1/28ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.7Mb)

最新技術を活用したプロセスの改善提案(化学産業のお客様向け)

製品カタログ

Endress+Hauserは、お客様の課題を理解しています。最新のデジタル技術、グローバルなネットワーク、アプリケーション・ノウハウを駆使し、化学産業のお客さまのご要望にお応えする最適なサービス&ソリューションをご提案いたします。

このカタログについて

ドキュメント名 最新技術を活用したプロセスの改善提案(化学産業のお客様向け)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 エンドレスハウザー ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

食品・飲料製造設備の 安心・安全のための確かな選択
製品カタログ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社

ガイドウェーブレーダーレベル計 FMP50シリーズ
製品カタログ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社

非接触式マイクロ波レベル計 Micropilot FMR50シリーズ
製品カタログ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

Products Solutions Services 最新技術を活用した プロセスの改善提案 化学プラントの写真など 最新技術を活用したプロセスの改善提案
Page2

2 エンドレスハウザーはお客様のプロセス最適化に貢献します エンドレスハウザーは お客様のプロセス最適化に貢献します エンドレスハウザーは、お客様の課題を理解しています。最新のデジタル技術、 グローバルなネットワーク、アプリケーション・ノウハウを駆使し、お客さまのご要望に お応えする最適なサービス&ソリューションをご提案いたします。  化学製品は主要なものだけで7万種以上あると言われており、  エンドレスハウザーは、長年培ったノウハウを駆使し、アプリ 同じ製品でも製造プロセスは様々です。加えて市場の要求に ケーションに最適な最新の計測制御機器をご提供致します。ま 対応した新製品、新プロセスが日々開発され、高精度で安定し た、プロセス産業においても普及が始まっているIIoTを中心とし た計測と制御が求められています。 たデジタル技術、診断技術、ワイヤレス通信技術を活用し、い  また、サプライチェーンの最適化、生産性向上、プラントの安 つでもどこからでも必要な情報にアクセスできることを可能にす 定操業、安全性の確保、省エネ、環境保全への配慮、メンテナ ることで、安定操業、安全性確保、品質向上、メンテナンス最 ンスの最適化など競争力強化やグローバル化のために取り組 適化のお手伝いを致します。さらにIT技術をベースにしたアセッ むべき課題も数多くあります。 トマネジメントサービスにより、効率的な機器選定、コミッショニ ング、診断、修理、校正、更新などプラントのライフサイクル全 体の最適化をお客様とともに考え構築致します。
Page3

エンドレスハウザーが提供するValue(価値) 3 エンドレスハウザーが提供するValue(価値) Technology 最新技術  エンドレスハウザーは最新のデジタル技術をいち早く取り入れ、インテリジェントな機器 だけでなく、データを効率的に運用するための様々なツール、ソリューション、サービス をご提供することで、お客様の業務プロセスの改善、プラントの効率的・効果的なライフ サイクル管理をサポートします。 Safety 高い安全性  エンドレスハウザーの最新機器は機能安全規格であるIEC61508に基づき開発・設計 されています。安全度水準(SIL)認証を受けた機器がプラントの安全性向上をサポート します。また、世界各国の防爆規格に対応した豊富な製品ラインアップ、世界中を網羅 したサービスネットワークがお客様のグローバルな事業をサポートします。 Projects プロジェクトマネジメント  エンドレスハウザーはMIV(Main Instrumentation Vendor)としてプロジェクトチームが お客様がグローバルに展開されているプロジェクトの着実な遂行をサポートします。 エンドレスハウザーの 営業サービス拠点がある国 ● 本社 1 ● 営業サービス拠点 10 仙台 新潟 本社 水島 川崎 千葉 徳山 名古屋 大阪 小倉
Page4

4 6つのコンセプト 6つのコンセプト HMI シームレスシステム統合 データアクセス 統一された操作体系 フィールドバス技術に 機器操作および 日本語:多言語対応 依存しない機器の統合 データアクセスは簡単に データ保存 Heaetbert Technology W@M 予知保全につながる高度な ライフサイクル・ 作業安全向上・効率化 自己診断機能 アセット・マネジメント HMI 理解しやすく統一された操作性が確実で迅速な対応をサポートします。   エンドレスハウザーでは機器とのインターフェイスをローカル 操業にとって重要です。エンドレスハウザーの機器の表示部は、 言語(日本語含む)対応することで、操作ミスや設定ミスを防止、 イベント発生時にNAMUR107に準拠したアイコンが表示され、 プラントの安全・安定操業に貢献します。 イベント区分とともにイベントの内容、その対処方法が日本語  エンドレスハウザーの最新機器はその高度な自己監視機能 (漢字、カタカナ、ひらがな)で表記され、迅速なトラブルシュー により危険な機器エラーを検出しアラーム出力します。アラーム ティングをサポートしています。 に対し迅速かつ適切に処理することが、プラントの安全・安定 日本語(漢字表記)を含めたHMIの他言語表記対応
Page5

