1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.6Mb)

有限要素法解析ソフト 【CADTOOL FEM8】

製品カタログ

使いやすく低価格な有限要素法解析

オールインワンパッケージで年間メンテナンス費も不要!簡単な手順で解析が可能。
平面的な板物部品や引抜材等の断面の応力分布や変形が求められます。平面に垂直方向にかかる場合の応力分布や変形が求められます。圧力や集中荷重がかかるタンクなど回転形状もものに対して、応力分布や変形が求められます。

CADTOOLCAD通信機能: CADSUPER20xx/EASYDRAW 対応版あり

その他機能や詳細については、カタログダウンロード もしくはご不明点などはお気軽にお問い合わせください。

アンドール(株) プロダクツ営業部 
東京:(03)3419-6011 大阪:(06)6135-8911

このカタログについて

ドキュメント名 有限要素法解析ソフト 【CADTOOL FEM8】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 アンドール株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

3次元CAD【CADSUPER Works】
製品カタログ

アンドール株式会社

2次元CAD【CADSUPER Lite】
製品カタログ

アンドール株式会社

2次元CAD【CADSUPER】
製品カタログ

アンドール株式会社

このカタログの内容

Page1

価格 プリポスト・ソルバー一体型 CADTOOL FEM 8 二次元 有限要素法解析 ソフトウェア 有限要素法解析のエントリー版 JAN コード 4571289551508 ・平面応力解析 通常製品版 標準価格 ¥ 72,000-( 税別) ・平面板曲げ解析 ・回転体応力解析 FL サーバー版 標準価格 ¥135,400-( 税別) ・平面熱応力解析 ・回転体熱応力解析 FL 版(追加用ライセンス) 標準価格 ¥ 86,400-( 税別) フローティングライセンス対応 フローティングライセンスは、複数台のコンピュータに対して、ネットワークを通じて他のマシンに ライセンスを供給して、CADTOOL を利用する方法です。クライアントのコンピュータには、ご購入 いただいたライセンスの本数を超えてインストールすることができます。そして、同時に利用するコン ライセンスサーバ 有限要素法解析のエントリー版 キャドツール エフイーエム ピュータ数がライセンス数を超えない限り、自由に利用することができます。 例えば、クライアントが 10 台の環境で、フローティングライセンスを 2 ライセンス分購入した場合は、 ②ライセンス許可 ①ライセンス要求 同時利用できるクライアントは2台までとなります。通常製品版とフローティングライセンス版(FL版) は、製品の機能に関する違いはありません。 CADTOOL FEM 8 クライアントコンピュータ Analysis by Finite Element Method セット製品 CADTOOL STANDARD 動解析 CADTOOL MAXIMUM2 CADTOOL STANDARD CADTOOL STANDARD に【動解析】機能を加 プロフェッショナルのための技術計算・オールイ 19 種類の技術計算機能を収録した、「定番」ソフ えたおすすめセット。機械設計に必要な技術計算 ンワンパッケージ。CADTOOL シリーズのすべ トウェア。機械設計で頻繁に使う技術計算を多数 を幅広くカバーします。 ての機能を収録しています。 収録しています。 お得なセット購入なら お得なセット購入なら お得なセット購入なら 単品購入時 ¥260,000 のところ 26% 単品購入時 ¥336,000 のところ 25% 単品購入時 208,000 のところ 32%OFF OFF ¥ セット購入時 ¥192,000 セット購入時 ¥252,000 セット購入時 ¥140,000 OFF ※通常版の税抜価格の場合 ※通常版の税抜価格の場合 ※通常版の税抜価格の場合 セット内容 セット内容 セット内容 新機 • CADTOOL FEM • CADTOOL FEM • CADTOOL FEM 能 • CADTOOL メカニカル • CADTOOL 板金展開 • CADTOOL メカニカル • CADTOOL フレーム構造解析 動解析 • CADTOOL メカニカル • CADTOOL フレーム構造解析 3D 熱 • CADTOOL フレーム構造解析 動解析 応力 標準価格 ¥ 192,000-( 税別) 標準価格 ¥ 252,000-( 税別) 標準価格 ¥ 140,000-( 税別) 解析機能が サ CADTOOL 製品情報および体験版ダウンロード メカ設計者のポータルサイト 動 CPU:Pentium プロセッサ以上 追加 ーそ  ■ http://product.web2cad.co.jp/  ■ http://www.web2cad.co.jp/ 作 RAM:256MB 以上の OS:Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista 平面応力解析 ! ビ他 サポート情報 CADENAS WEB2CAD について 環 Nス 境 その他:CD-ROM ドライブ必須 ew  ■ http://product.web2cad.co.jp/support/  ■ http://www.cadenas.co.jp/ 平面板曲げ解析 New 掲載されている製品名は、一般に会社の登録商標、または商標です。 回転体応力解析 平面熱応力解析 回転体熱応力解析 キャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社 〒 114-0024 東京都北区西ヶ原 1-46-13 横河駒込ビル Tel:03-5961-5031   Fax:03-5961-5032 CADENAS WEB2CAD Inc. C A D T O O L F E M 8 A n a l y s i s b y F i n i t e E l e m e n t M e t h o d
Page2

