1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード

廃形をせずに作り続けて40年 電空変換器 「電空変換器のしくみ」がわかります!

製品カタログ

空気圧式計装時代からの生き残り「電空変換器」変わったところ、変わらないところ

◆電空変換器とは何か、その役割やしくみを模擬プラントやアニメーションを使ってわかりやすく解説します。
◆変わったところ
 出力信号をフィードバックして、入力された電流とバランスさせてノズル・フラッパの間隙を調整する仕組み
◆変わらないところ
 空気式計装時代と現在の電空変換器を比較してみると、ノズル・フラッパと呼ばれる圧力制御機構で得られた
 空気圧信号をパイロットバルブで増幅する仕組み
◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

このカタログについて

ドキュメント名 廃形をせずに作り続けて40年 電空変換器 「電空変換器のしくみ」がわかります!
ドキュメント種別 製品カタログ
取り扱い企業 株式会社エム・システム技研 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

電動調節弁のコラボマップ集
製品カタログ

株式会社エム・システム技研

このカタログの内容

Page1

見てみて動画のご案内 見てみてマップ 13-0047 廃形をせずに作り続けて40年 2021-11 初版 NC-3440 500704 1刷発行 電空変換器 「電空変換器のしくみ」がわかります! アニメで わかりやすく解説 しています! 百聞は一見に 電空変換器とは何か、その役割や ! しくみを、模擬プラントや しかずやで アニメーションを使ってわかり 見てや! やすく解説します。 電源なし電空変換器 形式:HVPN チャンネル登録をお願いします エム・システム技研のホームページからでもご覧いただけます。 https://www.m-system.co.jp/video/index.html (はいがた) ただし、代替の電子パーツを入手できない、あるいはリピートオーダーが見込めない場合などは廃形にすることがあります。
Page2

“空気圧式計装時代からの生き残り” 変わったところ、電空変換器   変わらないところ 空気式計装時代と現在の電空変換器を比較してみると、ノズル・フラッパと呼ばれる圧力制御 機構で得られた空気圧信号をパイロットバルブで増幅する仕組みは、今も変わりありません。 変わったところは、出力信号をフィードバックして、入力された電流とバランスさせてノズル・ フラッパの間隙を調整する仕組みです。かつては、メカニカルフィードバック方式と呼ばれる 方法で、電空変換器自身の出力圧力をベローズなどに導き、その伸び縮みによってノズル・フ ラッパの間隙を調整するのが一般的でした。この方式には、取付姿勢や空気回路内部にカーボ ンなどが堆積することによって出力が変動する欠点がありました。 エレクトロニクス技術の発達に伴い、半導体圧力センサが世に出てきたとき、エム・システ ム技研はいち早くその技術を取り入れ、電子式フィードバック方式の電空変換器を開発し ました。この方式では、圧力センサが取付姿勢や空気回路の内部状態の影響を受けないた め、従来のメカニカルフィードバック方式の欠点が解消されています。 一方、圧力センサの精度が電空変換器全体の精度に影響を与えますが、エム・システム技研の電 空変換器は、高精度で温度特性に優れた圧力センサを採用しているため、電空変換器としての 性能も優れています。 模擬プラント「プラントレット® 」で電空変換器の役割を説明しています! 電源なし電空変換器(形式:HVPN)が 設置されています