1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.8Mb)

三次元熱流体解析ソフトウェア 解析事例集-混相流編

事例紹介

Analysis Case Studies

株式会社ソフトウェアクレイドルは、国産三次元熱流体解析ソフトウェアの開発・販売、教育・サポートまで一貫したサービスを提供しています。

掲載内容

•エアリフトポンプの自由表面流解析
•毛細管現象と土壌への透水現象の解析事例
•水上ライドの解析事例
•石油タンクのスロッシング現象
•はんだの溶融解析事例
•サンドセパレータの解析事例
•防雪林の解析事例
•噴霧エアノズルと噴霧燃焼の解析事例
•噴霧・塗布ノズルと枚葉式洗浄機の解析事例
•静電スプレーガンの解析事例
•デフロスタの解析事例
•洗濯物の浴室乾燥
•天然氷の凝固・融解解析事例
•冷凍ブロックの流水解凍

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 三次元熱流体解析ソフトウェア 解析事例集-混相流編
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ソフトウェアクレイドル (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

•エアリフトポンプの自由表面流解析 •毛細管現象と土壌への透水現象の解析事例 •水上ライドの解析事例 •石油タンクのスロッシング現象 •はんだの溶融解析事例 •サンドセパレータの解析事例 •防雪林の解析事例 •噴霧エアノズルと噴霧燃焼の解析事例 •噴霧・塗布ノズルと枚葉式洗浄機の解析事例 •静電スプレーガンの解析事例 •デフロスタの解析事例 •洗濯物の浴室乾燥 •天然氷の凝固・融解解析事例 •冷凍ブロックの流水解凍 Analysis Case Studies 解析事例集-混相流編
Page2

エアリフトポンプの自由表面流解析 『STREAM®』を利用し、エアリフトポンプをMARS法で自由表面流解析 自由表面流解析 エアリフトポンプの自由表面流解析 界面捕獲法 井戸や温泉の汲み上げ、浄化槽などの揚水で利用されるエ (Interface Capturing Method) アリフトポンプを、界面捕獲法であるMARS 界面を表す関数を移流させることにより界 (Multi-interface Advection and Reconstruction Solver) 面挙動を解析。MAC(Marker and Cell)法、 法で自由表面流解析を実行。 Level Set 法、VOF( Volume of Fluid)法、 MARS 法など。 エアリフトポンプの仕組み •図1のように下部を水面下に設置した管(揚水管)に空 気を流入させると、管内の水が空気と混合し、比重が小 さくなり上に押し上げられる。 •揚水量は空気流入量、浸水深さ、揚水高さから経験式で 求まるが、目的により曝気(エアレーション)を促進する 場合と、促進しない場合があるため、揚水管内の気液二 相流の流動様式(図2)を把握する必要がある。 •様々な制約により可視化実験ができないこともあり、流 体シミュレーション解析で流動様式が把握できれば有 効である。 図1 エアリフトポンプ 図2 管内の気液二相流の流動様式 解析モデル 解析結果 揚水管 5 cm幅矩形 送気管 2 cm幅矩形 揚水管 流入口 4ヶ所、千鳥配置 流入口1ヶ所あ 空気量 たり25 L/minで送気管 0.1秒毎に流入 ポンプを1m浸水させて 水面から10 cm高い位 置の容器に水を汲み上 スラグ流 げる。 が発生 送気管先端の空気流入口 図3 解析したポンプ 図4 等値面図 図5 気液分布図 comment 気液界面を等値面として可視化しました(図4)。空気が混合した水が揚水され、水しぶきとなって容器に注水される様子が再現 されています。図5は揚水管内の中心断面における気液分布図です。青色が水を表しています。この図から、揚水管内がスラグ 流だと推定することができます。 2 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page3