A n a l y s i s b y F i n i t e E l e m e n t M e t h o d C A D T O O L F E M 8 低コストで導入可能 CADTOOL FEM8 の特徴 精度のよいメッシュを高速で自動作成 • CADTOOL FEM8 の計算方法は有限要素法でよく用いられるバンドマトリック 「有限要素解析=高額」を覆す。低コストで有限要素法解析を導入可能 ス法で、さらにハーフバンドマトリックスを使用し処理速度を向上させています。3年間使用した場合、発生する費用の比較 • 解析対象を二次元に特化させることでソフトウェア本体の価格を抑えています。 • 使用している要素は四角形 8 節点アイソパラメトリック要素(*3)を採用、三角 形3節点要素等の1次要素に比べ精度が高い特徴を持ちます。 • パッケージ製品なので、毎年のメンテナンス費も不要です。 一般的なCAEシステム CADTOOL FEM • プリポスト・ソルバー一体型のオールインワンパッケージ、必要なのは本製品のみでその他オ ①ソフトウェア本体 プションは不要です。 ¥72,000数十万円~数百万円 設計初期の設計者 CAE や有限要素法解析初心者に最適な簡単操作 ※プリポストソルバー、それぞれ を購入する必要がある場合も。 • 高度な知識を必要とせずに簡単に有限要素法解析を行えます。そのため設計初期段階の設計者 CAEにおすすめ。応力分布や変形を定量的に観察できるので設計上の自由度が広がります。従 年間メンテナンス費 来のカンや経験に頼った過剰品質は改善され、低コストかつ魅力ある製品設計に貢献します。 不要 ②年間メンテナンス費 • 有限要素法解析初心者にとっても、将来ミッドレンジ・ハイエンドの CAE ソフトへステップアッ 1年目 プする際の予備知識として活用できます。有限要素法解析入門に最適です。 電卓代わりに使える高い操作性 ※通常で①の20% • フリーソフトとは違い電話・メールでのサポートもありますので初心者の方でも安心してお使 程度が毎年必要。 2年目 ・メッシュの修正もマウスでラバーバンドのように動かして簡単に整えることができます。 いいただけます。 3年目 メッシュの一部細分化 (リメッシュ機能 ) メッシュの節点をマウスで編集 CADTOOL FEM8 の要素は、一つの要素内にガウス 積分点と呼ばれる応力算出点を 9 点持たせて要素内の 要素単位で部分的に細かくメッシュを作成で メッシュ要素の頂点をマウスで動かし、 任意 応力勾配から各節点の追う緑地が直接求められるよう きる 「リメッシュ」 機能を追加し、 メッシュ の位置に移動することができます。 低価格でもここまでできる CADTOOL FEM8 の利点 になっており、応力集中部など応力変化の大きいとこを細かくしても計算時間の短縮を図る事がで ろでも少ない要素数で精度よく計算結果が得られるよ きます。 うになっています。そのため、計算速度も速く荷重条 「平面応力解析」「平面板曲げ解析」「回転体応力解析」3つの解析モードを用意、様々な形状の解析が可能 件を変えて複数の再計算が必要な状況でもストレスな く使用できます。 N どんな形状が解析できる? New! 熱応力解析 ew ⇒「平面応力解析」モードと「回転体応力解析」モードで可能 CADTOOL FEM8 では、これら2つのモードで物体の温度変 通常メッシュ リメッシュ後 移動前 移動後 化による変形やそれに伴って発生する熱応力の解析を行う「熱 応力解析」を行うことができます。 その他基本機能も充実 計算可能な値と出力イメージ 材質ライブラリ機能 断面を使った一般的な解析 板状の部品に垂直の力が加わった場合の解析 軸対象の「回転体」の解析 ⇒「平面応力解析」モード ⇒「平面板曲げ解析」モード ⇒「回転体応力解析」モード 変位、主応力に加え三次元 CAE では良く使われるミーゼス応力にも対応して 標準登録材質一覧 断面に厚みを属性として持たせ 2.5 次元的な解 いわゆる「板曲げ」の解析に最適なモードです。 ある半断面図を回転軸を中心に一回転させてで います。