1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(750.1Kb)

Microflownプローブ ソリューションカタログ

製品カタログ

【東陽テクニカ】世界で唯一、音響粒子速度を直接計測できるMicroflownプローブ

・音響インテンシティ測定システム→音響解析
・スキャン&ペイント→高速音響マッピング
・表面インピーダンス測定システム→“その場”吸音率測定
・スキャン&リッスンアドオン→音源探査

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 Microflownプローブ ソリューションカタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 750.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社東陽テクニカ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

工業用振動センサ 総合カタログ
製品カタログ

株式会社東陽テクニカ

自動車計測ソリューション 総合カタログ
製品カタログ

株式会社東陽テクニカ

このカタログの内容

Page1

Microflownプローブ ソリューションカタログ Charting sound fields! わからなかったことがわかる 世界で唯一、音響粒子速度を直接計測できるMicroflownプローブ 新たな音響解析の世界へ! さぁ、“音を見よう” スキャン&ペイント 高速音響マッピング 音響インテンシティ測定システム 音響解析 表面インピーダンス測定システム スキャン&リッスンアドオン 音源探査 表面インピーダンス測定システム “その場”吸音率測定
Page2

音響インテンシティ測定システム 音響解析 音響インテンシティ測定システムはFFTからオクターブ、音響インテンシティやサウンドパワーなどの計算機能があります。また、音響 粒子速度、音圧、音響インテンシティのマッピング機能も搭載しています。ユーザーフレンドリーな操作で、設定から計測、音響マッピン グまでを簡単に行うことができます。 メリット ● 広帯域: 20Hz~20kHz ● バックグラウンドノイズの影響を受け難い ● ユーザーフレンドリーな操作 ● 様々な解析機能を搭載 左のタブから右のタブへ順番に移動 Measure Single file 2D Configuration 2D Color map 2D Report/Export 計測 音響マッピング用グリッド作成 レポート作成 計測データの確認、再生 音響マッピング 表示可能なグラフ ・ 音圧スペクトル ・ クロススペクトル ・ コヒーレンス  実数、虚数、虚数 / 実数、位相 ・ 時間波形 ・ 伝達関数 ・ 音響粒子速度スペクトル  音響粒子速度 / 音圧、音圧 / 音響粒子速度 右クリックで変更可能 スピーカーで再生可能(音響粒子速度&音圧) 全てのデータを一斉に割り当てが可能 ・ アクティブインテンシティ ・ リアクティブインテンシティ ・ 音圧 ・ 音響粒子速度 ・ サウンドパワー のマッピングが可能 収録したデータの確認 A・C特性、1/3オクターブバンドへワン クリックで変更可能 グリッドを任意に作成し、データを割り当て 画像を取り込み、音響マップを作成 システム構成 型式 付属プローブ プローブ、シグナルコンディショナ、ケーブル、専用解析ソフト 対応、 SI-PR-SCT PUプローブ(Win7 ) SI-PM-SCT PU-MINIプローブ SCOUT422(4chAD/1chDA)、専用ケース SI-PT-SCT PU-MATCHプローブ 株式会社 東陽テクニカ | E-mail: P11@toyo.co.jp | TEL. 03-3245-1240
Page3

