このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(723.1Kb)

【新商品】TP01シリーズ アナログタイプ4線式 タッチパネル

製品カタログ

流れるような操作感 抵抗膜方式でなめらかなマルチタッチを実現

抵抗膜方式タッチパネルながら当社比1/2以下の入力荷重を実現、業界トップレベルの軽いタッチで入力ができます。また、専用のコントロールボードを使用することによりピンチイン/アウトなどのマルチタッチ操作も対応可能です。
確実な操作を望む産業機器や医療機器の分野においてもマルチタッチの操作性の需要は高まっており、そのニーズにこたえる商品として開発されました。今期よりタッチパネルソリューションを開始、タッチパネルの新規需要の掘り起しを目指します

このカタログについて

ドキュメント名 【新商品】TP01シリーズ アナログタイプ4線式 タッチパネル
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 723.1Kb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 NKKスイッチズ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

New Products 新商品 CONTACT No. 309 流れるような操作感 抵抗膜方式でなめらかなマルチタッチを実現 TP01シリーズ アナログタイプ4線式 タッチパネル
Page2

新サービス NKKのタッチパネルソリューション お客様のお悩みやご要望 ・自社開発はできるのでタッチパネルのみ調達したい ・自社で LCDの調達が難しいので LCD調達もお願いしたい ・設備がないから貼りあわせをしてほしい ・アプリケーションソフトウェアを自社で開発ができない ・メインボードとの I/F ボードをカスタムで開発してほしい NKKのタッチパネルソリューション ご要望にお応えしてNKKの提供するサービスの充実を図ります。ご相談下さい。 タッチパネル ノイズに強く,確実な動作 のタッチパネルを提供。狭 開発コスト削減 額縁にも対応。 開発工数削減 タッチパネルコントロールボード 開発技術のサポート NKK のタッチパネルに適 したコントロールボードを 提供。 貼りあわせ  品質管理 国内工場にて,高品質な 貼り合わせ工数削減 タッチパネルと LCDの貼 り合わせを実現。 まとめて仕入れでコスト削減 品質管理 LCD調達 NEW ニーズに合わせて幅広い 開発コスト削減 サイズの LCDを提供。 開発工数削減 開発技術のサポート お客様の NEW メインボード まとめて仕入れでコスト削減 との メインボードにマッチした I/F ボードを カスタムで I/F ボードを開発。 品質管理 開発 貼り合わせ工数削減 アプリケーション NEW ソフトウェアの開発 開発コスト削減 ソリューションとソフト 開発工数削減 ウェアビジネスを提供。 開発技術のサポート
Page3

