このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(30.3Mb)

インテリジェント制御PC

製品カタログ

拡張性の高い小型制御PC

スマート工場実現のためのフィールドバス制御、ネットワーク接続、安定的持続性を提供

このカタログについて

ドキュメント名 インテリジェント制御PC
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 30.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 アドバンテック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

アドバンテックWISE-PaaS
製品カタログ

アドバンテック株式会社

IoTの要、ワイヤレス・リモートI/Oモジュールのご紹介
製品カタログ

アドバンテック株式会社

アドバンテック 組み込み自動化PC
製品カタログ

アドバンテック株式会社

このカタログ(インテリジェント制御PC)の内容


Page 1:インテリジェント制御PCスマートファクトリー実現のためのフィールドバス制御、ネットワーク接続、安定的持続性を提供セレクションガイドソフトウェアハードウェア・アーキテクチャおよび設計インテリジェント制御PCスマートファクトリー・アプリケーションhttp://www2.advantech.co.jp/APAX

Page 2:PAC - APAX Seriesスマートファクトリー・アプリケーションスマートファクトリー・アプリケーションインテリジェント制御PC APAX-5580は、業界初のモジュラー産業用PC(IPC)です。包括的なI/Oモジュール、通信ポート、自由に選べる制御ソフトウェアを備えたPCベースの制御プラットフォームです。インダストリ4.0のトレンドを活用し、MES(製造実行システム)統合および生産トレーサビリティ、マシンオートメーション、機器モニタリングおよび最適化、工場環境モニタリングといったアプリケーション分野でスマートファクトリーを実現するため、特に制御・運用技術(Operational Technology:OT)と情報技術(IT)を統合することを目的に設計されています。・主要プロバイダ製のすべてのPLC、コントローラ、デバイスとフィールドバス接続による信頼性の確保するフィールドバス・サポートおよびI/Oモジュール一式・リアルタイムの安定した制御を実現するIEC 61131-3対応・コンフィギュレーションの労力を減らしシステム設計に集中できるライブラリサポート・大規模タグシステムをカスタマイズし、試験データ収集のニーズを満たす拡張可能I/O設計・リアルタイム機器制御および反応・工場内のあらゆる種類の環境モニタリングセンサデータの取込みが可能なレディネス(Readiness)I/Oモジュール・広域データを収集し、システム構築の簡易化とトラブルシューティング時間の短縮を実現する分散型I/O設計スマートファクトリー・データゲートウェイ・コンピューティング、I/O、通信が統合されたオールインワン設計で、コンフィギュレーションや合理的な配線が簡単に行えます・リアルタイムデータ収集および情報表示・コンパクトサイズかつ堅牢設計で、過酷な環境にも適応・多様なソフトウェア・アプリケーション・ニーズを満たすPCベース・プラットフォームスマートファクトリーにおけるインテリジェント制御PC MES統合および生産トレーサビリティ21

Page 3:PAC - APAX Seriesコンパクトなインテリジェント制御PC堅牢、省スペース設計• ファンレス設計• コンパクトサイズで制御盤組込み可能(制御)キャビネット• 高精度RTC(リアルタイム・クロック)およびマルチレベルリセット機能付きWDT(ウォッチドッグ・タイマ)• 寿命10年のバッテリー安定したオートメーション・プラットフォーム• プライマリディスクにmSATAを採用し、耐振動性を実現• システム・バックアップおよびワンキー・リカバリー• ハードウェア状態モニタリングスケーラブルなソリューション• RISCからCore i7までの各種CPU性能• SoftlogicおよびSCADAソフトウェアに対応オープンな開発環境• EWF、HORM、VS、.NETフレームワークによるエンベデッドMicrosoft Windowsサポート• WDT、RTC、H/WモニタリングよびI/Oアクセス用の無料API• Linux対応無限の通信機能• セルラー方式通信用の内蔵SIMスロット• 予備アンテナホール• Wi-Fi、BLE、GPS用のmPCIeスロットデータ収集負荷を軽減• I/Oアクセス用のビルトインDSP(デジタル信号処理)• モジュラーAPAX I/Oモジュール• 分散型トポロジーおよび分散型COMポートアドバンテックのインテリジェント制御PCは、IoT(モノのインターネット)やその他の産業オートメーション・アプリケーション向けの強力な制御プラットフォームです。その演算能力と各種の標準高速通信インターフェースは、ビッグデータ処理や分散型アーキテクチャを可能にします。ユーザーはインテリジェント制御PCによって独自のバーティカルアプリケーション・ソフトウェアを容易に追加してオートメーション現場でシステムを実現できます。高性能なインテリジェント制御PCAPAX-5580最新のIntel CPUを搭載することで、高い演算能力、豊かな接続性、I/O制御システムを1つのプラットフォームで実現。次世代制御プラットフォームに新たな定義をもたらします。APAX-5620大きめのサイズで、より多くのシリアルインターフェースとイーサネットポート、そして2つのCANBusポートまで搭載。これはユーザーが、より複雑なトポロジーを設計することを可能にします。データゲートウェイはアプリケーションの1つです。3インテリジェント制御PCインテリジェント制御PCインテリジェント制御PC:APAX-5000シリーズ4

