1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(495.7Kb)

DCモータ、ブラシレスモータ、ギヤヘッドの構造と特徴

ハンドブック

当社ギヤドモータ用ギヤヘッド:18種類の特徴とギヤドモータの使い方をご紹介

このカタログについて

ドキュメント名 DCモータ、ブラシレスモータ、ギヤヘッドの構造と特徴
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 495.7Kb
取り扱い企業 ツカサ電工株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

TECHNICAL DATA 技術資料 ■ モータの構造と特徴 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 ■ ギヤヘッドの構造と特徴 ・・・・・・・・・・・・・・ 15 ■ ギヤヘッド仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 ■ ギヤヘッド減速比一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 ■ ギヤヘッド許容トルク一覧 ・・・・・・・・・・・・ 20 ■ DCギヤドモータの特性 ・・・・・・・・・・・・・・ 21 ■ カスタム対応 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 ■ ご使用上の注意(ギヤドモータ) ・・・・・・・ 23 ■ ご使用上の注意(モータドライバ) ・・・・・ 27
Page2

モータの構造と特徴 ■ブラシレスDCモータ ● 機械的接点が無いため、長寿命、低ノイズです。 ● インナーロータ型で、制御性にも優れています。 ホールセンサ ● 出力 2.6 ~ 24W、サイズ□ 22~φ 42mmまでの   ブラシレスモータを取り揃えております。   ( 詳細仕様は、各モータの掲載ページをご覧ください) コア ブラケット 巻線 マグネット ヨーク 軸 軸受 ケース ■ブラシ付きDCモータ ● 回 転の制御がし易く、制御用モータとして優れています。 ● 出 力 0.9 ~ 46W、サイズφ 16~φ 71mmまでの   ブラシ付きモータを取り揃えております。   ( 詳細仕様は、各モータの掲載ページをご覧ください) 整流子 巻線 ブラシ ブラケット 軸 コア マグネット ケース 軸受 14
Page3

ギヤヘッドの構造と特徴 ■遊星ギヤタイプ GU EU FU RU KU SU ● 3 個(4個)のプラネタリーギヤでトルクを伝えるため強力です。 ● φ 16~φ 43.4mmのギヤヘッドを取り揃えております。 技 術 ● G U、FUは全段焼結で強力。 出力軸OUTPUT SHAFT 資 ● EU、RU、KU、SUは樹脂と焼結で低コスト。 料インターナル(内歯車) INTERNAL GEAR モータの 遊星ギヤ 構造と特徴 PLANETARY GEAR ギヤヘッド の構造と特 太陽ギヤ(入力軸) 徴 INPUT GEAR ギヤヘッド 仕様 ギヤヘッド 減速比一覧 ギヤヘッド 許容トルク 一覧 ■標準ギヤタイプ LG SV WM VG VM BG DCギヤド モータの 特性 ● 出 力軸のみ軸受メタルを持っています。 カスタム 他のギヤは、固定軸の周りを回転しています(VGを除く)。 対応 ご使用上の ● φ 37 ~□ 40× 100mmの遊星ギヤヘッドを取り揃えております。 注意(ギヤ ドモータ) ● B G は歯車材質が鉄。 ご使用上の オイレスメタル 注意(モー ● LG は全段樹脂です。 出力軸 SELF LUBRICATING METAL タドライバ) ● S V は、歯車材質が鉄で、初段入力ギヤのみ樹脂です。 OUTPUT SHAFT ■全軸含油軸受タイプ SM AMD B E BM JM 全軸ボールベアリングタイプ AP BM ( 一部機種のみ対応。詳細はお問い合わせください) ● 軸 と一体になり、独立した軸受けを持っています。 出力軸 OUTPUT SHAFT ● 連続的な運転で負荷も大きい場合に適しています。  ( APは右図オイレスメタル部がボールベアリングタイプ) オイレスメタル SELF LUBRICATING METAL ● φ 37~□ 80mmのギヤヘッドを取り揃えております。 オイレスメタル 軸も回転 SELF LUBRICATING METAL ROTATING SHAFT 15
Page4

ギヤヘッド仕様 許容 許容 運転 ギヤ材質 ギヤ型式 形 状 サイズ ラジアル荷重 スラスト荷重 特 徴 Duty 入力側 出力側 N(kgf) N(kgf) 4.9 4.9 GU φ 16 断続 焼結 コンパクト/軽量 (0.5) (0.5) 9.8 4.9 EU □ 22 連続 樹脂 高トルクと低コストを両立 (1) (0.5) 4.9 3.92 RU φ 22 連続 樹脂 コンパクト/軽量/安価 (0.5) (0.4) 9.8 4.9 FU φ 22 連続 焼結 全段焼結により高トルクを実現 (1) (0.5) 29.4 19.6 BE ギヤヘッドと同等の許容ト SU φ 36 断続 樹脂 焼結 (3) (2) ルク 29.4 19.6 60 角普及型ギヤヘッドと同性 KU φ 43.4 断続 樹脂 焼結 (3) (2) 能で低コスト 全段樹脂成形ギヤで低コスト、 9.8 4.9 LG φ 37 断続 樹脂 低騒音許容トルクは抑えて長寿 (1) (0.5) 命化 静音、強度、耐久性を高次元 9.8 6.86 SV φ 37 断続 樹脂 鉄 で実現した高パフォーマンス (1) (0.7) のギヤヘッド 強度、耐久性を高次元でバラ 9.8 6.86 SM φ 37 連続 ベーク 鉄 ンスさせたベストセラーギヤ (1) (0.7) ヘッド ※許容ラジアル荷重は軸受面より 10mmの位置にて 〈断続運転〉 ON時間 1回のON時間動作が 0.2 ~ 30 秒の範囲で通電比率= × 100(%)が 14%以下でご使用ください。 (ON時間+OFF時間) ※上記以外の使用方法についてはお問い合せください。 16
Page5

