このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.6Mb)

レーザープラスチック溶着

製品カタログ

レーザーで熱可塑性プラスチックを溶着する装置です

多種多様な光学系を取り揃える唯一のメーカー。Globo光学系、ローラー光学系、マスク溶着等、ライスターしか提供できない溶着工法もございます。

このカタログについて

ドキュメント名 レーザープラスチック溶着
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ライスター・テクノロジーズ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログ(レーザープラスチック溶着)の内容


Page 1:レーザープラスチック溶着2016 /17画期的かつフレキシブルな溶着法バージョン 5.0

Page 2:www.leister.com2 総合カタログ、レーザープラスチック溶接耳垢 プロテクタ(マスク溶着)マルチウェルプレート(マスク溶着)ニードル保護キャップ(ラジアル溶着) オイルフィルター(スキャナー同時溶着)気液分離器 LVS(GLOBO溶着)レーザービームによるプラスチック溶着プラスチック産業における素材、部位、デザインとサイズの多様性はご存知の通りですが、ライスターはその高度な専門技術によって柔軟にソリューションを提供致します。この多面的なレーザーシステムにより、多岐にわたる溶着課題を、顧客の要望に応じて個別に解決 致します。(コンセプトの説明は8 / 9ページ)ドアノブウィンカー(軌跡溶着)光学センサ (同時溶着)リモートコントロー ラ (軌跡溶着)ピエゾバルブ(スキャナー同時溶着)パネル(GLOBO溶着)冷却ユニット(スキャナー同時溶着)ヘッドアップディスプレイ (GLOBO溶着)

Page 3:www.leister.com 3総合カタログ、レーザープラスチック溶接輸液 ポンプ(軌跡溶着) フィルタハウジング(同時溶着)フレキシブルな設備コンセプト本設備は標準仕様をベースとし、これを顧客のニーズや用途に合わせた構成や変更可能が本設備のコンセプトで、顧客の仕様に適合するような設備をご提案できます。インデックスユニット搬送ベルト不良品ボックスドアノブLED (スキャナー同時溶着)

Page 4:www.leister.com4 総合カタログ、レーザープラスチック溶接医療分野:クリーンでダストのない溶着が可能自動車産業:部品の大きさに関わらずも高い再現性と確実なプロセスを実現電子産業:機械的負荷がかからず、振動の無い接合マイクロ技術:エネルギーを精密且つ限定的に照射繊維業界:プラスチックフィルムや生地を継ぎ目無く迅速に接合プラスチックレーザー溶着技術の確立レーザープラスチック溶着 (Laser Plastic Welding) 事業部は、プラスチックのレーザー溶着に特化した長年の経験を有しています。ライスター社は、標準光学系として様々な溶着技術を持つ唯一の企業であり、特にマスク溶着とGLOBO溶着という主要技術2件に於いては、特許を保有しています。ライスターのレーザーシステムは、非常に多様な産業分野で用いられます。ライスターはコンサルティングを重要視します顧客に最適なソリューションを提供するためには、的確な助言を行うことがとても重要です。レーザープラスチック溶着 (Laser Plastic Welding) 事業部は、プラスチックのレーザー溶着分野で長年にわたる経験を有しています。ライスターはこのノウハウを活用し、顧客と協力して最適なプロセスを見つけます。したがって、企画段階から構造、材料の選択、そしてプロセスの最適化・統合に至るまでのすべてのニーズにおいて、当社はお客様をしっかりとサポートします。ライスターは60年以上にわたり、プラスチック溶接機の分野で世界をリードしてきたサプライヤーであり、プラスチック加工に関するノウハウを理論・実践の両面で包括的に蓄積しています。また、レーザー溶着の分野でも市場に確固たる地位を確立しています。当初からプラスチック溶接用レーザーシステムを扱った企業の内の一社として、ライスターは開発・製造を行っています。当社が開発してきたもの一つ一つは、技術が持つ可能性を定義づける役割を果たしてきました。ライスターが提供するサービスライスターは以下において、顧客をサポートします。• 溶接コンセプトの選定• 材質の選定• レーザ溶着に適合する部位の設計プロセス開発:• 適切なプロセスウィンドーと品質監視方法の決定• 部材の検査、溶着品質の判定• 生産環境へのプロセスの実装溶着システム:• すぐに使用可能な手動ワークステーション• 統合ソリューション用コンポーネント• プロセスソフトウェアサービス:• 試作と小バッチ生産• オンライン診断、メンテナンスおよび現場での問題解決• メンテナンスとサービス契約