6つのコンセプト 5 HistROM 機器本体に内蔵されたメモリー機能が迅速で確実な現場復帰を可能にします。  エンドレスハウザーの機器は電子モジュールの他に機器本体 トを交換するだけで確実にスピーディに現場復旧し、プラントの にメモリーチップ(HistRom)を搭載し、設定データやイベント履 安全・安定操業をサポートします。 歴を自動的に保存します。機器故障等により電子モジュールを  また、イベント履歴は時系列的に保持され、トラブルの解析を 交換した場合、HistRomは設定データを新しい電子モジュール サポートします。 に上書きします。パラメータを再設定することなく、コンポーネン HistoROM機能: HistoROMは • 機器のパラメータ保持 ハウジング内に固定 • イベントログ機能(トラブルの解析等) (紛失しない) • 機器ディスプレイにもメモリー機能あり シームレスシステム統合  IIoTの導入にはフィールド機器とのデジタル通信が必須事項 す。エンドレスハウザーはフィールドバス技術のパイオニアであ です。エンドレスハウザーは様々なプロセスオートメーション用 り、様々な技術研究機関や標準化委員会に積極的に参画して のフィールドバスやインテグレーション技術をサポートしていま います。 エンドレスハウザーがサポートしている 通信プロトコル及び関連技術 • EtherNet/IP • PROFINET • ProfibusDP/PA • Foundation Fieldbus • HART • WirelessHART • IO-Link • MODBUS • OPC • FDT • FDI  エンドレスハウザーのフィールド機器を多くのベンダーのオートメーションシステムにイン テグレートするため、マルチベンダー環境下で相互運用性を徹底的にテストしています。
Page6

6 6つのコンセプト  マイコンを搭載したインテリジェント機器は、計測信号だけで 技術によりプロトコルに依存せず様々なベンダーの機器を統合 なく、機器情報、エラーの予兆等プラントの安定操業に必要な し一元管理を可能にします。フィールドケアはネットワーク上か データを提供します。デジタル通信を採用すれば、これらの情 らパラメータ設定・ 機器の状態監視を実現、メンテナンスの効 報を中央で一元管理することができます。エンドレスハウザーの 率化をサポートします。 機器管理ツール「フィールドケア」 はオープン技術であるFDT フィールドケアの特徴 • 容易で確実なパラメータ設定: 統一された分かりやすいグラフィックユーザーインターフェイ スの採用により、遠隔から容易に確実にパラメータ設定を実 施できます。 • アラート配信が予知保全をサポートします。 機器の自己診断情報を収集し、予知保全に役立つデータを提 供します。 超音波レベル計の波形データ アラートを保全担当者のPCや携帯端末に配信可能です。 • イベント管理機能 タイムスタンプとステータスを含むデバイスのイベント履歴 管理が可能です。 プロセス値トレンドグラフ マルチプロトコルの採用例 レベル計設定画面
Page7

6つのコンセプト 7 Heartbeat Technology 機器の健康診断  IEC61508に準拠して開発されたエンドレスハウザーの最新機 う3つの機能があり、これらを適切に組み合わせることで優れた 器はHeartbeat Technologyを搭載し、多数の診断機能を実装し コストパフォーマンスとプラントの安全、安定操業をサポートしま ています。Heartbeat Technologyには、診断・ 検証・ 監視とい す。 Heartbeat Technology:計測の信頼性向上と運用の簡素化 Heartbeat Technology Heartbeat 診断 Heartbeat 検証 Heartbeat 監視 24/7 プロセスおよび機器の常時診断 検証の文書化 予知保全のための情報 プラントの可用性向上 プロセスの安全性向上 検証労力の削減 プロセスおよびメンテナンスストラテジーの最適化 • 分かりやすい操作説明が記載された • いつでも測定点の検証および検証結 • 機器が提供する機器データおよびプロ 明確かつ標準化された診断メッセージ 果の文書化が可能 セスデータをトレンド分析することで予 により、機器の状態を基準にした効率 • 操作ガイド付き機能が容易な検証手順 知保全が可能 的なメンテナンスが可能 を実現し、いつでも文書化された検証 • 機器およびプロセスパラメータの組み • 機器の常時自己診断機能により検証 結果の取得が可能 合わせで、課題とするプロセスの最適 の実施サイクルを延長しても安全なプ • 自動作成される検証結果のエビデンス 化分析が可能 ラント操業が可能 文書は、 規制、 法律および規格で必 要とされる項目をサポート Heartbeat診断は、常時働いている診断機能によりNAMUR107に準拠した明確かつ標準化されたメッセージで プロセスの安全、メンテナンスの効率化をサポートします。 80項目以上の値をデバイスが自動常時チェック 自動チェック項目 • ロジックプログラム実行制御 • サイクルタイムの測定 • 供給電圧 • 温度 • RAMチェックサム • ケーブルの破損
Page8