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル アナログ抵抗膜方式タッチパネルで軽タッチ入力を実現 オプションのコントロールボードを使用することにより マルチタッチ機能も対応可能 軽荷重入力で 標準品(フィルム+ガラス)  2点ジェスチャー入力にも対応 当社従来品比1/2以下の入力荷重で確実な入力と 幅広い入力方式 軽快な操作感を実現しました。専用のコントロー 抵抗膜方式タッチパネルのため、入力 ルボードを使用することによりピンチイン/アウ 方法を選ばず、指・ペン、手袋をした トなどのマルチタッチ操作も対応可能です。 ままの入力も可能です。 適応画面サイズを幅広く対応 ノングレア表面処理フィルム表面は,ノングレア表面処 アナログタイプ: 10.4型・10.6型(Wide)・ 理により蛍光灯等の映り込みを緩和 12.1型・12.1型(Wide)・ しました。 15型・15.6型(Wide)・ 19型 金属テールを採用 金属テールを標準で採用しました。 ANRフィルム採用 ANR〔Anti Newtons-Rings〕フィ ルム採用により干渉縞が発生しない ため,画面の視認性が向上しました。 LCDの狭額縁対応 LCDの狭額縁に対応してタッチパネルも ハードコート 狭額縁化、機器のデザイン性を損ないません。 フィルム表面は,指・ペンによる傷の (10.6型以上は狭額縁対応) 発生防止に優れているハードコート(硬 い樹脂でコーティング)です。 抵抗膜方式を採用 コントロールボード TP01シリーズは,透明導電性薄膜技術を活かした抵抗 アナログタイプタッチパネルとコントロールボード・デバ 膜方式のタッチパネルです。液晶パネルやプラズマEL等 イスドライバをコンピュータ上で組合わせてご使用いただ の様々な表示装置と組み合わせることによって,専門の くことにより,タッチパネル画面を触れるだけでマウスと 作業者やコンピュータの知識を持った方でなくても,対 同様に操作が可能です。 話形式で容易に入力操作が可能です。 タッチパネルは現在様々な方式が使われておりますが, そのなかでも抵抗膜方式は,入力方式(デジタル,アナ あらゆるニーズに柔軟に対応します。 ログ),サイズ等,設計の自由度が高く,価格も比較的安 カスタム対応品(抵抗膜方式) 価なため実績のある方式です。 抵抗膜方式なので手のひらサイズから,用途に合わせた サイズ等自由に指定が可能です。 透明導電膜 操作面 上部透明電極(フィルム) 周辺機器への組込みやLCDとの貼り合わせも可能です。 接着層 フィルム+フィルム等,材質構成は用途により自由に対応 下部透明電極(ガラス) ドットスペーサー が可能です。 防指紋,高透過率品等各種フィルムも対応が可能です。 ペン入力・指入力等入力方式も指定が可能です。
Page4

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル 共通仕様 アナログタイプ 4線式タッチパネル仕様 最 大 定 格 1mA 5.5V DC(抵抗負荷) X Y 全 抵 抗 値 250~850Ω(ワイドタイプは120~1,500Ω) リ ニ ア リ テ ィ ±1.5%以下 絶 縁 抵 抗 DC 25V 10MΩ以上 動作寿命df 摺動 50,000回往復以上(ポリアセタールペンにて約30mm移動) 打鍵 1,000,000回以上( シリコンゴム60°) 操 作 力 0.02~1N以下 バ ウ ン ス 10msec以下 耐 湿 性 40℃ 相対湿度90% 240H(結露なきこと) 使 用 温 度 範 囲 -20~+70℃ 保 管 温 度 範 囲 -40~+80℃ 全 光 線 透 過 率 80%(TYP.)(タッチパネル部) 表 面 硬 度 3H以上(JIS K5400)(鉛筆硬度) 各定格・性能値は単独試験における値であり,複合条件を同時に保証するものではありません。 試験条件および判定基準は、総合カタログD-24ページ「共通試験方法」をご確認ください。 主な用途 ・FAシステム ・医療管理システム 生産工程管理システム,生産システムコントロール, カルテ管理システム,医療データ処理システム, 各種工作機器の入力システム,プラントコントロールシステム 理学治療システム,ベッドサイドモニター ・通信システム ・計測器 受付案内システム,レストランオートメーションシステム, POSシステム,交通システム ・OAシステム 各種OA機器の入力システム,ビル管理システム, 経営管理システム,スケジュール管理システム 形名体系 TP01 - 104 A - 4 K C 記号 可視エリア 記号 アスペクト比 記号 入力方式 記号 操作タイプ画面サイズ A 4:3 4 4線式 K 軽タッチ 104 10.4型 W 16:9 106 10.6型 121 12.1型 150 15型 156 15.6型 記号 梱包内容 190 19型 なし タッチパネル単体 B タッチパネル及びコントロールボード附属 C タッチパネル及びIC付属 ▲ ▲ ▲
Page5