スキャン&ペイント 高速音響マッピング スキャン&ペイントは音響粒子速度、音圧、音響インテンシティのマッピングを簡単かつ短時間で行うシステムです。音響粒子速度と 音圧のデータを収録しながら、同時にWEBカメラでプローブの位置を収録。後処理でプローブの位置とその位置における音響粒子 速度、音圧のデータを自動同期させます。従来の音響ホログラフィ法と比べ、短時間で音響マップの作成が可能になりました。 メリット ● 広帯域: 20Hz~20kHz ● バックグラウンドノイズの影響を受け難い ● 無響室が不要 ● 自動データ割り当てによる短時間音響マッピング ■ 接続例 表示可能なグラフ ・ 音圧スペクトル ・ 音響粒子速度スペクトル ・ 時間波形 ・ コヒーレンス  実数、虚数、虚数 / 実数、位相 ・ 伝達関数  音響粒子速度 / 音圧、  音圧 / 音響粒子速度 セッティングはとても簡単 プローブ、AD、カメラを接続 ソフトを立ち上げ、スタートボタンを 押すだけで計測スタート ・ 周波数レンジ ・ 周波数分解能 ・ オーバーラップ率 ・ 窓関数 ・ 平均回数 の設定が可能 任意の位置・範囲のスペクトラムを 別ウィンドウで表示可能 音響粒子速度と音圧のデータを収録しながら、 同時にWEBカメラでプローブの位置も収録 ソフト側でプローブの位置に音響粒子速度 と音圧のデータを“自動”で割り当てる ・ 音響粒子速度 ・ 音圧 ・ アクティブインテンシティ ・ リアクティブインテンシティ のマッピングが可能 割り当てられたデータから、音圧、音響粒子速度、 音響インテンシティのマッピングを行う システム構成 型式 付属プローブ プローブ、シグナルコンディショナ、ケーブル、専用解析ソフト SP-PR-SCT PUプローブ(Win7対応)、 SP-PM-SCT PU-MINIプローブ SCOUT422(4chAD/1chDA)、Webカメラ、三脚、専用ケース SP-PT-SCT PU-MATCHプローブ 株式会社 東陽テクニカ | E-mail: P11@toyo.co.jp | TEL. 03-3245-1240
Page4

表面インピーダンス測定システム “その場”吸音率測定 表面インピーダンス測定システムは、従来の音響管等による吸音率測定のようなサンプルを切り出して計測する手法ではなく、サ ンプルを取り付けた製品本来の状態での吸音率を求める新たな手法を可能にしたシステムです。これは、サンプル表面の表面イン ピーダンス(音圧/音響粒子速度)を計測することにより、吸音率(反射率)を求める手法(表面インピーダンス法)で、非常に小型でか つ音響粒子速度を直接計測できるMicroflownプローブだからこそ可能となる新しい手法です。 メリット ● 広帯域: 300Hz~10kHz ● 製品状態での吸音率測定が可能 ● 計測時間が短い ● サンプルの切り出しが不要 ■ 接続例 バネやゴムを用いてプローブとスピーカーを保持し 振動によるノイズを除去 ■ 表面インピーダンス法 Microflown 球形 プローブ スピーカー 音圧&音響粒子速度 (入射) インピーダンスガン 右クリックで変更可能 音圧&音響粒子速度(反射) サンプル SCOUT422のPower Amp出力端子 表示可能なグラフ から直接スピーカーに接続可能 ・ 吸音率 ・ コヒーレンス P(入射+反射) ・ 反射率 ・ クロススペクトル 表面インピーダンス Z= U(入射+反射)  実数、虚数、大きさ、位相  実数、虚数、虚数 / 実数、位相 ・ インピーダンス ・ 時間波形 Z-ρ反射率 cR=  大きさ、位相 ・ 伝達関数 Z+ρc 2 ・ 音圧スペクトル  音響粒子速度 / 音圧、 吸音率 α= 1-lRl ・ 音響粒子速度スペクトル  音圧 / 音響粒子速度 P:音圧 U:粒子速度 ρ:空気密度 c:音速 インピーダンスガンを用いて、サンプル表面の 計測した音響粒子速度と音圧データから表面 音響粒子速度と音圧を計測 インピーダンスを計算 表面インピーダンスから吸音率を計算 システム構成 型式 付属プローブ プローブ、シグナルコンディショナ、ケーブル、専用解析ソフト(Win7対応)、 IMP-PM-SCT PU-MINIプローブ SCOUT422(4chAD/1chDA)、インピーダンスガン、専用ケース IMP-PT-SCT PU-MATCHプローブ 株式会社 東陽テクニカ | E-mail: P11@toyo.co.jp | TEL. 03-3245-1240
Page5

