1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(768.9Kb)

【構想】RFIDとEPCISを活用した トレーサビリティ・中間在庫

その他

デンソーエスアイWEB展示会2020にて展示したリーフです。

このカタログについて

ドキュメント名 【構想】RFIDとEPCISを活用した トレーサビリティ・中間在庫
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 768.9Kb
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 管理 RFIDとEPCIS※を活用した トレーサビリティ・在庫管理 ※EPCIS(EPCインフォメーション・サービス):電子タグを用いて可視化のシステムをつくる場合に役立つGS1の標準仕様 見える化 Q C D ―システム間のデータ連携によりトレーサビリティ・在庫管理を行う想定事例― 課題 製造業では、不具合発生に備えたトレーサビリティや、中間在庫の見える化等のニーズが日増しに 高まってきており、その為には、様々な工程での簡単・正確な実績収集が課題となっています。 また、各工程から計上される実績が異なるフォーマットのため、情報の一元管理が困難でした。 ソリューション ・部品/製品箱にRFタグを貼り付け、各工程でRFIDを活用した実績収集を実施 ・読取実績をEPCIS準拠の形式で上位システムへ送信することで、情報の一元管理を実現 *QRコードは㈱デンソーウェーブの登録商標です。 【Before】 データ連携 不可 出荷システム 受入システム 入出庫システム ライン投入システム 入出庫システム 出荷システム 管理 不可能 実績 【データの流れ】 実績 実績 実績 実績 実績 データ データ データ データ データ データ 出荷場 受入場 部品ロケ 生産ライン 製品ロケ 出荷場 【工程】 QRコード 読取作業 一点ずつ読取 工数膨大 【After】 上位システム 仕入先 社内 データの EPCISフォーマット準拠 EPCISフォーマット準拠 蓄積& DBとI/Fの 見える化出荷システム 受入システム 入出庫システム ライン投入システム 入出庫システム 出荷システム ルールを規定 仕入先や各工程の情報 ・日時、製造条件 等⇒トレサビ情報 【データの流れ】 ・品番、数量 等⇒在庫情報 EPCISフォーマット準拠 EPCISフォーマット準拠 【工程】 出荷場 受入場 部品ロケ 生産ライン 製品ロケ 出荷場 RFID 一括読取 読取工数 大幅削減 効果 ・実績収集の工数削減 ・システム間のデータ連携によるトレーサビリティ・在庫の見える化の実現 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com 201006