毛細管現象と土壌への透水現象の解析事例 『STREAM®』を利用し、毛細管現象と土壌への透水現象をMARS法で解析 VOF(Volume of Fluid)法 F値の分布例 ドナーアクセプター法 MARS法 VOF法とは… ・ 解析領域の各要素に占める流体の 体積率をF値(0≦F≦1)として定義 0.0 0.4 0.9 0.0 0.4 0.8 し、この輸送方程式を解くことによ り界面を求める自由表面流解析法。 0.3 1.0 1.0 0.3 1.0 1.0 ・ F値が0であれば1番目の流体(例え 0.6 1.0 1.0 0.7 1.0 1.0 ば空気)、F値が1であれば2番目の F 値を厳密 界面は矩形 界面勾配を 界面形状の再 流体(例えば水)として、それぞれの に保存 で表現され 1次関数で 現性が高い 物性(密度や粘度など)を考慮する。 てしまう 近似する 毛細管現象の解析事例 解析結果 接触角 毛細管現象により親水性壁面を有す 上昇 る平板内では水面が上昇し、撥水性 壁面を有する平板内では水面が下降 する。このように接触角により流体の 挙動は大きく変化する。 下降 図1 接触角 接触角とは… 壁面と流体の自由表面との角度 (図1)。接触角が小さければ壁 面は濡れ易い性質(親水性)、接 触角が大きければ壁は濡れ難い 図2 毛細管 平板の接触角60°の親水性壁面(左) 性質(撥水性)になる。 平板の接触角120°の撥水性壁面(右) 土壌への透水現象 解析モデル(土壌断面) 深さ 30 mm 初期水位0.5 mm 幅 70 mm 凹み 中央部の凹み 深さ1 mm 空隙率 0.15(砂地、樹脂) 砂地 接触角 90(°樹脂) 30 x 70 mm ダルシー係数 5 × 10-10 m2 ( 空隙率を0とした場合の浸透率に相当) 初期条件 一様な高さ0.5 mmの水位 ( 中央部の高さは1.5 mm) 図3 解析対象 解析結果 comment 図4は2秒後の解析結果です。見かけの透水速度は中央部で 約10 ㎜/sになります。図5は砂地の保水性を高めるためにダ ルシー係数を2桁小さくした樹脂を深さ5 ㎜に一部設置した 解析結果です。樹脂により透水が妨げられている様子が再 図4 砂地への透水 図5 砂地への透水(樹脂設置) 現されています。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 3
Page4

水上ライドの解析事例 『SCRYU/Tetra®』を利用し、水上ライドの移動をVOF法と重合格子で解析 VOF法と重合格子 ・ 最新の流体シミュレーション解析ソフトウェアでは、VOF法と他の解析機能との組み合せが可能となり、物 体の移動を考慮した自由表面流などが解析できるようになった。 ・ 重合格子(overset grid)は、移動領域と静止領域の各要素を重ね合せる方法。要素を再生成する必要がな いため、プログラムが複雑にならないことや計算安定性が維持できる。 図1 重合格子 解析内容 解析モデル 乗車人数 大人4名 イス 4脚(乗客の体重を考慮し 1脚あたり86 kg) 直径 3 m 360 kg/m3 密度 (下部円柱とフェンス) 6 DOF 移動 (6 Degrees of freedom) 水流からライドが受ける力を考慮し、並進および 回転させる。 図2 曲がり流路 図3 ライド 解析結果 速度の違いに 高さ位置[m] よって高低差 移動速度 が大きくなる 6 km/h 移動速度 7 km/h 移動距離[m] 点線は流路の曲がり位置 図4 ライドの水上移動3秒後(速度6 ㎞/h) 図5 ライドの水上移動3秒後(速度7 ㎞/h) 図6 移動距離に伴うライドの高さ位置 comment 図4は水上移動するライドの速度が約6 ㎞/hの場合の解析結果です。ライドは水上を揺れながら移動します。図5は水上移動す るライドの速度が約7 ㎞/hの場合の解析結果です。ライドは転覆こそしませんが、傾きが大きく乗客の安全が保障できませ ん。図6は移動距離に伴うライドの高さ位置を表しています。ライドの移動速度が6 ㎞/hの場合では10 mで0.54 m、7 ㎞/hの 場合では10 mで1.2 mの高低差となります。解析結果から、ライドの移動速度が6 ㎞/hの場合でも、かなり大きなアップダウン のあるウォーターアトラクションであることが分かります。 4 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page5