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル 商品ガイド TP01-104A-4K TP01-106W-4K TP01-121A-4K TP01-121W-4K TP01-150A-4K TP01-156W-4K TP01-190A-4K 形   名 適応画面 キーエリア寸法 可視エリア寸法 外形寸法 パネル厚み入力方式 テール形状サ イ ズ (mm) (mm) (mm) (mm) 1mmピッチ4ピン TP01-104A-4K 10.4型 指・ペン共用 211.2×158.4 215×162.4 225.6×171.4 2.1 長さ80mm 1mmピッチ4ピン TP01-106W-4K 10.6型W 指・ペン共用 230.4×138.2 233.4×141.3 247.8×154.8 2.1 長さ80mm 1mmピッチ4ピン TP01-121A-4K 12.1型 指・ペン共用 245.8×184.3 249.6×188.1 260×198 2.1 長さ80mm 1mmピッチ4ピン TP01-121W-4K 12.1型W 指・ペン共用 261.12×163.2 264.26×166.4 275×176 2.1 長さ80mm 1mmピッチ4ピン TP01-150A-4K 15型 指・ペン共用 304.1×228.1 308.1×232.1 321.8×245.5 2.1 長さ77.7mm 1mmピッチ4ピン TP01-156W-4K 15.6型W 指・ペン共用 344.2×193.5 347.5×196.8 362.6×214.2 2.1 長さ80mm 1mmピッチ4ピン TP01-190A-4K 19型 指・ペン共用 376.3×301 382×307.4 395.5×321 2.1 長さ80mm 参考価格 タッチパネル タッチパネル+コントロールボード タッチパネル+IC 形 名 参考価格 形 名 参考価格 形 名 参考価格 TP01-104A-4K ¥3,770 TP01-104A-4KB ¥8,120 TP01-104A-4KC ¥5,940 TP01-106W-4K ¥4,130 TP01-106W-4KB ¥8,480 TP01-106W-4KC ¥6,300 TP01-121A-4K ¥4,490 TP01-121A-4KB ¥8,840 TP01-121A-4KC ¥6,670 TP01-121W-4K ¥4,930 TP01-121W-4KB ¥9,270 TP01-121W-4KC ¥7,100 TP01-150A-4K ¥6,670 TP01-150A-4KB ¥11,010 TP01-150A-4KC ¥8,840 TP01-156W-4K ¥7,320 TP01-156W-4KB ¥11,660 TP01-156W-4KC ¥9,490 TP01-190A-4K ¥13,190 TP01-190A-4KB ¥17,530 TP01-190A-4KC ¥15,360 ・掲載価格は,2017年5月22日現在の参考価格です。 ※TP01シリーズのコントロールボード及び検出用ICは, ・価格には消費税は含まれておりません。消費税は別途申し受けます。 タッチパネルとのセット販売になります。 発売開始日 2017 年 5月22日 ▲ ▲ ▲
Page6

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル タッチパネル外形図 TP01-104A-4K テール先端部詳細 225.6 ±0.3 (0.5) 215(可視エリア) 211.2(キーエリア) 114.1(キーエリア中心) 5±1 YUP 80±1 (65) 10±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 5 ±0.1 1X3=3 ±0.05 0.3 ±0.05 0.7 ±0.05 4 1 15 XLE XRI 2.1 ±0.2 (1.5()エアベント) 158.4(キーエリア) 162.4(可視エリア) 171.4 ±0.3 ▲
Page7

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-106W-4K テール先端部詳細 (0.5) 247.8 5±1 233.4(可視エリア) 230.4(キーエリア) 125.3(キーエリア中心) YUP 80±1 (65) 10±1 キーエリア中心 端子No. 補強フィルム YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 5 ±0.1 75.8(キーエリア中心) 1X3=3 ±0.05 0.3 ±0.05 0.7 ±0.05 4 1 XLE XRI 2.1 ±0.2 (1.5)(エアベント) 138.2(キーエリア) 141.3(可視エリア) 154.8 ±0.3
Page8

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-121A-4K テール先端部詳細 260 ±0.3 (0.5) 249.6(可視エリア) 245.8(キーエリア) 131.5(キーエリア中心) 5±1 YUP 80±1 (65) 10±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 5 ±0.1 0.3 ±0.05 1X3=3 ±0.05 0.7 ±0.05 4 1 15 XLE XRI 2.1 ±0.2 (1.5()エアベント) 184.3(キーエリア) 188.1(可視エリア) 198 ±0.3
Page9

