1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.2Mb)

人の判断×AI技術に着目した業務変革

製品カタログ

社内に蓄積したビッグデータと人・組織の暗黙知を融合し、実践的なAI開発を早期実現します。

このカタログについて

ドキュメント名 人の判断×AI技術に着目した業務変革
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.2Mb
取り扱い企業 SOLIZEグループ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

グローバルエンジニアリングサービス
製品カタログ

SOLIZEグループ

MBSEサポートツール:PhiSystem
製品カタログ

SOLIZEグループ

このカタログの内容

Page1

人の判断×AI技術に着目した業務変革 社内に蓄積したビッグデータと人・組織の暗黙知を融合し、実践的なAl開発を早期実現します 業務運営によって 生まれるデータ データサイエンスアプローチ ・データ主導で事象を説明・予測するアプローチ ・人には処理できない(大量、見えない、聞こえない) データから新たな知見・知識を導出する 人・組織の「暗黙知」 暗黙知の形式知化アプローチ ・人とAIの協調スキーム構築 ・現場のエキスパートが実施していることを明らか にし現状業務を可視化する ・AIモジュールの開発/導入 ・明らかになった事実から目指す業務の姿を描く 「人にしかできない判断を峻別し、人とAIが協調してどう業務課題を解くか」 そのスキームの設計からAIモジュールの開発/導入までの推進を支援 AI技術は飛躍的な進歩を遂げており、これまでは人にしかできないと考えられてきた「知覚」や「解釈」の働きを 代替したり、一部の領域においては人の認識レベルを超えるまでになってきています。とはいえ、業務における人 の思考や判断の全てを代替できる万能なものではなく、その活用方法の見極めが重要です。 SOLIZEは、人の判断に着目した業務分析のアプローチを用いて、「業務に含まれる判断の特性」「AIによる 代替の技術難度」「AI開発に有効なデータの取得可能性」を見極めた上で、人とAIが協調して業務課題を解く 実践的なスキームを描き、それを実行するAIの開発・導入までトータルで推進を支援します。 人の「判断」に着目した 判断特性を踏まえたAIに 自分にしか 業務プロセスの分解と峻別 よる代替の技術難度を見極め 業務変革の実現方法を描く できない 判断 10% Process 実は 説明できない 選択的 判断 50% Resource × AI 作業 40% 熟練者 判断と作業が 判断特性毎に Data 混在した状態 峻別された状態 暗黙知の形式知化アプローチ AI活用における課題 ・ AI活用を検討しているが、テーマが定まらない(解決すべき業務課題が不明確) ・ データ取得環境は整ったが、環境を十分に活かしきれていない ・ 過去にAI開発の取り組みに挑戦したが、ITソリューション主導で想定効果が得られなかった … … … …
Page2

人の判断×AI技術に着目した業務変革 オプションサービス事例 業務変革アセスメント モデル化 ● AIを活用した変革構想具体化 データ分析 仮説 と探索的データ分析により 立て   変革 テーマを明確化 ● 実行計画策定 評価 全体の変革プラン 業務・サービスモデルの構想 探索的データ分析 新業務設計サービス 知覚 解釈 決断・実行 ● 判断見える化を伴う業務分析 ● 業務特性と、人・AIそれぞれの 強みを活かした新たな業務設計 熟練者 情報 Data State Act AI モジュールの開発・導入サービス 繰り返し ● POCから開発導入、 設 計 学 習 評 価・検 証 運 用・定 着 現場適用・定着までサポート AIモジュール AI技術を活用した変革事例 SOLIZE は、業界・業務領域を問わず、幅広い分野でお客様をご支援しています 設備の異常検知・予知保全、生産条件最適化 製造品質不良の検知、製造条件の制御 RPAを活用した処理自動化(CAD連携含む) プランニング・シミュレーション業務の高度化 開発設計業務における動的なナレッジ活用 大量ドキュメントの要約、読み込み業務の高度化 〒102-0075 東京都千代田区三番町 6-3 三番町 UF ビル 3F TEL: 03-5214-1919(代表) FAX: 03-5214-2620 www.solize.com/service-solution/innovation/ 2020年 7月版 … … … … … … … …