8 6つのコンセプト Heartbeat 検証 (Verification) は、オペレータの操作によりプ Heartbeat 検証 ラントを停止することなく、いつでもセンサから変換器に至るす • プロセスを中断することなくオンデマンドで実行 べてのシグナルチェーン及び出力信号をチェックし、その検証 結果をエビデンスとして文書化する機能です。この機能を活用 • 上位システムからの実行も可能 することでプルーフテストをより効率的に実施することができま • 検証結果をドキュメント化 す。機器に合わせて設計された専用のDTMソフトウェアにより 幅広いテストを実行、文書化します。 (Heartbeat 検 証 はISO9001:2008 Section 7.6aに 準 拠 し た ト レーサブルな検証要件に適合しています。) Heartbeat 監視 (Monitoring) は、機器が提供するさまざまなデータをトレンド分析することで、プラントの最適化 や予知保全をサポートする機能です。 レーダレベル計アンテナ部の付着検知機能  レーダーレベル計のアンテナ部に付着が発生、成長すると測  エンドレスハウザーのレーダーレベル計は測定基準点から1m 定物に伝播するマイクロ波のエネルギーが減衰し安定した計測 の反射波形を数値化し、この値をモニタリングすることで計測不 を阻害する可能性があり、付着が更に大きくなると計測不能状 能に陥る前に予知情報としてメンテナンスの要求を出力させる 態になる恐れがあります。 ことができます。
Page9

6つのコンセプト 9 データアクセス エンドレスハウザーはお客様が必要とするデータに迅速かつ容易にアクセスできる環境を提供します。  スマートフォンやタブレットなどのデジタルモバイル機器が急  エンドレスハウザーはWLANやBluetooth通信機能を搭載し 速に普及し、業務プロセスの改善を目的にプロセス産業におい たフィールド機器を開発、専用のハンドヘルドターミナルがなく てもその活用が始まっています。エンドレスハウザーはお客様 てもスマートフォンやタブレットなどの汎用ツールで機器の操作 にモバイル機器をより活用いただくための機器やサービスを提 (パラメータ設定、機器情報・診断情報・プロセス情報へのアク 供します。 セス)を可能にしています。 エンドレスハウザーは業務プロセスの改善をサポートする様々なアプリを提供しています。  “Endress+Hauser Operation” というアプリを利用すれば、スマートフォンやタブレットで機器に印字されているQR コードを読みとることで、機器の製造年月、仕様、取扱説明書など機器に関わる様々なデータを瞬時に入手するこ とができます。
Page10

10 6つのコンセプト W@M 機器の採用から廃棄に至るライフサイクルを管理  プラントの最適運転には、使用されている設備や機器の管理 績書や校正データ、設置後のメンテナンス履歴・スケジューリン は欠かせません。エンドレスハウザーのウェブベース機器管理 グ等を一元管理することで効率的なメンテナンス業務の構築を ツールW@M(ワム)は、機器が製造されてから廃棄されるまで サポートします。 のあらゆるデータを一元管理するツールです。製造時の試験成 自社の 他社の  標準業務手順書  サービスレポート  自社の証明書・検定書等  校正レポート  機器の写真や図面  修理レポート  メモ  その他  その他機器に関する文章 管理のための SSL通信  タスクスケジュール  ログファイル 製造・出荷時情報(自動入力)  機器シリアル番号  オーダーコード 保全情報(自動入力)  マニュアル  メンテナンスレポート  材質証明書等  校正証明書  納入時の情報  修理レポート 点検レポート 機器&コンサルティング&サービスのパッケージ例 カテゴリ毎に表示 ■ W@Mポータル ■ 設置機器リスト化作業(インストールマネジメント) ■ プラント毎 ■ 定期メンテナンス作業 添付資料 ログブック ■ タグナンバー毎 ■ メーカー毎 ■ 校正証明書 ■ 製造情報 ■ 校正レポート ■ 出荷情報 ■ 材料証明書 ■ 修理情報 ■ 取扱説明書 ■ 再校正情報 ■ 技術仕様書 ■ 廃棄情報 ■ 作業報告書 ■ 修理報告書 ■ 防爆認証 ■ 工場出荷時のパラメーター設定 ■ セーフティマニュアル ■ その他独自のドキュメントの添付も可能 画面はサンプルです。
Page11

既存の設備を生かしたIIoTの導入 11 既存の設備を生かしたIIoTの導入  製造現場では多くのプラントが長年にわたり稼働しています。  エンドレスハウザーは、従来のオートメーションピラミッドを改 新しいプラントに建て替えるには膨大な費用が掛かるため、現 造することなくリアルタイム制御は既設システムをそのまま利用 状のままプラントの効率と可用性を高めるとともにプラントアセッ し、アセットの管理に重点を置いたIIoTネットワークの構築をご トについて透明性を高める必要があります。 提案します。  IIoTネットワークは、フィールド機器のレベル、データの収集 テムに接続可能なインテリジェントフィールド機器、データの活 を行うエッジデバイスとの接続レベル、データの保存・分析・処 用用途に応じた独自のアプリ(Webアプリとスマートフォンアプ 理を行う中央ハブを備えたプラットフォーム、それぞれのデータ リ)をご提供するとともに、エッジデバイス、クラウドプラットフォー を活用するIIoTサービスアプリで構成されます。 ムを含めたトータルソリューションをご提供致します。  エンドレスハウザーは、無線を含めた様々なデジタルバスシス
Page12

