1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(13.7Mb)

回転機械の振動測定を無線化 

製品カタログ

LoRaWAN ワイヤレス振動センサー

WISE-2410 
LoRaWAN ワイヤレス振動センサー
無線振動計
常時監視( 1時間1回 )
プラグアンドプレイ

高いコストパフォーマンス
内蔵の3軸加速度計と温度センサー
ボード上のコンピューティング。振動特性値(VRMS、ARMS、ピーク、尖度、波高率、歪度、標準偏差)をゲートウェイに直接送信します。このエッジコンピューティング機能により、センサー、ゲートウェイ、クラウド間の負荷を分散できます。
アラーム設定 -YXZ軸の加速度、温度
送信間隔:10秒~86,400秒、スケジュール
IP66エンクロージャー
ISO10816(JIS B 0906)規格でのモニター
速度RMS値で機器の状態を評価する簡単な方法
アプリケーションとの高い互換性
LoRaWANに対応
1時間に1回のレポート間隔で約3年間のバッテリー寿命
DC電源入力、設定用のマイクロUSBコネクタ
-20〜85°Cの広い温度範囲(USB電源); -20〜50°C(バッテリー駆動)

このカタログについて

ドキュメント名 回転機械の振動測定を無線化 
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 13.7Mb
取り扱い企業 アドバンテック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

アドバンテックWISE-PaaS
製品カタログ

アドバンテック株式会社

IoTの要、ワイヤレス・リモートI/Oモジュールのご紹介
製品カタログ

アドバンテック株式会社

アドバンテック 組み込み自動化PC
製品カタログ

アドバンテック株式会社

このカタログの内容

Page1

WISE-2410 LoRaWAN ワイヤレス振動センサー 2020/02
Page2

回転機械の振動測定 有線振動システム ポータブル振動計 無線振動計 常時監視 人による巡回測定( 1秒1回 ) 常時監視( 1時間1回 ) 高額でかなり専門的 毎回全ての機械を測定 プラグアンドプレイ 配線工事が必要 コスト 高い 中間 低い
Page3

機能のハイライト 高いコストパフォーマンス • 内蔵の3軸加速度計と温度センサー • ボード上のコンピューティング。振動特性値(VRMS、ARMS、ピーク、 尖度、波高率、歪度、標準偏差)をゲートウェイに直接送信します。こ のエッジコンピューティング機能により、センサー、ゲートウェイ、クラ ウド間の負荷を分散できます。 • アラーム設定 -YXZ軸の加速度、温度 • 送信間隔:10秒~86,400秒、スケジュール • IP66エンクロージャー ISO10816(JIS B 0906)規格でのモニター • 速度RMS値で機器の状態を評価する簡単な方法 アプリケーションとの高い互換性 • LoRaWANに対応 • 1時間に1回のレポート間隔で約3年間のバッテリー寿命 • DC電源入力、設定用のマイクロUSBコネクタ • -20〜85°Cの広い温度範囲(USB電源); -20〜50°C(バッテリー駆 動)
Page4

仕様 型番 WISE-2410 無線 無線 LoRa/LoRaWAN 日本920-928(MHz) 周波数帯 EU 863-870 (MHz) Y US 902-928 (MHz) 拡散係数 7 ~ 12 送信電力 最大 20dBm 感度 -148dB カバレッジ(見通し) 5000 m センサ X 0~156m/s2 レンジ (± 2 / 4 / 8 / 16 g) 3軸加速度センサ 周波数範囲 10 Hz ~ 1 kHz 直線性 1% 帯域幅 3200Hz 範囲 –20°C ~ 85°C 温度 分解能 12 bit その他 寸法 (H x D) 84.7 x 48.3 mm 電池 2 x 3.6 V リチウム電池 Z -20~85°C(USB電源); 動作温度 -20~ 50°C(電池駆動) IP 東急 IP66
Page5

ネットワーク構成 Public ローカルPC Cloud DB・アプリ Network Server LoRaWAN LoRaWANゲートウェイ ゲートウェイ (+Network Server機能) LoRaWAN LoRaWAN アナログ信号 アナログ信号 DI DI 温度、圧力 温度、圧力 センサなど センサなど WISE-2410 WISE-4610 WISE-2410 WISE-4610
Page6

リアルタイム測定 USBケーブルでPCと接続してリアルタイム測定 3.2kHzの出⼒で3軸のリアルタイムの表⽰ができます。 測定データのCSV出⼒もできます。
Page7

振動計での予知保全 • WISE-2410の測定 – 簡易測定 • 機器が正常か異常かを判断 – ISO10816を基準とする測定 • 基準値を超えたら点検とする – ベースラインとの⽐較 • 通常運転の振動を基準として⽐較 • 簡易測定から詳細測定へ – 詳細測定・分析︓FFT解析から分析 – ⾼い値を基準として次数、位相をみて原因を分析
Page8

