1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.1Mb)

デンソーエスアイ展示会2018 展示LineUP

その他

2018年10月3~5日に開催した展示会のリーフレットです。

エスアイが出展した展示物の資料をまとめました。
ご来場いただけなかった方、もらい忘れた資料がある方、社内でデータ共有したい方など、ぜひご活用ください。

このカタログについて

ドキュメント名 デンソーエスアイ展示会2018 展示LineUP
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 9.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

展示会リーフ

デンソーエスアイ展示会2018 展示Line UP 主な活用場面 展 示概要 ページ数 調達 LPWAを活用した N/W型かんばんポストによる実績収集システム実証実験 P.1 IoT向け低消費電力・広域対応の無線通信技術を活用し、発注までのL/Tを短縮 RFIDを活用した 物流合理化システム P.2 物流業務の効率化による省人化・作業ミスの撲滅を実現 生産 Beaconを活用した 部品運搬作業 進捗管理システム P.3 運搬ルート上にBeaconを配置し、車両の位置情報を自動収集。広範囲の作業進捗をリアルタイムに見える化 構内物流 液晶表示付RFタグを活用した 工程内リサイクルかんばん廃止による業務改善 P.4 工程間実績のトレーサビリティ管理や後工程への作業指示、一括読取りによる棚卸工数削減を実現 RFIDを活用した通箱管理システム P.5 通箱にRFタグを貼付、アンテナ通過時やBHTを活用して実績を収集 RFIDを活用した 金属製RTI入出庫実績収集 物流 P.6 電波を反射しやすい金属製リターナブル容器をRFIDにて管理 RFIDを活用した 空箱仕分けシステム × Deep Learning箱種認識 P.7,8 RFタグを付けた空箱を返却先別に自動仕分け × RFタグの読取を画像認識で精度保証 かんばん方式導入による進捗/在庫の見える工場づくり コンサル P.9-11 トヨタ生産方式に基づいたしくみ改善を行い、小ロット・後補充生産へ RFIDを活用した 機械予備部品管理システム P.12 予備部品の在庫管理・棚卸工数削減を実現 管理 IoTを活用した 遠隔監視システム P.13,14 保全 温度センサを展示会場に配置し、遠隔から混雑状況をリアルタイムに把握 AIを活用した 問合せシステム(チャット自動回答) P.15 よくあるお問合せに自動でチャット対応することで人件費を削減 電子ペーパーディスプレイ付RFタグを活用した カゴ台車の返却管理 ハード P.16 カゴ台車を使った送荷を行う物流倉庫でカゴ台車の送荷/返却履歴を管理
Page3

【実証実験-4】LPWAを活用したNW型かんばんポストによる実績収集システム実証実験

【生産物流 実証実験事例】 実証実験-4 LPWAを活用した工場のIoT化促進に向けた N/W型かんばんポストによる実績収集システム実証実験 <協力会社:株式会社NTTドコモ様> 見える化 Q C D 自動車部品メーカ 様 概要 製造現場では、作業実績のリアルタイム収集を目的とし、実績収集装置(リーダ機能付ポスト)を 現場に多数配置する要求が近年徐々に高まってきています。そこで、多数配置による通信 不具合や通信インフラの導入コスト抑制が期待できる、無線技術LPWA(Low Power Wide Area)を ※1 活用し、実環境下において運用に耐えうる事を検証しました。 ※1.LPWAの特徴: 低消費電力、長距離通信、大量機器接続可能 実施内容 ※2 ・LPWAのデータ通信上の制約 に基づき、読み取った大容量のかんばんデータ(542byte)の 分割送信及び結合(復元)に問題ない事を確認⇒WiFi通信[従来方式] とのデータ比較で検証 ※2.1回の通信で取り扱う事のできるデータサイズ:数十バイト~数百バイト ①かんばんのQRコードをかんばんポストで読取り、LPWA-IoT端末で 実験期間:2018/3/1~3/15 データを分割、LPWA(LoRa)通信にてゲートウェイへ送信する 設置機器:★ LPWA-IoTゲートウェイ×1台 ②ゲートウェイでは、LoRa通信でデータ受信及び分割データの結合を かんばんポスト×2台 行いサーバと通信 ③サーバでかんばんデータを蓄積する ※上記を、同一かんばんを使用し、WiFi通信環境下でも実施 QRリーダ(デンソーウェーブ製 QB30) 約3.5万㎡ ★ 140m (WiFi機) (542byte) (LPWA機) 240m ★ 成果 ・データロスト無く データの分割→結合が確認できた ・WiFi方式と比較し通信速度は劣るものの十分実用レベルであった (秒単位のリアル性は必要なし) <残された課題> ①かんばんポストのN増し実験 ②低電界強度下での検証(データロストの可能性検証) [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 1 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180907
Page4