12 校正サービス 校正サービス  製品品質や生産性向上には計測器の適合性合性が鍵になり  エンドレスハウザーでは、各種ISO規格等の要求に最適な校 ます。機器の精度を証明するためには厳格で確実な校正手法 正サービスを提供しています。 の確立が必要です。 □流量計 ・現場における流量計校正[基準器による比較校正]  インライン校正:校正対象機器周辺の配管を取り外し、 基準器を接続して校正します。  オフライン校正:設備から取外した校正対象機器を移動 式校正装置に接続し校正します。 ・引取り流量計校正[JCSS認定校正(ISO17025適合)] 国内最高水準の測定能力0.05%(k=2)を持つ校正装置 にて高精度な認定校正を行います。 □レベル計  流量計を経由してタンク内に任意の量の水を送液し、液 面の推移を計測することでタンクテーブルの見直しを行い ます。 府中の流量計校正装置 □温度計  基準器と校正対象機器を加熱源に取付け、温度を校正 ポイントに調整し基準器と校正対象機器を比較校正しま す。 □圧力計  基準器と校正対象機器を加減圧源に取付け、圧力を校 正ポイントに調整し基準器と校正対象機器を比較校正し フランスの流量計校正センター ます。 □分析計 ・導電率計校正[基準器,基準液による校正] 基準器と校正対象機器を調整した校正液に浸け、基準 器と校正対象機器を比較校正します。 ・PH計校正[基準液による校正]  校正対象機器を基準校正液に浸け、校正します。 ・DO計校正[大気校正]  校正対象機器を大気開放状態にし、校正します。
Page13

エンドレスハウザーが提供するITツールと付加価値サービス 13 エンドレスハウザーが提供する ITツールと付加価値サービス エンドレスハウザーは機器、ソフトウェア、ソリューションを統合したサービス契約でお客様のプラントをライフサイクルに 渡ってサポートします。 現場作業の最適化支援ツール メンテナンスの最適化支援サービス • エンジニアリング • 診断・修理 • コミッショニング • プルーフテスト • 校正 • トレーニング • 技術サポート • 最適化提案 • 保守点検 エンドレスハウザーのグローバルな 現場で必要なデータにいつでも 機器を特定する サービスチームがお客様のプラント運転の アクセス 3つの方法 最適化をサポートします。 • 修理履歴 • スペアパーツ情報 • QRコード • 保守履歴 • 製造番号 • アプリケーションに適合したコミッショニング • 機器のステータス • RFIDタグ • 既設機器の点検 • 潜在的な問題の抽出と改善の提言 • サービス履歴の文書化と保存 • 現場での技術サポート及びトレーニング • 最適化の提案 30 m 事務所に戻らず、 現場ですぐに解決 Smartblue W@M Operations App App Configuration Verification FieldCare
Page14

14 製品ラインナップ 製品ラインナップ レベル計測 Level Measurement  ■ 真空から高圧および高温下での液体のレベル センサは計測空間にマイクロウェーブのパルスを Micropilot 計測 発信します。 ■ 石炭、石、ペレット、クリンカー等の粉粒体 発信されたパルスは、空間を伝搬し液面もしく のレベル計測 は粉面に到達します。このパルスは、液面もしく は粉面で反射し再びセンサに戻ってきます。 センサは、この往復伝播時間からレベルを計測 します。 ■ 真空から高圧および高温下での液体及び微粉 センサはロッドもしくはロープ表面上にマイクロ Levelflex 体のレベル計測 ウェーブのパルスを発信します。発信されたパル ■ 液面の泡立ち、粉面の持つ安息角等反射面の スは、ロッドもしくはロープ表面上をガイドされ コンディションが悪い場合のレベル計測 る様に伝搬して液面 / 粉面に到達します。 ■ 誘導率が低い液体の計測 このパルスは、液面 / 粉面で反射し再びセンサ ■ セメント、フライアッシュ等の微粉体プラス に戻ってきます。 チックペレットなどの粉粒体のレベル計測 センサは、この往復伝播時間からレベルを計測 ■ 連続界面計測も可能(液体) します。 ■ 水、油脂のレベル計測 センサから発信された超音波パルスは、空気中 Prosonic M ■ 開放タンク、ピットのレベル計測 を伝搬して液面に到達します。 このパルスは、液面で反射し再びセンサに戻って きます。 センサは、この往復伝播時間からレベルを計測 します。 Prosonic S ■ 水、油脂、粉体のレベル計測 センサから発信された超音波パルスは、空気中■ 開放タンク、ピットのレベル計測 を伝搬して液面 / 粉面に到達します。 ■ 排水路に設置して堰式流量計として このパルスは、液面 / 粉面で反射し再びセンサ ■ ポンプ制御用として に戻ってきます。 センサは、この往復伝播時間からレベルを計測 します。 リアクタ、オートクレーブ、セパレータ、酸タン タンクや容器の外部に指向性の高いガンマ線源 Gammapilot M ク、攪拌器付きタンク、サイクロン、溶鉱炉といっ を置き、その対角に受信部を置きます。 た様々なタンクレベルの計測 ガンマ線は測定物によって吸収され、減衰して 受信部に届きます。 変換器は、その透過量からレベル、密度、濃度、 界面を演算します。
Page15