石油タンクのスロッシング現象 『STREAM®』を利用し、石油タンクのスロッシング現象を解析 石油タンクの解析事例 解析モデル 石油貯蔵量 26,000 kL (密度740 kg/m3、粘度0.0026 Pa·s、 表面張力係数0.020 N/m) 横揺れ ・100 ga(l 震度5相当、加速度1 m/s2) ・10秒間継続 ・周期は長周期地震動として5秒 要素数 1,306,800(直交格子) ・ MARS法(Multi-interface Advection and Reconstruction Solver法) で実 時間60秒を解析。 ・ 時間刻みはクーラン数0.9を超えないように自動設定。 図1 30,000 kl級石油タンク 計算時間の短縮を検討 30% A1 A2 up (1) 対称面設定 (2) 並列計算 (3) 部分的な要素粗化 (4) 1流体設定 図のように対称面を設定 2並列計算を行った場 液面の高低差が最大に プログラムコードによっ し要素数を653,400に軽 合、計算時間はさらに なる時の界面付近より ては1流体設定が可能。 減。これにより計算時間 47 %短縮。 下部の要素を粗く設定 スロッシング解析で1流 は52 %短縮。 すると、要素数は 体設定すると計算時間 505,296となり、計算時 を30 %短縮できる。 間を23 %短縮。 計算時間が4時間から約30分に 初期設定から86%の短縮 解析結果 赤線は初期の液 面高さから3.5 m 高い位置を表示 図2 最大液面高さ 周期5秒・13秒後(左)、周期4秒・15秒後(中央)、周期2秒・17秒後(右) comment 図2は100 galの横揺れ周期を変更して計算した結果です。左は周期5秒、中央は周期4秒、右は周期2秒の最大高さの図です。 周期5秒では、スロッシングの固有周期と近いために共振現象が起きていることがわかります。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 5
Page6

はんだの溶融解析事例 『SCRYU/Tetra®』を利用し、リフローはんだ付けの作業プロセスを解析 はんだの溶融解析事例 解析モデル 基板上の2ヵ所のランド部にクリームはんだを塗布し、VOF法を使って角形チップ抵抗器を配置。  はんだ 長さ 0.4 mm チップ抵抗器 幅  0.2 mm 溶接はんだの 100~ 0.020 ~ 100 Pa·sに はんだ 粘性係数 変化させることで溶融を表現 溶接はんだの 8000 kg/m3 密度 表面張力 0.40 N/m 基板 ランド ランドやチップ 抵抗器との接触角 30° 図1 0402サイズ チップ抵抗器 • チップ抵抗器を囲む移動領域と、静止領域の各要素と重ね合せる重合格子 (overset grid)を設定。 • チップ抵抗器の移動は6DOF(6 Degrees of freedom)。運動方程式を解析する ことにより、溶融はんだから受ける力を考慮して並進および回転。 図2 重合格子 解析結果 フィレット 溶接はんだ表面 チップ抵抗器の両端に溶融はん だ表面のフィレットが形成され ていく様子を再現できた ズレなし 横ズレ条件1(ズレ幅小) comment 図3の横ズレ条件1の結果から、多少の横ズレなら フィレット形式に問題ないことがわかります。横ズレ 条件2の結果のように、電子部品が立ってしまう現 象は、米国ニューヨーク市のマンハッタン区の高層 ビルに例えてマンハッタン現象と呼ばれます。 横ズレ条件2(ズレ幅大) 図3 溶接はんだ解析結果図 (ズレなし[上]、横ズレ条件1[中]、横ズレ条件2[下]) 6 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page7

サンドセパレータの解析事例 『SCRYU/Tetra®』を利用し、粒子追跡法で水と砂の分離現象を解析 粒子追跡法(Particle Tracking Method) 図1 Two way coupling 図2 粒子追跡法の適用 図3 流体中の粒子にかかる力 粒子追跡法は、図1のように格子で区切 粒子追跡法では粒子を質点として考 粒子密度が流体密度よりも大きい場合は抗 られた要素を用いて流体を連続相とし 慮する。そのため、図2のように粒子 力と重力が主な力になる。ただし、粒子の幾 て解析(Euler法)し、流体中の粒子を分 の接触や衝突が支配的な対象には 何学形状を球として抗力を算出するため、 散相として個別に追跡(Lagrange法) 適用できない。 注意が必要。例えば、必ずしも球形ではない し、流体と粒子を連成解析する方法。 砂や埃、液滴などは形状が変化する。 サンドセパレータの解析事例 解析モデル 解析結果 図7 粒径による除去率の変化 図4 サンドセパレータ 図5 粒子挙動 図6 流線 サンドセパレータ 原水の流入量を2.8 ㎥ /hで一定と設定すると、約3 %がドレン水として流出する。この原水と併せ 遠心力を利用して水と砂を分離す て粒径一定で密度2500 ㎏/㎥ の粒子100個を0.1秒毎に流入させ、30秒にわたり粒子追跡解析を る装置。水と砂の密度差は約2.5 行う。ドレン水と共に流出する粒子数を、ドレン水および処理水と共に流出する粒子数で除算して で、空気と砂に比べると密度差が 除去率とする。 小さく分離し難い。 comment ・図5は粒径100 ㎛の粒子挙動の解析結果です。速度ベクトルを付与した粒子の挙動を表示しています。原水と共に流入する粒 子は壁面に沿いながら下方に移動し、ドレン水と共に流出します。 ・図6は水の流線を矢印で表現しています。サンドセパレータ内に生じる旋回流の様子がよくわかります。 ・図7は粒径5、25、50、75、100 ㎛と粒径を変えた場合の除去率の変化です。粒径が小さくなるにつれて分離できなくなること がわかります。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 7
Page8