【生産-7】物流合理化システム

【生産物流ソリューション事例】 生産-7 JIT生産を支援する 物流合理化システム 見える化 Q C D 本社所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1 設立 :1949年12月16日 売上収益 :連結 5兆1,083億円(2017年度) 株式会社デンソー 従業員数 :連結 168,813名/単独 39,315名 連結子会社:220社 コックピットシステム製造部様 (日本 72、北米 31、欧州35、アジア 76、南米/その他 6) 課題 コックピットシステム製造部様では、多回引きによる後補充生産が定着しているものの、 その一方で関連する物流業務に多くの人工を割いており、その効率化が大きな課題となっています。 ソリューション ・自動ストアと連携し RFIDを活用した購入部品の入出庫作業の効率化 ・タブレットを活用した 購入部品の集荷・投入作業の効率化 【Before】 集荷 集荷(旧)システム 製品かんばん リクエスト ロット形成ポスト 集荷 引取かんばん (リターナブル) 指示 品番A 引取 投入 組付A 指示書指 示書 入庫 品番B 出庫 集荷 ライン投入 組付B 購入部品 作業 品番A 品番C 要領書 組付C 調達かんばん 品番C 製品ロケ 部品ロケ 引取かんばん BHT照合での入出庫作業 目視確認や要領書確認など 印刷物活用の集荷・投入作業 【After】 在庫管理/進度管理システム 入庫 出庫 集荷 入庫システム 指示 段取システム 指示 [他社製] 集荷(新)システム 製品かんばん 入庫 出庫 リクエスト ロット形成ポスト 実績 搬送制御 実績 出庫 投入 格納ロケ 作業要領を画面表示 ⇒オーバーフロー等 指示 指示 入庫 (予定) B 集荷 投入 C 投入 パレット 出 出 出 出 無人搬送機 T-foX 組付A 指示書 次 自 自 自 自 投入口をランプ指示 動 動 動 動 入庫 作業ナビ ス ス ス ス 出庫 集荷 ライン投入 組付B ト ト ト ト 購入部品 RFタグ R/W ア 入 ア ア 入 ア 調達かんばん 行先制御 組付C 入出庫実績収集 製品ロケ 設備メーカ導入部(連携) 自動ストアと連携した高効率、ミスのない入出庫作業 台車に搭載したタブレットを活用した高効率、ミスのない集荷・投入作業 効果 ・物流業務(入庫・出庫・集荷・ライン投入)の 省人化と作業ミス撲滅 ・購入部品の在庫見える化 ⇒ 異常在庫のリアルタイム監視 ・作業ナビ導入による、部品作業者の多能工(多ライン持ち)の育成期間短縮 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 2 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 181002
Page5

