1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(947.4Kb)

モーター用途 等方性ボンド磁石

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 モーター用途 等方性ボンド磁石
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 947.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 昭和電工グループ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SiCエピタキシャルウェハ
ハンドブック

昭和電工グループ

耐熱コーティングバインダー PNVA® GE191シリーズ
製品カタログ

昭和電工グループ

正負極用導電助剤 VGCF®-H
製品カタログ

昭和電工グループ

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

モーター用途 等方性ボンド磁石 モーターの回転数を上げ、電気自動車(EV)やハイブリッド自 動車(HEV)の高効率駆動を実現するために、動作周波数の 向上が求められています。しかし、磁束の変動で発生する渦電流 が磁気特性を劣化させる懸念から、従来材では1000Hzまでが 限界とされていました。当社の混練磁石粉によるボンド磁石なら、 渦電流の発生を抑制しながら、50μΩ・mの高い電気抵抗で 1000Hz以上の高周波でも磁気特性の維持が期待できます。 課題解決 動作周波数1000Hz以上でも磁気特性を維持 モーターの回転数を上げ、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)の高効率駆動を実現するため に、動作周波数が上昇傾向にあります。従来、モーター用の磁石として使用されるネオジム(NdFeB)焼結磁 石は、渦電流損が大きく、動作周波数400Hz~1000Hzが限界でした。当社のネオジム磁石粉とバインダー 樹脂を混練した、混練磁石粉を高圧で圧縮成形をしたボンド磁石は、磁性粉末の表面に絶縁層を有し、渦 電流の発生を抑制するため、50μΩ・mの高い電気抵抗で1000Hz以上の高周波対応が期待できます。 150℃以上の高温環境下でも圧壊強度の低下率≦5% バインダー樹脂として広く使用されるエポキシ樹脂はTg≦150℃のため、150℃もしくはそれ以上の高温環境 下でも、バインダー層の熱劣化を抑えその強度を確保できるのかが課題でした。当社がボンド磁石に使用する バインダー用途のエポキシ樹脂は、その樹脂組成に耐熱構造を付与することでバインダーの熱劣化を抑制し、 150℃以上の高温環境下でも使用することができます。さらに、樹脂表面との反応を促進するカップリング材を 添加することで、バインダー樹脂と磁性粉の界面接着を強化し、熱による圧壊強度低下率を70-80%から ≦5%まで改善しました。
Page2

スライド番号 2

特長 熱に強く、高い耐久性 耐熱性は最大Tg≧200℃まで、圧壊強度は最大380MPaのボンド磁石の製造が可能です。お客さまの要 件に合わせ、モーター駆動時の熱負荷の高い環境下でも高強度を維持しながら、耐久性に優れたボンド磁 石をご提供します。 従来比約2倍の高圧成形で磁粉の充填率を向上し高出力化 従来であれば0.6~1GPaの圧力 で圧し固めるところを、金型の応力 従来成形と当社高圧成形の磁束密度の比較 解析や最適な金型機構を施すこと で、最大2GPaの高圧で圧縮成形 をすることができます。高圧成形で 磁粉の充填量を増やすことができる ため、同一サイズでも高出力な磁 石の製造が可能です 焼結後の切削加工が不要なため加工コストを低減 真空焼結炉で焼結、熱処理で製造するネオジム焼結磁石は、焼結加工時に磁石の収縮が大きく、製造 後に製品寸法に合わせる切削加工が必要です。金型によるネットシェイプ成形のボンド磁石なら、加工部の 少ない状態で納品が可能なため、お客さま工程での加工費用の低減が見込めます。 金属部品と一体圧縮成形で加工工程を短縮 金型成形品のため、その周辺の金属部品とボンド磁石を一体で圧縮成形することができます。製造工程を 短縮し、より効率的な生産が可能です。
Page3

スライド番号 3

仕様 項目 単位 mT 700 残留磁束密度 kG 7 kA/m 400 保磁力 HcJ kOe 5.1 kA/m 600 保磁力 HcB kOe 7.6 Kj/m3 74 最大エネルギー積 MGOe 9.3 試験形状:7mm×7mm×7mm 従来バインダー樹脂 との比較 ●圧壊強度の低下率 ●耐油性 機械強度の熱劣化が大幅に改善 高温の機械油に対する耐性を実現 室温時の機械強度を100とした時の低下率 高さ方向の寸法変化率(150℃/1000hr浸漬) 従来バインダー樹脂 変化率:1.8% 当社ボンド磁石用 バインダー樹脂 低下率≦5% 当社ボンド磁石用 変化率:0.4% バインダー樹脂 成形時 浸漬後 浸漬時間ごとの油の変化 浸漬時間(hr.) 0 75 250 従来バインダー樹脂 従来バインダー樹脂 低下率≒70-80% 外観 無色透明 茶褐色 褐色 当社ボンド磁石用 バインダー樹脂 20 150 環境温度(℃) 外観 無色透明 若干着色 ※ 若干着色※ ※低下率は成形体の形状により異なります ※油種により耐油性は異なります。 ●本資料に掲載のデータは測定値であり保証値ではありません。 (2020年10月時点) マーケティングWeb「課題解決@」事務局 sdmc_marketing@showadenko.com 機械強度 寸法