Page 5:www.leister.com 5総合カタログ、レーザープラスチック溶接レーザー照射透過部材吸収部材溶融ゾーン溶着シームレーザー溶着原理熱可塑性プラスチックのレーザー溶着では、レーザー透過部材とレーザー吸収部材が互いに接合されます。レーザービームは透過プラスチック部材を通過して吸収部材に当たります。したがってこの方法は「レーザー透過溶着」とも呼ばれます。レーザーエネルギーによって吸収部材が溶融し、熱伝導によって、透過部材も溶融します。そのため、機械的にクランプすることにより、接合面で物理的に接触させる必要があります。部品の加熱による熱膨張により、内部接合圧力も発生します。この内部および外部接合圧力により、両部材の接合が強固になります。ほぼすべての熱可塑性プラスチックおよび熱可塑性エラストマーがレーザー溶着できます。特に グラスファイバー強化材プラスチックやABS、PA、PC、PP、PMMA、PS、PBT類は適しています。溶着部位の強度は基材強度に関係します。加圧加圧

Page 6:www.leister.com6 総合カタログ、レーザープラスチック溶接プラスチックレーザー溶着技術の確立広く認知された原理レーザー透過溶接法は、市場に広く認知された技術になっています。この溶着法には従来の溶着法に比べて利点があり、また多様な溶接コンセプトを有しているため、幅広い分野で用いられています。ライスターはこの技術の開発段階から関わっており、さらに大型の3D部位や極小部位を溶着できる新しい溶着コンセプトを開発しています。お客様の用途においてぜひ当社のノウハウを活用し、市場で高く評価される溶着品質を実現してください。圧倒的なメリット• 非接触でフレキシブルな接合方法• 溶着個所への熱負荷を最小に抑える• 機械的負荷なし• 接合シームのシンプルな形状• 粉塵がない• 加工中の振動がない• 見た目の美しい溶着シーム• 高精度• 高安定性• ツールの摩耗なし溶着に適した素材レーザービームにより、ほぼすべての熱可塑性プラスチックと熱可塑性エラストマーを溶着できます。また、グラスファイバーで強化された材料や、様々な材料も、レーザーで溶着できます。テスト済みの材料組み合わせに関して次ページの表をご覧下さい。光学特性材料組み合わせの光学特性は、溶着プロセスに大きく影響します。使用するレーザービームに対し、一方は透過部材でなければならず、もう一方は吸収部材でなければなりません。熱可塑性素材はナチュラル材の場合通常レーザービームが透過します。カーボンなどの添加剤により、吸収特性が得られます。また市場においては、特に色の選択を可能にする別の添加剤も提供されています。一般的に、溶着部分の強度は基礎素材の強度と関係します。レーザー透過プラスチックの光学特性は、結晶体添加剤、、素材の厚みおよび表面構造によって影響を受けます。レーザービームの光学吸収は、表面に近い層で行われるのが最適であり、これは適切な充填剤を用いることで実現できます。自然な状態では、プラスチックはレーザービームを透過させます。接合する部材の組み合わせが適正かどうかにつきましては、ライスター社担当者にお問い合わせ下い。レーザープラスチック溶着 - ここ数年にわたる技術革新により、プラスチックレーザー溶着技術は市場で認知されています。多くの溶着コンセプトが開発されている一方で、溶着原理に適合する新しい材料や、新しい材料の組み合わせが採用されています。表面吸収- l少し反射- 高い素材吸収表層加熱全体で吸収- 少し反射- 少し素材吸収反射素材はほとんど加熱全体的な加熱