許容 許容 運転 ギヤ材質 ギヤ型式 形 状 サイズ ラジアル荷重 スラスト荷重 特 徴 Duty 入力側 出力側 N(kgf) N(kgf) 技 術 資 9.8 6.86 直交型ギヤヘッド 料 WM φ37 断続 鉄 焼結 (1) (0.7) コンパクトなスペースに最適 モータの 構造と特徴 ギヤヘッド の構造と特 取り付けに便利なフランジタイ 徴 9.8 6.86 プ ギヤヘッド AMD □ 43 連続 ベーク 鉄 (1) (0.7) コストパフォーマンスの高い 仕様 43角ギヤ ギヤヘッド 減速比一覧 ギヤヘッド 許容トルク 一覧 DCギヤド 全段ボールベアリング軸受け方 モータの 14.7 9.8 特性 AP □ 43 連続 鉄 式で長寿命 (1.5) (1) 低騒音指向の 43角ギヤヘッド カスタム対応 ご使用上の 注意(ギヤ ドモータ) ご使用上の 注意(モー タドライバ) 樹脂・焼結ギヤと樹脂ケースを 9.8 9.8 VG □ 40× 100 断続 樹脂 焼結 採用/安価出力軸を反対側に取 (1) (1) り出すことも可能 VGベースに出力軸受を強化 19.6 9.8 VM □40× 100 断続 樹脂 焼結 出力軸を反対側に取り出すこと (2) (1) も可能 ギヤ水平配列により全長を短縮した大負 19.6 19.6 荷用ギヤヘッド BG □ 60× 100 断続 鉄 (2) (2) 寸法制限のある場合に有利/出力軸反対 側に取出可能 全段軸受け方式で長寿命 29.4 19.6 BE □ 60 連続 鉄 低騒音指向の 60角普及型ギヤ (3) (2) ヘッド 39.2 29.4 熱処理を施した 60角強化型ギ BM □ 60 連続 鉄 (4) (3) ヤヘッド 39.2 29.4 80 角ギヤヘッドで大負荷に対 JM □ 80 連続 鉄 (4) (3) 応 ※許容ラジアル荷重は軸受面より 10mmの位置にて 17
Page6

ギヤヘッド減速比一覧 ● 各ギヤヘッドの呼び名と実設計ギヤ比(減速比)の対比表です。 ● 各モータ掲載ページのギヤ比(減速比)は呼び名です。(整数または小数点第一位まで表示) ● 位置制御を行う場合は、実設計ギヤ比でご検討ください。 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/3.5 1/3.529 1/13 1/12.57 1 2 1/4.9 1/4.909 1/24 1/24 1/12.5 1/12.457 KU 1/75 1/75.43 2 1/17.3 1/17.326 (φ 43.4) 1/96 1/96 3 1/24.1 1/24.099 遊星ギヤ 1/144 1/144 1/44 1/43.965 1/216 1/216 GU 1/61.2 1/61.151 3 (φ 16) 1/85.1 1/85.056 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 遊星ギヤ 1/118 1/118.306 1/6 1/5.78 2 1/155 1/155.169 1/9 1/8.74 1/216 1/215.826 1/13 1/13.01 4 1/300 1/300.195 3 1/16 1/15.86 1/418 1/417.548 1/20 1/19.66 1/581 1/580.775 1/29 1/29.27 LG 4 1/36 1/35.68 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 (φ 37) 1/44 1/44.23 1/12.1 1/12.14 平歯車ギヤ 1/66 1/65.85 1/17.6 1/17.6 5 1/80 1/80.28 2 1/20.6 1/20.62 1/100 1/99.51 1/25.5 1/25.53 1/148 1/148.17 EU 1/42.1 1/42.29 6 1/181 1/180.62 (□ 22) 1/61.2 1/61.33 1/224 1/223.9 遊星ギヤ 1/71.7 1/71.82 3 1/88.7 1/88.94 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/104 1/104.16 1/6 1/6.364 2 1/129 1/128.99 1/10 1/9.697 1/20 1/19.892 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 3 1/30 1/30.311 1/3.7 1/3.67 1/33 1/33.067 1 1/5 1/5 1/50 1/49.508 1/13.4 1/13.44 1/60 1/59.675 4 2 1/18.3 1/18.33 1/76 1/75.778 1/25 1/25 SV 1/100 1/100.027 1/49.3 1/49.3 1/124 1/123.77 RU (φ 36)1/67.2 1/67.22 3 平歯車ギヤ 1/149 1/148.524 (φ 22) 1/91.7 1/91.67 1/180 1/180.03 遊星ギヤ 1/125 1/125 5 1/196 1/195.856 1/181 1/180.75 1/250 1/250.067 1/246 1/246.48 1/300 1/300.08 4 1/336 1/336.11 1/360 1/360.096 1/458 1/458.33 1/495 1/495.0815 1/625 1/625 6 1/750 1/750.2 1/1006 1/1005.499 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/4 1/4 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1 1/4.7 1/4.75 1/5 1/5 2 1/16 1/16 1/10 1/10 2 1/19 1/19 1/15 1/15 1/23 1/22.56 1/18 1/18 3 1/64 1/64 1/25 1/25 FU 1/76 1/76 1/30 1/30 3 (φ 22) 1/90 1/90.25 1/36 1/36 遊星ギヤ 1/107 1/107.17 1/50 1/50 1/256 1/256 SM 4 1/60 1/60 1/304 1/304 1/75 1/75 (φ 37) 4 1/361 1/361 平歯車ギヤ 1/100 1/100 1/429 1/428.69 1/120 1/120 1/509 1/509.07 1/150 1/150 5 1/200 1/200 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/250 1/250 1/3.6 1/3.63 2 1/300 1/300 1 1/4.8 1/4.846 1/500 1/500 1/13.2 1/13.189 6 1/750 1/750 2 1/17.6 1/17.599 1/1000 1/1000 1/23.5 1/23.486 1/47.9 1/47.895 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 SU 1/63.9 1/63.914 2 1/48 1/48.36 3 (φ 36) 1/85.3 1/85.291 WM 1/113 1/112.85 遊星ギヤ 31/114 1/113.82 (φ 37) 1/145 1/145.1 1/174 1/173.94 ウォームギヤ 4 1/263 1/263.31 1/232 1/232.11 4 1/310 1/309.74 1/413 1/413.33 1/552 1/551.58 18
Page7

