1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.3Mb)

ロボットを導入するには、会社の規模が小さすぎるとお考えでしょうか?

ハンドブック

検証するための5つの質問

ロボットを導入できるのは大手企業だけだとお考えでしょうか?実は中小規模の製造業でも多数採用されているのです。本冊子では、中小規模の製造業がロボットを導入するのに考えるべき5つのポイントを解説します。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 ロボットを導入するには、会社の規模が小さすぎるとお考えでしょうか?
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 2.3Mb
取り扱い企業 UNIVERSAL ROBOTS AS Japan (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

ロボットを導入するには、会社の規模が小さすぎるとお考えでしょうか? 検証するための5つの質問 UNIVERSAL ROBOTS
Page2

お客様の疑問は適切なものでしょうか お客様が小規模または中規模のメーカーで、少量多品種生産の課題に直面されているとして、ロボットが本当に解決策になるだろうかと疑問に思われているかもしれません。しかし、単に大手メーカーではないからという理由でお客様が手作業による生産方法を取らざるを得ないとお考えでしたら、お客様の疑問は適切とは言えないかもしれません。 我が社で自動化は必要だろうか? 我が社に合ったロボットの選択肢は何だろうか? 自動化する余裕があるだろうか? どの工程を自動化できるだろうか? 協働ロボットは我が社に向いているのだろうか? このワークブックをご一読ください。中小規模の製造業がロボットを導入するのに最も重要視すべき事項をご案内いたします。
Page3

我が社で自動化は必要だろうか? ロボットを扱うことの難しさやコストに対し、これまでお持ちになっていたイメージはひとまず脇に置いてください。製造工程の自動化で、お客様のビジネス上の課題に対処できるのかどうか、一度考えてみましょう。 ビジネス上の課題: 競争が厳しくコスト削減が必要である 製品の品質改善が必要である 時間の面で、材料の面で、またはその両方でムダの削減が必要である 需要の変化に適応する柔軟性が必要である 繰り返しの手作業の担当枠を埋めるのに苦労している 派遣社員のスキルが一定でない、または工程を学ぶのに時間がかかりすぎる 繰り返し作業や危険な工程が当社の作業者の健康と安全に影響を与えている 我が社を極端に肥大化させることなくビジネスを成長させる必要がある これらの質問の1つ以上にはいと答えられた方は、自動化を検討する価値があります。
Page4

我が社に合ったロボットの選択肢は何だろうか? 製造用のロボットは、通常、産業用ロボットと協働ロボット(コボット)のいずれかに分類されます。以下のお客様のニーズに最も近い要素にチェックマークを付けてください。 産業用ロボット 我が社には大きな固定設備を置くスペースがある 大量生産、高速生産、超精密生産を必要としている 作業者を守る安全ケージが必要な危険工程や、高速工程での自動化を必要としている 工程や製品ラインの自動化の変更に対応する柔軟性は必要としていない プログラミングとロボット導入の専門知識は我が社で持っている 協働ロボット 我が社の生産現場には限られたスペースしかない 人間の作業者と並んで行う工程で自動化を必要としている 工程と量の要件は、人間の作業者とほぼ同じ速度で達成することができる 変更のための中断時間を最小限に抑えながら、さまざまな工程を自動化する柔軟性が必要 ロボットは使いやすく、経験が少なくても使えなければならない 多くの中小規模のメーカーにとって、協働ロボットは理想的な選択肢です。
Page5

自動化する余裕はあるだろうか? どちらの種類のロボットも初期コストは同じようなものですが、水面下に隠れているコストで自動化の全体コストが決まります。年間の総コストを比較して、お客様の投資がどれだけ早く回収できるかを計算します。 ロボット ハードウェアのコスト 3相電源インフラ 導入/プログラミング アーム先端工具 フェンス設置とガード ライトカーテン 赤外線センサ ソフトウェアライセンス メンテナンス/修理サービス 総ロボットコスト 手動 作業者の給与 社会保障のコスト トレーニング 中断時間 残業手当 材料の無駄 製品スクラップ 協働ロボット ハードウェアのコスト 110Vコンセントに差し込むプラグ 無償オンライントレーニング アーム先端工具 オンサイトのメンテナンスサービス 協働ロボットの総コスト UR+エコシステムには、コスト効率の高いエンドエフェクタやアクセサリが揃っています。
Page6

どの工程を自動化できるだろうか? 協働ロボットによって、さまざまな作業工程を自動化できます。協働ロボットは小型で軽量なので、作業現場のさまざまな工程にあわせて簡単に移動できます。プログラミングも簡単で、保存して再利用できます。 何を自動化できるのか? ピック&プレイス 梱包・パレタイジング 研磨 分析・試験 反復的な手作業 射出成形 品質検査 マシンテンディング 取り付け CNCのロード・アンロード 組立 ネジ締め 接着・分注 危険な作業やケガをしやすい作業 人間的な器用さや批判的な考え、即座の決定を必要としない作業 協働ロボットは人間の腕と類似した作業用途・範囲で使用できる極めてフレキシブルなツールです。さらに、協働ロボットの可動範囲は人間よりも広く疲れ知らずで、怪我をすることなく危険な作業を行えます。 幅広い作業用途で動作する協働ロボットをご覧ください。
Page7

協働ロボットは我が社に合っているだろうか? 我が社に必要なのはこんなロボットだ 手頃な価格で余分なコストを最小限に抑えるロボット 大がかりな安全フェンスを立てなくても作業現場にフィットするロボット 今のままの従業員でセットアップもティーチングも簡単なロボット 別の工程や製品ラインにすばやく再配置できるロボット 離職率が高く、確保するのが難しいポジションの人間の作業者に代わるロボット 今日の厳しい労働市場では望まれないような仕事を実行できるロボット 従業員をあまり価値を生まない活動から高価値の活動に移行できるロボット 数年ではなく数か月以内に投資回収できるロボット 新しい製品や流通ルートに投資する蓄えを提供してくれるロボット 将来の新しい工程や高度な作業用途をサポートしてくれるロボット 結局のところ、協働ロボットがお客様に合っているかどうかを確かめる最良の方法は、販売代理店に連絡してデモをご覧になることです。 無料のオンライントレーニング「URアカデミー」にアクセスし、プログラミングがいかに簡単か、ご確認ください。
Page8

お客様が協働ロボットを導入するのに小規模すぎるということは決してありません! 協働ロボットは、ほとんどあらゆる種類の中小規模のメーカーにとって理想的な選択肢です。どうしたらビジネスを成長させ、生産性と品質を向上させ、従業員にとってよりよい安全な労働条件を提供できるか、さらにご検討いただければ幸いです。ぜひ販売代理店にお問い合わせいただき、ユニバーサルロボットの協働ロボットのデモをご覧ください。 お問合せ Universal Robots A/S, Japan Branch 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階 Phone: 03 3216 7373 E-mail: ur.nea@universal-robots.com ユニバーサルロボットは、2005年に同社のCTO、Esben Østergaardによって共同設立されました。Esbenは安全に協業できる小型で使いやすい柔軟な協働ロボットを開発し、手頃な価格で提供することで、すべての人がロボットを利用できるようになることを目指しています。2008年に最初のロボットが発売されて以来同社は目覚ましい成長を遂げ、そのユーザーフレンドリーなロボットは世界50か国超で販売されるまでになりました。テラダイン社の傘下にある同社は、デンマークのオーデンセ(Odense)に本社を置き、日本、米国、スペイン、ドイツ、イタリア、チェコ、中国、シンガポール、インド、台湾および韓国に子会社および地域事務所を構えています。詳細については、www.universal-robots.com/ja をご覧ください。