1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(994.5Kb)

3次元測定システム「SKYCOM TOUCH」

製品カタログ

ワイレスで自由に、カスタマイズで最適化、新しい3次元測定システム

3次元測定システム「SKYCOM TOUCH」は、複数台のカメラで測定対象を囲い、ワイヤレスなプローブで自由に動き回ってリアルタイムに測定できる新しい3次元測定システム。
距離・角度・穴径などの基本測定や様々な形状の測定、さらに幾何公差、CADデータと実測値との比較も可能です。
<特徴>
●測定のバラつきを抑え、誰でも簡単に
●CAD比較で測定の手間を大幅削減
●大物・長尺の測定をデジタル化

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 3次元測定システム「SKYCOM TOUCH」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 994.5Kb
取り扱い企業 アキュイティ―株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

非接触3次元動的挙動測定システム
製品カタログ

アキュイティ―株式会社

3次元動作分析システム
製品カタログ

アキュイティ―株式会社

このカタログの内容

Page1

用途例 受入検査のプロセス改善 検査ゲージ・ノギス・ハイト等で行っていたアナログでの寸法検査を デジタル化する事により、工数はもちろん測定のバラつきも低減し ます。データをデジタル管理する事で、入力ミス等によるヒューマ ンエラーの防止にも寄与し、確実な受入検査を実現します。様々な 測定機能に対応しており、多様な対象でも専用ゲージを必要とせず、 検査工程におけるランニングコストも削減する事が可能です。 品質管理・統計解析 各種幾何公差(GD&T)にも対応しており、品質管理における統一 ツールとしてご活用いただけます。デジタル測定によりデータの 一元管理が可能で、標準偏差の算出やヒストグラム解析等も簡単に ワイヤレスで自由に 行う事ができます。ソフトウェアはカスタマイズ対応しており、N増 し試験や測定ナビゲーション等、機能追加も実現します。 カスタマイズで最適化 機能一覧 基本測定 点、平面、円、R、直線、直交座標距離、2直線間角度 新しい3次元測定システム 演算測定 中間点(点と点の中点)、仮想点、仮想線 補助要素 円の平面投影 プローブ半径補正 点以外の基本測定(ダミー点による半径補正)、点測定(CAD法線方向への半径補正) 幾何公差 平面度、平行度、直角度、真円度、同心度、円筒度 CAD比較 IGES, STEP, STL, OBJ, 3DS, LAS, ASC(インポート可能ファイル形式) 座標変換 機械座標系、3点指定での指定座標での座標系、3-2-1ステップでの座標系、2-1-1ステップでの座標系 その他 レポート出力、ワイヤレスプロービングトリガー、ローカル座標系設定、測定要素の再計算 デモンストレーション ご納得の上でご購入いただけるようデモンストレーションを行っています。 お気軽にご相談ください。  03-5774-6338 contact@acuity-inc.co.jp WEBサイトでも詳細をチェックできます PFST002_2_1906
Page2

「SKYCOM TOUCH」は、複数台のカメラで測定対象を囲い、ワイヤレスなプローブで自由に動き回ってリアルタイムに測定できる新しい 3次元 測定システムです。距離・角度・穴径等の基本測定や様々な素材の形 状の測定、さらに幾何公差、CADデータと実測値との比較も可能です。 メインメニュー 多彩な測定項目をアイコン付きで ソフトウェア 分かりやすく表示 専用カメラ 測定設定 ワイヤレス 簡単な操作でCAD プローブ 比較、倣い有無を 切り替え エクスプローラ 各測定要素を ツリー構造で一括管理 ケーブル 測定情報 プローブの現在位置 と測定ステータスを 固定治具 同一ウィンドウで分 キャリブレーション ツール かりやすく表示 ハブ 多彩な測定項目をアイコン付きで分かりやすく表示 測定結果 PC 測定結果をリアルタイムに表示独立ウィンドウで必要なメニューのみを表示可能 1 測定バラつきを抑え、誰でも簡便に 2 CAD比較で測定の手間を大幅削減 3 大物・長尺物の測定をデジタル化 軽量でワイヤレスなプローブで測定対象の周りを CADデータを読み込み、幾何公差の算出や実測 測定環境に合わせてフレキシブルにシステムを 3つのメリット 自由に動き、タッチして測定。簡単な操作で誰で 値と比較。設計図面の 2次元データとの比較や 構築。これまで3次元測定機で測るのは難しかっ も手軽に測定でき、測定結果のバラつきを低減し 専用ゲージでの測定と比べ、測定にかかる工数 た大きい対象や長い対象の測定をデジタル化 ます。測定の属人化の解消に寄与します。 を大幅に削減することが可能です。 する事ができます。 測定空間の構築 プローブの定義 位置合わせ 測 定 レポート出力 ワークフロー 測定対象を専用カメラで囲い、カメラの位置を定 構築した測定空間内でプローブの先端の位置 測定空間の座標系とCADの座標系を合わせます。 ワイヤレスでハンディなプローブを持って空 測定結果をレポート形式で出力します。事前 義するキャリブレーションを行います。測定時の を定義します。測定時に毎回定義できるため、 3-2-1ステップや任意3点でのベストフィット等、 間内を自由に動き、対象をタッチして測定し 登録した設計値との差異や許容値に対する キャリブレーションで、常に精度を確認できます。 常に精度の高い状態を保てます。 用途に合わせた位置合わせが可能です。 ます。測定項目のカスタマイズも可能です。 OK / NG判定等カスタマイズも可能です。