技 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 術 1/5 1/5 1/5 1/4.92 2 資 1/10 1/10 2 1/10 1/10 料 1/15 1/15 1/12.5 1/12.5 1/18 1/18 1/15 1/15 3 1/25 1/25 1/18 1/18 3 モータの 1/30 1/30 1/25 1/24 構造と特徴 1/36 1/36 BE 1/30 1/30 ギヤヘッド AMD 1/50 1/50 1/75 1/75( □ 60) の構造と特 1/60 1/60 1/100 1/100 徴 (□ 40) 平歯車ギヤ 4 平歯車ギヤ 1/75 1/75 1/150 1/150 ギヤヘッド 4 仕様 1/100 1/100 1/200 1/200 1/120 1/120 1/300 1/302.4 ギヤヘッド 1/150 1/150 1/500 1/504 減速比一覧 5 1/200 1/200 1/750 1/756 ギヤヘッド 1/250 1/250 1/1000 1/1008 許容トルク 5 一覧 1/300 1/300 DCギヤド 1/500 1/500 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 モータの 1/5 1/5 特性 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 2 1/10 1/10 カスタム 対応 1/6 1/6 1/12.5 1/12.5 2 1/8 1/8.25 1/18 1/18 ご使用上の 注意(ギヤ 1/13 1/13 1/25 1/25 3 ドモータ) 1/16 1/15.75 BM 1/30 1/30 ご使用上の 3 1/20 1/19.5 ( □ 60) 1/50 1/50 注意(モー 平歯車ギヤ タドライバ)1/27 1/26.67 1/75 1/75 AP 1/32 1/32.31 1/100 1/100 ( □ 42) 1/43 1/43.33 4 1/120 1/120 平歯車ギヤ 1/53 1/52.5 1/150 1/150 1/67 1/66.67 1/180 1/167.27 4 1/81 1/80.77 1/89 1/88.89 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/108 1/107.69 1/5 1/5 1/133 1/133.33 2 1/10 1/10 1/15 1/15 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 JM 1/20 1/20 1/100 1/101.25 1/30 1/30 (□ 80) 3 VG 5 1/125 1/124.62 平歯車ギヤ 1/36 1/36 1/230 1/227.81 1/50 1/50 (□ 40× 60) 平歯車ギヤ 1/280 1/280.39 1/75 1/756 4 1/500 1/512.58 1/120 1/120 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/100 1/101.25 VM 5 1/125 1/124.62 1/230 1/227.81 (□ 40× 60) 平歯車ギヤ 1/280 1/280.396 1/500 1/1512.58 ギヤ名 段数 ギヤ比呼び名 実設計ギヤ比 1/12.5 1/12.5 1/25 1/25 3 1/36 1/36 1/60 1/60 BG 1/100 1/100 1/150 1/150 (□ 60× 100) 平歯車ギヤ 1/300 1/300 4 1/360 1/360 1/500 1/500 1/700 1/700 1/700 1/708.33 * * 05-BGのみ 19
Page8

