1/64ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(8.6Mb)

運ぶ、支える、持ち上げる。 パワフルアーム PAWシリーズ

製品カタログ

働くひとの安全と、ものづくりの未来を考えたら、助力装置はこのカタチになりました。下方向からの助力を可能にする新しい空気圧バランサ。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 運ぶ、支える、持ち上げる。 パワフルアーム PAWシリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 8.6Mb
取り扱い企業 CKD株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

CC1418_2_72_単_1-9

New Products 新商品 パワフルアーム PAWシリーズ POWERFUL ARM PAW SERIES 運ぶ、支える、持ち上げる パレタイジング仕様 追加! CC-1418 2
Page2

H u m a n A s s i s t 働くひとの安全と、 ものづくりの未来を考えたら、 助力装置はこのカタチになりました。 女性やシニアに、もっと安心して働いてほしい。 だから、パワフルアームはより安全に、より使いやすく。 製造業就労者を 下方向からの助力を可能にする 取り巻く現状 新しい空気圧バランサ ●40歳以上の労働者が64%。 ●腰痛が労働災害の半数以上 を占めている。 ※総務省「平成29年 労働力調査年報」より ※厚生労働省「平成29年 業務上疾病発生状況等調査」より ベルト式助力装置の場合 ●本体重心が操作部(搬送物)よ り離れるため、操作しにく い(。動き出しおよび停止 が重い) アーム式助力装置の場合 ●コンパクトな収納が困難で、 広いスペースが必要。 ●アーム使用時の天井や壁面 への干渉。
Page3

H u m a n A s s i s t 働くひとの安全と、 ものづくりの未来を考えたら、 助力装置はこのカタチになりました。 女性やシニアに、もっと安心して働いてほしい。 だから、パワフルアームはより安全に、より使いやすく。 製造業就労者を 下方向からの助力を可能にする 取り巻く現状 新しい空気圧バランサ ●40歳以上の労働者が64%。 ●腰痛が労働災害の半数以上 を占めている。 ※総務省「平成29年 労働力調査年報」より ※厚生労働省「平成29年 業務上疾病発生状況等調査」より ベルト式助力装置の場合 ●本体重心が操作部(搬送物)よ り離れるため、操作しにく い(。動き出しおよび停止 が重い) アーム式助力装置の場合 ●コンパクトな収納が困難で、 広いスペースが必要。 ●アーム使用時の天井や壁面 への干渉。 < 2019年度グッドデザイン賞 受賞 >
Page4

H u m a n A s s i s t 働き方は助力装置で変えられる。 Variation ワークに合わせたアームバリエーション ワークの荷重に合わせて、 3タイプのアームから選択可能です。 80kg50kg 30kg ※0.5MPa供給時。 φ80 φ100 φ125 ※詳細については、2ページの可搬質量グラフを参照ください。 Wide より広範囲な可動域へ 使い方に合わせた、広い可動範囲 多軸仕様において、エクステンションアーム(延長軸)を利用 単軸仕様でも、多軸仕様でも、お客様の使われる用途・ することで、より広範囲な可動が可能になります。 場所により、自由な組み合わせが可能です。 エクステンション 最大可搬エクステンションアーム 30kg アーム(延長軸)あり ※0.5MPa時 単軸 2.6m 多軸 ※φ80、  φ100、 最大可搬  φ125 50kg エクステンション  組合せ時 ※0.5MPa時 アーム(延長軸)なし より遠くへ スカラアーム 2.3m ※φ100、φ125、スカラ組合せ時
Page5

H u m a n A s s i s t Safety 動力(エアー、電力)ダウン時の位置保持 挟み込み防止 ブロックバルブによる落下防止機能(標準装備)に加えて、ノー 関節部は指などが入らない また関節が閉じても指が マルクローズタイプの回転ロックを取付け可能です(オプショ ような隙間としてあります。 挟まれないようにスペース ン)。非常停止時の位置保持を可能にします。 を設けました。 回転ロック(ノーマルクローズタイプ) ※ 欧州安全規格CEマーキングはパワフルアーム本体のみの適用です。 Simple 空気圧制御によるシンプルな助力機構 空気圧シリンダを本体の一部として利用。 シンプルなしくみで簡単に取り扱いできます。 Compact コンパクト 多軸仕様でも、折りたたみ格納が可能なため、アーム式、 ベルト式に比べ、収納性が高くコンパクトです。 Flexible お客様でアームを簡単に組み合わせ可能 900mm シンプルな構造で、お客様によるフレキシブルなアームの 組み合わせ変更が可能です。 650 mm
Page6

