1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.2Mb)

樹脂ギヤ

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 樹脂ギヤ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.2Mb
取り扱い企業 昭和電工グループ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SiCエピタキシャルウェハ
ハンドブック

昭和電工グループ

耐熱コーティングバインダー PNVA® GE191シリーズ
製品カタログ

昭和電工グループ

正負極用導電助剤 VGCF®-H
製品カタログ

昭和電工グループ

このカタログの内容

Page1

樹脂ギヤ 騒音規制への対策や車内の快適性向上のため、対策が求められる騒音・振動源 の一つに、エンジンルームがあります。例えばエンジンからの振動抑制を目的にバラン スシャフトの採用がありますが、バランスシャフトのギヤが金属製の場合、ギヤ同士の 噛み合い時に振動・騒音が発生しやすく、その対策が必要になります。このようなギ ヤの噛み合い時の振動抑制に、樹脂ギヤをご提案します。 課題解決 高い制振効果で2000rpmの騒音を約10dB以上低減 自動車エンジンの2次バランスシャフトギヤは、エンジンの2倍の回転数が必要なため、耐久信頼性確保の観点か ら炭素鋼を採用した金属ギヤが一般的です。しかし、金属ギヤの噛み合いで振動・騒音が発生するため、その低 減は課題の一つです。 当社の<KM-9100>は、Tg≧215℃の高い耐熱性を持つポリアミノアミド樹脂にアラミド強化繊維を混合し、真 空注入成形をした樹脂ギヤです。ギヤの噛み合い時に発生する振動を樹脂で減衰するため、騒音を低減すること ができます。特に常用回転域である2000rpmの騒音では約10dB以上低減した実績があります。 軽量化と振動を減衰し騒音を低減 金属から樹脂にギヤ材を置き換える利点として、振動抑制に加えエンジンの軽量化があります。その際に採用さ れる樹脂材の一例に、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)に無機繊維のガラス繊維を混合した材料があります。 PEEKは熱可塑性樹脂のため、弾性が低く高い制振性を見込めますが、混合する補強繊維の種類や量に限り があります。 当社の<KM-9100>は熱硬化性樹脂のポリアミノアミド樹脂を採用しているため、制振効果の高い有機繊維 のアラミド繊維を高充填することができ、金属はもちろん、ガラス繊維を混合したPEEK樹脂よりも振動の伝達時 間が短く、高い制振性を発揮します。 特長 鋼ギヤ比 質量50%減で軽量化を実現 樹脂ギヤに使用されている樹脂は、鋼の約 1/6の比重です。ギヤ素材を鋼から樹脂に 置換えることで、ギヤ単体での軽量化に貢 献します。ギヤの軽量化により、駆動モータ ーの小型化が可能になるため、システム全 体の軽量化も実現します。 樹脂ギヤによる軽量効果(バランサギヤ<KM-9100>の採用事例) 油温130℃の高温下でも連続使用可能 油温130℃の高温下でも、変形などのギヤの劣化を抑えることができます。エンジンルーム内のバランスシャフトギ ヤや、モーター減速ギヤとして20年*の採用・納入実績があります。 *2020年10月時点 相手ギヤを傷つけない補強材を採用 樹脂と金属など、2つの異なる素材のギヤを採用する場合、かみ合わせ部の傷や欠けなどの発生を考慮する必 要がありますが、当社材は補強繊維に有機繊維を使用しているので、相手ギヤが焼き入れなしの金属でも傷を 付けずにご使用いただけます。
Page2

特性 当社材 KM-9100 当社材 KM-8100 <参考> 評価項目 単位 アラミド繊維強化 アラミド繊維強化 PEEK 一般G ポリアミノアミド樹脂 フェノール樹脂 (非強化) 曲げ強度 MPa 260 270 125 曲げ弾性率 MPa 7,000 8,000 3,800 引張強度 MPa 180 125 98 圧縮強度 MPa 240 240 125 シャルピー衝撃強度*1 J/m 105 165 - ガラス転移温度*2 ℃ 215 180 143 荷重たわみ温度*3 ℃ 310 - 152 ロックウェル硬度 - M118 M122 (D84.5) 吸水率*4 % 0.25 0.13 0.45 比重 - 1.32 1.30 1.30 線膨張係数*5 ×10-5/℃ 7.2 6.5 4.5~12 *1 ノッチ無、*2 TMA法、*3 ASTM荷重:1.8MPa、*4 水23℃×24H処理、*5 TMA法 30-80℃ 振動減衰効果の比較 当社材で採用の組合せが 振動の伝達時間が短く、高い制振性を発揮 400 ポリアミノアミド樹脂 試験方法:ハンマ荷重測定器と加速度計を用い、振動試験を + 実施し、振動の減衰傾向を測定 (当社調べ) 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05アラミド繊維30% 試験片サイズ:L105/W25/T5mm グラフ縦軸:加速度(m/s2)、横軸:時間(s) -600 400 400 PEEK PA6 + + 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 ガラス繊維30% ガラス繊維30% -600 -600 400 400 炭素鋼 クロムモリブデン鋼 (S50C) (SCM440) 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 -600 -600 400 400 アルミニウム合金 ステンレス鋼 (Al-Mg合金) (SUS304) 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 0.00 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 (A5052) -600 -600 ●本資料に掲載のデータは測定値であり保証値ではありません。 (2020年10月時点) マーケティングWeb「課題解決@」事務局 sdmc_marketing@showadenko.com