ギヤヘッド許容トルク一覧 許容トルク 質量 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 ギヤ名 減速比 段数 (mN・m) (kgf・cm) (g) (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/3.5 ~ 1/4.9 1 49 0.5 18 1/10 2 98 1 120 GU 1/12.5 ~ 1/24.1 2 98 1 21 1/15 ~ 1/18 343 3.53 (φ 16) 1/44 ~ 1/118 3 24 AMD 1/25 ~ 1/36 392 4 147 1.5 (□ 43) 125 遊星ギヤ 1/155 4 1/50 ~ 1/75 490 5 28 平歯車ギヤ 4 1/216 ~ 1/581 5 245 2.5 1/100 ~ 1/150 686 7 1/200 ~ 1/500 5 130 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 (mN・m) (kgf・cm) (g) 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 EU 1/12.1 ~ 1/25.5 2 98 1 34 (mN・m) (kgf・cm) (g) (□ 22) 1/6 ~ 1/8 2 98 1 205 遊星ギヤ 1/42.1 ~ 1/129 3 147 1.5 36 1/13 ~ 1/16 196 2 1/20 245 2.5 許容トルク 質量 3 220 ギヤ名 減速比 段数 AP 1/27 343 3.5(mN・m) (kgf・cm) (g) ( □ 43) 1/32 441 4.5 1/3.7 ~ 1/5 1 29.4 0.3 24 平歯車ギヤ RU 1/43 539 5.51/13.4 ~ 1/25 2 27 (φ 22) 1/53 637 6.5 1/49.3 ~ 1/125 3 58.8 0.6 30 4 235 遊星ギヤ 1/67 833 8.5 1/181 ~ 1/625 4 33 1/81 ~ 1/133 980 10 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 許容トルク 質量 (mN・m) (kgf・cm) (g) ギヤ名 減速比 段数 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/4 ~ 1/4.7 1 49 0.5 41 FU 1/1001/16 ~ 1/23 2 98 1 49 392 4 (φ 22) 1/125 5 115 1/64 ~ 1/107 3 196 2 57 VG 遊星ギヤ (□40×100) 1/230 1/256 ~ 1/509 4 294 3 66 平歯車ギヤ 1/280 588 6 6 120 許容トルク 質量 1/500 ギヤ名 減速比 段数 (mN・m) (kgf・cm) (g) 許容トルク 質量 1/3.6 ~ 1/4.8 1 294 3 120 ギヤ名 減速比 段数 SU (mN・m) (kgf・cm) (g)1/13.2 ~ 1/23.5 2 558 6 160 (φ 36) 1/100 1/47.9 ~ 1/114 3 195 392 4 遊星ギヤ 980 10 VM 1/125 5 1161/174 ~ 1/552 4 235 (□40×100) 1/230 許容トルク 質量 平歯車ギヤ 1/280 588 6 ギヤ名 減速比 段数 6 121 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/500 KU 1/13 ~ 1/24 2 許容トルク 質量 (φ43.4) 980 10 135 ギヤ名 減速比 段数 遊星ギヤ 1/75 ~ 1/216 3 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/12.5 686 7 許容トルク 質量 1/25 ~ 1/60 3 980 10 ギヤ名 減速比 段数 315 (mN・m) (kgf・cm) (g) BG 1/100 ~ 1/150 1470 15 (□ 60× 100) 1/6,1/9 2 49 0.5 69 1/360 ~ 1/500 1960 20 平歯車ギヤ 4 1/13.1 ~ 1/20 3 73 1/300 LG 98 1 980 10 2851/29 1/700* 5 ( φ 37) 4 77 1/36,1/44 19 2 * TG-05 のみ対応 平歯車ギヤ 1/66.1 ~ 1/100 5 81 許容トルク 質量 294 3 ギヤ名 減速比 段数 1/148 ~ 1/224 6 85 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/5 ~ 1/12.5 2 255 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 BE 1/15 ~ 1/30 3 270 (mN・m) (kgf・cm) (g) ( □ 60) 980 10 1/75 ~ 1/200 4 285 1/6 ~ 1/10 2 98 1 77 平歯車ギヤ 1/300 ~ 1/1000 5 300 SV 1/20 ~ 1/33 3 196 2 82 (φ 37) 1/50 ~ 1/100 4 294 3 86 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 平歯車ギヤ 1/124 ~ 1/360 5 94 (mN・m) (kgf・cm) (g) 588 6 1/495 ~ 1/1006 6 101 BM 1/5 ~ 1/12.5 2 1470 15 310 ( □ 60) 1/18 ~ 1/50 3 400 許容トルク 質量 2450 25 ギヤ名 減速比 段数 平歯車ギヤ 1/75 ~ 1/180 4 430 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/5 ~ 1/10 2 98 1 100 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 SM 1/15 ~ 1/30 3 196 2 105 (mN・m) (kgf・cm) (g) (φ 37) 1/36 ~ 1/100 4 294 3 110 1/5 490 5 平歯車ギヤ 1/120 ~ 1/300 5 115 1/10 2 980 10 500 588 6 1/500 ~ 1/1000 6 120 JM 1/15 1470 15 (□ 80) 1/20 ~ 1/30 1960 20 許容トルク 質量 ギヤ名 減速比 段数 平歯車ギヤ 1/36 3 2450 25 650 (mN・m) (kgf・cm) (g) 1/50 WM 1/48 2 196 2 3920 40 1/75 ~ 1/120 4 750 (φ 37) 1/113,1/145 3 150 588 6 ウォームギヤ 1/263 4 20
Page9

