりとサービスの現場に活用。「品質」「コスト」「時間」の3つの軸で常に捉え、徹底的にムダを省く。 「改善の手法取得」「労働時間の削減」「学校教育の質的向上」「故障停止時間の低減」など、各企業の “ありたい姿”(=生産性向上)を実現するために解決方法を導き出す。パネルは各業界の事例。 z 17
Page18

生産システム見える化展 / 注目の企業 リアルタイムに工場全体のKPIや設備稼働状況を可視化! 3B-15 AI/IoT活用による工場全体の見せる化『Intelligent Dashboard』 富士通株式会社 富士通は、「ものづくりを総合的につなぐ」「現場とオフィスをつなぐ」などをテーマに、 企業価値向上に貢献する生産システムや、ものづくりをトータルで支援するICTソリュー ションを出展。特にリアルタイムに工場全体のKPIや設備稼働状況を可視化するAI/IoT活 用による『Intelligent Dashboard』の導入事例紹介には、多くの人が耳を傾けた。 出展内容 AI/IoT活用による工場全体の見せる化『Intelligent Dashboard』など 企業の公式サイトはこちら↓ http://www.fujitsu.com/jp/ 18
Page19

富士通 / 注目の製品 AI/IoT活用による工場全体の見せる化 『Intelligent Dashboard』 国内でもすでに30社以上の導入実績があるという『Intelligent Dashboard』は、IoTで収集・分析された情 報の活用を担う。一元的、そしてリアルタイムに工場全体の効率性を可視化するというもの。 電子製造業界で50年の歴史を誇る中国・INESAグループ傘下のINESAディスプレイの導入事例を紹介し た。1時間に数十万ものデータが生み出される同社では、“改善”の判断に活かすために導入したという。 事例資料の詳細はこちら↓ http://www.fujitsu.com/jp/solutions/enterprise-solzutions/business-applications/intelligentdashboard/index.html 事例資料 19
Page20

生産システム見える化展 / 出展企業一覧 ACTUNI/IFSジャパン/NEC/MCOR/NTTデータ関西/SCSK北海道/アスプローバ/イマオコーポレーション/イ 生産システム マジオム/ケイズ/ゴビ/テクノア/トビー・テクノロジー/ネクステップ・ソリューションズ/BPデザイナーズ/パ 見える化展 イオニアVC/フォトロン/フレクシス/ブロードリーフ/マシンソル/ムラテック情報システム/ユニアデックス/関 西電子/五合/小林製作所/信興テクノミスト/創造デザイン/日産自動車/日本コンピュータ開発/富士通/枚岡合金 工具/ネクストサイエンス/鈴与/和功テクニカ 20