1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3Mb)

小型6軸ロボット Nシリーズ(N2 / N6)

製品カタログ

省スペースを極める新アーム構造(N2) 独自のアーム構造による高いスペース効率(N6)

【小型6軸ロボット N2】
N2は、世界初の新アーム構造を採用し、狭い作業環境で複雑な組立作業を可能にする優れたスペース効率性を持っています。小型精密部品の組立に是非ご検討ください。

◆新構造で占有スペース従来比40%カット
◆ショートカット動作による最短アクセス

【小型6軸ロボット N6】
N6はエプソン独自のアーム構造によって、従来型の6軸ロボットでは入り込めなかった狭いスペースに入り込み、低所や高所の空きスペースを有効活用できる高い省スペース性能を持っています。

◆狭いスペースで高い所に届く独自のアーム構造
◆ハンドへの配管・配線を簡単化 中空構造


◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 小型6軸ロボット Nシリーズ(N2 / N6)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 エプソン販売株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

コントローラー内蔵型スカラロボット「T3」
製品カタログ

エプソン販売株式会社

力覚センサーシステム
製品カタログ

エプソン販売株式会社

新小型6軸ロボット N2series
製品カタログ

エプソン販売株式会社

このカタログの内容

Page1

■仕様表 モデル名 N2 N6 型番 N2-A450SR/S N6-A1000S/SR/SB/SBR 最大リーチ P点 : J1軸-J5軸中心まで 450mm 1010mm J1軸-J6軸フランジ面まで 532.2mm 1110mm 可搬質量*1 定格 1.0kg 3.0kg 最大 2.5kg 6.0kg 繰り返し精度 第1~第6関節 ±0.02mm ±0.04mm 許容慣性モーメント*2 第4関節 0.2kg・m2 0.42kg・m2 第5関節 0.2kg・m2 0.42kg・m2 第6関節 0.08kg・m2 0.14kg・m2 環境仕様 周囲温度 標準仕様 標準仕様 取付方法 天井取付/架台取付*3 天井取付/架台取付*3 本体質量(ケーブルの質量含まず) 19kg 69kg 適合コントローラー RC-700A RC-700A ユーザー配線 15本(D-sub) 8pin(RJ45) Cat.5e相当2本(ビジョン/力覚兼用) 15本(D-sub) 8pin(RJ45) Cat.5e相当2本(ビジョン/力覚兼用) ユーザー配管 φ6mmエアチューブ2本 耐圧:0.59MPa(6kgf/c㎡) (86psi) φ6mm 2本 耐圧:0.59MPa(6kgf/c㎡) (86psi) 電源電圧 AC200-240V 単相 AC200-240V 単相 電源ケーブル長 3m/5m/10m/15m/20m 3m/5m/10m/15m/20m 安全規格 CEマーク、 KC/KCsマーク CEマーク、 KC/KCsマーク 6軸ロボット *1:負荷質量は、最大可搬質量を超えて使用しないでください。 *2:負荷の重心が各アーム中心と一致している場合の値です。重心位置が各アーム中心位置を離れた場合は、INERTIA命令で偏心量を設定してください。 *3:架台取付については、プログラム開発ソフトウェアEPSON RC+上で架台取付仕様を選択してご使用ください。 〒160-8801 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー29階 〒392-8502 長野県諏訪市大和3-3-5 エプソンロボットに関するお問い合わせ・資料請求は下記まで ●お求め・ご相談は、信用とサービスの行き届いた弊社へ。 お問い合わせ先 FA機器営業課 TEL 03-5919-5257 電話番号のかけ間違いが増えておりますので、番号をよくお確かめの上おかけください。 ホームページ www.epson.jp/prod/robots/ 安全に関するご注意 ご使用の際は、取扱説明書をよくお読みのうえ正しくお使いください。 この資料に掲載されている内容は、改善のため予告なく変更する場合があります。 ご検討の際は、事前に弊社までお問い合わせください。 エプソンのホームページ www.epson.jp ●各種製品情報、各種ドライバー類の提供、サポート案内等のさまざまな情報を満載したエプソンのホームページです。 ●ショールーム 製品をご覧になりたい場合などは、上記FA機器営業課までお問合せください。 カタログコード:CLRBTN1A(2018年10月現在)
Page2