レベル計測 15 タンクトップに取り付けて非接触レベル計測が可能 2線式/4線式 なので、 設置もしくは既存機器の置き換えが簡単 測定レンジ 最大 70m TIIS / ATEX / FM / CSA / AUS / NEPSI です。 プロセス温度 -196/-40 〜 80/130/150/200℃ 温度、 ガス、 プロセス圧力、 ベーパーの影響をほ (標準) /400℃(高温) とんど受けないので、 高温 ・ 高圧 / 真空等の条 最大圧力 真空~ 件に適応します。 -0.1 ~ 16MPa 測定原理上、 消耗機械部品がなく、 メンテナンス ( 材質 / 取付規格により異なる ) の必要がありません。 比誘電率 εr ≧ 1.4 : 液体 εr ≧ 1.6 : 粉体 出力 4 ~ 20mA/HART, PROFIBUS PA, ・FMR230/231/240/244/245 技術仕様書:TI345F FOUNDATION Fieldbus ・FMR250 技術仕様書:TI390F 泡が発生するプロセス、 誘電率の低い測定物でも 2線式/4線式 安定した計測が可能です。 測定レンジ 6m (ロッド) / 45m (ワイヤ) TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI 温度、ガス、プロセス圧力、ベーパーの影響をほとん プロセス温度 -196 ~ -200℃ (標準) / ど受けないので、化学工業の条件に適応します。 450℃ (高温用) マイクロウェーブの放射角が無いので、 細長いタン 最大圧力 -0.1 ~ 40MPa クにも対応できます。 比誘電率 εr ≧ 1.4 (内筒管) 測定原理上、 消耗機械部品がなく、 メンテナンス εr ≧ 1.6 (ロッド / ロープ) の必要がありません。 出力 4 ~ 20mA/HART, PROFIBUS PA, FOUNDATION Fieldbus ・FMP40 Levelflex M 技術仕様書:TI358F ・FMP41C/FMP45 技術仕様書:TI386F タンクトップに取り付けて非接触レベル計測が可能 2線式/4線式 なので、 設置もしくは既存機器の置き換えが簡単 測定レンジ 液体: 5m/8m/10m/15m/20m TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI です。 (センサにより異なる) 測定物の電気的な特性(導電率、誘電率)に影響 プロセス温度 -40~80℃(温度補償機能内蔵) を受けません。 最大圧力 0.07~0.25/0.3MPa 非接触レベル計測では、 最もローコストです。 出力 4 ~ 20mA/HART, PROFIBUS PA, 測定原理上、 消耗機械部品がなく、 メンテナンス FOUNDATION Fieldbus の必要がありません。 ・FMU40/41/42/43/44 技術仕様書:TI365F ■ センサ 2 入力 (FMU90)、 4線式 10 入力 (FMU95) に対応しています。 測定レンジ 3m/10m/20m/25m/45m/70m TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI ■ 最大 6 点の接点出力で、 スクリーン、 ポンプ制 (センサにより異なる) 御にも対応可能です。 プロセス温度 -40~80/95/150℃ ■ ヒーターの内蔵が可能なので、 氷結しやすい (温度補償機能内蔵) 寒冷地でもお使い頂けます。 最大圧力 0.07~0.151/0.3/0.4MPa ■ 測定物の電気的な特性(導電率、誘電率) の 出力 4 ~ 20mA/HART( 1点 / 2点 ) 影響を受けません。 PROFIBUS PA スイッチング 最大6点 リレー接点 ・FDU 技術仕様書:TI396F 出力 ・Prosonic S FMU90 技術仕様書:TI397F ・Prosonic S FMU95 技術仕様書:TI398F タンクや容器の外から計測するので、 高温度、 高 4線式 圧力、 腐食性、 毒性、 磨耗性といった激しいプロ 測定レンジ 0.2m〜約8m(2m以上は受信部の TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI セス環境下での測定が可能です。 カスケード接続にて対応可能) レベル計測の他、 密度、 濃度、 界面計測にも対 プロセス温度 制限無し 応しています。 アナログ出力 4~20mA 密度測定における温度補正が可能です。 センサ 2 入力に対応しています。 IEC/EN61508 の SIL2 に準拠しています。 ・ Gammapilot M 技術仕様書:TI363F ・ 線源容器 FQG61/62 技術仕様書:TI435F ・ 線源容器 QG2000 技術仕様書:TI346F
Page16