防雪林の解析事例 『STREAM®』を使い、防雪林を粒子追跡法で解析 解析内容 道路域 防雪域 吹雪域 流速8 m/(s 基準高さ10 m)で氷点下20 ℃流入空気 の空気がべき乗則(平坦地)で流入 秒速8 m/s ・密度200 ㎏/㎥ 、粒径100㎛ 雪粒子 ・地上から高さ3 mまで均一に流入 ・有効個数を1,000 としてパーセル近似 防雪柵(開口率30%) 二車線道路 盛土 防風柵 反発係数 0.5(地面や防風柵など境界面に適用) 防雪林 計算時間 8秒間 図1 道路防雪林 針葉樹の解析モデル 葉面積密度 8 ㎡ /㎥ 抵抗係数 0.7 の圧損領域 雪粒子の反発係数 0.1 針葉樹の配置 4 m間隔の2列の千鳥配置で狭林帯とする 針葉樹の設定 ・保育期(植樹から15年程度の期間) ・育成期(保育期からさらに15年程度の期間) ・維持期(植樹から30年以上) 図3 保育期(樹高4.5~ 6.0 m) 図4 育成期(樹高6.5~ 8.0 m) 図5 維持期(樹高9.0~ 10 m) 図2 針葉樹(断面図) 防風柵2 m 、 防雪柵2 m 防風柵2 m 防風柵2 m 解析結果 保育期 育成期 維持期 図6 雪粒子挙動 comment 防雪林が成長するに従い、防雪域での雪粒子数が増え、道路 域での雪粒子数が減り、防雪効果が高くなっていることがわか ります。 防災林なし 防災林あり(維持期) 図7 道路視程 8 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page9

噴霧エアノズルと噴霧燃焼の解析事例 『STREAM®』を利用し、粒子追跡法で蒸発や揮発を考慮した現象を解析 噴霧エアノズルの解析事例 粒子追跡法を用い、高温ガスを冷却する水滴の噴霧エアノズルを粒子追跡法で解析。2パターンの噴霧条件を比較する。 水滴の蒸発モデル 解析結果 蒸発成分が生成される ため、化学種を変数と して取り扱う 解析設定 流入する高温ガス 500 ℃ 噴霧エア 27 ℃ 形状 軸対称、軸対称2次元 (冷却容器・ノズル) 高温ガス流速 25 m/s 噴霧エア流速 40 m/s 壁面 静止壁、断熱条件 図1 噴霧エアノズル 図2 温度分布(7秒後) フルコーン(左)、ホローコーン(右) 燃料滴の噴霧燃焼の解析事例 燃料滴の噴霧燃焼を粒子追跡法で解析。 燃料滴の噴霧燃焼モデル 解析結果 燃料滴の噴霧燃焼モデル 揮発により流体中に生成する有機化合物は 燃焼し、二酸化炭素と水蒸気が生成される 解析設定 ザウター平均粒径で20㎛ 燃料滴 (粒径分布に抜山・棚沢分布を適用) 噴霧流量 0.005 kg/s(パーセル近似10,000 s-1) 図3 燃焼容器 図4 燃料滴挙動と温度分布 図5 燃焼ガスの質量分率分布(8秒後) 噴霧速度 15 m/s (8秒後) 有機化合物(左)、二酸化炭素(右) 噴霧パターン ホローコーン広がり角110~ 120° comment ・ 1秒間は空気と噴霧エアだけを流入し、1秒後か 上の噴霧エアノズルの解析結果から、ホローコーンの方が比較的早く冷却され ら燃料滴を噴霧 ることがわかります。下の噴霧燃焼の解析結果は、燃料滴の噴霧燃焼により容 ・ 燃料滴の潜熱は200 kJ/kg、Antoine式の定数 器内の燃焼ガス温度が高くなることを示しています。 はn‐デカンを用いる ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 9
Page10