新小型6軸ロボット ■ ロボットの占有スペースを従来比40%カット ■ ショートカット動作で反対方向へ簡単アクセス 省スペースを極める新アーム構造 従来の6軸ロボット(C4)では、アームの肘(J3軸)が邪魔になり、装置内 アームを折りたたみ、180°反対方向へ伸ばすことでショートカット動作 に干渉回避のための占有スペースが多く、装置全体のサイズアップにつ が簡単に行え、最短経路でアクセスできます。従来(C4)のような周辺装 ながっていました。 置との干渉がないため、装置の立上げ時間、動作サイクルタイム短縮に貢 アームを折りたためる新構造を採用したN2なら、肘(J3軸)が出ず、ロ 献します。 新構造で占有スペース従来比※1 ボットが装置内の機器に干渉しないため、従来比(C4)40%の占有ス 反対方向へも切り換えて最短アクセス 40%カット ペース削減を実現できます。従来6軸ロボットとの占有スペース比較 ショートカット動作による 最短アクセス 占有スペース40%カット 180°反転 660mm 460mm N2は、世界初※2の新アーム構造を採用し、狭い作業環境で複雑な組立作業 従来の干渉回避動作 N2の最短アクセス動作 を可能にする優れたスペース効率性を持っています。精密かつ複雑、無駄の 効率UP ないスペース効率が要求される小型精密部品の組立に是非ご検討ください。 ※1 従来6軸ロボットC4に対し 従来機種(C4) N2 ※2 エプソン調べ:6軸ロボットにおいて(2015年10月時点) 簡単ティーチング! ■ 作業スペース600mm×600mmに入り込めるコンパクトボディ サイクルタイム短縮! 人と同等の作業スペースに設置でき、従来の工場レイアウトを変更せず ■ エプソンの力覚センサーを標準サポート に自動化を行えます。大幅なライン改造が必要ないため、立上げコスト の圧縮に貢献します。 アームに力覚センサー(オプション)用コネクタを標準装備。力覚セン サーの配線取り回しとコネクター接続が簡単に行えます。また、ロボット 従来6軸ロボットとの装置サイズ比較 コントローラー:RC700-Aも力覚センサー標準対応のため、簡単に力制 御をはじめることができます。 装置サイズ 小型化 N2が実現する現場の Before After 従来機種(C4) N2 ■ 360°以上旋回するアクセスも最短動作 ■ 架台取付(上向き)天吊取付(下向き)両対応 ■ラインを省スペース化したい ■ 今使っているラインのレイアウトを変えずに自動化したい 90°ごとにショートカット動作を繰り返すことで360°以上旋回するアク ロボットソフトウェアEPSON RC+上のロボット設定を切り替えること N2を導入してコンパクトなレイアウトを達成 狭い作業スペースに柔軟対応 セスも連続して行えます。従来(C4)のようにJ1軸動作エリア端でアーム で、簡単に架台取付/天吊取付を切り替えることができます。架台への取 新構造アームによるコンパクトなボディとショートカット動作で装置の ロボットのためにスペースを空ける必要がなく、自動化の選択肢が広 を戻す必要がなく、円筒配置された棚や装置へのアクセスも最短で り付け方向を選ばず、自由に装置設計することができます。 設置効率向上とサイクルタイムを短縮。工場の生産性向上に貢献します。 がります。 行えます。 360°以上連続する旋回動作もスピーディー Before After Before After 人の作業 難しい作業を自動化し 全て自動化 品質向上 800mm 1,600mm 1,500mm 600mm
Page3