16 製品ラインナップ レベル計測 Level Measurement  水、油脂、薬液タンクなどの連続レベル計測 / タンク内に電気的に絶縁された電極(プローブ) Liquicap M レベルスイッチ を挿入し、測定物のレベル変化によって生ずる タンク壁と電極間の静電容量の変化を検知して レベルを計測します。 開放タンクの液体レベル計測 測定物(液体)の比重に変化がなければ、タンク Deltapilot S / M 水、油脂、薬液タンクのレベル計測 底部に設置されたセンサに掛かる圧力は液面の高 さに比例します。 静圧式のレベル計は、この圧力の変化を液面のレ ベル変化として捉えます。 Deltabar S / M 水、油脂、薬液タンクのレベル計測 密閉タンクでは、タンク底部にかかる圧力は、フィルターやポンプなどの差圧計測 測定液体の圧力とタンクの内圧の合計になるた め、タンクトップの圧力をタンク底部の圧力から 差し引く事によって、タンクの液面を検知するこ とが出来ます。 液体レベルの高精度計測 ドラムにはワイヤが巻き付けられ、一端には Proservo 液体の密度計測 ディスプレーサーが結ばれ、吊り下げられてい 界面の検出 ます。 このため、ディスプレーサーの重量により、ド ラムには一定のトルクが掛かっています。ディス プレーサーが液に接すると浮力を受け、ドラム に掛かるトルクも変化します。機器は、このト ルク変化から液面を検出します。 *タンクゲージシステムについては、 「タンクゲージカタログ」 をご参照下さい。 微粉状、細粒状の粉体レベル計測 測定テープに錘を吊し一定時間毎に粉面に錘が Silopirot 接触するまで下降させます。 錘が粉面に接触するとテープに掛かる張力の変 化を検知し、再び巻き上げます。粉面のレベル は、テープの送り出し量から変換されます。
Page17

レベル計測 17 可動部が無く、 堅牢でコストパフォーマンスに優 ■ 2/4 線式 れています。 ■ 測定レンジ : 連続 : 4m (ロッドプローブ) TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI 測定原理上、 消耗機械部品がなく、 メンテナン 10m (ローププローブ) スの必要がありません。 スイッチ : 6m (ロッドプローブ) 12m (ローププローブ) ■ プロセス温度 : -80 〜 200℃ ■ 最大圧力 : 真空〜 2/2.5/5/10MPa ■ 接液材質 : SUS316L 相当 /PFA/PTFE/FEP ・ Liquicap M 技術仕様書:TI401F(連続レベル) ■ 出力 : 4 〜 20mA/HART, PFM ・ Liquicap M 技術仕様書:TI417F(スイッチ) ■ スイッチング   出力 : 1 点 PFM/ リレー接点 /PNP 2 点 リレー接点 1台で液体のレベル計測、容量演算が可能です。 ■ 2 線式 センサ 2 台と演算器の組合せで、 差圧、 重量、 ■ 測定レンジ : -10 ~ +10kPa から ATEX / FM / CSA / NEPSI 密度の計測が可能になります。 -0.1 ~ +1MPa 一体型の他、ロープ伸張(投げ込み)、ロッド伸張 ■ プロセス温度 : -10 〜 80/100℃ 型も用意しています。 最大 30 分間で 135℃ 新設計の耐結露センサの採用で、 温度変化の ■ 過大圧力 : 0.4 〜 4MPa 激しい環境下でも安定した計測が出来ます。 ■ 接液材質 : SUS316L 相当 / アロイ C ■ 受圧面材質 : アロイ C/+ ロジウム金メッキ ・ Deltapirot S 技術仕様書:TI257F ■ アナログ出力 : 4 ~ 20mA ・ Deltapirot M 技術仕様書:TI437P ± 0.05% の高精度と ±0.035%/ 年の長期安定 ■ 2 線式 性を両立しています。 ■ 測定レンジ : -1kPa~+1kPa から ATEX / FM / CSA / NEPSI ターンダウンは、 100 : 1 まで可能です。 -4MPa〜+4MPa ■ プロセス温度 : -40/-20~85/400℃ ( 封入液による) ■ 過大圧力 : 1.5〜6.3MPa ■ 接液材質 : SUS316L 相当 / アロイ C ■ 受圧面材質 : SUS316L 相当 / アロイ C + ロジウム金メッキ / モネル/タンタル ・ Deltabar S 技術仕様書:TI382P ■ アナログ出力 : 4 ~ 20mA ・ Deltabar M 技術仕様書:TI434P ± 0.7mm の高精度レベル計測により、高価な液 ■ 4 線式 体の測定やロスコントロールに最適です。 ■ 測定レンジ : 10/16/28m TIIS / ATEX / FM / CSA レベル測定の他、 界面測定、 密度測定、 タン ■ プロセス温度 : -200~200℃ ク底計測が可能です。 ■ 最大圧力 : 0.02/0.6/2.5MPa ■ 接液材質 : SUS316L 相当 / アロイ C4 ■ アナログ出力 : 2 点 4 ~ 20mA ■ スイッチング出力 : 4 点 リレー接点 ■ 各種タンクゲージ通信プロトコル ・ Proservo 技術仕様書:TI006F 最大 70m まで、 被測定物の物性にかかわらず計 ■ 測定レンジ : 70m 測出来ます。 ■ プロセス温度 : -20 〜 70/150/230℃ ATEX アナログ出力の他、 最大 6 点の接点出力が利用 ■ 最大圧力 : 80 〜 110/300kPa できます。 ■ 接触材質 : SUS316L 他 リモートによる測定開始、 停止に対応しています。 ■ 出力 : 4 ~ 20mA ・ Silopirot M 技術仕様書:TI395F ■ スイッチング : 最大 6 点 ・ Silopirot T 技術仕様書:TI421F 出力
Page18