スキャン&リッスンアドオン 音源探査 スキャン&リッスンは、簡単かつ位置精度の高い音源探査を可能にしたシステムです。 Microflownプローブを接続したポータブルアンプから、ヘッドフォンを通して音響粒子速度を直接“音”として聞くことができます。 Microflownプローブを使い音響粒子速度を対象物近傍で計測することで、バックグラウンドノイズの影響を受けることなく目的の音 源を探すことができます。またMicroflownプローブは非常に小型で指向性が高い為、ピンポイントで音源を特定することができます。 メリット ● 広帯域: 20Hz~20kHz ● バックグラウンドノイズの影響を受け難い ● ポータブル ● 位置精度の高い音源探査が可能 対象物に近接できる ■ ポータブルアンプ ボリューム 音圧/音響粒子速度の 切り替えスイッチ ヘッドフォン端子 外部出力端子 プローブ接続端子 システム構成 型式 プローブ駆動用ポータブルアンプ、専用ケーブル、ヘッドフォン、専用ケース SL-ADD 株式会社 東陽テクニカ | E-mail: P11@toyo.co.jp | TEL. 03-3245-1240
Page6

構成品 ■ プローブ PU-MATCHプローブ 音響粒子速度 周波数範囲 : 1Hz~20kHz 測定レンジ : 135dB(ref. 50nm/s) 感度 : 40mV/(mm/s) PUプローブ PU-MINIプローブ 音圧 周波数範囲 : 20Hz~20kHz 音響粒子速度 音圧 測定レンジ : 110dB(ref. 20μPa) 周波数範囲 : 1Hz~20kHz 周波数範囲 : 20Hz~20kHz 感度 : 20mV/Pa 測定レンジ : 124dB(ref. 50nm/s) 測定レンジ : 110dB(ref. 20μPa) 感度 : 80mV/(mm/s) 感度 : 20mV/Pa MFSC-2 SCOUT422 2chシグナルコンディショナ 入力 : 4ch, 24bit, 52ks/s, 1-10V ゲイン 出力 : 1ch, 24bit, 52ks/s, 10V peak 周波数応答補正 TACH入力 : 1ch, 1MHz アンプ出力 : 5-27W ■ 表面インピーダンス測定システム ■ スキャン&リッスンアドオン インピーダンスガン プローブ駆動用ポータブルアンプ 入力 : 音響粒子速度と音圧 出力 : Line OutとHead Phone 音響粒子速度と音圧スイッチ切替 電源 : 9V 乾電池/14-18VDC電源 付属品リスト 品名 型式 PU PU-MINI PU-MATCH プローブ シグナル SCOUT422 専用解析 プローブ プローブ プローブ ケーブル コンディショナ (AD/DA) ソフト Web カメラ 三脚 インピー ダンスガン ケース 音響インテンシティ SI-PR-SCT ● ● ● ● ● ● 測定システム SI-PM-SCT ● ● ● ● ● ● SI-PT-SCT ● ● ● ● ● ● 音響インテンシティアドオン SI-ADD ● スキャン& SP-PR-SCT ● ● ● ● ● ● ● ● ペイントシステム SP-PM-SCT ● ● ● ● ● ● ● ● SP-PT-SCT ● ● ● ● ● ● ● ● スキャン&ペイントアドオン SP-ADD ● ● ● ● 表面インピーダンス IMP-PM-SCT ● ● ● ● ● ● ● 測定システム IMP-PT-SCT ● ● ● ● ● ● ● 表面インピーダンスアドオン IMP-ADD ● ● ● 株式会社 東陽テクニカ 営業第11部 〒103-8284 東京都中央区八重洲1-1-6 TEL. 03-3245-1240 FAX. 03-3246-0645 JQA-EM4908 JQA-QM8795 http://www.toyo.co.jp/sens E-mail: P11@toyo.co.jp 電子技術センター 大 阪 支 店 〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1(新大阪ブリックビル) TEL. 06-6399-9771 FAX. 06-6399-9781 名 古 屋 営 業 所 〒465-0095 愛知県名古屋市名東区高社1-263(一社中央ビル) TEL. 052-772-2971 FAX. 052-776-2559 茨 城 営 業 所 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-8-8(つくばシティアビル) TEL. 029-851-1366 FAX. 029-852-3421 電子技術センター 〒103-8284 東京都中央区八重洲1-1-6 TEL. 03-3279-0771 FAX. 03-3246-0645 テクノロジーインターフェースセンター 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-1-2 TEL. 03-3279-0771 FAX. 03-3246-0645 MFT-4420-01-1203000-071-2.0-N5G-CA 本カタログに記載された商品の機能・性能は断りなく変更されることがあります。