【生産-3】Beaconを活用した 部品運搬作業進捗管理システム

【生産物流ソリューション事例】 生産-3 Beaconを活用した 部品運搬作業進捗管理システム 見える化 Q C D 本社所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1 設立 :1949年12月16日 売上収益 :連結 4兆5,245億円(2015年度) 従業員数 :連結 151,775名/単独 38,490名 連結子会社:188 社 (日本 62、北米 28、欧州34、アジア 58、南米/その他 6) 株式会社デンソー エレクトロニクス製造部様 課題 エレクトロニクス製造部様は、多事業で多様な製品を扱うため、ラインの立上げに伴う、 レイアウト変更、運搬ルート・ダイヤの変更が多く、広い作業エリアの運搬状況や問題が 見えにくいという 課題があり、管理者・運搬作業者の負荷となっていました。 Beacon iBeaconとは iOS7から標準搭載されているBLE(Bluetooth Low ソリューション Energy)を使った技術です。Beacon による領域観測を 行うことができる機能で、「Beacon+iOS側アプリ」の組合せ Bluetooth信号 によって成立します。 領域への出入りを監視したり、 ・iBeaconを活用し 部品運搬車両の位置情報を の発信機 Beacon からの大まかな距離を測ることができます。 自動収集する事により 広範囲の部品運搬作業進捗をリアルタイムに見える化。 ・部品運搬車両に装着されたタブレットへの自動運搬ルート指示(行先、時間等) により 頻繁なライン変更や新規ライン立上げにフレキシブルに対応。 【Before】 【After】 <作業進捗把握> <作業進捗把握> 作業者が決められたポイントでボタンを押し iBeaconを活用した位置情報の自動収集により 位置情報を収集 作業進捗を把握 ・ボタン押下の負荷増 ・自動収集のため負荷なし ・押し忘れなど人的ミス発生 ・押し忘れなど人的ミスなし <運搬指示> <運搬指示> 特になし(作業者が運搬ルート変更の都度記憶) タブレットへの運搬指示(行先、ルート表示等) <異常報告> <異常報告> 作業完了後に報告 タブレットから即時報告⇒管理者側パトライト点灯 異常 ボタン 部品運搬車両 Beacon 部品運搬車両 タブレットへの 運搬ルート指示 進捗管理画面 異常警告 (オフィス) 効果 (お客様の声) ・管理者が容易に現場管理が可能 このシステムの導入のおかげで、広範囲の 作業進捗や異常をリアルタイムに把握 作業進捗が瞬時に見えるようになりました。 ・自動運搬指示機能の導入による属人性の排除 異常にすぐ手を打てるようになって、 非常に助かっています。データの収集も ・蓄積した運搬作業データを 運搬ルート・ダイヤ見直しに活用 自動でできるので煩わしさはありません。 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 3 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180427
Page6

【京セラ】液晶表示付タグ 想定事例

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 生産 液晶表示付RFタグを活用した 工程内リサイクルかんばん廃止による業務改善 見える化 Q C D 想定業種:製造業全般 課題 ・リサイクルかんばん手扱い、管理メン想テ工定数課負題荷 ・工程間移動実績把握工数負荷 ・棚卸作業工数負荷 液晶表示付RFタグ ソリューション ・高精細表示(QRコード・バーコード表示可) 表示内容書き換え可能 ・液晶表示付RFタグによるリサイクルかんばんの代替。 ・電池レス ソーラー発電 (一般作業場の光で動作) ・工程間移動実績書込みによるトレーサビリティ。 ・UHF帯タグ内蔵(920MHz) ・一括読取りによる移動実績計上、棚卸工数低減。 ・スリムボディ TP箱適合サイズ ①生産指示 ①生産指示 【Before】 【After】 ⑤空箱液晶表示クリア 工程間 工程間 ※箱に取付けたまま かんばん 前工程へ での運用想定 管理工数 供給 ②仕掛かんばん準備 ⑦外れかんばん返却 ③液晶表示書換え& かんばん棚 RFタグ書込(品番,シリアルNo.等) かんばん ※イメージ゙ 管理なし ③生産 かんばん ②生産 手扱工数 ④かんばん取付 加 組 加 組 工 付 工 一括読取 付 工 工 工 工 程 かんばん 計上 程 かんばん 程 程 手扱なし 手扱工数 ⑤工程間移動 ⑥ライン投入 ④ライン投入 ③工程間移動 移動実績 定置アンテナ 計上工数 移動表 RFID対応BHTを活用し一括読取。 棚卸 棚卸 ※理論在庫とマッチング 1枚1枚 一括読取 読取 効果 ・リサイクルかんばん手扱い、管理メンテ工数の削減 ・RFタグ一括読取による工程移動実績計上、棚卸処理工数削減 ・トレーサビリティ精度向上 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 4 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180925
Page7