Page 7:www.leister.com 7EVAPE-LLDPE-LDPE-HDPPCOCCOPABSASASANPMMA*PCPC/ABSPSSBPETPBTPVCPURPOMPA6PA66PA11PA12PPSLCPPESPEIPIPSUMABSTPEPEEKEVAPE-LLDPE-LDPE-HDPPCOCCOPABSASASANPMMA*PCPC/ABSPSSBPETPBTPVCPURPOMPA 6PA 66PA 11PA 12PPSLCPPESPEIPIPSUMABSTPEPEEK総合カタログ、レーザープラスチック溶接 レーザーが透過する場合には、非常に優れた溶着品質が可能 レーザーが透過する場合には、優れた溶着品質が可能 溶着可能ですが、事前にテストして確認する必要あり*PMMA:プレート材料の場合の注意点: 成形されたPMMAは溶着できません。吸収部材透過部材材料組合せ 表表は、レーザー透過溶着が可能な材料の組み合わせ例を、溶接難易度とともにまとめたものですこの表によって、他の溶着手法では困難な材料の組み合わせもレーザーでは可能であることが分かります。

Page 8:www.leister.com8 総合カタログ、レーザープラスチック溶接多様な課題に対する個別のソリューションレーザー溶着はあらゆる分野、あらゆる用途に適しています。どの用途にも最適なソリューションを提供できるよう、ライスターでは適合するコンセプトを開発しています。これにより、レーザープロセスの可能性があらゆるケースで広がり使用出来るようになりました。ライスターは軌跡溶着、同時溶着、スキャナー溶着、ローラー溶軌跡溶着軌跡溶着では、予めプログラムされた溶着パターンに沿って順に走査され、局所的に溶着を行います。溶着領域は、その溶着形状からいってもそれ程多くなく、溶着が外にはみ出すこともありません。軌跡の動きは、ワークピース若しくはレーザー、またそれら両方を動かすことで作られます。特長とアプリケーション:• スポットのレーザービーム• 溶着幅は、焦点距離の可変によって変更可• 任意の二次元溶着ライン• ワークの 切り替えが多い場合に理想的スキャナー溶着2つのスキャナーミラーが、レーザースポットを動かし、溶着する輪郭に沿って高速で照射します。接合ラインに対して、1秒間に何回も照射を行い、それにより溶着する輪郭はほぼ同時に加熱され可塑化します。部品間のギャップは、溶着時の加圧によって沈み込んで埋められます。特性とアプリケーション:• スポットのレーザービーム• 汎用性が高い• ギャップを埋めることが可能• 少量生産および大量生産向の両方に対応同時溶着この方法では、1つもしくは複数のレーザーが、溶着部全体を同時に加熱します。円状および線状の溶着はとても簡単に実施できます。ほとんどのビーム形状が、最先端のビーム形成特殊エレメントにより形成できます。特性とアプリケーション:• 短いプロセス時間• X-Yステージ不要• ギャップを埋めることが可能• 大量生産向きラジアル溶着光学系の内部にある円錐状のミラーにレーザーを放射状に照射し、屈折させて円筒形部品の外側を接合します。溶着中、必要なクランプ圧を得るために、接合部は圧入に近い状態が必要となります。外周部を溶着する間、部品はその場所に固定されます。特性とアプリケーション:• 様々な径に対応可能• 部品を回転する必要なし• 高い生産性• クランプ治具は必要なし

