1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.7Mb)

採用事例「光岡自動車様」【プラスチック試作のPlaQuick】

事例紹介

PlaQuickをご利用頂いた「光岡自動車様」の採用事例をご紹介いたします。

PlaQuickをご利用頂いた「光岡自動車様」をご紹介します。

光岡自動車創業50周年記念モデル「ロックスター」の開発に、試作でご利用頂きました。
PlaQuick射出成形の採用に至る経緯や今後の展望について、お話を伺っております。
成形品の出来栄えや、樹脂選定についてもお話を頂いておりますので
試作をお考えの方は、ご参考にしてみください。

このカタログについて

ドキュメント名 採用事例「光岡自動車様」【プラスチック試作のPlaQuick】
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 金森産業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

北陸・富山に、日本で10番目の乗用車メーカーがあることはご存知でしょうか。光岡自動車は、個性豊かで遊び 心のある「ファッションカー」を多く生み出しています。光岡自動車創業50周年記念モデル「ロックスター」の開 発に、我々PlaQuickも携わることができました。開発担当である 光岡自動車 ミツオカ事業部 開発課の主任 門野 様にお話を伺いました。 ― PlaQuickを採用した経緯を教えてください。  日常利用できる 門野氏 PlaQuickを採用した部品は、設計当初には ファッションカーがコンセプト 計画されておらず、パッと見では見え難い箇所に取 り付けています。社内でデザイン検討を繰り返す中 ― 御社について教えてください。 で、最終的に必要になった部品です。そのため、試 作車の完成までに時間もなく、短い納期で対応でき 門野氏 弊社は、ハンドメイドでお客様のご要望に ることが条件でした。また、あらゆる工法を検討し そって自動車製造を行なっています。これまでに、 た中で、機能評価までできるPlaQuick射出成形を採 「オロチ」「ヒミコ」など人気のあるオリジナルカー 用することにしました。 を開発し、国内外へ販売してきました。大手自動車 メーカーとは異なり、我々は部品から作りあげてい ― もう少し具体的に、部品名や部位を教えていただ きます。富山県にある本社工場では、クラフトマン けませんでしょうか? が一つ一つ丁寧に手作業しているため、生産台数は 門野氏 ヘッドライトユニットを跳ね石から守るカ 1日1台です。ですので、受注をいただいてから納品 バー部品です。当初はGFRP(ガラス繊維強化プラ までには少し時間がかかります。 ― 今回ご採用いただいた車種「ロックスター」はど のようなコンセプトカーなのでしょうか? 門野氏 光岡自動車創業50周年記念モデルになりま す。200台限定でリリースしたのですが、お掛け様 で「ロックスター」は予約完売のキャンセル待ち状 態です。有り難いです。
Page2

スチック)で試作しました。一定の厚みでヘッドラ まPlaQuickで用意していただきました。塗装や蒸着 イトユニットに合わせた削り加工が必要なので、手 といった表面加工もあった部品なので、量産の樹脂 作りでは時間もかかりますし、品質を一定に保つの グレードがそのまま活用できました。そのまま機能 は難しい。歩留まりが悪く、解決しなくてはいけな 評価ができたこともメリットの一つです。 い課題でした。 ― 今後の展望をお聞かせください。 ― 今回PlaQuick射出成形の採用によって、どのよ 門野氏 年々、個性的な商品を求めるお客様が増え うな効果がありましたか? ていると感じます。我々も時代に合わせたものづく 門野氏 PlaQuickであれば、3Dデータからダイレ りをして行く中で、PlaQuick を活用しながらデザイ クトに成形品ができるスピード感が大変魅力的で、 ンの幅を広げて行きたいと思います。 工期短縮に一役買いました。スケールモデルを作っ て試作を繰り返すものづくりから、3Dデータを基に したダイレクトなものづくりにシフトする流れに変 わりました。今まで工期やコストからあきらめてい た射出成形でしたが、PlaQuick との出会いで設計か らアウトプットがスムーズになり、コストダウンに も貢献しています。 ― 今回、樹脂材料の選定はいかがだったでしょう か? 株式会社光岡自動車 ミツオカ事業部 開発課 門野 直行様 門野氏 量産で仕様しているPPのグレードをそのま 公式サイト https://www.mitsuoka-motor.com/ 試作の概念を変える 運営 金森産業株式会社 問い合せ先 PlaQuick 事業部 柿沼・鈴木 簡易見積りはこちら