RFID通箱管理システム

RFIDを活用した 通箱管理システム ■概要 ◎ 通箱にRFタグを貼付し、入出庫の場所毎に、定置式アンテナやハンディターミナルで 一括読み取りする事で、通箱の在庫や流動日数などの見える化を効率的に実現 ◎収集した情報を活用し、通箱の滞留状況把握や所要量分析が可能 ■RFID技術の特長 ◎自動、複数一括、高速、透過読取り ◎リアルタイムで情報取得可能 ◎自動車業界標準コード※適合システム ※JAIFリターナブル輸送資材識別のための国際ガイドライン ハンディターミナル リーダライタ・アンテナ ■メリット ◎個品単位に所在把握(滞留、返却状況把握) ◎出荷、回収履歴の把握 ◎一括読取、自動読取による業務効率化 5
Page8

【物流-6】RFIDを活用した金属RTI入出庫管理

【生産物流ソリューション事例】 物流-6 RFIDを活用した 金属RTI入出庫実績収集 RTI:Returnable Transport Item(リターナブル容器) 見える化 Q C D 本社所在地:〒107-8414 東京都港区赤坂二丁目3番6号 コマツ 様 設立 :1921年(大正10年)5月13日 売上収益 :連結 678億70百万円 (米国会計基準による) 従業員数 :連結 59,632名/単独 10,465名 連結子会社:227社 課題 海外拠点への部品輸出時に使用している金属製RTI入出庫把握の為、各RTIに貼付し たQRコードを1枚づつハンディターミナルで読取りを実施しており、多大な工数が発生。 又、ラベルの剥がれや汚れによるラベルの貼り直し作業も作業者の負担となっていました。 ソリューション 金属製RTIに金属対応RFタグを取付け、入出庫時に定置式アンテナで一括読取する事で 入出庫情報を自動的に収集。 【Before】 上位システム 1枚毎読取 海外拠点 梱包 荷揃 バンニング 組付検査 【 入庫 ラベル 通 貼り直し 関 QRコード貼付 】 1枚毎読取 ロケ格納 デバンニング 【After】 上位システム 海外拠点 梱包 荷揃 バンニング 組付検査 【 入庫 通 RFタグ一括読取 関 金属対応RFタグ取付(2枚) 】 反対面 ロケ格納 デバンニング 効果(想定) ・貨物の入出荷時におけるパレットの入出庫実績収集工数低減 ・QRラベル再貼付作業工数低減(RFのみで運用の場合) ・インボイス自動作成と精度向上(上位システムにて) [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 6 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180910
Page9

【物流-3】RFIDを活用した空箱自動仕分けシステム

【生産物流ソリューション事例】 物流-3 RFIDを活用した 空箱自動仕分けシステム 見える化 Q C D 株式会社デンソー様 株式会社デンソーロジテム様 課題 デンソーロジテム様では、中継地物流業務において、複数の得意先から返却される空箱が 約13万箱/日と非常に多く、その仕分け作業の負荷軽減が課題となっていました。 ソリューション RFIDを活用して ・複数の箱を遠隔/一括で読取り、仕分け装置と連動した簡単・確実な自動仕分けを実現 ・RFIDの内容書き換えにより返却先変更に速やかに対応 【Before】 仕向地仕分 製品受入 製品出荷 (バタクリ) 製品納入 空箱仕分 空箱返却 空箱受入 (ハンド) 空箱返却 中継地 13万箱/日 ・・・ ・ ・ ・ 製品納入 製造部 得意先 【After】 読取NG、仕向地混載等 ディスプレイ NG 他 RFID アンテナ パトライト RFID アンテナ PLC センサ ・ B製造部行 A製造部行 RFID R/W ・・ ・ 仕分PLC ・・ 製造部 得意先 R/W&アンテナ 電波吸収トンネル <事前準備> RFID付き通箱の流通 UHF帯 効果(想定) RFIDタグ貼付 (約140万箱) ・空箱仕分け工数削減 ・仕分けミスなし ・通箱に貼付されたRFIDを活用することによる 様々な業務改善システム導入 (中継地,得意先,製造部) [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 7 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180910
Page10