H u m a n A s s i s t 省スペースで 段積み・荷下ろし作業を実現する パレタイジング仕様
Page7

H u m a n A s s i s t Specialized Wide 段積み・荷下ろし作業に特化 広い可動領域 従来のパワフルアームの省スペース・コンパクト・軽い φ125単軸+垂直軸の複合機能により、より広範囲な可動 タッチはそのままに、パレタイジング工程で更に使いやす が可能になります。 くするために垂直軸を搭載いたしました。 φ125単軸 垂直軸 Compact Variation 省スペース収納 シンプルな組み合わせ可能 折りたたみ格納が可能です。 上下ストロークが少ない場合は、垂直軸とスカラアームを 組み合わせて使用可能です。 収納状態
Page8

H u m a n A s s i s t 助力システム対応 助力機器単品だけでなく、アタッチメント、コントローラ、可動式台車を含めたご要望も検討いたします。ご相談ください。 フック 吊り下げ バキューム 材料袋 板状ワーク・ガラスなど 台車・アンカー クランプ 内径クランプ 外側クランプ アウトリガー付き台車 アウトリガーレス台車 パレット アンカー固定式 ロール材 丸物・コンテナ箱・ばんじゅう
Page9

H u m a n A s s i s t コントローラ設計、製造 各種助力機構に最適なエア回路を提案いたします。 お客様の搬送物を最適な制御方式により簡単に搬送するこ とが可能です。 フック コントローラ内の一例です。 お客様に合わせて検討します。 操作圧力固定制御方式 操作圧力自動調圧制御方式 治具、工具の重量を補助する用途に向いています。 重さの異なる数種類のワーク搬送に向いています。 一定の重量をバランス状態に維持する制御です。 搬送物の重量を先端部で検出し、重量変化に対応して操作 圧力を自動調圧する制御です。 吊り下げ バキューム 検出した 重量に合わせて 自動でバランス 材料袋 板状ワーク・ガラスなど デモンストレーション パワフルアーム操作を実機にて体感していただけるデモンストレーションを実施しております。 台車・アンカー クランプ 出張デモンストレーションも全国で承っております。弊社営業へお問い合わせください。 内径クランプ 外側クランプ 安心の食品製造工程FPシリーズ対応※ 食品用 NSF H1 このロゴマークはCKDの安全な機器が食品製造工程を支えていくという当社の姿勢を表現しています。 グリース使用 アウトリガー付き台車 アウトリガーレス台車 ※詳細は営業までお問い合わせください。 Webによるパワフルアーム紹介 パワフルアームの紹介ページをご用意しました。 ※スマートフォンのご利用環境によっては、正しく表示されない場合があります。 パレット アンカー固定式 ロール材 丸物・コンテナ箱・ばんじゅう
Page10

P001-P054_72_単_本文

パワフルアーム PAW Series ●チューブ内径:φ80・φ100・φ125 仕様 項 目 PAW チューブ内径 mm φ80 φ100 φ125 使用流体 圧縮空気 最高使用圧力 MPa 0.7 最低使用圧力 MPa 0.25(オプションL( 回転ロック付)選択時:0.35) 耐圧力 MPa 1.05 周囲温度 ℃ 5~60 クッション ゴムクッション 給油 不可 可搬質量(0.5MPa加圧時) kg 30 50 80 空気消費量 ℓ/min(ANR) 8 14 25 注:空気消費量は1往復/min、使用圧力0.7MPaにおける数値を示しています。 可動範囲 ・単軸使用時 ・複数軸使用時 可動範囲 可動範囲 形番 形番 上下(mm) 上下(mm) 水平(mm) PAW-S-8(φ80) 520 PAW-M-8S 520 1200 PAW-S-X(φ100) 580 PAW-M-XS 580 1400 PAW-S-Z(φ125) 650 PAW-M-ZS 650 1600 PAW-M-8X 1100 1300 PAW-M-XZ 1230 1500 PAW-M-8XS 1100 2000 PAW-M-XZS 1230 2300 PAW-M-8XZ 1750 2100 注:水平可動範囲は上下可動範囲の下降端における最大値になります。 可動範囲の詳細は外形寸法図を参照願います。 質量 オプション加算質量(kg) 形番 質量(kg) L(回転ロック機構) R(先端回転機構) LR PAW-M-8 27 0.5 4 5 PAW-M-X 38 0.5 5.5 6.5 PAW-M-Z 71 0.5 7.5 8.5 PAW-M-8S 46 1.0 4 5.5 PAW-M-XS 77 1.0 5.5 7 PAW-M-ZS 123 1.0 7.5 9 PAW-M-8X 58 1.0 4 5.5 PAW-M-XZ 102 1.0 5.5 7 PAW-M-8XS 96 1.5 4 6 PAW-M-XZS 154 1.5 5.5 7.5 PAW-M-8XZ 121 1.5 4 6 1
Page11