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-121W-4K テール先端部詳細 (0.5) 275 ±0.3 264.26(可視エリア) 261.12(キーエリア) 138.89(キーエリア中心) 5±1 YUP 80±1 (65) 10±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 5 ±0.1 1X3=3 ±0.05 0.7 ±0.05 0.3 ±0.05 4 1 15 XLE XRI ±0.2 (1.5()エアベント)2.1 163.2(キーエリア) 166.4(可視エリア) 176 ±0.3 
Page10

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-150A-4K 321.8 ±0.3 テール先端部詳細 308.1(可視エリア) 304.1(キーエリア) 165.2(キーエリア中心) 5±1 YUP 77.7 ±1 (67) 10.2 ±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 5 ±0.1 1x3=3 ±0.05 0.3 ±0.05 0.7 ±0.05 4 1 15.6 XLE XRI ±0.2 (1.5()エアベント)2.1 228.1(キーエリア) 232.1(可視エリア) 245.5 ±0.3
Page11

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-156W-4K テール先端部詳細 362.6 ±0.3 (0.5) 347.5(可視エリア) 344.2(キーエリア) 181.3(キーエリア中心) 5±1 YUP 80±1 (65) 10±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 0.3 ±0.05 5 ±0.1 1x3=3 ±0.05 4 1 0.7 ±0.05 15 XLE XRI 2.1 ±0.2 (1.5()エアベント) 193.5 (キーエリア) 196.8(可視エリア) 214.2 ±0.3
Page12

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル TP01-190A-4K 395.5 ±0.3 382(可視エリア) 376.3(キーエリア) 198.1(キーエリア中心) テール先端部詳細 (0.5) YUP 5±1 80±1 (65) 10±1 端子No. 補強フィルム キーエリア中心 YLO 接触面(金メッキ) テール 上部電極 補強シート 補強フィルム 下部電極 回路指定 端子番号 信 号 名 YUP 1 YUP 2 YLO 1 3 XLE XLE XRI 4 4 XRI YLO YUP,YLO:下部電極端子 XLE,XRI :上部電極端子 ±0.1 0.3 ±0.05 5 4 1 1x3=3 ±0.05 0.7 ±0.05 15 XLE XRI 2.1 ±0.2 (1.5()エアベント) 301(キーエリア) 307.4(可視エリア) 321 ±0.3
Page13

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル コントロールボード 触れて広がる無限の アナログタイプ4線式タッチパネルとコントロールボード・デバイスドライバをコンピュータ上で組合わせてご使用いた     インタフェース だくことにより,タッチパネル画面を触れるだけでマウスと同様に操作することができます。 ● インタフェースはUSBに対応 コントロールボード ●デバイスドライバ Windows7/ 8/10対応 形 名 インタフェース タッチパネルタイプ TP01-□ -4KB USB 4線式 □には,104A,106W,121A,121W,150A,156W,190Aのいずれかが 入ります。 TP01シリーズのコントロールボード及び検出用ICは,タッチパネル とのセット販売になります。 システム構成例(USB対応用) タッチパネル用コネクタ USB対応用 USB用 コントロールボード 接続ケーブル アナログタイプ タッチパネル 本体 USB用ヘッダコネクタ アナログタッチパネル検出用IC パソコン用モニタ デバイスドライバ をインストール は,NKKスイッチズ(株)の取り扱い商品です。 最  大  定  格 推 奨 動 作 条 件 項 目 記号 Min Max 単位 定 格 値 項 目 記号 単位 条   件 電源電圧 VCC +4.5 +5.5 〔V〕 Min Typ Max 入力電圧 VTP ̶ VCC 〔V〕 電源電圧 VCC +4.5 +5 +5.5 〔V〕 動作温度 TOPR -20 +70 〔℃〕 動作温度 TOPR ー 20 ̶ +70 〔℃〕結露なきこと 保存温度 TSTG -30 +85 〔℃〕▲
Page14