Page 4:PAC - APAX SeriesインダストリアルIoTにとって、コンピューティングとネットワーク接続はどちらも、オートメーションコントローラの重要な機能です。ビッグデータ処理と、ほかのデバイスやセンサーと接続する能力は、IoT制御プラットフォームの基本となります。インテリジェント制御PCインテリジェント制御PCスマートファクトリーのための新しいオートメーション・プラットフォームリアルタイム・ハードウェア・モニタリング多用途な接続インターフェースデータ分析・保存データ同期化安定したプラットフォームは、オートメーション現場で最も重要なものです。システムで異常事態が発生したとき、ユーザーが直ちに対策をとり、予期せぬエラーを初期の時点で回避することが可能になります。アドバンテックのインテリジェント制御PCは、CPU負荷、システム電圧、I/Oモジュールの状態をモニタリングすることができ、ユーザーは複雑なプログラミングを行うことなく、APIやアドバンテックのユーティリティによってこのデータにアクセスできます。ネットワーク接続は、とりわけインダストリ4.0時代に情報技術(IT)と制御・運用技術(OT)を統合する上での、PCベースコントローラのもう1つの主要な側面となります。標準インターフェースにより、制御プラットフォームは種々のリモートデバイスを接続し、有線または無線技術を通じてデータゲートウェイとなります。使用するのが産業用通信プロトコルであっても、IT通信プロトコルであっても、アドバンテックのインテリジェント制御PCは、データゲートウェイやデータ処理センターとして最良のソリューションとなります。アドバンテックのインテリジェント制御PCシリーズは、卓越したリアルタイムI/O制御だけでなく、オートメーション・アプリケーションにとって情報処理におけるメリットも提供します。現場作業、データ交換、貴重な情報収集を行う性能を備えたインテリジェント制御PCは、効率的な意思決定を実行できます。情報処理には、SDカードやmSATAといったストレージデバイスを用いたデータロギングおよび分析、ならびにSQLおよびOPCを通じてのデータベース交換が行えます。インテリジェント制御PCは、データ同期化機能を提供してCPU冗長化に対応します。これによりコントローラのクラッシュ時のシステム障害リスクを大幅に低下させることができます。この機能を発揮にするため、同じ制御プログラムを有する2つのコントローラが1つのシステムにインストールされています。両方のコントローラの冗長機能が有効にされると、APAXシステムは1つのコントローラを自動的にマスターとます。コントローラが切り替わった場合は、それまでのマスターデバイスでエラーが起きたということを意味します。したがってエンジニアは、システム全体をシャットダウンさせることなく、このデバイスを修理または交換することができます。LANLANLANLAN安定的持続性データ可用性を維持• RTC精度:2分/年• 寿命10年のバッテリーセキュリティ内蔵インターフェースによりシステム信頼性を確保• システムバックアップ用の内蔵SDスロット• ソフトウェアドングル用の内蔵USB遠隔通信ローカルでのデータ処理を確保し、リモートサーバーに接続• セルラー方式通信用のSIMスロットとmini PCIExpress5 6