DCギヤドモータの特性 ■電圧を変動させると T 流 N ● 定格電圧より電圧を下げていくと回転数は低くなります。回転数・トルクは、 電 E UR R 技 電圧に比例してほぼ平行移動したグラフになりますので、速度調整などに利 (1 C8 術V 用できます。 ( ) 資12 料 ● 電 圧を定格より上げることは、発熱し、危険ですのでおやめください。 V) ● カーボンブラシ付きのモータは、低速状態を長く続けると、整流子の故障が モータの 起きることがありますので、3000r/min 以上でお使いください。 構造と特徴 ギヤヘッド 負荷トルク の構造と特 徴 LOAD(TORQUE) ギヤヘッド 仕様 ■モータ特性表の見方 ギヤヘッド 減速比一覧 ギヤヘッド トルク(gf・cm)×回転数(r/min)× 1.027 Po(W) 許容トルク Po[W]= EF[%]= × 100 一覧 100,000 入力電圧(V)×消費電流(A) DCギヤド モータの 特性 Po EF I N GEARED MOTOR CHARACTERISTICS カスタム 2.50 100 1000 50 対応 ご使用上の N:回転数 [r/min] 注意(ギヤ Po:出力 [W] ドモータ) ご使用上の 注意(モー タドライバ) 1.25 50 500 25 I:電流 [mA] EF:効率 [%] W % mA r/min 980.00 [ 10.000] 1960.00 [ 20.000] T:Torque N:Speed I:Current T(mN・m) [ kgf・cm ]:トルク Po:Output Power EF:Efficiency 機種名 TG-05J-AGD-100-HA 24.0V トルク 回転数 電 流 出 力 効 率 T(mN・m) [ kgf・cm] N(r/min) I(mA) Po(W) EF(%) 出力軸が何も拘束を受けていない状態 No Load. .N, I 無負荷 0.00 [ 0.000] 49.0 25.0 0.00 0.00 ・無負荷回転数 49.00 [ 0.500] 47.5 40.6 0.2 25.0 ・無負荷電流 98.00 [ 1.000] 46.0 56.2 0.5 35.0 147.00 [ 1.500] 44.5 71.8 0.7 39.8 196.00 [ 2.000] 43.0 87.4 0.9 42.1 モータとギヤの組み合わせにより決まる推奨負荷 定格負荷→定格   245.00 [ 2.500] 41.5 103.0 1.1 43.1 294.00 [ 3.000] 40.0 118.6 1.2 43.3 ・定格負荷回転数 ・定格負荷電流 343.00 [ 3.500] 38.5 134.2 1.4 43.0 392.00 [ 4.000] 37.0 149.8 1.5 42.3 ※この定格値以下の負荷でご使用ください。 441.00 [ 4.500] 35.5 165.4 1.6 41.3 490.00 [ 5.000] 34.0 181.0 1.7 40.2 539.00 [ 5.500] 32.5 196.6 1.8 38.9 588.00 [ 6.000] 31.0 212.2 1.9 37.5 637.00 [ 6.500] 29.5 227.8 2.0 36.0 停動トルク:出力軸に負荷をかけていき 最終的に出力軸が停止するときのトルク Stop........T 停動トルク 1600.67 [ 16.333] 0.0 534.6 0.0 0.0 ・停動電流 Max........Po 最大出力 800.33 [ 8.17] 24.5 279.8 2.1 30.6   通常、理論値を記載しております。 Max........EF 最大効率 284.92 [ 2.907] 40.3 115.7 1.2 43.3 ※定格負荷より大きい負荷でのデータは推定値としてお取り扱い願います。 21 回転数/電流 SPEED/CURRENT ) V (2 4 数 EE D 転 回 SP ) (6 V 3V ) (
Page10

カスタム対応 ■特殊加工例 シャフト加工図 Eリング用溝 モータカバー タップ加工2 貫通穴 タップ加工1 端子絶縁処理例 熱収縮チューブ(F2Z) 絶縁スリーブ(UL94ーV0) フライス加工 JET-MELT ゴムカバー(UL対応品) 絶縁処理 防塵処理 防滴処理 各モータ対応可能です。 バンド リード線 結束バンド処理 各ノイズ対策処理 UL 1007 AWG#24~22(代表)をお勧めします。 T-50R(タイトン) T-30R(タイトン) 上記以外にもアセンブリ可能です。ご相談ください。 T-18R(タイトン) コネクタ ■機械的騒音低減方法 ● ギヤヘッドの初段ギヤをスパーギヤからヘリカルギヤ仕様に変更する。 または初段ヘリカルギヤヘッド(標準)へ変更する。    ※品番の管理枝番をHAもしくはHBとする。(品番説明参照) ● ギヤを全段ヘリカルギヤにする。(弊社営業部までご相談ください) スパーギヤ ● ゴムカバーをする。(上図特殊加工例参照) ヘリカルギヤ 22
Page11

