1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1Mb)

モーター用途 純鉄系圧粉磁心 EU-67シリーズ

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 モーター用途 純鉄系圧粉磁心 EU-67シリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1Mb
取り扱い企業 昭和電工グループ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SiCエピタキシャルウェハ
ハンドブック

昭和電工グループ

耐熱コーティングバインダー PNVA® GE191シリーズ
製品カタログ

昭和電工グループ

正負極用導電助剤 VGCF®-H
製品カタログ

昭和電工グループ

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

モーター用途 純鉄系圧粉磁心 <EU-67シリーズ> エンジン駆動から電磁駆動への変化から、モーターの搭載数が増 加し、搭載スペースを確保するために、モーターサイズの小型化が 求められています。モーターの小型化には、その主要パーツである モーター用コアの設計改善が欠かせません。当社の純鉄系圧粉 磁心によるモーター用コアなら、自由度の高い3D磁気回路設計 でコアの軸長を短くし、モーターの小型化に寄与します。 課題解決 3D磁気回路設計でモーターコアサイズを小型化 エンジン駆動では50個程度であったモーターの搭載数が、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車( HEV)などの電動駆動では、100個以上に増え、その小型・軽量化が課題になっています。モーター設計 で重要なパーツであるモーター用コアは、従来、磁束密度が高い電磁鋼板を積層したもので製造されます。 これらの材料は、積層方向と平行にしか磁束を通せないため、磁気回路設計の制約から、軸長を長くせざ るを得ないなど、小型化が困難でした。 当社の純鉄系圧粉磁心<EU-67s>は、無機系酸化被膜を施した鉄粉で圧縮成形をするため、磁束を 通す方向に制限がなく、自由な3D磁気回路設計が可能です。電磁鋼板では、積層を厚くし長さを確保せ ざるを得なかったコイルの軸長を短くし、コイルの外に出る余分な巻き線(コイルエンド)を発生させず占積率 のよい巻き方ができるため、モーターのコアサイズを小型化することができます。従来材では30-40%であった コイルの占積率を、80%まで改善することができます。特にZ軸方向に優先的に磁束を通したい、アキシャ ルモーターやクローボールモーターに最適です。
Page2

スライド番号 2

特長 動作周波数1T/400Hzで40W/kgの低鉄損を実現 電動化技術の進化で、モーターの動作周波数が1T/1,000Hz以上になると、電磁鋼板によるモーター用コ アでは鉄損*が大きく、必要な磁力の確保が困難になります。鉄粉単位で絶縁をしている純鉄系圧粉磁心 は、渦電流損が少なく、周波数帯1T/400Hzでの鉄損は40W/kg程度です。1T/1,000Hzの高い動作 周波数でも、電磁鋼板では150W/kg以上のところ100-130W/kg程度の低い鉄損です。5,000Hzの 高周波帯まで使用することができます。 抗折強度150MPa 従来の純鉄系圧粉磁心による部品の抗折強度は30-40MPaのため、高速回転時の遠心力に耐えうる強 度や、繰り返しの負荷に対応した疲労強度が求められ、モーターのコア材への適用が困難でした。当社の圧 粉磁心技術では、強度を下げる要因であった、コア材表面の気孔を埋める特殊な熱処理を施すことで、その 強度を5倍向上し、抗折強度150MPaを達成しました。
Page3

スライド番号 3

仕様 項目 単位 EU-67 EU-67s 抗折強度(3点曲げ) MPa 31 150 機 引張り強さ(参考値) MPa 7 45 械 ヤング率(参考値) GPa 10 140 特 性 ポアソン比 ー 0.17 0.29 線膨張係数 -6 (50~300℃) 10 /K 13.5 13.4 成形体密度 Mg/m3 7.5 7.5 磁 磁束密度 B10000A/m T 1.57 1.58 気 保磁力 Hc A/m 217 234 特 性 最大透磁率 μm ー 358 751 コアロス 1T/400Hz W/kg 35 45 ※ 試験片形状:Φ20mm × Φ30mm × 5mm 直流磁化特性 適用例 ファン用モーター 3Dコア形状採用 コイルエンドのデットスペースをなくし小型化達成 [A] [B] 試験条件:試験片形状Φ20mm × Φ30mm × 5L [A]従来のモーター 密度:7.5Mg/m3 [B]純鉄系圧粉磁心をモーターコアに採用したモーター 巻線数:[1次]200ターン[2次]20ターン ●本資料に掲載のデータは測定値であり保証値ではありません。 (2020年10月時点) マーケティングWeb「課題解決@」事務局 sdmc_marketing@showadenko.com