Page 5:VS、.NET開発環境C/C および.NETライブラリ• PCベースのオープン・プラットフォーム一式• 開発時間を短縮するための、産業用タスク向けの多数のビルトイン・ライブラリ• 参照用の各種C/C および.NET実例APAX-5000シリーズは、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を伴うPCベースのオープン・プラットフォーム一式を提供します。プログラマは、アドバンテックから提供されるC/C ライブラリと.NETクラス・ライブラリを用いて、I/O制御、通信、SQL、スケジューリングにからむ産業用制御およびオートメーション・タスク向けの独自のプログラムを開発できます。豊富なC/C および.NETの実例は、プログラマの学習時間を節約し、プログラマの開発作業と労力を省く助けとなって、製品化までの時間を短縮します。HMI/SCADA ソフトウェア各タグはSCADAノード上で別個のファイルにロギングされ、ユーザーは、ヒストリカルトレンドからリアルタイムデータと履歴データを見ることができます。さらに、ほかのタグの履歴を失うことなく新しいタグをヒストリカルトレンドディスプレイに追加することができます。すべてのノードからのリアルタイムデータ、アラーム、イベントは、中央ODBCデータベースにロギングされます。スケジューラはコントロールを提供し、時刻と日付に基づいて設定ポイント状態を変更します。照明、ファン、HVAC(冷暖房空調)機器は、時刻、曜日、日付に基づいてON・OFFされます。スケジューラは、プロセス制御および製造アプリケーションでも使用されます。これらのスケジュール設定はすべて、インターネット経由で遠隔修正できます。ユーザーは、標準ウェブブラウザを使用して、製造工程やビルディングオートメーションシステムで使用されるオートメーション機器を表示・制御できます。データは、フルモーション・アニメーションを用いてダイナミックに更新されるグラフィックスと共にリアルタイムでユーザーに対して表示されます。ウェブブラウザ・クライアントにより表示および制御ヒストリカルトレンドおよびリアルタイムトレンド、データロギング、ならびに中央集中型ログスケジューラおよびレポートウェブベースのHMI/SCADAソフトウェアアドバンテックWebAccess• ウェブブラウザを用いてイントラネットまたはインターネット経由でシステムを遠隔で表示、制御、設定• ベクタ形式グラフィックスをサポート• オープンスタンダード・プログラミングTCL、JSript、またはVBスクリプトを使用アドバンテックWebAccessは、100%ウェブベースのHMI/SADAソフトウェアです。標準ウェブブラウザを通じて強力な遠隔モニタリングおよび制御機能をサポートしているため、ユーザーは、クライアントまたはシン・クライアント・デバイスからフル装備のSCADA機能によってオートメーション機器を簡単にモニタリングおよび制御できます。IEC 61131-3 SoftLogic 制御CODESYS• IEC 61131-3標準規格に準拠したプログラミング言語• コントローラは、ウェブサーバーを用いてイントラネットやインターネット経由で設定・運用可能• 多言語で提供され、CODESYSウェブサイトから自由にダウンロード可能CODESYSエンジニアリングツールは、OEM製品で広く実装されているデファクトスタンダードです。ヒューマンインタフェースによる論理サポートおよび統合は、CODESYSをマシンオートメーションから、工場オートメーション、ビルディングオートメーション、施設、インフラ等々まで、市場に流通している多種多様なアプリケーションでの使用に最適なものにします。遠隔管理およびハードウェア・モニタリングSUSIAccessSUSIAccessは、遠隔モニタリング、実用的制御、障害回復、接続システム保護を実行するため、アドバンテック組込みソリューション専用につくられた遠隔管理スイートです。SUSIAccessは、WindowsとLinux両方のプラットフォームに対応し、エントリーレベルからハイエンド・プロセッサまで対応。すぐに使え、容易に統合できます。ソフトウェアソフトウェアSoftLogicソフトウェアおよびユーティリティ遠隔モニタリング・ソフトウェアPCベースのプログラミング・ソフトウェアリアルタイム遠隔診断・保守DiagAnywhereDiagnose Anywhere(どこでも診断)の略語である DiagAnywhere は、WindowsベースのOSを搭載したアドバンテック制御プラットフォームを遠隔からモニタリングおよび制御するための遠隔保守ソフトウェアです。今では、DiagAnywhereは、クライアント側のユーティリティと、ターゲットデバイス上のサーバーを含んでいます。サポートするOSはWindows 7、WinCE 5.0、WinCE 6.0です。この有用なソフトウェアは、ユーザーが遠隔モニタリングおよび制御、遠隔画面スナップショットおよび画面記録、ファイルのアップロードおよびダウンロードといった主要な遠隔保守タスクを実行する手助けをします。Windowsベースの認証もサポートして、セキュリティ上の問題に対応。I/Oシステムコンフィグレーターおよびデーター監視ツールAdamApax .NET ユーティリティインテリジェント制御PCは、システムにおいて無償のコンフィグレーターおよびデーター監視ツールを提供します。ユーザーは、このツールによってローカルおよびリモートI/Oモジュールを検索し、各チャンネルの現在値を得ることができます。これは、プログラミングを行うことなくアドバンテックのコントローラで各モジュールの状態をチェックする非常に簡単な方法です。AdamApaxユーティリティはVS、.NETをベースにしています。つまり、このツールのすべての機能は、アドバンテックの.NETライブラリにあるAPIに入っています。ユーザーは、ユーザー自身のプログラミングにそうした機能を組み入れることができます。87