ご使用上の注意(ギヤドモータ) ■過負荷及びロック対策について ● モータは運転中、巻線や鉄心の内部より発生するエネルギーのために発熱し、徐々に温度が上昇します。 技 負荷が定格範囲内であれば発生熱量と放射熱量が均一となり一定の温度で飽和します。 術 (この状態では巻線の焼損はありえません。) 資 料 しかし、過負荷状態やモータロックなどが起こると発生熱量が高くなり、この状態が続くと巻線の絶縁被膜が溶けて 巻線同士がショートしてしまいます。このショートのことをレアショートと呼びます。 モータの 構造と特徴 ※具体的な保護対策として弊社では㈱レイケム製のポリスイッチを推奨しています。(復帰性電流保護素子) ギヤヘッド の構造と特 モータ単体ロック時のレアショートまでの時間 徴 ギヤヘッド ●DCモータ ●ブラシレスモータ 仕様 モータ名 電圧(V) レアショートまでの時間(分) モータ名 電圧(V) レアショートまでの時間(分) ギヤヘッド TG-87A 12 5.5 TG-22A 24 温度飽和 減速比一覧 TG-87 TG-22 TG-87B 24 5 TG-22D 12 温度飽和 ギヤヘッド 許容トルク TG-101 TG-101C 24 1.5 TG-611 TG-611B 24 58.1 一覧 TG-01F 24 温度飽和 TG-55L 24 11 DCギヤド モータの TG-01 TG-01G 24 4 TG-55L 12 温度飽和 特性 TG-01H 12 5.2 TG-55M 24 1 TG-55 カスタム TG-201A 24 0.3 TG-55M 12 温度飽和 対応 TG-201 TG-201B 24 1.2 TG-55N 24 0.5 ご使用上の 注意(ギヤ TG-47E 24 温度飽和 TG-55N 12 23 ドモータ) TG-47F 24 温度飽和 TG-503A 24 * ご使用上の TG-503 注意(モー TG-47G 24 18 TG-503B 24 * タドライバ) TG-47 TG-47G 12 温度飽和 TG-609A 24 0.7 TG-47H 24 2 TG-609 TG-609B 24 0.7 TG-47H 12 温度飽和 TG-609C 24 0.7 TG-301 TG-301A 24 8 TG-619 TG-619B 24 0.7 TG-05D 6 4.3 TG-05J 24 5 ●ブラシレスモータ TG-05K 24 1 モータ名 電圧(V) レアショートまでの時間(分) TG-05L 24 0.75 TG-631 TG-631C 24 * TG-05L 12 15 TG-55LA TG-55LA 24 11.5 TG-05 TG-05P 24 0.5 TG-609AA TG-609AA 24 * TG-05P 12 温度飽和 TG-609CA TG-609CA 24 * TG-05V 24 0.3 *営業までお問い合わせください。 TG-05V 12 13.6 TG-05R 12 2 TG-70 TG-70A 24 温度飽和 TG-06D 12 4.2 TG-06 TG-06E 24 5 TG-85B 12 3.5 TG-85C 24 3 TG-85 TG-85E 24 1 TG-85R 12 * TG-321A 24 46.3 TG-321 TG-321B 24 13.8 TG-331A 24 4 TG-331 TG-331B 24 1.6 TG-331C 24 0.6 TG-30P 24 1 TG-30 TG-30S 24 1 TG-401 TG-401A 24 2 TG-21Q 24 0.5 TG-21 TG-21R 12 94 TG-77 TG-77A 24 4.5 TG-78 TG-78A 24 2 ■低速運転時の注意 ● DCモータの場合は、カーボンブラシ付きのモータがほとんどです。 このカーボンブラシは、ブラシと整流子が接触して回転していることによる機械的な摩耗と整流の火花に起因する 電気的な摩耗があります。 モータを低速で回した場合、ブラシ摩耗粉が整流子の溝部に堆積して短絡現象を起こすことがあります。 この現象により、モータの焼損やモータドライバの焼損を起こすことが考えられますので、十分にご注意ください。 23
Page12

■電気ノイズ対策 ● D Cモータの場合は、ブラシが整流する際にスパークによるノイズを発生します。 このノイズが電流ライン上もしくは、モータ周りより輻射ノイズとして他の周辺機器に影響を与えることが考えら れます。 弊社では、それぞれのノイズについて下記の対策を準備しています。 電流ノイズ対策 輻射ノイズ対策 モータ外付けタイプ モータ内蔵タイプ L M C M M L C M L C C M C 電解コンデンサ ※モータ自身を鉄で覆った  タイプもあります。 C L C M C C バリスタ バリスタ・コンデンサ ※各モータの単体仕様(電気ノイズ対策) を参照ください。 ● 各ノイズ対策を行うことによるノイズの削減量はモータによって異なります。 削減効果の確認を必ずお願いいたします。 ■ PWM制御時の注意 ● PWM制御を行う場合は定格電圧でかつ電圧を一定に保った状態での使用時よりもブラシ寿命が短くなります。 また、使用される周波数帯域によってはブラシの摩耗を著しく促進させることがあります。 DCモータの PWM制御は 10 ~ 20kHz が一般的です。また、PWM制御はON-OFFの繰り返しによる省エ ネ制御ではありますが、モータの部品と使用周波数帯域によっては共振を起こし高熱が発生する場合があります。 ご使用に当たっては実機による入念な確認をお願いいたします。 ※ P WM制御を行う際は、電解コンデンサを内蔵したモータを使用すると特定の周波数や使用状態においてモータが回らない場合があります。この場合、 バリスタ内蔵のモータを選定してください。(但し、実験が必要です) ■連続運転時の注意 ● 連続運転にてご使用される場合は、連続運転用ギヤヘッドをご活用ください。 断続運転用ギヤヘッドを連続運転で使用されますと、摺動部であるギヤの内径と軸とか発熱を起こし、最悪の場合 は焼き付きを起こします。 (ギヤロック状態)焼き付きまでの時間はギヤヘッドのタイプや使用状態で異なります。 ※ギヤヘッド性能は巻頭の技術資料を参照ください。 ■オーバーランとショートブレーキについて ● モータ回転子は電源をOFFしても、一定時間は惰性で回転します。これをオーバーランと呼びます。 オーバーランを瞬時に止める方法として電源OFF時に端子間を短絡させるショートブレーキがあります。 ※ ショートブレーキの利用については、モータの発電作用(逆起電圧)を利用しているために電流値が一時的に高くなりブラシの寿命を縮める作用が ありますのでご注意ください。 24 フェライトコア
Page13