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル コントロールボード アナログタッチパネル検出用 IC ・アナログタイプ4線式タッチパネルとコントロールボードを ・アナログタッチパネルご使用において,押下位置の座標変換 コンピュータ上で組合わせてご使用いただくことにより,タッ を高速かつ高精度に行うICです。タッチパネルより検出さ チパネル画面を触れるだけでマウスと同様に操作することが れたアナログ電圧をA/D変換し,または座標値をUSBに できます。マルチタッチに対応しておりジェスチャ操作が可 て出力します。 能です。 ・マルチタッチに対応しておりジェスチャ操作が可能です。 ・適用OS: Windows 7/8/10 ・適用OS: Windows 7/8/10 ※コントロールボードのご使用に際しましては,製品仕様書を ※ICのご使用に際しましては,製品仕様書をご参照くださいま ご参照くださいます様お願い致します。製品仕様書は当社販 す様お願い致します。製品仕様書は当社販売部門までお問い 売部門までお問い合わせください。 合わせください。 特長  ・高速,高精度  ・入力座標データのノイズ除去機能内蔵 ( バウンス,外部機器ノイズの除去等)  ・キャリブレーション機能内蔵 位置補正ソフトウエア ・コントロールボード又は,ICと組み合わせて使用する位置補 正ソフトウェアを準備しております。 ・適用OS:Windows 7 USB対応 コントロールボード 65 57 CN1 4 線式アナログタッチパネル接続用(4ピン) 設定スイッチ SW2 4x3.3 ピン番号 記号 端子名 1 YUP パネル駆動端子 PSW2 ON ON 2 YLo パネル駆動端子 PSW1,PSW5 OFF コネクタ1 2 3 4 CN3 3 XLE パネル駆動端子 PSW4 4 XRI パネル駆動端子 PSW3,PSW6 CN3 USB用ヘッダコネクタ(5ピン) ON ON OFF ピン番号 記号 端子名 1 2 3 4 1 VCC VCC 2 D- D- コネクタCN1 設定スイッチ SW1 3 D+ D+ ロット記号表示 4 GND Vss(0V) タッチパネルテール挿入方向 5 FG シールドGND 接触面 1 30 (3.95) 37 ▲ ▲ ▲ ▲
Page15