Page 6:ユーザーフレンドリーな設計配線情報付きの書き込み可能ラベルラベルには、すべてのI/Oモジュールについてオペレータが重要な注記を書き込むことができます。反対側には配線図が記されているため、オペレータはそれを参照して配線を行うことができます。このラベルは、保守や運用の際に重宝します。クランプ型端子台すべてのAPAX I/Oモジュールは、I/O配線用に脱着式クランプ型端子台を装備しています。従来型のネジ式端子台に比べ、クランプ型端子台は取り付け時間を(75%まで)節約し、接続状態のチェックや締め直しが不要です。耐衝撃性や耐振動性も向上します。簡単に識別可能なモジュールラベルが付いた正面のIDスイッチにより、オペレータはモジュールID番号を変更できます。パワーLEDは、モジュールの電源状態を表示するだけでなく、自己診断機能も実行します。すべてのデジタルモジュールは、チャンネル状態LEDを装備しています。端子台を間違ったモジュールに挿入すると、モジュールを損傷させるおそれがあります。端子台と、同じ色の正面ラベルをマッチさせることでこれを防止できます。ホットスワップ可能な高密度I/OモジュールAPAX I/Oモジュールは、バックプレーンを通じて通信と電源確保を行うことができます。APAX I/Oモジュールはホットスワップ可能で、システムの電源が入っているときでも、バックプレーンに抜き差しできます。オペレータは、システム全体をシャットダウンさせることなく特定のI/Oモジュールを交換できます。これはシステム保守コストを大幅に節減します。リアルタイムローカルバスAPAX I/Oローカルバスは、リアルタイムI/Oアクセス手法を採用し、リアルタイムパフォーマンスによる確実な通信を確保します。I/OデータプロセスをコントローラのCPUリソースなしで処理する専用デジタルシグナルプロセッサ(DSP)のおかげで、I/Oスキャン速度を1ms以内に維持することができ、正確なI/O制御を実現します。I/O処理はバックエンドで実行され、コントローラのCPUとDSPは、ビルトイン・デュアルポートRAMを通じてデータを共用できます。これらすべてが、I/Oポイントの数にかかわりなく、リアルタイムパフォーマンスを実現します。プログラマはアプリケーションプログラム開発に専念することができ、APAXシステムはリアルタイムI/Oアクセスを自動的に実行できます。ハードウェア・アーキテクチャおよび設計フレキシブルなシステム・アーキテクチャ ユーザーフレンドリーなモジュール設計システムコンフィギュレーションを簡素化するため、アドバンテックのAPAXシリーズは、種々の機能とコンフィギュレーションをセットアップする簡単でフレキシブルな方法を提供します。以下に詳述する通り、信頼できる制御システムを開発するために選択できるAPAXシリーズのシステム組み合わせは多数あります。データ同期化により、セカンダリコントローラがパラメータを同期化し、何らかの不測の事態の事態が起きたときに、きわめて短時間のうちに制御タスクを引き継ぐことができます。APAXデュアルパワーアーキテクチャにより、可用性を高めることができます。産業用PCのような高速の演算、強力な機能、豊かなネットワーク接続を提供。3つの異なるレベルのコントローラにより、アプリケーションごとに最良のソリューションを確保コントローラ プラットフォームIf the master controller fails, the backup controller willautomatically take over control tasks.Backup Systemデュアル CPUAPAXは、単一の出力オプションだけでなく、冗長電源を提供し、オートメーション現場においてコントローラに最高の信頼性を持たせることができます。