Page 9:www.leister.com 9総合カタログ、レーザープラスチック溶接ライスターが開発し、特許を取得した接合コンセプトであるマスク溶着とGLOBO溶着は、『スイス技術大賞』を受賞しました。着、そしてラジアル溶着のシステムを提供しています。これに加え、『スイス技術大賞』を受賞したコンセプトであるマスク溶着とGLOBO溶着も提供しています。マスク溶着レーザーと溶着対象部品の間に、マスクが挿入されます。直線状、できればコリメートされた、つまり並列に形成されたレーザービームが、部品の溶着エリア全体を横切ります。レーザーは、マスクによって覆われていない部分のみに照射されます。マスク溶着では非常に高い分解能が得られるため、極小構造や、複雑で幅広い構造の溶着に適しています。特性とアプリケーション:• 直線状のレーザービーム• 平面に任意の接合形状• 迅速でフレキシブル• マイクロアプリケーション、マクロアプリケーション向きローラー溶着ローラー溶着はGLOBO溶着と同じコンセプトで機能します。直線状のレーザービームが、ガラスのローラーを通して溶着面にフォーカスされます。ガラスのローラーは、片側もしくは両側でベアリング保持されており、ライン幅は様々な長さが用意されています。ローラー溶着により、溶着シームの幅を広くし、溶着強度を高めることができます。特性とアプリケーション:• 直線的な二次元の溶着ライン• クランプ治具なしでの溶着• 様々なシーム幅が可能• ロボットを使用したアプリケーションに最適GLOBO溶着GLOBO溶着では、スポット状のレーザービームが、エアーベアリングで保持された、摩擦がなく自由に回転するガラス球を通して接合面にフォーカスされます。このガラス球は先端にある光学エレメントであり、クランプ治具として機能します。ガラス球は部位表面上を転がっている時、フォーカスされるレーザービームがあたる箇所を同時に加圧します。このガラス球が機械的なクランプ治具の役割を果たすことで、連続的な三次元の対象等への溶着可能性を広げます。特性とアプリケーション:• 任意の二次元および三次元の接合形状に対応• クランプ治具なしでの溶着• 加圧とレーザーエネルギーポイントが同一• ロボットを使用したアプリケーションに最適

Page 10:www.leister.com10 総合カタログ、レーザープラスチック溶接どの用途にも対応できる手動ワークステーションNOVOLAS WS-ATは多様な装備が可能な手動ワークステーションです。標準仕様に加え、ロータリテーブルと搬送ベルトによる拡張も可能です。NOVOLASレーザシステムに対し、非常に多様なアクセサリーが用意されています。これらのアクセサリーを用いることで、レーザー溶着システムを、希望する用途やプロセスに合わせて組み合わせることができます。NOVOLAS WS-ATモジュール型万能システムで、作業に必要な全てのコンポーネントが含まれており、全てのオプションが使用出来るようになっています。お客様はご自分のプロセスに必要で有益なコンポーネントを追加することができます。NOVOLAS WS-AT レーザーシステムは、システムごとに複数のレーザーモジュールと光学モジュールを組込むことができるようになっており、生産性を向上し、且つ経済性を高めることができます。さらにロータリテーブルの使用などで、ワークの取扱いを自動化または一部自動化することにより、サイクル時間をより短時間にできます。制御ソフトウェアはプロセス制御に必要なすべてのモジュールに対応し、他のオプションや付属品を統合するために設計されています。合否判定可能なオンラインプロセス制御が、コントローラに直接統合されています。すぐに使用可能なこのシステムを設置すれば、直ちに生産を開始できます。テクニカルデータレーザータイプ ダイオードレーザー、ファイバーレーザービーム形状 ファイバー連結レーザー、ラインレーザーレーザー出力 W スポットは最大300、ラインは最大600ライン長さ mm 18 ~ 95、LineBeam AT制御 レーザー、軸およびプロセス制御 のためのPC制御マルチレーザー システムごとに複数のレーザーモ ジュールが可能データインターフェイス Windows Share制御インターフェイス 顧客仕様、Ethercat、Profibus、 CAN、Profinet、...電圧 V~ 200/230±10%、空冷式では110もあり周波数 Hz 50 / 60最大消費電力 A 16(仕様による)圧縮空気接続 bar 6冷却 水冷式または空冷式、仕様による。 排気は最大 55 °C環境条件 °C 15 ~ 40、空冷式では最大 35寸法(幅 x 奥行き x 高さ)mm 標準仕様 860 x 1240 x 1860、 警告ランプとディスプレイ含まず重量 kg 約 400、仕様によるレーザークラス 1(パイロットレーザーでは2/2M/3R)ユーザーインターフェイス ライスター HMICEマークに適合。技術データは、予告なく変更される場合がございます。何かご希望がございましたらお問い合わせ下さい。NOVOLAS WS-AT:レーザー溶着システム、写真は手動ワークステーション仕様• あらゆるレーザー溶着コンセプトに対応した、すぐに使用可能なレーザーシステム• 包括的かつ直感的なユーザーインターフェイス• 複数のレーザーモジュールと光学モジュールがシステムごとに搭載可能なので、スループットと効率をぐっと高められます• オンラインプロセス監視がコントローラに内蔵されています• モジュール方式でお客様のご要望に適切に対応できます• 既存の搬送システムに組み込むことも可能です• 2分割または3分割式のロータリーテーブル も搭載可