6軸ロボット ■ 短いアームの困りごとを解決 ■ 長いアームの困りごとを解決 独自のアーム構造による高いスペース効率 従来型の6軸ロボット、900mmアーム長クラスの場合、コンパクトなサ 従来の6軸ロボット、1,400mmアーム長クラスの場合、長いアームで低 イズで狭所に設置はできますが、アームのリーチ不足や肘の干渉により、 所・高所へアクセスできますが、アームと棚との干渉を防ぐために棚から 低所・高所へのアクセスが不得意でした。 離して設置する必要があります。 N6は、独自のアーム構造によって同等のスペースで低所・高所の幅広い N6は、独自のアーム構造によってこの距離を半分まで削減。前後左右が 狭いスペースで高い所に届く エリアへアクセス可能。工場の限られたスペースを有効活用できます。 棚に囲まれている場合、約75%のスペースを削減でき、工場のレイアウ トを効率よく見直せます。 独自のアーム構造 ハンドへの配管・配線を簡単化 アクセスできない 高い場所から 設置に広い 狭いスペースにも場所が多い 低い場所までアクセス スペースが必要 入り込める 中空構造 アクセス 占有スペース 領域 拡大 75%カット N6はエプソン独自のアーム構造によって、従来型の6軸ロボット(C8シリー ズ)では入り込めなかった狭いスペースに入り込み、低所や高所の空きスペー スを有効活用できる高い省スペース性能を持っています。 1,100mm 550mm 従来機種(C8L) N6 従来機種(C8XL) N6 肘が衝突して 肘を折りたたむことで 離さないと 近づけても 下方向へアクセスできない 衝突する心配がない アクセスできない アクセス可能 棚までの距離 肘の干渉 なし 50% カット 干渉 1,100mm 550mm 従来機種(C8L) N6 従来機種(C8XL) N6 N6 が実現する現場の Before After ■高い省スペース性能で工場レイアウトを改善 ■ 中空構造でシンプル配線 従来のロボットアームでは届かず、横に展開していた 棚作業など、N6へ置き換えることで今まで使えてい J5軸-J6軸のアーム先端に中空構造を採用。ハンドや力覚センサーなど なかった高さ方向のデッドスペースを有効活用できま の配線をシンプルに引き回すことができます。 す。工場のレイアウトを効率よく見直し、新しいスペー 狭い間口へアームをアクセスさせたい場合など、ケーブルの干渉を最小 中空構造シンプル配線 スを作り出せます。 限に抑えることができます。 Before After 外部配線の場合 中空配線の場合 ケーブルが 干渉しない 今までのアームでは届かない・・・ 横へ展開し、大きくスペースを消費 N6なら高さを有効活用できます
Page4