電源供給 APAX-5002APAX-5002コントローラAPAX-5002スイッチ電源供給コントローラAPAX-5002APAX-5002L24 VDC電源入力124 VDC電源入力2電源供給 APAX-5002コントローラ I/O電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002カプラ電源供給 APAX-5002コントローラ コントローラ電源供給 APAX-5002APAX-5070APAX-5070PS2 PS1 コントローラAC冗長電源パワーシステム パワーシステム電源供給 APAX-5002APAX-5002コントローラAPAX-5002スイッチ電源供給コントローラAPAX-5002APAX-5002L24 VDC電源入力124 VDC電源入力2電源供給 APAX-5002コントローラ I/O電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002カプラ電源供給 APAX-5002コントローラ コントローラ電源供給 APAX-5002APAX-5070APAX-5070PS2 PS1 コントローラAC冗長電源パワーシステム パワーシステム電源供給 APAX-5002APAX-5002コントローラAPAX-5002スイッチ電源供給コントローラAPAX-5002APAX-5002L24 VDC電源入力124 VDC電源入力2電源供給 APAX-5002コントローラ I/O電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002カプラ電源供給 APAX-5002コントローラ コントローラ電源供給 APAX-5002APAX-5070APAX-5070PS2 PS1 コントローラAC冗長電源パワーシステム パワーシステムPowerSupplyAPAX-5002APAX-5002ControllerAPAX-5002Switch電源供給コントローラAPAX-5002APAX-5002L24 VDC電源入力124 VDC電源入力2電源供給 APAX-5002コントローラ I/O電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002カプラ電源供給 APAX-5002コントローラ コントローラ電源供給 APAX-5002APAX-5070APAX-5070PS2 PS1 コントローラAC冗長電源パワーシステム パワーシステムPowerSupplyAPAX-5002APAX-5002ControllerAPAX-5002Switch電源供給コントローラAPAX-5002APAX-5002L24 VDC電源入力124 VDC電源入力2電源供給 APAX-5002コントローラ I/O電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002コントローラ電源供給 APAX-5002カプラ電源供給 APAX-5002コントローラ コントローラ電源供給 APAX-5002APAX-5070APAX-5070PS2 PS1 コントローラAC冗長電源パワーシステム パワーシステムAPAXリアルタイムI/Oシステムは、APAXコントローラと共にスタンドアロンで、あるいはカプラを通じてほかのオートメーションシステムとリンクして使用できます。コントローラとI/Oシステムの間の接続は標準物理インターフェースだけではありません。スイッチによって、より多くのトポロジーの可能性がもたらされます。I/O システム分散型トポロジーロバストパワーシステムハードウェア・アーキテクチャおよび設計109