【参考】RFID読書き精度保証システムの開発

参考 出品 RFID:読書き精度保証システムの開発 ■概要 ◎ R FIDは画期的な自動認識技術で データの追記/書替えや 複数移動体の一括読書きができますが 電波のため、精度保証が非常に難しい技術です。 ◎そこで“事前:対象物の数量カウント” “過程:読書き精度の向上” 及び “結果:エラー時のリカバリ” を 組合せた精度保証システムを開発中です。 【Before】 <難しさの主な要因> ・複数一括読取りでは ・電波のメリットがデメリットにもなる 精度保証なし ①交信範囲のRFタグは ②電波が反射波に打消され ③RFタグの故障が見えない 余分なものまで全て読取る 読取れない 読取り範囲(理論値) 読取り可能ポイント アンテナ 直接波 × RFタグ × 反射波 アンテナ 読取り範囲の実態 (イメージ図) 【After】 ・Ⅰ.事前,Ⅱ.過程,Ⅲ.結果 と全体監視を一連のシステムとすることで 複数移動体一括読書きの精度保証 を行い RFIDの課題を克服する。 全体監視 4 “事前” 3 “過程” 1NG “結果” “事前”の各種方法 Ⅰ.対象物の数量カウントで Ⅱ. RFID自動車業界標準規格(ISO)に Ⅲ. ⅠとⅡの比較でエラー時の ・計画データ活用 対象数を明確化 基づくフィルタリング技術活用 リカバリ指示 ・QRコード読取り ・画像認識 リーダライタ・アンテナ ハンディターミナル カメラ (Deep Learning取組中) ・3Dセンサ活用 ■今後の課題 ◎画像処理技術(Deep Learning:深層学習)の精度向上 ◎“事前”部分の各種方法(3Dセンサ他)の実現 8
Page11

【コンサル-1】かんばん方式導入による進捗/在庫の見える工場づくり

【生産物流現場改善コンサルティング事例】 コンサル-1 かんばん方式導入による 進捗/在庫の見える工場づくり 見える化 Q C D 所在地 :愛知県額田郡幸田町 株式会社三協 設立 :昭和36年5月 従業員数 :30名 幸田工場様 事業内容 :精密部品 背景 ディーゼル噴射ポンプ 金型(冷間鍛造・切削加工) 課題 三協様では、従来の大ロット・押し込み生産から、顧客要求にフレキシブルに対応し、 競争力の高い現場とすべく、小ロット・後補充生産への切り替えが課題となっていました。 ソリューション 各現場担当者任せ 【Before】 (ハンド) (ハンド) (ハンド) (ハンド) 発注 材料手配 仕掛指示 受注 仕入先 得意先 大ロット・押し込み生産 鍛造 切削・熱処理 出荷前検査 現場確認 コンサルティング フォロー 問題点抽出 現状把握 しくみ改善 作業標準化 システムソリューション 実施 (しくみ定着・効率化) 実施 改善策検討 現場改善マインドの醸成 (ハンド) (ハンド) (自動) (自動) 【After】 発注 材料手配 生産計画 受注 システム ソリューション <詳細別紙> かんばん発行システム(QRコード付) 生産計画立案システム 出荷照合システム <17年度導入検討中> 照合 かんばん かんばん かんばん 仕入先 ロット形成ポスト ロット形成ポスト ロット形成ポスト 得意先 部品ストア 部品ストア 製品ストア 鍛造 切削・熱処理 出荷前検査 小ロット・後補充生産 時間 品番毎に層別、明示 検査員/時間別 しくみ改善 遅れ/進みの見える化 進捗の見える化 作業員 かんばんシューター 部品/製品ストア 進捗管理板 2Sの教育・徹底 ⇒ 改善マインドの醸成 計測器:名称等明示 刃具:仕切りで層別 効果 今回の取組みを通して 効果を実感しながら 現場改善の手順を学ぶ事ができました。 ・生産計画立案業務の標準化、効率化(▲80%) 社員自ら改善していこうという意識が芽生え、 ・生産進捗/在庫の見える化(進捗確認時間▲66%) 今後 継続して現場改善を実施していく ・誤品出荷の撲滅(誤出荷ゼロ) 土台ができ 大変感謝しております。 鈴木専務 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 9 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180426
Page12