Page 11:www.leister.com 11総合カタログ、レーザープラスチック溶接NOVOLAS TTSコンパクトに設計されたNOVOLAS TTSには、プラスチックのレーザー溶着に必要なすべてのコンポーネントが含まれています。レーザーユニットと加工セルは互いに分離した状態で設置可能であり、これにより生産に最適な配置が行えます。加工セルが小さいにも関わらず、加工面積または溶着面積は100 x 100 mmを確保しています。NOVOLAS TTSはMini PLCで制御し、ライスター社が開発したHMI(Human Machine Interface) ソフトウェアでプログラミングします。HMIはプロセス関連データをシステムに転送し、ここでデータはプロジェクト名で保存されます。溶着する輪郭はCNCコードで個別にプログラミング可能であり、またレーザー出力や速度などの別のパラメータは容易に指定できます。.一度実行すると、システムは自動的に機能します。キーボードやモニターなどの入力コンポーネントは、生産用にシステムから分離できます。希望する場合には、リモートデスクトップによる外部からのアクセスも可能です。• コンパクトで効率的なレーザー溶着システム• 投資に見合う最適化された生産設備• 生産用に多くのアプリケーションを設定可能• プロセス全体を網羅するHMIソフトウェア• レーザ安全クラス 1テクニカルデータレーザータイプ ダイオードレーザー、空 冷式ビーム形状 Spot, ライン,リング, DOEレーザ出力 W 40(最大)パイロットレーザー LED加工面積 mm 100 x 100最大走行速度 mm/s 200最大クランプ力 N 1372空圧 bar 6制御 レーザーと軸のプロセス 制御用に接続されたPLC寸法(長さ x 幅 x 高さ)加工セル mm 500 x 585 x 525Basic AT compact mm 550 x 500 x 325重量加工セル kg ~ 65Basic AT compact kg ~ 35電源電圧 V ~ 100 ~ 240最大消費電力 A 10周波数 Hz 50 / 60モジュール間のケーブル長さ mm 2000環境条件 °C 15 ~ 40ユーザーインターフェイス ライスター HMICEマークに適合。技術データは、予告なく変更される場合がございます。何かご希望がございましたらお問い合わせ下さい。NOVOLAS TTS (Table Top System) は小さなスペースで高い機能性を発揮します。このコンパクトな手動ワークステーションでは、プラスチックのレーザ溶着のあらゆる利点を、低コストでプログラミングが容易なシステムに統合しています。テーブルタイプの手動ワークステーションワークセル:コンパクトで効率の良いNOVOLAS Basic AT Compact:コンパクトで経済的なダイオードレーザーシステム

Page 12:www.leister.com12 総合カタログ、レーザープラスチック溶接プロセスを画面に図解表示するソフトウェアは、多彩な製品群のすべてに対応します。このソフトウェアは使用するモジュールにあわせて設定出来、設定可能なすべてのプロセスを表示します。NOVOLAS HMI (Human Machine Interface) ソフトウェアようこそあらかじめログイン時に、言語とレベルを選択します。3つのレベルを選択可能で、いずれもパスワードで保護されています。• 設定• 生産• サービス画面のユーザーインターフェイス右側には、アプリケーションに応じてレーザーシステムが表示されます。生産モード生産モードでは、オペレーターは次のことが可能です:1.加工プログラムの選択2.合(緑色)または否(赤色)と判定された、溶着済み部品の数を確認3.許可された品質管理を選択。選択すると下側に曲線表示される設定モード設定モードでは、プロセスに関連するパラメータが設定され、オペレータに対して使用許可されます:1.動作:Gコードでプログラミング可能2.レーザー:出力とプロセスモード3.クランプ冶具:クランプシステムの機能とモード4.品質管理:選択とモニタリングの種類システムオーバービュー各NOVOLAS Basic ATシステムと共に納品されるソフトウェア。このソフトウェアは個々のモジュールのステータスを可視化し、統合とプロセス設定をサポートします。サービス作業時には、システムをこのソフトウェアで解析され、アップデートされます。インターネットによるリモートアクセス用機能が、あらかじめインストールされています。

