1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(346.6Kb)

採用事例「エンルート様」【プラスチック試作のPlaQuick】

事例紹介

PlaQuickをご利用頂いた「エンルート様」の採用事例をご紹介いたします。

PlaQuickをご利用頂いた「エンルート様」をご紹介します。

農薬散布用ドローン『AC1500』の開発に、試作でご利用頂きました。
PlaQuick射出成形の採用に至る経緯や今後の展望について、お話を伺っております。
成形品の出来栄えや、樹脂選定についてもお話を頂いておりますので
試作をお考えの方は、ご参考にしてみください。

このカタログについて

ドキュメント名 採用事例「エンルート様」【プラスチック試作のPlaQuick】
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 346.6Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 金森産業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

 金属アルミから樹脂へ ーのひとつです。ドローンを構成する部品には、ネ ジのような金属部品も機体に多く含まれています。 ― 農薬散布用ドローン『AC1500』のPlaQuick射 ネジひとつとっても、グラム単位で重さを注視し選 出成形された部品はどういったものでしょうか? 定していますので、金属から樹脂へ置き換えること で、体積を変えずに軽量化を図ることを目指してい 北川氏 金属からの樹脂化を実現させるため、意匠 ます。 部品・外観部品・外装部品・電気部品カバーといっ たところで採用しています。今後は、主要構造部品 ― 今後の貴社開発展望をお聞かせいただけますか? や強度が必要な部品の樹脂化も検討しています。 北川氏 防水・防滴の要素があるバッテリーなどは、 ― PlaQuick射出成形をお選びいただいた理由は何 それを補うためにカバーを取り入れますが、10m上 ですか? 空から落ちた時にカバーがクラッシュすることで衝 撃吸収の役割を果たすように設計段階で検証するこ 北川氏 部品供給までのスピードが、非常に助かっ PlaQuick 採用事例 2 とも必要になっています。その検証のひとつとして、ています。設計や仕様の変更、加工の追加指示など 樹脂の素材違いでの解析を検討していますが、 農薬散布機 が発生すると、どうしても成形までに時間がかかっ PlaQuickは量産と同じ材料で部品成形できるので、 ていましたが、PlaQuick射出成形ですと3Dデータ 材料選択で困った時も気軽に相談できることも非常 を渡してから1.5週間での納品を可能にしてくれまし AC1500軽量化実現に向けて に助かっています。また、弊社では設計開発して実た。発注~納品が早くなったことで、設計~動作確 証実験でデータ測定を行ないますが、モノづくり側 株式会社エンルート様 認までのリードタイムも短くなっています。 を担当するPlaQuick射出成形、樹脂材料メーカーと ― PlaQuick射出成形の採用によって、どのような 三位一体となってナレッジ共有を図りたいとも考え 効果がありましたか? ています。 農業用大型ドローン『 AC1500』 北川氏 ドローン自体が重力に反して飛行するもの 確かな飛行性能と安定性で高い評価を得ている産業用ドローンメーカー 株式会社エンルート。こちらで開発さ 公式サイト なので、軽量化を実現することが設計面でのポリシ https://enroute.co.jp/products/ac1500-new/ れているドローン部品の試作に、PlaQuick射出成形を活用いただきました。ドローンといっても用途も様々で、農 薬散布をするものや測量に利用されるものなど、いろいろな場面で活用されています。今回は、エンルート社の機 体開発部農業機チームの主任 北川様にお話を伺いました。 ― PlaQuick射出成形をご採用いただいたきっか 試作の概念を変える 「安心」「安全」の設計 け、目的を教えてください。 北川氏 光造形で樹脂部品の成形をトライしており ― 御社ではどういったサービスを提供されて 必要数も増え始めてきていたタイミングでPlaQuick いるのですか? 射出成形を知りました。元々、ドローンの生産量が 運営 金森産業株式会社 問い合せ先 PlaQuick 事業部 北川氏 弊社は、ドローンを使った産業を主にやっ 自動車産業に比べると急激に増えるわけでもないの 柿沼・鈴木 ています。元々はラジコンメーカーからはじまって で、金型を製作して射出成形手法にはなかなかトラ 簡易見積りはこちら いて、ドローンを使って空撮や農薬散布というよう イできずにいました。今回、安価な試作アルミ金型 な市場向けの製品をつくっています。 での射出成形を提案いただき、我々の予算内で射出 成形品にトライできると知ったので、弊社でも生産 ― 具体的には、どういった開発でしょうか? 数の多い農薬散布機のアルミ部品の樹脂化を実現で 北川氏 ドローンは飛び道具なので、「安心」「安全」 きないかというところで採用することとしました。 といった衝突防止や障害物(人)検知といった要素 また、PlaQuick射出成形では量産と同じ材料での試 や、送電線の検査のようなAIやIoTに活用できるア 作が可能となったので、より実機に近いもので実証 イテムを研究しています。 実験ができるのも有難いです。