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル 取り扱い説明 側を固定してください。上部電極とケースやハウジングを両面テー プなどで接着されると上部電極と下部電極の接着部にストレスがか かり,破損,フィルムの歪み,誤動作の原因となります。 コントロールボード 取扱い注意 ・タッチパネルの内圧と外圧を均一にするためにエアベントが設けて ・ 当商品は当社製以外のタッチパネルとの組み合わせによるご使用は あるものがあります。取り付け時には,塞がないようにしてくださ 動作保証対象外となります。 い。また,エアベントや商品外周部(上部電極と下部電極の接着部) ・ 当商品の取扱いに際しては,静電気に対して充分注意し,作業者及 から水や油等が浸入しないようにしてください。 び作業所のアース対策をしてください。 ・タッチパネル取り付け機器からエア圧力等によりエアベントを通し ・ 当商品の電源は,ホスト及びタッチパネルと接続後投入してください。 てタッチパネル内部にエア圧力が加わり上部電極が盛り上がるよう ・ 当商品のコネクタCN1とタッチパネルテール部の挿抜は,必ずコネ な状態は避けてください。寿命の低下など悪影響を及ぼすことがあ クタCN1のスライダーを引いた状態で行い,抜回数は10回以下と ります。また,エアベントを通してタッチパネル内部の圧力を下げ してください。 ますと干渉縞の発生や常時入力状態となる場合がありますので注意 ・ 当商品の改造は行わないでください。 してください。 ・ 当商品は改良のため予告なく内容を変更することがあります。 ・テール接続部や先端部に結露等で水分が付着するとマイグレーショ ・仕様書に規定されているコマンド以外使用しないでください。 ンにより短絡不良を起こすことがありますので注意してください。 ・ 当商品を使用されることにより発生した損害に対しては,一切の責 任を負いかねます。 取扱い上の注意 ・ タッチパネル本体とコントロールボードを繋いでいるテールはノイ ・商品の開封の際は,上下/表裏方向に注意してください。また,ガ ズの影響を受けやすいためノイズ源(LCD駆動用インバータ等)から ラスの端面は面取りしていないためコーナーやエッジ部が尖ってい なるべく離してください。 ることがあります。指等を切ることがありますので取扱いには手袋 ・ 保証期間は納入後1年間と致します。 の着用等十分注意してください。 ・テール部をつかみ商品を持ち上げたり,テール部を引っ張らないよ うにしてください。テール接着部が破損する可能性があります。 取付け時の注意 ・商品に指紋や汚れが付着しないように,手袋や指サック等を着用し ・ケースやハウジングが商品に無理なストレスを与え歪みを生じない てください。 様にしてください。 ・商品をつかむ際は可視エリア外の範囲を持つようにしてください。 ・テール部は最も弱く断線しやすいため引っ張りやストレスを与えな ・商品の表面の汚れを取るときは,エタノールを含んだやわらかい布 いでください。 等で軽くふき取ってください。エタノール以外の溶剤は使用しない ・テールは,折り目を付けるような曲げ等の過度のストレスを与えな でください。 いでください。断線や抵抗値増大の可能性があります。 ・商品の保存は,納入時の包装箱で仕様書に定められた温湿度範囲で ・ガラス製の場合は特に振動や衝撃を考慮した取付けを行ってくださ 行ってください。 い。 ・商品の保存は,酸性の雰囲気中やその他の腐食ガスの雰囲気中では ・タッチパネルの取付けはガタが生じないようにしてください。検出 行わないでください。 が不安定になる場合があります。特にアナログタイプは,操作時の ・商品の保存は,結露が発生する環境では行わないでください。 ガタツキが検出性能に影響を与えます。 ・商品どうしの重ね置きや商品の上に他の物を置きますと無理な荷重 ・ケースやハウジングの先端には,バリ等が無いようにしてください。 を与え,歪みやソリの原因となったり商品自身のエッジ部でキズを バリで誤動作することがあります。また,ケースやハウジングの先 付けることがありますので避けてください。 端は,キーエリアに入らないようにしてください。ケースやハウジ ・商品には保護フィルムを貼り付けてありますので使用直前まで装着 ング先端での誤動作の要因となる可能性があります。 しキズ等を防いでください。保護フィルムは,長期間付けたまま保 ・ケースやハウジングと上部電極間は,温度変化等によるケースやハ 管しますと保護フィルムの粘着材が商品側に付着することがあります。 ウジングと上部電極の収縮差や,歪み,変形に影響がないように隙 間(0.5mm程度)をあけてください。隙間に緩衝材を設ける場合は 操作上の注意 上部電極を強く押さないようにしてください。上部電極を強く押し ・商品の操作は,指または専用入力ペン(ポリアセタール製等のペン 付けたり,両面テープ等で固定すると上部電極の歪みやたわみを引 が市販されています)以外のものでは操作しないでください。特に き起こし,外観,機能に悪影響を及ぼすことがあります。緩衝材は, ボールペンやシャープペン等の先端が硬いものでは操作しないでく A部より0.6mm以上外側に取り付けてください。 ださい。表面のキズばかりではなく誤動作やガラス割れ破損の恐れ があります。 ・可視エリアとキーエリアの間は構造上耐久性が弱くなっています。 ペン等で強く擦らないでください。 ケース/ハウジング 緩衝材 A 設計上の注意 上部電極(フィルム) ・アナログタイプは,商品個別の抵抗値差や,経年変化等による抵抗 接着層 値の変化により入力位置がズレることがあります。入力位置補正の 両面テープ等固定剤 下部電極(ガラス) LCD等 ため,必ずキャリブレーションが可能となるように,ハード及びソ 0.6mm以上 キーエリア フトウェアでの対応を行ってください。 バリ等のある場合 可視エリア A部を押さえている場合 ・LCD等の表示器上に取り付ける場合,表示器より発生するノイズに より誤動作する場合があります。表示器のフレームをGNDへ接続す ・ケースやハウジング部を手で押さえた状態等,操作時に周辺部に外 る等ノイズ対策を実施してください。 圧が加わる状態が予想される場合,ケースやハウジングの先端や歪 み等でタッチパネルが入力されないようにしてください。 (次のページヘ続く) ・タッチパネルの取り付け固定は,LCD等表示器に固定するなど下部 0.5mm程度 ▲
Page16

