1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(856.2Kb)

【構想】誤投入防止システム

その他

デンソーエスアイWEB展示会2020にて展示したリーフです。

このカタログについて

ドキュメント名 【構想】誤投入防止システム
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 856.2Kb
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 生産 RFIDを活用した誤投入防止システム 特許申請中 見える化 Q C D ― 部品投入作業での活用想定事例 ― 課題 受入部品を中間ロケや生産ラインに入庫・投入する際、異品の原因となる誤投入の防止。 QRを活用したシステムの場合、都度BHTを取出しかんばんQRと棚QRを読取る必要があ り、工数と作業性(BHT持ち替え,片手作業等)が課題となっていた。 ソリューション 予め、部品箱とロケ投入間口に貼付されたRFタグを、手の甲に装着したRFリーダーで読み 取ることで部品箱投入作業の流れの中でのスムーズな照合を実現。 Before ①部品箱QR読取 ②棚QR読取 ③棚投入 BHTを取出してかんばん 投入する棚QRを読取 BHT持ち替えや片手作業 QR読取 による落下リスク 棚QR 1.運搬 2.ライン側ロケ投入 After ①部品箱タグ読取 ②棚タグ読取&投入 前工程 部品箱を手に持つ際に 両手で箱を持ち OK 箱タグをかざし読み 間口へ投入する 間口タグ 際に間口タグを 自動読取照合 照合結果自動点灯 前工程で、箱タグにかんば 手甲装着 ん情報を書込み(※) 箱タグ RFリーダ活用 NG 効果 *QRコードは㈱デンソーウェーブの登録商標です。 (1)照合作業を気にせず実作業に集中 作業者のストレス低減/入庫・投入作業の工数削減/両手作業化による落下リスク低減 (2)照合・入庫実績を自動収集できる 照合結果/作業者別作業精度/生産ラインへの投入実績の見える化 (※)前工程で、箱タグにかんばん情報の書き込みを行うことにより、本想定事例をはじめ、 以降の各工程での活用(トレーサビリティ、在庫管理等)が見込めます [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com 201007