1/9ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.1Mb)

DDDJapan FMS (フィラメント・マネジメント・システム) ―追加拡張可能型―

製品カタログ

3Dプリンティングの成功へ―3Dプリンター用フィラメントの乾燥・保管システム

ほとんどのFDM方式3Dプリンターで起こる失敗の原因は、フィラメントが正しく扱われないことにあります。これは通常、湿気ったフィラメントによるものですが、日光にさらされすぎたり、室内のほこりが原因だったりすることもあります。

弊社でもカメラ用保管庫やフィラメントのメーカーが販売するフィラメント・ドライヤー等、様々な方法を試しましたが、やはり、湿気ったフィラメントや詰まりが原因でプリントが無駄になってしまいました。また、PEEKやOnyxといった材料のスプールの一部を破棄しなくてはならないこともありました。

FMSは、相対湿度を1%以下にまで保つだけでなく、実際に湿気ったフィラメントのスプールを乾かす、究極のシステムです。

このカタログについて

ドキュメント名 DDDJapan FMS (フィラメント・マネジメント・システム) ―追加拡張可能型―
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.1Mb
取り扱い企業 株式会社3D Printing Corporation (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

  DDDJapan 追加拡張可能型 FMS フィラメント・ マネジメント・ システム
Page2

乾燥の必要性 乾燥させることでより優れたプリンティングに 乾燥させたフィラメントと乾燥前のフィラメントで3Dプリンティングしたベンチー(彫り物) 同じセッティング、Gコード、ハードウェアで作成 最適なコンディション下で乾燥・調整・フィラメントの 流し込みをすることにより、3Dプリンティング用材料の ポテンシャルを最大に活かすことができます 多くのポリマーは周囲の環境から湿気を吸収します。水分子は極性があるため、ポリ マー内のポーラー・ファンクショナル・グループとの水素結合をすぐに形成してしまい ます。始めはフィラメントの表面に湿気が凝縮しますが(サーフェス・モイス チャー)、時間が経つと湿気が材料の内部に浸透してしまいます(バルク・モイス チャー)。どちらのタイプの湿気も大抵のポリマー系材料の加工に悪影響を及ぼしま す。これは、水分がポリマーの分子に作用してさらに細かくしてしまうためです(加水 分解)。 安定した加工が可能 フィラメント製造者は湿気耐性のあるフィラメントの開発に力を入れていますが、PP (ポリプロピレン)やPE(ポリエチレン)を除き、大抵の材料はプリンティングの前に 乾燥させなくてはなりません。FMSを使えばより安定したプリンティング・プロセスが 可能となり、ナイロンやTPU(熱可塑性ポリウレタン)等、湿気耐性の無い材料を用い ても、大きなパーツをプリントすることが可能となります。 機能特性の改善 加水分解は、3Dプリントされたパーツの物理的特性を大幅に低下させてしまいます。こ れにより3Dプリントされた部品のラミネート剥離や、構造的欠陥につながりかねませ ん。 表面欠陥の減少 FMSを使うと、3Dプリンティング時の湿気に起因する多くの失敗を減らすことが出来ま す。
Page3

乾燥の効果 フィラメントを乾燥させることで解決出来る問題 乾燥させることによる3Dプリント部品の立体的安定性への効果
Page4

FMS ―​ フィラメント・マネジメント・システム 多種類の材料を使用するシステム向けのドライングソリューション 統合可能なドライングシステム―― 貴社の3Dプリンティング製造システムのパフォーマンスを向上させる ために、DDDJapanのドライングテクノロジーをご活用下さい。 手軽に統合できる 安全性 ・場所を取らないコンパクトなデバイス ・ビルトインの過剰電流防止仕様 ・圧縮空気不要 ・ビルトインの過剰加熱防止仕様 ・冷却水不要 ・取替可能なHEPA(空気洗浄用エアフィ ・低振動レベル ルター)や活性炭素フィルターをセット ・低騒音レベル ・完全断熱 ・人間工学に基づいた正面部挿入式 ユーザビリティ コネクション ・タッチスクリーンのディスプレイ ・有線イーサーネット ・標準材料に対しては、ワンクリックで ・Wi-Fi 乾燥方法の設定が可能 ・FabControl™管理ソフト ・ユーザー側で乾燥方法のカスタマイズ が可能
Page5

仕様 プロ仕様のハードウェア サポートされているフィラメントのサイズ 1.75mm / 2.85mm / 3.00mm サポートされているスプールのサイズ 直径: 200mm 幅: 80mm 温度範囲 最低温度: 40℃ 最高温度: 80℃ / 150℃(2019年モデル) 製品の寸法 ドライヤー パッケージ出荷ー10台 (W)幅×(D)奥行×(H)高さ (W)幅×(D)奥行×(H)高さ 24 cm × 43 cm × 49 cm 80 cm × 120 cm × 130 cm 18 kg 電源 400W / 600W(2019年モデル)
Page6