PAW Series 形番表示方法 形番表示方法 イ 節数 PAW M 8X R 単 複 軸 数 軸 イ 節数 ハ オプション 記号 内容 S M ロ 組合せ内容 ロ 組合せ内容 8 φ80単軸 ● ハオプション:屈曲方向 X φ100単軸 ● 無記号 C Z φ125単軸 ● 2軸構成の場合 3軸構成の場合 2軸構成の場合 3軸構成の場合 8S φ80+スカラアーム ● XS φ100+スカラアーム ● ZS φ125+スカラアーム ● 8X φ80+φ100 ● XZ φ100+φ125 ● 8XS φ80+φ100+スカラアーム ● XZS φ100+φ125+スカラアーム ● 8XZ φ80+φ100+φ125 ● ハ オプション ※単軸(PAW-S)では、Cは選択できません。 L 回転ロック機構 ※ ● ● ハオプション:配管取出し方向 R 先端回転機構 ● ● 無記号 U C 屈曲方向(左図を参照ください) ● U 配管取出し方向(左図を参照ください) ● ● ※回転方向への力を保持する機構です。  動的な回転力を止める機構ではありません。 ※Uでは、取付面中央部に配管用の穴が必要です。 圧力における可搬質量 P1 120 : コントローラ(PAW-B※)使用時 必要圧力 : P2 パワフルアーム供給圧力 P1 P2 100 コントローラ PAW-S-X PAW-S-Z PAW-M-XS PAW-M-ZS 80 可 搬 質 量( 60 PAW-M-XZ kg PAW-M-XZS ) 40 PAW-S-8 20 PAW-M-8X PAW-M-8S PAW-M-8XS PAW-M-8XZ 0 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 圧力(MPa) 注1:先端回転機構オプションを取付けた場合の可搬質量を記載しています。 注2:操作頻度や操作速度によっては、コントローラへの供給圧力を増やす必要があります。 注3:アタッチメント質量は含みません。 注4:ア ーム上昇角度により、可搬質量が若干変化する特性がありますが、本グラフは下限値を示しています。 2
Page12

PAW Series 外形寸法図(単軸) ●PAW-S-8-R(φ80単軸) 4 P.C.D.52 45° 5° 4-M8深さ16 φ36+0.10 深さ6 300 先端回転機構Rなしの場合の上面 P点 00 300° R6 160 80 φ260 4-φ12 30 φ36 0 -0.1 8-M8深さ16 600 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図は下降端における可動図を示しています。 構造上、上昇高さによって可動範囲が変化します。 ●PAW-S-X-R(φ100単軸) ° 45 4-M8深さ1645 ° P.C.D.6 2 300° φ46+0.10 深さ6 391 P点 先端回転機構Rなしの R700 場合の上面 160 4-φ12 8-M8深さ18 50 φ46 0 -0.1 φ260 76 先端回転機構R付の寸法を示しています。 700 平面図は下降端における可動図を示しています。 構造上、上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 3 160 160 30 80 50 76 19 19 335 281 416 上下可動範囲580 5 354 上下可動範囲520 5
Page13