噴霧・塗布ノズルと枚葉式洗浄機の解析事例 『STREAM®』と『SCRYU/Tetra®』を活用し、粒子の液化挙動を解析 噴霧・塗布ノズルの解析(SCRYU/Tetra®) 液膜モデル 解析結果 板 50㎜ × 40㎜、 斜めに設置 噴霧粒子 粒径100㎛、 ノ ズルで噴霧し 板上で液化させ 塗布している 塗布液膜の厚さ 1㎜オーダー、 粒子は長軸30°、短 粒子が壁面で液化して生じる液膜の物性 軸10°のフラット形 (密度と粘度)と液膜の高さを考慮し、壁 で噴霧している 面上を移動する液膜を解析する方法。表 面張力や接触角を考慮しないため、計算 負荷が小さい。 図1 解析結果(左:ノズル横からの視点 右:ノズル上部からの視点) 液体をほぼ均一に塗布できていることが確認できる 半導体ウェハの枚葉式洗浄機の解析(STREAM®) 自由表面流解析と組み合わせる方法 粒子が壁面や液面に付着した場合に、粒子から液に変換する。液に変換した粒子は消滅させ、そ れ以上は追跡しない。表面張力や接触角まで考慮するため、液の分裂や結合を解析できるが、液 膜モデルと比較して計算負荷が大きくなる。 解析結果 噴霧ノズル 粒径50 ㎛(1流体ノズル) 噴霧流量 0.50 ㎏/(s 30 L/min) 噴霧速度 15 m/s 物性 純水(洗浄水) 接触角 50° 図2 枚葉式洗浄機 図3 噴霧の様子 円錐噴霧広がり角30(°左)、5(°右) 楕円錐噴霧の場合は、洗浄 効率を高めるためにウェハ を高速回転すると、洗浄水 が周方向にも広がることが 確認できる 図4 洗浄水の様子(100秒後) 円錐噴霧(左)、楕円錐噴霧(中)、楕円錐噴霧2500 rpm(右) comment STREAM®とSCRYU/Tetra®を用い、粒子追跡法で粒子の液化を再現することができました。 10 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page11

静電スプレーガンの解析事例 『STREAM®』を利用し、静電スプレーガンを粒子追跡法で解析 静電スプレーガンの解析事例 解析モデル 塗装ブース 500 ㎜ × 300 ㎜ × 250 ㎜ ・ 幅20 ㎜ × 高さ200 ㎜ の20面体柱 ・ 静電スプレーガン先端との距離が100 ㎜となる位置 20面体柱 に置いて塗装 ・ 電位は0 V(接地電位) ・ ブース天井面から一様の速度0.3 m/sで流入 空気速度 塗着されない塗料粒子を排気 ・ ブース床面は排気面(グレーチングのような床面) 電束密度 0 C/㎡(上下面を含む塗装ブースの全ての壁面) 空気の比誘電率 空気の比誘電率 1.000586 図1 塗装ブース 解析結果 電荷なし 電荷あり 図2 静電スプレーガン 図3 中央断面での電位分布 空気流量 40 L/min(ノズル径10 ㎜) 塗料吐出量 100 g/min(塗料密度は1000 ㎏/㎥) 塗料粒子の粒径 50 ㎛ ノズル先端電位 -50,000 V 20面体柱に付着した塗料粒子は 消滅させ、それ以上追跡しない 図4 解析結果(0.05秒後) 正面の塗膜分布(上)、背面の塗膜分布(下) 堆積させ塗膜の厚さに換算する comment 20面体柱に付着した塗料粒子数と噴霧した塗料粒子数から塗着効率を算出します。塗料粒子の電荷がない場合は59.6 %でし たが、塗料粒子の電荷がある場合は84.5 %となり、静電塗装の効果が再現されました。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 11
Page12