TP01 シリーズ アナログタイプ4線式タッチパネル ・指またはペンの押下時は押し圧により接触抵抗が変化します。接触 動作説明 抵抗が不安定な時のデータは,無視するなど接触抵抗が安定してか らデータを読み取るようにしてください。 アナログタイプ ・アナログタイプは,線描き等で使用する場合ドットスペーサ上のデ 1. ITO膜が設けられたポリエステル(PET)フィルムとガラスを ータが途切れるため,ソフトウェアで補正をしてください。 張り合わせた2層の構成ですが,上部電極と下部電極の全面が ・上部電極に両面テープや粘着材等で表面シートを貼る場合は,充分 均一な抵抗膜となっています。片面はX軸方向,もう片面はY な評価を実施してください。上部電極や表面シートの歪み等により 軸方向に電極を引き出し,指等で押圧した時X1~X2間とY1~ 機能に影響を及ぼす場合があります。 Y2間の抵抗値変化を読み取りデジタル値に変換して使用します。 使用上の注意 上部電極 ・当商品は,原子力,航空,医療,乗用機器などの安全機器や制御シ ステムなど,特に高信頼性が要求される用途へのご使用はお避けく 電極部 コンバータ 回路へ ださい。 ・耐湿性・使用温度範囲は製品規格に基づく評価にて保証しており, 下部電極 永続的にその温度での使用を保証するものではありません。 ・タッチパネルには個体差があるため,1台のタッチパネルで実施し 2.入力操作によりタッチされた位置を読み取るには,まず上部電 たキャリブレーションデータを他のタッチパネルに適用せず,タッ 極(X1~X2)間に5Vの電圧を加えます。この時,矢印方向の チパネル1台毎にキャリブレーションを実施してください。 ・キャリブレーションを実施後にテールをコネクタから挿抜した時 電圧変化は0V~5Vで均一に変化します。 は,再度キャリブレーションを実施してください。 X1 0V 5V X2 ・記載されている仕様はタッチパネル単体での品質を保証するもので Y1 す。ご使用に際しては,御社製品に取り付けられた状態で必ず確認・ 評価を実施してください。 Y2 X1 X2 Y1 0V 5V Y2 3.仮に上部電極の中心をタッチしたとします。上部電極のタッチ した位置は下部電極に接触しますので,Y1(もしくはY2)に 2.5Vの電圧が出力されます。出力された電圧をA/D変換しX座 標値として読み取ることができます。次にX側と同様に,下部 電極(Y1~Y2)間のY座標を読み取り,X座標とY座標が重な る点がタッチされた位置として読み取ることができます。 X1 0V 2.5V 5V X2 Y1 2.5V Y2 X1 X2 Y1 0V 2.5V 2.5V 5V Y2 4.デジタルタイプに比べ分解能を高くすることができ,操作画面 に表示するボタンデザインの自由度が増します。通常アナログ タイプはキー数の考え方よりも検出は点の考え方となる為,ペ ン入力による文字,図面入力が可能です。10ビットA/Dコンバー タを使用した場合,縦・横の分解能(検出点)は1024となります。 ボタン 1 縦検出点 ボタ 1,024 ン 2 ボタン3 横検出点 1,024 各ボタンのキーエリアは干渉していません。 URL www.nkkswitches.co.jp/ E-mail nkkswitches@nkkswitches.co.jp 017-02-AJJU-O 2017年 5月11日発行 ▲