1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(144Kb)

【輸送包装試験】 圧縮試験

事例紹介

【包装貨物評価試験】JIS Z0212(圧縮試験)に規定された条件にて、包装評価試験を実施させて頂きます。

JIS Z0212(圧縮試験方法)は、金属、木材、段ボール、板紙、プラスチックまたはこれらを組み合わせからなる包装貨物及び、容器について適正であるか否かを評価する為の試験方法です。

包装・製品試験の御用命・ご相談は下記の電話番号またはメールにてお問い合わせください。

■□■ TEL:0466-41-0262(小俣) / 0466-41-0262(石井)■□■
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■

このカタログについて

ドキュメント名 【輸送包装試験】 圧縮試験
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 144Kb
取り扱い企業 日本ビジネスロジスティクス株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

【輸送包装試験】 ASTM D4169 試験方法一般通則
事例紹介

日本ビジネスロジスティクス株式会社

【輸送包装試験】 ASTM D7386 試験法一般通則
事例紹介

日本ビジネスロジスティクス株式会社

【輸送包装試験】 ASTM D4169 DC13
事例紹介

日本ビジネスロジスティクス株式会社

このカタログの内容

Page1

[試験事例集] JIS Z 0212 圧縮試験 1.JIS Z 0212 試験の概要: ・JIS Z0212(圧縮試験方法)は、金属、木材、段ボール、板紙、プラスチックまたはこれらを組み合わせからなる包装 貨物及び、容器について適正であるか否かを評価する為の試験方法です。 ・試験方法は、主として圧縮荷重による内容品の損傷を調べる為に包装貨物の圧縮試験を行う「方法A」と、容器自体の圧 縮強さを知る為、空容器で圧縮試験を行う「方法B」があります。尚、供試品は試験に先立ち、JIS Z 0203によって、前 処置を行うのが望ましいです。 2.圧縮試験方法: 試験方法 試験条件 試験事例 供試品に対して決定された圧縮荷重 を加え、内容品の損傷を調べる。 1 方法A *供試品数=3以上を推奨 容器自体の圧縮強さを知るため、空 容器に対して圧縮試験を行う。 2 方法B *供試品数=5以上を推奨 【例)方法Bによる空容器(ダンボール箱)の最大点荷重値計測における圧縮データ】 2.ワンポイントアドバイス: ・ダンボール包装された製品を倉庫へ保管する際の段積みは一般的ですが、ダンボールの耐圧強度は、湿度50%の状態 と90%の状態とで比較すると耐圧強度は半減します。また、パレット上にダンボールを積む時の積み方によっても、耐 圧強度は大きく変わりますので、段ボールの材質を選定する際は、実際の使用環境や積み付け方法を確認の上、選定す る事をお勧めいたします。 JBLはJIS輸送試験の実績において国内を代表する企業であり、さまざまな業界の企業が最初に選ぶ企業です。 年間300件以上の輸送試験を実施しており、試験計画の立案から試験報告書作成まで、一貫してサポート致し ます。包装試験、包装資材に関する専門知識と高度な技術で、多くの企業から高い評価を受けています。試験 ご希望の方は是非とも当社へご相談下さい。 日本ビジネスロジスティクス(株) 包装ソリューション事業部・包装ソリューション第1グループ 担当:0466-41-0264 (石井輝海) / 0466-41-0267(小俣一典) E-mail: ishii.terumi@jbl.yasuda-soko.co.jp / omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp Copyright(C) 2014 Japan Business Logistics 本資料の無断複製・利用を禁じます All Rights Reserved.