デフロスタの解析事例 『STREAM®』で室内の窓や壁で生じる結露・蒸発を計算 電熱式デフロスタの解析事例 デフロスタとは… 車両の窓ガラスの結露による曇りを除去する機能 結露(蒸発)解析とは… ・気相側の流体解析で水蒸気を変数として取り扱う ・図1のように、空気中の絶対湿度が壁面温度の飽和絶 対湿度より大きい場合には結露速度[ kg/(m2 s) ]が生 じ、潜熱分2500 kJ/kgを発熱する ・空気中の絶対湿度が壁面温度の飽和絶対湿度より小 さい場合は蒸発速度(負の結露速度)が生じ、潜熱分を 吸熱する 図1 結露速度 解析モデル 電熱式デフロスタ 運転席扉 ・ 二重ガラス構造と仮定。 運転席ガラス 20 ℃運転席ガラス 車輛外側 ・ 電熱線を4本として開始時 枠 -5 ℃ 運転手36 ℃ 水分発生量 から90秒後に発熱し、10秒電熱線 100 W/本 枠ガラス 50 mL/h 間で1本あたり100 Wの発 熱量に到達、その後はそ 運転席 初期温度 20 ℃ の発熱量を維持するもの 初期温度 55 % とする。 (相対湿度) 運転車両外観 電熱式デフロスタ 運転席 図2 鉄道車両 解析結果 計算開始10秒後 90秒後 300秒後 900秒後 解析対象 運転手席 表面温度 36 ℃ 水分発生量 9.0 × 10-6 kg/(m2 s() 50 mL/h) ・ -5 ℃(車両外側運転席ガラス) 表面温度 ・ 20 ℃(運転席扉) ・ その他は断熱条件と想定 初期温度 20 ℃(運転席) 初期湿度 55 %(相対湿度) 温度差による浮力を考慮 図3 運転手ガラス面の温度分布(上)と結露量分布(下) comment 開始時から90秒後には運転席ガラス面に結露が生じますが、その後は電熱線の発熱に伴い、結露が除去されていく様子が確 認できました。 12 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page13

洗濯物の浴室乾燥 『STREAM®』で固体の吸放湿特性を考慮した結露・蒸発解析を実行 吸放湿特性の設定 吸放湿特性とは… 固体の湿度(絶対湿度)を変化させるのに必要 な水分量と、固体の温度を変化させるのに必 要な水分量。 図1 固体中の湿気 図2 固体中の吸放湿 図1のように乾燥時に空隙のある固体(多孔質体)を考える。固体中の湿気は水分の浸透や水蒸気の拡散で移動する。同時に、図2の ように固体中では水蒸気が凝縮して水分になり、水分が蒸発して水蒸気になる相変化が起きる。相変化に伴う潜熱分の発熱と吸熱が 影響するので、固体中の湿気と熱の移動は連成して解析する必要がある。この連成解析を実施する場合に吸放湿特性を設定する。 洗濯物の浴室乾燥の解析事例 解析モデル 解析結果 洗濯物表面と中心断面での温度分布 洗濯物表面での相対湿度分布 図3 洗濯物の浴室乾燥 吹出口から吹き出す空気流量50m3/h 洗濯物 長さ126 cm×幅60 cm×厚さ1cm 天井近傍の横棒にかけてあると仮定 空隙率 0.4(乾燥時) 密度 1.30 kg/m3 比熱 1.15 kJ/(kg·K) 熱伝導度 0.086 W/(m·K) 湿気伝導度 5.0×10-6 kg/(m·s (kg/kgDA))*1 絶対湿度を変化させる のに必要な水分量 5.0×10 3 kg/(m3 (kg/kgDA))*1 温度を変化させるのに 2.5 kg/(m3 K) 必要な水分量 吹出口から吹き出す空気流量60m3/h *1 DA…Dry Airの略 図4 解析結果(1時間30分後) 吹出口からの空気流量50m3/h(上)、60m3/h(下) (kg/kgDA)…絶対湿度の単位 comment 浴室乾燥により洗濯物が乾いていく様子が再現されています。空気流量を大きくすることにより洗濯物の乾燥が早まること がわかります。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 13
Page14