Page 7:PAC - APAX Seriesモデル APAX-5580 APAX-5620説明Intel®Celeron®CPU搭載APAX-5580コントローラIntel®Core™ i3 CPU搭載APAX-5580コントローラIntel®Core™ i7 CPU搭載APAX-5580コントローラAPAX-5620 コントローラシステムハードウェアCPUIntel®Celeron®2980UULT 1.6GHz HaswellDual Core, 2MB L2Intel®Core™ i3-4010UULT 1.7GHz HaswellDual Core, 3MB L2Intel® Core™ i7-4650UULT 1.7GHz HaswellDual Core, 4MB L2Marvel XScale PXA270520 MHzメモリ オンボード 4GB (オプション8GB) -ストレージ mSATA×1, SD×1, SD×1 (OSバックアップ用)Type II CompactFlashカードスロット×1USBポート USB ポート×4 (USB 2.0×2, USB 3.0 対応×2),内蔵 USB×1 USB 1.1 x 1VGA VGA×1, 1920 X 1080 @ 60 Hz 24 bppをサポート DB15 コネクタオーディオ ライン出力 -一般寸法(W x H x D)128 x 106 x 110 mm 60 x 139 x 100 mm消費電力 28 W (typical), 72 W(最大) @ 24 VDC ± 20% 5 W @ 24 VDC (typical)状態表示LEDs for power, battery, LAN (Active, Status),Tx/Rx and HDD-ソフトウェア制御ソフトウェアC および.NET プログラミング環境用のC/C ライブラリおよび.NET クラス・ライブラリ,CODESYS IEC 61131-3 SoftLogic制御ソフトウェアC/C および.NETライブラリ KW Multiprog(開発ツール),KW ProConOS(ランタイムカーネル)OSサポート Microsoft®Windows 7/8, Linux Kernel 3.X Windows CE動作環境衝撃保護 動作時, IEC 60068-2-27, 50G, 半正弦波, 11ms -振動保護 動作時, IEC 60068-2-64, 2Grms, ランダム, 5 ~ 500Hz, 1時間/軸 (mSATA) -通信(イーサネット) LAN ポート RJ45×2, 10/100/1000 Mbps IEEE 802.3u 1000Base-T Fast イーサネットRJ-45 ポート×2,10/100 Mbps通信(シリアル) COM ポート RS-232/422/485×1, DB9, 50~115.2kbps絶縁型 RS-485(2線式, 絶縁型) ×2モデル APAX-5013 APAX-5017 APAX-5017H APAX-5018 APAX-5028説明8チャンネルRTDモジュール12チャンネルAI モジュール12チャンネル高速AIモジュール12チャンネル熱電対モジュール8チャンネルAO モジュール一般寸法(W x H x D)30 x 139 x 100 mm 30 x 139 x 100 mm 30 x 139 x 100 mm 30 x 139 x 100 mm 30 x 139 x 100 mm消費電力2.5 W @ 24 VDC(typical)4 W @ 24 VDC(typical)3.5 W @ 24 VDC(typical)3.5 W @ 24 VDC(typical)3.5 W @ 24 VDC(typical)アナログ入力チャンネル数 8 (差動) 12 (差動) 12 (差動) 12 (差動) -入力方式RTD(2線式または3線式)V, mV, mA V, mV, mA V, mV, mA, 熱電対 -サンプリング・レート10 サンプル/秒(合計) 12 サンプル/秒(合計)1,000 サンプル/秒(チャンネル毎)12 サンプル/秒(合計) -分解能16-bit,精度はフルスケールレンジの±0.1%16-bit,精度はフルスケールレンジ(電圧)の±0.1%以内,フルスケールレンジ(電流)の±0.2%以内12-bit,精度はフルスケールレンジ(電圧)の±0.1%以内,フルスケールレンジ(電流)の±0.2%以内16-bit,精度はフルスケールレンジ(電圧)の±0.1%以内,フルスケールレンジ(電流)の±0.2%以内入力インピーダンス> 10 MΩ> 10 MΩ (電圧),120 Ω (電流)2 MΩ (電圧),120 Ω (電流)> 1 MΩ (電圧),120 Ω (電流)-配線バーンアウト検出あり あり(4~20 mA のみ) あり(4~20 mA のみ)あり(4~20 mAおよび熱電対)-アナログ出力分解能 - - - -14-bit,精度はフルスケールレンジの±0.1%以内チャンネル数 - - - - 8出力タイプ - - - - V, mAスルー・レート - - - -0.7 VDC/μs(チャンネル毎)動作環境動作温度 -10 ~ 60°C (縦置き時) -10 ~ 60°C (縦置き時)保管温度 -40 ~ 70°C -40 ~ 70°C相対湿度 5 ~ 95% (結露なきこと) 5 ~ 95% (結露なきこと)セレクションガイドセレクションガイドAPAX-5000 コントローラ APAX-5000アナログI/Oモジュール1211