18 製品ラインナップ レベルスイッチ Level Switch 水、油脂、薬液タンクなどの液体レベル検出・ Liquiphant S/M 空気中で一定の共振波数で振動している音叉に、 液体が接すオーバーフロー防止 ると液体の抵抗を受けて、 振動周波数が低下します。 配管の空検知、ポンプの空引き防止 センサはこの周波数変化を検知してスイッチングします。 水、油脂、薬液タンクなどの液体用多点レベル スイッチ点数に応じたディスプレーサが、 液位による浮力変化で Magnet スイッチ 位置を変えるにしたがい、 マグネットの内蔵されたシャフトが移 Levelswitch 液面警報、ポンプ、バルブの制御用として最適 動し、 カップリングされたマイクロスイッチが動作します。 細粒状、粉末状の粉体レベル検出 空気中で一定の共振波数で振動している音叉に、 液体が接す Soliphant M プラスチックペレットなどの上限及び下限スイッ ると液体の抵抗を受けて、 音叉の振幅が低下します。 チに最適 センサはこの変化を検知してスイッチングします。 圧力計測 Pressure Measurement Cerabar S / M ガス、液体、スチームなどのプロセス圧力計測 〔セラミックセンサ〕 液体のレベル、質量、容量の計測 受圧側とベース側の 2 種類のセラミック板に電極を加工し、互 70MPa(700bar)までの高圧力アプリケーショ いに向き合わせコンデンサを形成させます。 ンの計測 受圧側に圧力が掛かると、相互の電極間の距離が変化し、静電 容量変化として捉えることが出来ます。 封入液を使用しない(ドライセル)のセンサです。 〔メタルダイヤフラム〕 プロセス圧力は、メタルダイヤフラムに伝わり、さらに封入液 により隔離された薄膜のストレインゲージに伝わります。 素子に伝達された圧力は、電圧の変化として測定し、演算処理 します。 Deltabar S / M ガス、液体、スチームなどのプロセス圧力計測 〔メタルダイヤフラム〕 水、油脂、薬液タンクのレベル計測 一次側と二次側のダイヤフラムの内側は、微量の封入液で満た フィルターやポンプなどの差圧計測 され、測定用ブリッジ抵抗素子につながっています。 ダイヤフラムに伝達されたプロセス圧力は、ブリッジ抵抗素子 に伝達されます。 一次側と二次側のダイヤフラムに掛かる圧力が変化するとブ リッジ抵抗素子の出力電圧が圧力に応じて変化するため、圧力 を測定することが出来ます。
Page19

レベルスイッチ / 圧力計測 19 密度0.5g/c㎥以上の液体であれば、温度、圧力、導電 ■ 2/3/4 線式 性、誘電率、スラリーなどの液体の物性に影響されませ ■ センサ長さ : 50.5/148 〜 3000mm TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI ん。 ■ プロセス温度 : -60 〜 -50 〜 150/280℃ 付着に強く、泡による誤動作もありません。 ■ 最大圧力 : 真空〜 2.5/4/6.4/10MPa 測定原理上、消耗機械部品がなく、メンテナンスの必 ■ 接液材質 : SUS316L 相当 /ECTFE:PFA: ・ Liquiphant S 技術仕様書:TI354F 要がありません。  エナメル (各コーティング) ・ Liquiphant M 技術仕様書:TI328F TI347F 液種により再調整の必要はありません。 / アロイ C 一体型、伸張型が選択できます。 ■ スイッチング : 1 点 PFM/PNP/AC2 線   出力 /8/16mA/NAMUR  2 点 リレー接点 制御位置は、ディスプレーサーの位置の変更で簡単に ■ 2/4/6/8 線式 調整できます。 ■ 測定レンジ : 200 〜 5000mm TIIS 液面の泡立ちの影響を受けません。 ■ プロセス温度 : 0 〜 100/250℃ 電源は必要ありません。 ■ 最大圧力 : 3MPa ■ 接液材質 : SUS316L ・ MPC-2000 技術仕様書:TI029N ■ スイッチング出力 : 最大 4 点 無電圧接点 かさ密度 10g/ℓ 以上の粉体であれば導電性 ・ 誘電率 ■ 2/3/4 線式 などの粉体の物性に影響されません。 ■ 測定レンジ : 145/165/200/215/ TIIS / ATEX / FM / CSA / NEPSI 感度調整の必要はありません。 300 〜 4000mm、 750 〜 20000mm 測定原理上、消耗機械部品がなく、メンテナンスの必 (ケーブル伸長型) 要がありません。 ■ プロセス温度: -50/-40 〜 80/150/230/280℃ ・ Soliphant M 技術仕様書:TI392F 一体型、ロッド伸張型、ケーブル伸張型が選択できま ■ 最大圧力 : 真空〜 0.2/0.6/1.6/2.5MPa す。 ■ 接触材質 : SUS316L 相当 /ETFE/PTFE ■ 粒子サイズ : 10mm 以下 ■ スイッチング出力 : 1 点 PFM/PNP/AC2 線   /8/16mA/NAMUR 2 点 リレー接点 〔セラミックセンサ〕 ■ 2線式 ■ 高純度セラミック(99.9%Al203)を使用。 ■ 測定レンジ 国内防爆 / ATEX / FM / CSA / NEPSI ■ ダイヤフラム破損時の自己診断機能を搭載しています。 ・ セラミックセル : -10/0〜10kPa から ■ 過大圧特性に優れています。 -0.1/0~4MPa ■ ±0.05%の高精度と±0.025%/年の長期安定性を両立しています。 ・ メタルセル : -0.01/0〜40kPa から ■ ターンダウンは、100:1まで可能です。 -0.1/0~70MPa ■ PVDF材質によるメタルフリー接続が可能です。 ■ プロセス温度 : -40/-25~125/150/260/400℃ 〔メタルダイヤフラム〕 (封入液による) ■ 過大圧力 : 6/105MPa ・ Cerabar S 技術仕様書:TI383P ■ 70MPaまでの圧力測定レンジに対応しています。 ■ ■ 最大400℃の高温に対応しています。 受圧面材質 : セラミック/SUS316L相当/ ±0.05%の高精度と±0.025%/年の長期安定性を両立しています。 アロイC/ロジウム金メッキ/その他■ ■ ■ ターンダウンは、100:1まで可能です。 接液材質 : SUS316L/アロイC ■ ■ PED(Pressure Equipment Directive)適合製品です。 アナログ出力 : 4~20mA 〔メタルダイヤフラム〕 ■ 2線式 ■ 4MPa までの圧力測定レンジに対応しています。 ■ 測定レンジ : -1kPa~+1kPa から ATEX / FM / CSA / NEPSI ■ 最大 400℃の高温に対応しています。 -4MPa〜+4MPa ■ 2 重隔壁構造により機械的にプロセスから安全性を確保します。 ■ プロセス温度 :-40/-20~85/400℃ ■ ±0.05%の高精度と±0.035%/年の長期安定性を両立しています。 (封入液による) ■ ターンダウンは、 100 : 1 まで可能です。 ■ 過大圧力 :10/16/42MPa ■ 接液材質 :SUS316L/アロイC ■ 受圧面材質 :SUS316L相当/アロイC/ +ロジウム金メッキ/モネル/タンタル ・ Deltabar S 技術仕様書:TI382P ■ アナログ出力 :4~20mA
Page20