オートメーション モジュラーかつスケールメリットあり 必要な分だけモジュラー・システムの性能を搭載することができるため、小バッ チのプラスチック製部品の生産に対しても、柔軟なソリューションが提供できる ようにデザインされています。オープンAMS(アディティブ製造システム)は自 動的にプリント・ベッドをマウントし、プリンティング・ユニットを設定、プリ ントを開始してプリント結果を保存します。少人数のオペレーターで24時間・週 7日のフル稼働が可能になります。 オープンAMSは顧客ニーズに応じてカスタマイズ・拡張可能です。 3Dプリンティング・ユニット オープンAMSは貴社の応用ニーズを満たすようにデザインされてお り、DDDJapanが製造している3Dプリント・ユニットや、他社のプ リンターにも適用出来ます。 幅広い材料 非常に幅広い種類の材料をご使用いただけます。搭載されているス マート・フィラメント・ドライング / フィードや管理システムがプロ セスの安定性を保証します。一流のベンダーの様々な材料に基づい て、応用用途に沿った開発を進めることが出来ます。 管理ソフト オープンAMSはマシン・ワークフロー管理ソフトであるFabControlに 適合しサポートするように作られています。これにより各プリント・ ユニットをモニターし、作業の順番・内容を指示し、完了までの時間 を予測することが出来ます。
Page7

DDDJapanの創るソリューション 顧客ニーズに対応するカスタムのソリューション DDDJapanの各ソリューションは、貴社の様々な問題に対応できます。これらの 製品は、3Dプリンティング用の材料を扱う自動システムとなっており、フィラメ ントの準備(格納・乾燥)から様々なホットエンドによる押出しまで全て自動化 されています。 準備 フィラメント・ドライヤー: 一般的な材料も高パフォーマンスの材料(ナイロン、PEEK、Ultem等)も、まずは乾燥 させて準備することが必要となります。DDDJapanのAMシステムは乾燥剤ディスク式の フィラメント・ドライヤーを搭載しており、全ての湿気耐性の無い材料に対応していま す。フィラメント・ドライヤーは貴社の3Dプリンターと統合するためにカスタマイズす ることも、スタンドアローンのソリューションとしても使うことも出来ます(標準的な フィラメントの直径全てに対応)。 デリバリー ロード、センシング、フィード、別の材料へのスイッチ等の機能で、スムーズな材料の デリバリーを実現します。 ・光学フィラメント・センサー: 標準的な直径のいかなるフィラメント材料にも用いることができ、完全に自動化さ れたソリューションです。 ・フィラメント・フィーダー: フィラメントが歪んだり崩れたりするのを防止するよう設計されています。
Page8

・フィラメント・バッファー: エクストルージョン・システムとシンクロし、エクストルージョン(押出し)とリ トラクション(押出しの逆で、加工過程で一度出したものを「引込める」こと)の 両方のプロセスでフィラメント・フィーダーをコントロールし、スムーズなデリバ リーを実現します。 エクストルーダー 全て金属製のデザインで、高品質のフィラメント・エクストルーダーであり、様々な3D プリンティング・デバイスに統合出来ます。二つの主要なデザインとしては: ・デュアルドライブ・ギア / ボーデン・チューブのデザイン ・デュアルドライブ・ギア / ダイレクトドライブのデザイン があります。DDDJapanのAMシステムはカスタムのエクストルーダー・ソリューション において、実績ある貴社のパートナーであり、ミニチュア・デザイン、エクストルー ダーとホットエンド間のロードにおけるフィラメント圧力検知、その他様々な機能をご 提供します。 ホットエンド DDDJapanのAMシステムは以下のような様々なホットエンド・ソリューションを提供し ます: ・冷水熱遮断 ・部品冷却用圧縮空気 ・シングルノズル・ダイレクトドライブ ・デュアルノズル式ホットエンドにおける切替え ・高温ホットエンド(475℃) ・材料別ホットエンド ・特定用途のためのカスタム・ノズル(摩擦防止、医療向け等)
Page9

お問い合わせ 株式会社3D Printing Corporation 事業本部:   〒400-0034 山梨県甲府市宝1-11-23 2F 3Dプリンターラボ:   〒145-0061 東京都大田区石川町1-1 東京工業大学 石川台5号館203号 電話番号:055-207-3664 E-mail(一般):info@dddjapan.com E-mail(技術サポート):support@dddjapan.com