Page 13:www.leister.com 13総合カタログ、レーザープラスチック溶接プロセスのモニタリングモニタリングの溶着結果右図の3つのグラフは時として最良な結果をもたらします。製造工程でのモニタリングは実現可能な次のオプションによって構成されます。オプション:温度モニタリング用パイロメータ、沈み込みやクランプ圧計測。これらは、使用されるアプリケーションや溶着方法によって使い分けます。パイロメータ• 温度によってプロセスのコントロールや調整• 温度のレンジ 100 – 400 °C沈み込み/クランプ圧計測• 接合部の厚みによってプロセスのコントロールや調整• 25 mmの測定範囲で精度は0.01 mm• 2000 Nの測定範囲精度10 N製造工程におけるプロセス制御前工程• 主な寸法の計測• 平面度測定• 光学特性(透過度)の計測• ワークピースの有無のチェック• ワークピースのポジショニングチェック• 治具のエンコーディング• ワークピースのエンコーディング後工程• 画像検査• 加圧リークテスト• 減圧リークテスト• 破壊試験• バースト試験• 薄切り検査• 引っ張り試験製造工程中• レーザーパワーの計測• 溶着スピードの計測• 温度計測• ワークピースの有無のチェック• ワークピースの位置や沈み込みチェック• 溶融スピード• クランプ圧• 画像管理品質管理オプションのプロセス監視方法を用いることで、加工中に溶着の観察と判定を行えます。この方法により、プロセス全体を監視した不合格品排除方式を取り入れる事が出来ます。

Page 14:www.leister.com14 総合カタログ、レーザープラスチック溶接モジュール構造を採用し、統合可能な高性能レーザーシステムNOVOLAS Basic AT および Basic AT Compact:レーザーシステムをレーザー溶着 コンセプトと組み合わせると、どんな課題にも対応できる無数のオプションが生まれます。システムは生産設備への統合を目的に考案されており、プラスチックのレーザー溶着用に設計されています。NOVOLAS Basic AT および Basic AT CompactNOVOLAS Basic AT および Basic AT Compact は、生産ラインおよび生産セルに組み込めるよう、設計されています。徹底したモジュール構造により、レーザーシステムがさまざまな要求にあわせて設定可能です。これにより、さまざまなダイオードレーザーおよび光学モジュールを使って、ほとんどすべての溶着コンセプトを実現できます。最適な組み合わせのコンポーネントにより、高いプロセス安全性が得られ、低コスト生産を実現できます。複数のレーザーモジュールと光学モジュールを単独のシステム内で使用することにより、生産性を効率的に向上させ、コストを低減できます。• フレキシブルで費用効果大、多様な用途にお使いいただけます• お客様独自のガイダンスシステムによる制御 可• 1 つのシステムに複数のレーザーおよび光学モジュールが可能• 適切なアップグレードによりスループットが一段と向上• 様々なオプションが取り付け可能なモジュール構造• クイックプラグ接続採用の接続部• 性能レベル e に準拠した、2チャンネルのインターロック• 2つの非常停止コンセプト:1) 内部 (直列の非常停止回路)2) 外部 (非常停止ステータスを外部に照会)NOVOLAS Basic AT:モジュール構造を採用した、フレキシブルで統合可能なレーザーシステム。テクニカルデータレーザータイプ ダイオードレーザ、ファイバーレーザビーム形状 スポット若しくはラインレーザー出力 W スポット300まで、ライン600までライン長 mm 18 ~ 95、LineBeam ATマルチレーザー 1システムに4台までのレーザーモ デュールが搭載可パイロットレーザー / ターゲットポインター mW < 3(レーザークラス 2/2M / 3R)制御インターフェイス デジタル / アナログ I/O、RS232、 RS422/485電圧 Basic AT V~ 200 ~ 240 水冷式レーザーの場合AT および AT Compact V~ 100 ~ 240 空冷式レーザーの場合周波数 Hz 50 / 60最大消費電力 A 10 ~ 16(仕様による)冷却 水冷式または空冷式、仕様による環境条件 °C 15 ~ 40、空冷式 15 ~ 35重量 kg 35 以上 (Basic AT Compact)寸法(幅x奥行きx高さ)Basic AT compact mm 550 x 500 x 325 (6 HE)Basic AT mm 550 x 780 x 878 ~ 1288 (12 ~ 24 HE)レーザークラス 4CEマークに適合。技術データは、予告なく変更される場合がございます。何かご希望がございましたらお問い合わせ下さい。NOVOLAS Basic AT Compact:空冷式ダイオードレーザーまたはファイバーレーザーによる、低コストでコンパクトなレーザーシステム。