20 製品ラインナップ 流量計測 Flow Measurement ■ 蒸気の熱量管理によるプロセスの省エネ管理に 流れの中に障害物を設置すると、 その下流側に規 Prowirl ■ 液体ガスの流量計測 則的な渦列が交互に発生します。 ■ 排ガスの流量計測 渦の発生周波数は流速に比例するので、 これを センサで検出することで体積流量を求めることが出 来ます。 高精度は質量流量計測による、 プロセスの制御 振動している測定管の中を流体が流れると、 質量 Promass 品質の向上 流量に応じたコリオリ力が発生し、 測定管に質量 密度測定による製品の品質管理の向上 流量に応じた歪みが生じます。 この歪みを測定管の入り口と出口に設置されたセン サで、位相差として検知し、質量流量を測定します。 また、 測定管は共振周波数で振動しており、 こ の共振周波数を測定することで密度測定も行えま す。 プロセスからユーティリティーまで、 導電性のある 励磁コイルで発生させた磁界の中を導電性の液体 Promag 液体の測定に最適 が流れると、 ファラデーの法則により、 流速に応じ ■ 圧力損失がないので、 ポンプの能力を節約 た起電力が発生します。 この起電力を液に接した電極で検出し、 体積流量 を測定します。 ■ クランプ式では、 配管の外側から計測できるの 配管に 2 台の超音波の受発信器を取り付け、 交 Prosonic Flow で、 腐食性液体、 圧力の制限がなく、 また、 プ 互に超音波の発信と受信を繰り返します。 ラント稼働中でも設置が容易 配管中の液体が流れていなければ、 交互の伝搬 ■ 超音波の伝播する、 様々な液体の流量計測に 時間は同じですが、 液体から流れると超音波の伝 ■ インラインタイプ (92F) では、 高精度 (0.5%) 搬時間に差が生じます。  で流量計測が可能 センサはこの伝搬時間の差から流速を求め、 流 量を計測します。 熱式流量計 工場ユーティリティ用などの各種ガスの質量流量の 熱した検出部 (pt100) の周りを気体が流れるときの冷却効果をモ t-mass 計測に ニタします。 気流が検出部内の 2 つの pt100 測温抵抗体 (RTD) ■ 圧縮空気の流量監視及び漏れ検知 を通過します。 この検出部は、 一方は通常の温度センサとして、 もう ■ 飲料工場での炭酸ガス 一方はヒータで加熱されます。 温度センサが実際のプロセス値をモ ■ 廃水処理施設内の通気エア ニタし、 センサの消費電流を制御することにより実際のプロセス値に ■ ボイラへ供給する天然ガス 対する一定の温度差がヒータで維持されます。 質量流量が増大す ■ 製造プロセス用各種ガス るほど、 冷却効果と温度差の維持に必要な電流が増えます。 この (アルゴン、 窒素、 ヘリウム、 酸素など) ため、 ヒータ電流の測定値から気体の質量流量を導くことが出来ま す。