振動監視の基準︓JIS B 0906(ISO 10816-3) • クラスI –通常の運転条件の下で、全体の完 クラスIV 成機の一部の構成要素として組み込まれた 振動速度RM S値 クラスI クラスII クラスIII エンジン及び機械(代表例 出力15kW以下の 柔らかい剛性基礎 m m /s 15kW以下電動機 75kW以下電動機 剛基礎上の大型機 汎用電動機) 上の大型機 0.28 • クラスII –特別の基礎を持たない中形機械(代 0.45 A 機械新設のレベル 表例 出力15kW~75kWの電動機)及び特別 0.71 A な基礎の上に堅固に据え付けられたエンジン 1.12 A A または機械(300kW以下) 1.8 B B • クラスIII –大型原動機及び大型回転機で、剛 2.8 制限なく長期運転可能 基礎または振動の測定方向に比較的高い剛 4.5 C C B 性をもつ思い基礎上に据え付けられたもの 7.1 長期間運転は期待できない B 11.2 C • クラスIV –大型原動機及び大型回転機で、振 動の測定方向に光鵜的柔らかい剛性を持つ 18 D 機械の損傷を起こすほど厳しい C 基礎上に据え付けられたもの(代表例 出力 28 D D D 10MW以上のターボ発電機セット及びガスター 45 ビン) *JIS B 0906付属書Bより作成 速度の値を確認
Page9

ターゲットアプリケーション– 振動監視 HVAC、ポンプ、コンベヤー、ギアボックス、風力タービン、石油およびガス井およびパイプライ ン、振動スクリーンおよびフィーダー、ロータリースクリュー圧縮機、輸送など
Page10

設備のヘルスモニタリング – HAVC、ポンプ Vibration Severity Per ISO 10816-3 10HP Motor Ø モーターの情報を確認し、ISO 10816-3とのクロスマ ッチングを行って、モーターの状態を追跡します WISE-2410 Vibration Sensor Vibration Velocity Vrms
Page11

アプリケーション – 地下鉄のエスカレーター プロジェクトの背景 • エスカレーターでのモーターとベアリングの状態と状態を監視する必要が Private ある Server • エスカレーター内への配線ができない • MQTTを介して顧客のプライベートクラウドにデータを渡す • 少なくとも10〜500Hzのセンサー周波数範囲 • 測定範囲は少なくとも±8 gになる ソリューションの利点 • すべてを定期的に管理できる • 機械の信頼性が向上 • 警告なしでシステムがシャットダウンするリスクを軽減 • プラグアンドプレイ、複雑な配線のインストールなし • 高い干渉耐性を備えた長距離無線カバレッジ。 • LoRaワイヤレステクノロジー WISE-2410 • 強力なセンシング仕様 Vibration Sensor • 10〜1KHzの周波数範囲、最大±16 gの測定範囲
Page12

Application – Production Lines プロジェクトの背景 • 工場のすべてのモーター(工場、ボイラー、コンプレッサーを含む )を監視して、製品の品質を確認し、警告なしにシステムクラッシ ュを回避する必要があります。 • オフィスにリモート監視ソリューションが必要 • WebAccess / SCADAを使用して、モーターの振動データを 収集し、WebAccessのダッシュボードですべてのモーターの 状態と正常性を追跡します。 ソリューションの利点 • 生産能力の増加 • 機械の信頼性が向上 • 警告なしでシステムがシャットダウンするリスクを軽減 • 工場の安全能力を高める • WISE-2410モーターの突然の破損を避ける Vibration Sensor • プラグアンドプレイ、複雑な配線のインストールなし
Page13

Appendix I Installation Procedure
Page14

Installation 取付穴 Material Photos V ねじ取付 N/A 接着剤用取付パッド N/A マグネットベース ねじ取付 接着剤用取付パッド マグネットベース
Page15

振動センサーの取り付け方法 2.加速度センサがしっかりと取り付けられていることを 1.ベアリングのできるだけ近くに取り付けます 確認する 取り付け面は、真に磁性を帯びている必要が あります(鉄、ニッケル、またはコバルト合金) 磁気の損失を防ぐために、磁気マウンティング を落としたり加熱したりしないでください。また、 加速度センサと磁気取り付けのネジ山をはが さないように注意する必要があります。 Source: Beginners guide vibration
Page16

振動センサーの取り付け方法 3.加速度計が正しい向きになってい 4.いつも同じ場所に同じ加速度計を取り付ける ることを確認します。 5.丈夫なものに加速度計を取り付ける Source: Beginners guide vibration