Page 15:www.leister.com 15総合カタログ、レーザープラスチック溶接組込用Basic ATシステムNOVOLAS Basic ATシステムは、装置や製造ラインへの組込用としてご用意されております。部品は全てモジュール式となっており、ターンキーのワークステーションやフルオートメーションの製造ラインの両方で複雑な組み込みを可能にしています。組み込みのソリューションNOVOLASBasicATシステムは、お客様独自の装置への組込用として設計されています。Basic 組み込みの度合いによって、基本的なオプション品を取りそろえて、それらを使用することが可能です。装置は、クイックカプリングコネクションでお客様の装置に接続出来ます。またご要望により、お急ぎの場合は装置納入前にこのカプリングコネクタのみを提供することが出来ます。各装置は、加工用光学系とそれに必要なソフトウェアが付属しております。 そのモニタリング機能及び組み込みサポートが顧客独自の装置への組み込みを助けます。ターンキーシステムNOVOLAS WS-AT標準品がお客様のご要望を満たすことが出来ない時、外部の装置メーカーと共にご要望を満たす特注装置を製作することが出来ます。(要相談)写真左の装置は、ロボット、ロータリーインデックステーブル、Globo光学系が装備され、Basic ATで操作されます。生産ライン他の組込例として写真右はフル生産ラインに使用されているBasic ATです。加工位置の如何に関わらず、レーザー装置はどこにでも組み込むことが可能です。

Page 16:www.leister.com16 総合カタログ、レーザープラスチック溶接ライスターの光学コンセプトは二つの基本的光学系で構成されます。その二つの光学系に交換可能なビーム成形光学モジュールを搭載することで様々な溶着コンセプトが実現可能となりました。NOVOLASレーザー装置の光学系光学系 AT / BT のコンセプトBT光学系• 光学コンポーネントのみスポット何種類かの焦点距離およびスポット径を用意しております。フィールド何種類かの大きさのレンズを用意しております。DOE挿入タイプなので簡単交換。スキャナー何種類かの作業エリアのF-θレンズ及び波長980 nm 1070 nm100 x 100 mm 100 x 100 mm240 x 240 mm 200 x 200 mm350 x 350 mm 360 x 360 mm

Page 17:www.leister.com 17総合カタログ、レーザープラスチック溶接AT 光学系• 光学コンポーネント• レーザーパワー計測• ファイバー接続監視機能• パイロメータライン何種類かのライン長を用意しております。ラジアル Optic 38円形対照の部品用 (φ38 mm以下)レーザープロテクションが組み込み可能ですリング何種類かのリング径及び溶着幅を用意しております。BT (ベーステクノロジー) 光学系は小さくてコンパクトで、光学エレメントのみ搭載されています。対照的に AT (アドバンストテクノロジー) 光学系は 搭載可能なモニター回路を通して、より安定した加工を提供出来ます。

Page 18:www.leister.com18 総合カタログ、レーザープラスチック溶接GLOBO光学系• 光学ユニットとクランプユニットを統合• エアベアリング保持の光学ガラス球• 空圧式クランプ治具• 可変シーム幅• パイロメーター(オプション)ライスター・レーザーシステムの各製品には、さらに多様なアクセサリーが取り揃えられており、お客様の多様なご要望に適切にお答え致します。ラインレーザー(LineBeamAT)• ライン長さ 18 ~ 95 mm• レーザー出力 最大 600 W• 特殊光学による非常に均一なパワー密度分布• 調整用パイロットビーム• フィールドレンズ (オプション)• エリアレンズ(オプション)NOVOLASレーザーシステム用の光学系ラディアル光学系68• 回転対称の部品用 (≤ø68mm)• レーザー安全も統合可能• 最大部品高 60 mm、直径には依存しませんローラー光学系 – 両サイドベアリング• 追加のクランプ冶具を必要としない空気圧式クランプ• 自動調心ローラーにより常に均一な加圧分布• ライン長 3 – 6.7 mm• ライン長 29 – 30 mm(LineBeam ATの場合)ローラー光学系 – 片サイドベアリング• 追加のクランプ冶具を必要としない空気圧式クランプ• 自動調心ローラーにより常に均一な加圧分布• ライン長 3 – 4.9 mmレーザー保護用Globoボールハウジング• フランジ大付カプリングナット• レーザー安全強化• 簡単に交換が可能LineBeamAT用コリメーションモジュール• コリメーション用フィールドレンズ• ライン長38mm,48mm• 特殊光学系により均質なエネルギー分布• 位置調整用ガイド光付• オプション:エリアレンズ