外形図 単位: mm 外形図 単位: mm 200(ベースプレート) 350 Ø5 H7 (+0.012Ø60 0 ) 154 74 150 180 4×4M貫通穴 4×Ø6.5 59.6 0.5° Ø31.5±0.1 90°等配 3 Ø11 座ぐり深さ 6.5(裏面より) 51 44 Ø6 H7 ( + 0. 0 1 2) 40Ø8 0 4 x M5 深さ8 90°等配 2 +0.025深さ5 6 x M4 深さ8 M4 深さ8+0.010 21 配線・配管用通し穴 4 x M4 深さ6 90°等配 6 +0.012 6×Ø9 0 2x 5 H7 (+ 0 .55 0 0 1 2 ) 深さ5 70 詳細図 A 10 65 69.6 19 20 0.02 (カバー) 2 x M4 深さ8174 深さ525 70 73.0 275 85 2+ 0 0 +0.01 100 510 詳細図 A 275 詳細図参照 A 2 x M4 深さ8 275 5 20 50 60 60 6×M4 深さ8 ロボット取付面 .80 R9 2 14 7×M4 深さ8 46 46 3×M4深さ8 60 60 50 M4 100.4 6×M4 深さ6 20 M4 深さ8 14 5 x M4 深さ6 105 5 x M4 深さ6 3×M4 深さ8 20 20 20 20 M4 深さ6 37 200 A’ A’ 2004×M4 深さ8 45 2×M4 深さ8 2×M4 深さ8 45 2×M4 深さ8 6 6 37 10 10 79 225 174.5 ロボット取付面 150以上 224 ケーブル用 410 292.5 スペース 詳細図参照 A 20 160 80 4 x 13 キリ 70 91 257 85 2 x M4 深さ8 動作範囲図 単位: mm( 347 ) ( 347 ) J2 = +30°, J3 = -180° は含まない +30° +30° J2 = - 30°, J3 = +180° は含まない ロボット取付面 ロボット取付面 渉領域) 6 x M4 深さ8R169(本体干渉領域) R169(本体干LED M4 深さ8 30 域) P点 R13 ( J2 = 0°, J3 = 90° )( J2 = 0°, J3 = - 90° ) R1 点 不可 領 0(侵 P 入不可 J4 侵入 領 5° ( 域 : + 19 ) J6 195° J4 : - 0° 矢視 A’ - A’ : 6 90 P点 + 3 R 629 0 3 6 : - 点 R2 0° ) ( J2 0 ° J P °, -90° ≦ J3 ≦ = 0°, 0° ( J2 = 0 ≦ J3 ≦ + 9 第4, 6関節 0パルス位置0° ) 動作範囲図 単位: mm( J2 = + 60°, 0 J3 = - 115° ) = 0° ) 16 0 ( J2 = - 60°, J3 = + 115° ) R16 0°, J 3 ° ) ( - J3 J3点 ≦ +1 8 18 0 180 点° R ( 0° ≦ J2 - ≦ J3 = ( - J 1 2 ≦ 6°, 1 0 0° 45 0 0 8 P , J R + 1 8 0° ≦ 点 3 = ≦ J2 R 0 ° ) P点 ° < J 2 < 0 - 4 3 50 0 -180deg( 3 °, J3 J4, J6 P ( J2 = + 135°, J3 = - 150° ) ( J2 = - 135°, J3 = + 150° ) = + 0パルス位置 点 側面図 側面図 18 0 R° ( 3 10 0° ≦ J2 ≦ + 180° のとき - 180° ≦ J2 ≦ 0° のとき ) P点 J4 : +200deg J4 : -200deg J2 (J6 : +360deg J6 : -360deg = 最小 - 180° ≦ J3 ≦ 0° 0° ≦ J3 ≦ + 180° 0パルス姿勢 0P 可 ( 点 °, J 動 J R1 3 = 範 J2 : +180deg 2 = + 010 ( 0 囲 ° ) 第1関節 0パルス位置 /- 18 最大可 ) ( J2 = 90°, J3 = - 180° ) J3 : -180deg 0°, J3 動= + 範/ 囲)J5 : -125deg -18 J3, J5 0J2 J1 ° ) 180° J1 : 0パルス位置 0パルス位置 0パルス位置 J1 : + - 180° J5 : -125deg J3 : +180deg R13 0 P点 領域 ) J2 : -180deg 入不可( 侵 P ( J 点2 = R + 1/- 6 9 00°, J3 = +180deg -/+ 90° ) ( J2 = P+/ 点- 9 0 R°, 4J 53 0 上面図 = -/+ 18 3100° ) 52 46.5 60.5 43 30 81.5 21.5 15 3 15.75±0.02 290 47.5 88.2 345.2 795.2 27 ( J2 P = 点 - 1 8 0 R°, 20° 9≦ 0J3 ≦ +1 80 15° ) 532.2 175 (ベースプレート) 57 290 160 47.5 80±0.05 22 21.5 15 169 90 ケーブル用スペース 14.8 60 69 120 55 160 138 60.5 43 30 88.2 (カバー) 46.5 345.2 52.5 52.5 242 50 110 180 140 302 962 15 1 867 155 55 52.5 52.5 5333 86.4 45° 84 84 67 67 70 80 1 157.5 7.5 160 20 150 80 202.5 338.3 242 50 110 180 140 92 .5 R 囲) 動範可 ° ) 最大 80 90° ( - 11 860R = + / 点 J3 37 P ( 45° 1 °80 37 90 3 ≦ 0° ) 2 ° ≦ J R 点 0°, - 1 80 P +1 8 ( J 2 = 45°