1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(698.1Kb)

【構想】RFIDを活用した 製品箱管理システム

その他

デンソーエスアイWEB展示会2020にて展示したリーフです。

このカタログについて

ドキュメント名 【構想】RFIDを活用した 製品箱管理システム
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 698.1Kb
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 出荷 RFIDを活用した 製品箱管理システム 見える化 Q C D ― 製品箱による出荷を行う工場での活用想定事例 ― 課題 製品箱がどこに、どれだけ、どの箱種があるか分からず、余裕を持たせた保有や、 欠品を回避する為の緊急手配をすることがあり、製品箱の所在把握が課題となっていました。 ソリューション 製品箱にRFタグを貼付し、効率的な実績収集を実施 ・前工程で箱タグに製品かんばん情報を紐付け ・入出庫実績をハンディターミナルや定置式ゲートで一括読取り、実績作成⇒出荷実績と紐付け ・読取り実績/在庫/得意先滞留品等をWEB検索 【Before】 【After】 製品箱管理システム 凡例 RFタグHT読取 [WEB] RFタグ定置式読取 在庫確認 納品 ・箱の所在不明 得意先滞留品確認 ・適正箱数不明 出荷実績と紐付け 空箱返却 ・過剰保有 出荷時 箱タグ読取 紐付実績 箱が不足して しまった!急いで 出荷 実績 手配しないと‼ 前工程で、箱タグに かんばん情報を書込み 返却時 得意先A 箱タグ読取 各種実績 出荷時 WEB検索 箱タグ読取 得意先A 受注数から 過不足を算出 得意先B 返却時 得意先B さらに 全社管理化 箱タグ読取 余裕を持って 買い過ぎて 各工場の箱タグ読取り実績を収集することで、全社での在庫管理を実施 しまった… ⇒遊休箱を他工場へ転用し、購入抑制を可能に 製品箱管理 システム 過剰保有! 不足! 効果 転用○○工場 △△工場 ・「どこに、どれだけ、どの箱種が」あるかが把握可能 ・適正箱数が把握できるため、保有数を最小限に [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com 201013