Page 19:www.leister.com 191 mm 1 mm 1 mm総合カタログ、レーザープラスチック溶接マスク溶着には、特殊ラインレーザと共にお客様のご要望に合わせてマスクも製造を致しております。特殊クランプ冶具に関しましても、お客様のご要望に合わせた特殊光学系と同様、ライスター社に 是非 ご相談ください。回折光学素子 (DOE)DOEは光学ビーム成形素子です。それは、点対称の輪郭同時溶着または軌跡溶着及びスキャナー溶着の際のMシェープビームに使用されます。Mシェープビームでの溶着は溶着シームへの熱分配を改善し、その結果温度許容範囲を拡大します。またDOEは同じ焦点距離で様々な溶着幅を実現する為にスキャナー光学系に使用されます。どのオプションがお客様の用途にとって最適であるかを判断するために弊社の技術担当者にご相談下さい。Mシェープを成形するDOEMシェープを成形するDOEは、軌跡溶着やスキャナー溶着でエネルギーの分配を最適化する為に使用されます。ワークにレーザービームを照射し移動する時 (下図参照)、溶着シームに与えられるエネルギー分配 s(x)は強度分布(x, y)及び速度に依存します。トップハット若しくはガウシアンの強度分布で溶着の時、立ち下がりエッジ状態でエネルギーが分配されます。よって、温度は溶着シームの中心部が更に上昇します。Mシェープを成形するDOEは、外側から内側に向けてパワー密度を減少させることでそれを改善します。これを達成知る為にレーザー光は性能によって積算され再配列され加重されます。照射領域は、単一のビームレット全体によってより大きい。ファイバーレーザーの場合ビーム品質が良いので平面上でのシングルビームを良好な形状にします。 (下図参照) しかしながらダイオードレーザーのシングルビームは最小200µで比較的大きく、その一つ一つがぼやけています。 (下図参照).ファイバーレーザーのDOE (M-シェープ) ダイオードレーザーのDOE (M-シェープ)

Page 20:www.leister.com20 総合カタログ、レーザープラスチック溶接事前開発接合方法は、多くの場合、ワークに対する要求度に応じて決定されます。このような個別の用途において、当社は材料と溶着プロセスについての助言を積極的に行います。さらに当社は高度な設備を備えた当社の応用ラボにおいて、初回の溶着テストとその評価をサポート致します。当社の応用実験室では、最新のレーザー溶着システムが用意されているだけでなく、様々な方法による部材試験が可能です。最適な溶着シームの設計は、関連プロセスと同様に、ワークの接合にとって重要です。プラスチック加工と接合技術における当社のノウハウを活用し、事前開発段階で市場をさらに一歩リードしてください。プロセス開発と最適化最適な方法を選択し、プロセスデータを検出する際に、当社はお客様をサポートします。ここでは関連するパラメータがすべて記録され、機械コンセプトの土台となるプロセスウィンドーが定義されます。すでに確立されたプロセスを最適化するためにも、当社のノウハウを活用してください。レーザー溶着シームの断面、溶着シーム幅 3 mmサービスレーザープラスチック溶着 (Laser Plastic Welding) 事業部は、製品開発から製品シリーズの拡充、そしてアフターセールスにいたるまでの一連の流れをサービスの対象としており、プラスチックのレーザー溶着に関わる人々から信頼できるパートナーとして認知されています。