Page 8:PAC - APAX SeriesセレクションガイドセレクションガイドAPAX-5000デジタルI/Oモジュール APAX-5000カプラモジュールAPAX-5580 PCIeモジュールモデル APAX-5040 APAX-5045APAX-5046/APAX-5046SOAPAX-5060 APAX-5080説明24チャンネルDIモジュール24チャンネルDI/Oモジュール24チャンネル/20チャンネルDOモジュール12チャンネルリレー・モジュール4/8チャンネルカウンタ・モジュール一般寸法(W x H x D)30 x 139 x 100 mm消費電力2 W @ 24 VDC(typical)2.5 W @ 24 VDC(typical)2.5 W @ 24 VDC(typical)2 W @ 24 VDC(typical)2.5 W @ 24 VDC(typical)状態表示 チャンネル毎にLED ON: 論理レベル1 OFF: 論理レベル0デジタル入力チャンネル数 24 12 - - 4 (シンク)入力電圧定格値: 24 VDC, 0信号の場合: -5 ~ 5VDC, 1 信号の場合: 15 ~ 30 VDC および -15 ~ 30 VDC定格値: 24 VDC, 0信号の場合: -5 ~ 5VDC, 1 信号の場合: 15 ~ 30 VDC および -15 ~ 30 VDC- -0 信号の場合: 0 ~3 VDC, 1 信号の場合: 10 ~ 30 VDCタイプシンクまたはソース・ロードシンクまたはソース・ロード- - -デジタル出力チャンネル数 - 12 (シンク) 24 (シンク) - 4 (シンク)電圧範囲 - 8 ~ 35 VDC 8 ~ 35 VDC - 8 ~ 35 VDC定格電流出力 -0.5 A (チャンネル毎,信号 1 時)0.5 A (チャンネル毎,信号 1 時)- 0.5 A (チャンネル毎)リレー出力 チャンネル数 - - - 12 -カウンタ/入力周波数チャンネル数およびモード- - - -8 (アップおよび周波数モード), 4 (パルス/方向, アップ/ダウン,A/B 切り替え)カウント範囲 - - - -32-bit 1-bitoverflow最小パルス幅 - - - -高周波数モードおよびその他のモードで1 μsカウンタ周波数- - - -低周波数モードおよびWave Width モードで0.1 Hz ~ 10 Hz,高周波数モードおよびその他のモードで10 Hz ~ 1M Hz入力電圧 - - - -0 信号の場合: 0 ~ 3VDC, 1 信号の場合:10 ~ 30 VDC動作環境動作温度 -10 ~ 60°C (縦置き時)保管温度 -40 ~ 70°C相対湿度 5 ~ 95% (結露なきこと)モデル APAX-5070 APAX-5071 APAX-5072説明 Modbus/TCP通信カプラ PROFINET通信カプラ イーサネット/IP通信カプラ一般寸法( (W x H x D) 30 x 139 x 100 mm消費電力 2 W @ 5 VDC (typical)コネクタ RJ-45×2 (2チャンネル・スイッチ, 同じIPアドレスを共用)通信プロトコル Modbus/TCP PROFINET RT イーサネット/IPデータ転送速度 10/100 Mbps接続I/Oモジュール数 32 (最大)*デジタル信号数 768 (最大)アナログ信号数 192 (最大)動作環境動作温度 -10 ~ 60° C (縦置き)保管温度 -40 ~ 85° C相対湿度 5 ~ 95% (結露なきこと)モデル APAX-5490 APAX-5435 APAX-5430説明 RS-232/422/485 ModulemPCIe module for iDoortechnology expansionSATA HDD module一般寸法 (W x H x D) 30 x 139 x 100 mm消費電力 2 W @ 5 VDC (typical) 2.5 W @ 24 VDC (typical) 2.5 W @ 5 VDC (typical)コネクタ 26ピン・クランプ型端子×1インターフェース RS-232/422/485mini PCI express 2.0(iDoorサポート), mSATASATA動作環境動作温度 -10 ~ 60° C (縦置き)保管温度 -40 ~ 70°C相対湿度 5 ~ 95% (結露なきこと)1413

Page 9:8600000220www.advantech.co.jp・このカタログに記載された内容および仕様は、製品改良のため変更される場合があります。・製品のご選択・ご使用にあたっては、ホームページ上の保証規約や使用上の注意を必ずご覧ください。・Xeon®、CoreTM、Pentium®、Celeron®はIntel Corporationの登録商標です。・Microsoft Windows®は、Microsoft Corporationの登録商標です。・その他の社名および製品名は各社の登録商標です。© Advantech Co., Ltd. 2015アドバンテック株式会社このカタログの製品に関するお問い合わせはフリーコール 0800-500-1055東京本社〒111-0032東京都台東区浅草6-16-3TEL:03-6802-1021/FAX:03-6802-1022大阪オフィス〒542-0081大阪市中央区南船場1-10-20 南船場M21ビル6階TEL:06-6267-1887 FAX:06-6267-1886http://www.advantech.co.jp