1/5ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(360.8Kb)

感触ノウハウの結晶「ハプティック® リアクタ」

製品カタログ

半世紀近く「感触」を追究し続けてきた、 アルプスアルパインの真髄が息づく「ハプティック®」。

HAPTIC™ Reactor Heavy Type パワフルな加振力で、車載ディスプレイに明確な振動感触を与えます。
HAPTIC™ Reactor Hybrid Tough Type 累計2億台の出荷実績を誇る、ゲームやVRの没入感を高める振動デバイスです。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 感触ノウハウの結晶「ハプティック® リアクタ」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 360.8Kb
取り扱い企業 アルプスアルパイン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

圧力センサ 「基本のき」
製品カタログ

アルプスアルパイン株式会社

可変抵抗器 「基本のき」
ハンドブック

アルプスアルパイン株式会社

抵抗式ポジションセンサ 「基本のき」
製品カタログ

アルプスアルパイン株式会社

このカタログの内容

Page1

感触ノウハウの結晶「ハプティック® リアクタ」 半世紀近く「感触」を追究し続けてきた、 アルプスアルパインの真髄が息づく「ハプティック®」。 製品技術紹介資料202010 1
Page2

感触ノウハウの結晶「ハプティック ® リアクタ」 豊かな感触ノウハウを受け継ぎ、触感の価値を広げる「ハプティック®」。 人と機器をつなぐHM(I Human Machine Interface)を絶え間なく追究してきたアルプスアルパイン。1976年に生産 開始したタクトスイッチ® は、お客様の求める感触を正確に作りこむ技術とノウハウ、ブランドイメージをも左右する押し 心地の実現にこだわり、約40%の世界シェアを得るなど世の中に広く浸透しています。こうした当社の感触づくりの真髄 を受け継ぐのが「ハプティック®」です。2001年に触感デバイスとして世界で初めて自動車に採用されて以来、業界に先 駆けてフォースフィードバック技術に取り組み、触感で安全・安心・快適なHMIを創出してきました。 50 40% ※ YEARS SHARE 半世紀の歴史 市場シェア 普段の生活に定着 Established Expertise Market Share Part of Everyday Life ※クリック感のあるスイッチ「タクトスイッチ®」 *Switches with a click sensation(TACT Switch™) 世の中に浸透するアルプスアルパインの感触づくり 2000年初頭、世界で初めて自動車に採用された触感デバイス「ハプティック®」 そして現在、「ハプティック®」を代表する製品のひとつに「ハプティック® リアクタ」があります。独自のバネ共振構造 を採用するとともに、培ってきた高度な精密加工・磁気設計・電気設計などの技術を注ぎ、小型ながらさまざまな感触 設計に対応するデバイスです。 HAPTIC™ Reactor Heavy Type パワフルな加振力で、車載ディスプレイに明確な振動感触を与える。 まもなく量産開始を控える、1共振のハプティック ® リアクタ Heavy Type。特許出願中の独自構造により、各種機器 に装着しやすいコンパクトサイズと競合製品の中でもトップレベルの加振力15G以上を実現しました。 自動車業界では昨今、触感によるドライバーの認知機能があらためて重視されています。2020年にはドイツの裁判所で、 1
Page3

感触ノウハウの結晶「ハプティック ® リアクタ」 タッチスクリーンの操作に気をとられて衝突事故を起こしたドライバーに罰金と免許停止が科せられる判例がありました。 車室内への導入が増えるタッチスクリーンは、多くの機能を集約できる反面、メカニカルスイッチのように指先の感触に よる操作が難しく、わき見運転につながる危険性があります。 ハプティック® リアクタ Heavy Typeをタッチスクリーンディスプレイの背面に取り付けることにより、走行中でも指先に 明確なフィーリングを伝えることができます。シートに内蔵し、情報を振動で体感的にフィードバックすることも可能です。 より安心・安全なドライブに貢献する、新たなプレミアムHMIデバイスです。 構造 Heavy Type 振動周波数 120Hz 振動力 147m/s^2 (15G) 抵抗値(DC) 10.2Ω 駆動電圧 6Vp-p 動作温度 -40~+85℃ 大型のタッチスクリーンディスプレイでも、 指先に明確なタクティールフィーリングを伝達 HAPTIC™ Reactor Hybrid Tough Type 累計2億台の出荷実績を誇る、ゲームやVRの没入感を高める振動デバイス。 市場に数ある触感デバイスの中でも、際立つ特徴を備えた2共振のハプティック ® リアクタ Hybrid Tough Type。従 来の偏心モーターや1軸のリニアバイブレータは単純振動であるのに対し、2軸の振動自由度を持ち、複雑な波形も感触 2
Page4

感触ノウハウの結晶「ハプティック ® リアクタ」 としてリアルに再現できます。また、320Hz/160Hzと共振点が2つあるため、触感を得られる周波数はリニアバイブレー タの2~3倍。素早い応答速度によるキレの良い感触、昇圧回路が不要な電圧設定など実装性にも優れています。 ゲームや VR/ARのコントローラに搭載すれば、シーンに応じて最適な振動感触を与えることで、没入感・臨場感を高め ます。世界的に人気のゲーム機をはじめ、多くの機器に選ばれており、2020年8月に累計出荷台数が2億台を突破。老 若男女さまざまな人がその感触に触れています。 320Hz 共振方向 構造 Hybrid Tough Type 320Hz Resonance Direction MAGNET 振動体(コイル) 振動周波数 160Hz(Low) 320Hz(High) Oscilator(Coil) 振動力 29.4m/s^2(3G) at 160Hz 22.3m/s^2(2.2G) at 320Hz 抵抗値(DC) 8Ω 駆動電圧 3V 160Hz 共振方向 動作温度 -40~85℃ 160Hz Resonance Direction MAGNET リニアバイブレータ ハプティック®リアクタ Linear Vibrator HapticTM Reactor Vibration Output 振動波形 + = Vibration Waveform Input Pulse 単純振動のみ 320Hz 160Hz Composite Simple Vibrator Only Pulse 共振点が一つ 共振点が二つ 触感範囲 Feel Range 100 200 f[Hz] 100 200 300 400 f[Hz] 狭い 広い(リニアバイブレータの 2~3 倍) Narrow Wide(Linear Vibrator * 2-3) アルプスアルパインでは「ハプティック ®」の特設サイトを開設しており、ハプティック ® リアクタやハプティックコマンダ ® など各製品の詳細な情報に加えて、学術機関や国内外企業とのコラボレーション、アルプスアルパインの感触づくりの ノウハウなど、さまざまな情報をご紹介しています。ぜひお気軽にアクセスしてください。 3 振動力 m/s2 振動力 m/s2
Page5

感触ノウハウの結晶「ハプティック ® リアクタ」 「ハプティック®」の特設サイトはこちら https://tech.alpsalpine.com/j/info/technology/tec_haptic/ お問い合わせ 〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7 TEL : 03-5499-8111(代表) 製品ページ https://tech.alpsalpine.com/j/ 1-7, Yukigaya-otsukamachi, Ota-ku, Tokyo, 145-0067, Japan TEL : 81(3)5499-8111 ご注意ください 本資料に記載の情報は、2020年10月1日より1年間有効となります。 4