モータ単体オーバーラン量 ●DCモータ ●ブラシレスモータ 電圧 オープン(CW) ショート(CW) 電圧 オープン(CW) ショート(CW) モータ名 モータ名 (V) (回転) (回転) (V) (回転) (回転) TG-87A 12 41.9 5.3 TG-22A 24 5.6 0.4 TG-87 TG-22 TG-87B 24 48.5 5.6 TG-22D 12 14.5 0.9 TG-101 TG-101C 24 37.5 6.9 TG-611 TG-611B 24 9.3 1.5 TG-01F 24 9.9 1.5 TG-55L 24 7.6 0.6 技 TG-01 TG-01G 24 32.5 3.8 TG-55L 12 1.9 0.3 術 TG-01H 12 42.8 4.6 TG-55M 24 19.3 1.3 TG-55 資 TG-201A 24 26.8 2.4 TG-55M 12 4.8 0.5 料 TG-201 TG-201B 24 49.2 3.6 TG-55N 24 32.5 2.1 TG-47E 24 8.4 4.5 TG-55N 12 8.5 0.8 TG-47F 24 17.6 2.6 TG-503A 24 7.8 1.1 TG-503 モータの TG-47G 24 29.9 3.2 TG-503B 24 14.2 1.9 構造と特徴 TG-47 TG-47G 12 8.3 1.4 TG-609A 24 8.6 1.5 ギヤヘッド TG-47H 24 * * TG-609 TG-609B 24 5.6 0.8 の構造と特 徴 TG-47H 12 * * TG-609C 24 7.7 1.1 TG-301 TG-301A 24 44.4 5.3 TG-619 TG-619B 24 * * ギヤヘッド 仕様 TG-05D 6 * * TG-05J 24 25.7 2 ●オールインワンブラシレスモータ ギヤヘッド TG-05K 24 51 3.9 減速比一覧オープン(CW) ショート(CW) モータ名 電圧(V) TG-05L 24 88.5 6.6 (回転) (回転) ギヤヘッド 許容トルク TG-05L 12 15.6 2.8 TG-05 TG-631 TG-631C 24 * * 一覧 TG-05P 24 85.2 7.1 TG-55LA TG-55LA 24 5.2 1 DCギヤド TG-05P 12 16.8 2.8 モータのTG-609AA TG-609AA 24 * * 特性 TG-05V 24 * * TG-609CA TG-609CA 24 * * TG-05V 12 * * カスタム*営業までお問い合わせください。 対応 TG-05R 12 42.6 3.2 ご使用上の TG-70 TG-70A 24 37.8 3.5 注意(ギヤ TG-06D 12 49 5.9 ドモータ) TG-06 TG-06E 24 51 3.9 ご使用上の 注意(モー TG-85B 12 18.6 2 タドライバ) TG-85C 24 20.2 1.7 TG-85 TG-85E 24 42.9 2.7 TG-85R 12 * * TG-321A 24 17.8 1.6 TG-321 TG-321B 24 32.1 2.3 TG-331A 24 22.1 2.3 TG-331 TG-331B 24 36.9 3.4 TG-331C 24 17.6 2.1 TG-30P 24 35.8 1.8 TG-30 TG-30S 24 41.2 2.4 TG-401 TG-401A 24 17.3 1.8 TG-21Q 24 20.3 1.9 TG-21 TG-21R 12 55.6 3.7 TG-77 TG-77A 24 30.5 1.2 TG-78 TG-78A 24 31.5 2 ■瞬時反転時の注意 ● モ ータが止まりきらないうちに逆転させよう 起動電流 と電源の極性を逆にすると、モータの惰性に よる発電作用(逆起電圧)と逆方向に起動す 【通常時】 逆起電流 るため印加した電流との和の過大な電流が、 通常の運転に戻るあいだ流れ続けます。 このことにより、最悪の場合はドライブ基板の 破損やモータの焼損が考えられますので十分に 【異常時】 ご注意ください。 逆起電流+起動電流 ■取り付け上の注意 ● 製品を上向きに取り付けますと、微量のギヤグリスが少しずつモータの内部に進入することがあります。この油分 がブラシと整流子の接点に達するとブラシの摩耗が著しく早まり、その粉によって整流子間がショートする場合が あります。 このような事故を未然に防ぐ方法として、弊社では防油対策を各モータ毎に準備しています。 防油対策を希望される場合は、セレクションガイドのギヤドモータ品番の説明をご覧ください。 ●各種ギヤドモータには、ユニット等への取付用タップ(一部マル穴)が設けられています。 弊社カタログに記載されているタップの有効深さをご確認いただき、ギヤヘッド内部の部品と接触するような長 いネジのご使用はお避けください。 25
Page14