変位図や等値線図も表示されるので結果を視覚的に判断することがで 析を行うモードです。条件設定により、厚みが 平面に板厚を属性として持たせ 2.5 次元的な解 きる形状「回転体」の解析を行うモードです。 きます。 • 一般構造用鋼(SS) • 6ナイロン(MC) 機械構造用鋼(S2OC) ジュラコン(POM) 均一でない形状の解析も可能です(*1) 析を行います。条件設定により、板厚が均一で 圧力容器、円筒などの解析に使用可能です • • (*2) 求められる計算結果 表示される図 • ステンレス鋼(SUS)ない形状の解析も可能です • ポリプロピレン(PP)(*1) 厚みが均一の形状 厚みが均一でない形状 • 最大変位(平・板・回) • クロム鋼(SCr) • ポリカーボネート(PC)※ 板厚が均一な板材 板厚に変化がある板材 • 最大主応力(平・板・回) • ニッケルクロム鋼(SNC) • ポリエチレン [ 軟 ](PE)※ • 最小主応力(平・板・回) • ジュラルミン(A2017) • ポリエチレン [ 硬 ](PE)※変位図 • 最大せん断応力(平・回) • 超ジュラルミン(A2024) • ポリスチレン [ 軟 ](PS)※この断面を 使って解析 • 最大円周応力(回) • アルミニウム(AL) • ポリスチレン [ 硬 ](PS)※ • 最小円周応力(回) • 鋳鋼(SC) • エポキシ(EP)※ • 最大円周せん断応力(回) 最大主応力等値線図 • 黄銅(Bs) • 弾性ゴム [ 軟 ](R)※ • 最大ミーゼス応力(平・板・回) • 鋳鉄(FC) • 弾性ゴム [ 硬 ](R)※ • 銅(Cu) 平:平面(熱)応力解析 • 青銅(B) 任意で材質の最小主応力等値線図 ※さらに効率的な計算が可能に! 板:平面板曲げ解析 追加も可能 変位や応力を ※印の材質は熱応力解析ではご利用いただけません。 New! 回:回転体(熱)応力解析計算結果から荷重条件を逆算「 荷重逆算」機能 計算結果 手修正 再計算 荷重条件算出 CADTOOL FEM8 では、算出された 最大変位や各種応力を手修正し、その修 ミーゼス応力等値線図 メッシュ作成 正値から荷重条件を逆算する「荷重逆算」機能を搭載しました。荷重条件を変 50(N) えながら、応力や変位を何度も計算する手間を軽減し、計算時間を大幅に短縮 各種フォーマットによる出力対応 • 最大節点数:8,000 することが可能です。上記3つのモードすべてに対応しています。 最大要素数:3,000 計算結果は以下の各種フォーマットでの出力に対応しています。 • ※ CAD 通信機能の対応 CAD につきましては、ウェブサイトをご確認下さい。 取り込み可能なDXF !こんなとき使える イメージ テキスト バイナリ その他 • BMP • CSV • PDF • CAD 通信機能 形状の作図は CADTOOL 内で行えますが、お手持ちの使い慣れた 2 次元 特定の変位から必要な荷重を求めたい場合 • HTML • EXCEL • クリップボード出 CAD で作図した DXF ファイルを読み込んで利用することも可能です。以下 これまでなら荷重条件を変えて応力や変位を何度も計算し、求める変位・応力値が算出される荷重条件を探さなければならなかったところ、荷重逆算機能を用いれば、最初に当たりをつ 2D 力機能 の要素で構成された DXF ファイルが読み込み可能です。 けたある荷重条件を計算し、その計算結果に特定の変位や応力値を与えて再計算することで、必要な荷重条件が求められます。 • DXF • 線分、円、円弧、ポリライン(線のみ) *1:ベースの板に対して両側に均等に厚みがついている形状のみ対応可能です。 *3:四つの頂点と各辺中央にも節点を設けて8節点とした2次要素で、三角形3節点要素等の1次要素に比べ精度が高い特徴を持つ。またアイソパラメトリックの意味は変形が可能という *2:円周方向に部分的に形状が変化するようなものや、円周上の一部に集中荷重がかかる解析はできません。 ことで、正方形を基本とするが台形や二つの辺が直線上につながった三角形になっても計算が可能です。