PAW Series 外形寸法図(単軸) 外形寸法図(単軸) ●PAW-S-Z-R(φ125単軸) 45° 45° 4-M10深さ20 P.C.D.77 φ56+0.10 深さ6 先端回転機構Rなしの場合の上面 468 P点 R800 300° 300 150 6-φ14 φ56 0-0.1 φ340 8-M10深さ20 60 100 800 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図は下降端における可動図を示しています。 構造上、上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 4 260 60 100 22 396 489 上下可動範囲650 5
Page14

PAW Series 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-8S-R(上節φ80+下節スカラアーム) 45° 45° P.C.D.52 4-M8深さ16 0 R12 0 160 φ36+0.10 深さ6 4-φ12 先端回転機構Rなしの場合の上面 φ260 80 30 φ36 0-0.1 R600 8-M8深さ16 300 300 拡大図 300 水平可動範囲600 P点 600 600 1200 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 5 520 R600 19 160 449 522 上下可動範囲520 5 30 80
Page15

PAW Series 外形寸法図(複数軸) 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-XS-R(上節φ100+下節スカラアーム) 5° 44 5° 4-M8深さ16 P.C.D.62 0 R14 0 φ46+0.10 深さ6 300 150 先端回転機構Rなしの場合の上面 6-φ14 76 φ340 50 φ46 0-0.1 R700 8-M8深さ18 拡大図 350 350 309 水平可動範囲783 P点 700 700 1400 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 6 606 R700 22 130130 547 628 上下可動範囲580 5 50 76
Page16

PAW Series 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-ZS-R(上節φ125+下節スカラアーム) 45° 45° 4-M10深さ20 P.C.D.77 00 φ56 +0.1 0 深さ6 R16 290 先端回転機構Rなしの場合の上面 120 8-φ18 100 60 φ360 8-M10深さ20 R800 φ56 0-0.1 拡大図 400 400 332 水平可動範囲936 P点 800 800 1600 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 7 693 R800 290 25 120 697 790 上下可動範囲650 5 60 100
Page17

PAW Series 外形寸法図(複数軸) 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-8X-R(上節φ80+下節φ100) 45° 4500 ° 13 P.C.D.52R 4-M8深さ16 φ36+0.10 深さ6 160 φ260 先端回転機構Rなしの場合の上面 4-φ12 80 30 φ36 0-0.1 R600 8-M8深さ16 拡大図 350 350 100 水平可動範囲591 P点 700 600 1300 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 8 606 R600 19 160 597 670 上下可動範囲1100 5 30 80
Page18

PAW Series 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-XZ-R(上節φ100+下節φ125) 45° 45° 4-M8深さ16 P.C.D.62 00 15R φ46+0.1300 0 深さ6 150 6-φ14 先端回転機構Rなしの場合の上面 φ340 76 50 φ46 0-0.1 R700 8-M8深さ18 拡大図 400 400 100 水平可動範囲758 P点 800 700 1500 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 9 693 R700 22 260 712 793 上下可動範囲1230 5 50 76
Page19

PAW Series 外形寸法図(複数軸) 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-8XS-R(上節φ80+中節φ100+下節スカラアーム) 45° 45° P.C.D.52 4-M8深さ16 000 φ36+0.1R2 0 深さ6 先端回転機構Rなしの場合の上面 300 150 6-φ14 φ 80334 30 φ36 0-0.1 8-M8深さ16 拡大図 700 350 609 水平可動範囲782 P点 700 700 600 2000 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 10 1212 606 R600 22 130 130 809 882 上下可動範囲1100 5 30 80 0 13 0 R R60 0
Page20

PAW Series 外形寸法図(複数軸) ●PAW-M-XZS-R(上節φ100+中節φ125+下節スカラアーム) 5° 44 5° 4-M8深さ16 P.C.D.62 φ46+0.10 深さ6 先端回転機構Rなしの場合の上面 290 R2300 120 8-φ18 76 50 0 φ360 φ46-0.1 8-M8深さ18 拡大図 800 400 725 水平可動範囲934 800 800 700 2300 先端回転機構R付の寸法を示しています。 平面図はP点の下降端における可動図を示しています。 構造上、P点の上昇高さによって可動範囲が変化します。 ※先端回転機構(R)オプション外形寸法図については、13ページを参照してください。 ※屈曲方向(C)オプションの場合は、可動範囲が左右反転となります。 11 1385 693 R700 290 25 120 1013 1094 上下可動範囲1230 5 50 76 0 30 R1 R700