■追加工の注意 ● ギ ヤドモータの出力軸等を加工すると、加工時の衝撃・荷重・振動によりネジのゆるみ・歯車の噛み合いのズレ等 が発生し、製品の仕様を損なうことがありますのでご注意ください。 ■半田付けの注意 ● ギ ヤドモータの入力端子にリード線等を半田付けされる場合、半田ゴテの加熱によりモータの部品が溶解したり、 内部構造に支障をきたすことがありますのでご注意ください。 〈参考〉一 般的には 40Wの半田ゴテを使用し、コテ先温度 320± 20℃(温度コントローラーにて管理)、コテあ て作業時間 2 ~ 3 秒を推奨します。 ■動力伝達 ● プ ーリー(ベルト・チェーン)・ウォームギヤ等により動力を伝達する場合、出力軸に許容以上のラジアル荷重・ スラスト荷重が加わらないようご注意ください。 ※ギヤヘッド性能は巻頭の技術資料を参照ください。 ■歯車等の取り付け ● ギヤドモータの出力軸にプーリー・歯車等を取り付けられる際は下記の点にご注意ください。 ■ 接 着剤による取り付けの場合、接着剤がギヤヘッドの軸受けに付着しないようにしてください。 また、揮発性接着剤を使用すると、整流子汚染を招きモータの性能を損なうことがありますのでご注意ください。 ■ 圧 入による取り付けの場合、出力軸に許容以上のスラスト荷重が加わらないようにしてください。 ※ギヤヘッド性能は巻頭の技術資料を参照ください。 ■使用・保管環境 ● 下記、弊社許容範囲外の環境下でギヤドモータを保管・ご使用されますと、構成部品の腐食等が発生し、製品の仕 様を損なうことがあります。 また、許容範囲内であっても長期にわたる保管や周辺環境によって腐食が発生することがありますので、ご注意く ださい。 温 度 湿 度 使用環境許容範囲 - 10 ~+ 50℃ 20 ~ 90%(結露なきこと) 保存環境許容範囲 - 20 ~+ 60℃ 10 ~ 95%(結露なきこと) ■衝撃・落下 ● ギヤドモータに落下等の衝撃が加わると、部品の破損・ネジのゆるみ・歯車の噛み合いズレ等が発生し、不具合の 原因となります。 ■入力端子 ● 入力端子に落下等の衝撃が加わると、モータ内部の端子接続部等にストレスが加わり導通不良等が発生し、不具合 の原因となります。 ■出力軸側からの回転 ● ギヤドモータを出力軸側から回転させないでください。ギヤ破損の原因となります。 ■寿命について ● 別 途営業部までお問い合せください。 26
Page15

ご使用上の注意(モータドライバ) ■一般的な注意事項 ● 電源ライン極性を間違えた場合、破損に至る恐れがありますので、配線には十分ご注意ください。 ● 通電中のコネクタの抜き差しは行わないでください。 技 術 ● 始業時には、本製品の機能及び性能が正常である事を確認してからご使用ください。 資 料 ● 本製品が万一故障した場合、各種の損害を防止するフェールセーフ等の安全対策を予め配慮願います。 ● 仕様に示された規格以外での使用、または改造された製品につきましては、機能及び、性能の保証はできかねます のでご留意ください。 モータの構造と特徴 ● 本製品を他社製品と同一電源で使用する場合、ノイズ等の回り込みで機能及び、性能が十分に発揮されないばかり ギヤヘッド の構造と特 か、誤動作を起こす事も考えられますので、予め十分検討の上ご使用ください。 徴 ● 人体の保護を目的とした使用はしないでください。 ギヤヘッド仕様 ● 耐放射線設計は施されていませんので、放射線を受ける環境での使用はできません。 ギヤヘッド 減速比一覧 ● 静電気による破壊防止のため、基板上構成部品の電極部にはお手を触れない様お願い致します。 ギヤヘッド 許容トルク 一覧 DCギヤド モータの 特性 カスタム ■設置について 対応 ご使用上の 注意(ギヤ ドモータ) 以下に記す個所への設置は、性能を発揮出来ないばかりか、故障の原因となりますのでご注意願います。 ご使用上の 注意(モー タドライバ) ● 直射日光のあたる場所 ● 振動や衝撃が直接加わる場所 ● 周囲温度が 0~ 40℃の範囲を超える場所 ● 周囲湿度が 85%RHを超える場所 ● 急激な温度変化で結露する場所 ● 腐食性ガスや可燃性ガスのある場所 ● 塵埃、塩分、鉄粉、油煙が多い場所 ● 水、油、薬品等のしぶきがかかる場所 ● 強磁界、強電界の発生する場所 ● 放射線を受ける場所 ● ド ライバを設置するときは、放熱を妨げないように、他の機器と 20㎜以上間隔を離して設置してください。また、 設置間隔が保たれない場合は、ファンによる強制冷却を施してください。 20㎜ 20㎜ ドライバ 20㎜ 27
Page16

MEMO 28