天然氷の凝固・融解解析事例 『STREAM®』を使い、凝固・融解解析をマクロにアプローチ 温度回復法 ・流体中における固相の体積率を固相率と定義する。 ・固液界面では平衡であると仮定し、温度回復法により固相率の変化を求める。 ・図1のように流体要素の温度を解き、温度が液相線温度(水などの純物質は平 衡であれば固相線温度と一致する)よりも低い場合は潜熱と比熱から固相率を 算出する。 ・次に、固相率に相当する潜熱を放出(発熱)して再び流体要素の温度を解くこと 図1 温度回復法 により、流体要素の温度が回復する。 ・これを反復すると流体要素の固相率と温度が求まる。 天然氷の凝固・融解解析 解析モデル 解析結果 水面温度分布(2時間後) 固相率分布(20日後) ・淡水: 固相率分布から、水面から氷が成長していく様子がわかる。 図2 水池 長さ 24 m×幅 14 m×深さ 0.5 m 水池 縁石で囲まれ、その周囲は有機質土 外気 -8 ℃ 池の上面 熱伝達係数 10 W/(m2K) 池の下面 外気 4 ℃(熱伝導条件 ) 解析手法 非定常解析 ・海水(塩水): 海水は塩分濃度が3.4 %(質量分率)の混合液で -1.8 ℃で水分が凍り始 備考 水の流れは解かない める(液相線温度)。氷の成長はなくなり、塩分による凝固点降下が再現 されている。 ※赤線は水面から深さ15 cmの位置 図3 解析結果 淡水(上)、海水(下) comment 図3は2時間後の水面温度分布と20日後の固相率分布です。淡水の結果から、水面はほぼ均一に温度が下がり、水面から氷が 成長していく様子がわかります。水池を海水のような塩水に変えると、氷の成長はなくなり、塩分による凝固点降下が再現され ています。 14 | ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】
Page15

冷凍ブロックの流水解凍 『STREAM®』を使い、流水の解凍現象を凝固・融解解析で検証 流動限界固相率によるモデル化 図1 流動限界固相率によるモデル化 図2 解析事例の速度ベクトル 固液共存状態における液相の流れは固相の体積率(固相率)によ 図2は固体の周囲に付着している氷を流水で り影響を受ける。氷を水で溶かす時のように固液界面が平滑な 溶かす解析事例の速度ベクトル。流体要素が 場合には、流体要素の固相率が流動限界固相率以上で圧力と速 わかるように格子を表示し、一定長の速度ベ 度を0にして、流体要素は温度と固相率のみ解くことでモデル クトルを要素ごとに表示している。 化することが可能。 冷凍ブロックの流水解凍解析事例 解析モデル 解析結果 水産物の断面温度 固相率の等値面 図3 冷凍ブロック 秒速50 ㎜で流水した場合 水産物 水産物18尾(各段に9尾) 長さ266 ㎜、幅170 ㎜、高さ50 ㎜ 物性値 密度900 kg/㎥、比熱2000 J/(kgK)、 熱伝導率1.40W/(m·K) 温度 -20 ℃(冷凍ブロックの初期温度)4 ℃(流水する水) 流水時間 20 分間 解析 非定常解析 秒速25 ㎜で流水した場合 図4 解析結果 断面温度と固相率の等値面(20分後) 流動限界固相率 0.9 流水秒速50 ㎜(上)、秒速25 ㎜(下) comment 断面温度を見ますと、手前の1尾以外は0℃以下になっていますので、大部分は半解凍状態と考えられます。この時点で水産 物を流水から取り出し、自然解凍すれば水分のドリップもなく短時間で解凍できることになります。 ソフトウェアクレイドル事例集【混相流編】 | 15
Page16

技術情報・コラム のご紹介 混相流技術コラム:http://www.cradle.co.jp/tec/column02/ 岡さんの「混相流は流体シミュレーション解析で勝負!」 その他多数のコラムを好評連載中! • 流体解析の基礎講座 • 事例で学ぶ!これだけは知っておきたい 最適化の使い方 ~熱流体編~ • パッと知りたい!  人と差がつく乱流と乱流モデル講座 http://www.cradle.co.jp/tec/ 無料体験セミナーのご案内 ソフトウェアクレイドルでは、「熱設計PAC®」「scFLOW®」の利用方法につきまして、毎月1回体験セミナー(無償)を開催しています。 無料体験セミナーは、現在ソフトウェアを検討中の方から、流体解析とはどのようなものかを体験したい方まで、 幅広く受講してい ただくことができます。 東京・大阪にて毎月開催! 詳細日程はホームページで ご確認ください。 セミナー申込ページ http://www.cradle.co.jp/seminar/ • お申し込みの状況により、時間帯、人数を調整させていただく場合があります。 • ユーザー様または正式に導入予定のお客様は定期説明会へご参加ください。 14:00~ 16:30 14:00~ 17:00 • その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 【大阪本社】 〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ Tel: 06-6343-5641 Fax: 06-6343-5580 Email: info@cradle.co.jp