【コンサル-2】現場改善先行したシステム導入

【生産物流現場改善コンサルティング事例】 コンサル-2 他社にない システム導入前の現場改善 見える化 Q C D 所在地 :愛知県額田郡幸田町 株式会社三協 設立 :昭和36年5月 従業員数 :30名 幸田工場様、他顧客多数 事業内容 :精密部品 背景 ディーゼル噴射ポンプ 金型(冷間鍛造・切削加工) 課題 システム導入して合理化したいという顧客殿の要求は、現状のしくみを是として依頼される 場合が多い。今までの顧客で事前調査すると、システム導入後本来の役目を果たさず、 更にシステム変更するケースが多く、2重投資をすることが懸念された。 ソリューション 【一般的なシステム開発】 【エスアイのシステム開発】 システム開発依頼 現場確認(QCD全て) システム開発依頼 現状業務フロー作成 現状業務聞き込み コ 開 問題点と対策案提示 ン 発 サ 担 ル対策案の合意 担 システムソリューション 当 当 現場としくみの改善 (最初は2Sから) 開 問題点 発担 ①仕事の流れ、しくみはそのままで 当システムソリューション システム導入⇒ムダが隠れたまま *しくみ問題の真因分析まで行き着けない ①上記赤枠部分をコンサルし、 ②ムダが発覚し改善しようとすると ムダの無いシステム開発可能 システム再開発 *開発担当とのコミュニケーションが取れ ③システムの一部しか使われないことに 改善を含んだ開発 陥る可能性大 ②コンサルはシステム開発だけでなく、 QCDに関して支援可能 効果 *現場改善とシステム開発の同時進行可能 ・5S改善支援による現場すっきり 今回の活動を通じて、しくみや現場の問題点を ・しくみの定着 いろいろご指摘いただいて、順次改善を進めて ・異常の見える化(業務負荷、遅れ進みなど) います。 ※システムは得意先情報に基づく生産計画半自動化 単にシステム化するだけでなく、現場の課題を のみで現場改善を優先(後補充生産) しっかり見ていただいて、非常に勉強になります。 鈴木専務 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 10 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180924
Page13

【コンサル-3】QCサークル導入による不良低減と改善力ある人づくり

【生産物流現場改善コンサルティング事例】 コンサル-3 QCサークル導入による 不良低減と改善力ある人づくり 見える化 Q C D 所在地 :愛知県額田郡幸田町 株式会社三協 設立 :昭和36年5月 従業員数 :30名 幸田工場様 事業内容 :精密部品 背景 ディーゼル噴射ポンプ 金型(冷間鍛造・切削加工) 課題 三協様では、生産性向上、利益確保を目的として、廃却不良低減を進めていたが、 担当リーダ任せで、目標未達成であった。現場改善をする前に、不良低減を先行して 実施する必要が有った。 ※エスアイは、トヨタ生産方式導入前の課題もコンサルします ソリューション 【Before】 サークル能力 全社廃却不良率(%) 1.2 4.0 廃却不良率横ばいの要因 問題解決 5 4 2.0 ①出荷前検査主体で、発見が遅れ大量不良発生 3目標 ②不良発生情報の展開遅れ 改善能力 2 活動運営 1 0 ③不良低減の責任者が存在せず、改善遅れ 0.0 ④全社的な改善意識不足 多能工 QC手法の ローテ 使い方 ・QCサークル活動展開による、不良低減と改善力ある人材の育成 コンサルティング 活動内容 対象者指名 各ステップ指導 成果報告 実施 教育 各工程リーダ 6名 現地現物で 2回/M(6か月) 【After】 サークル能力 QC活動効果(つばキズ対策) 1.2→2.6 不良個数(月) 全社廃却不良率(%) QC活動効果 問題解決 2000 4.0 5 活動内容 43 1000 改善能力 2 活動運営 1 1000 2.0 目標 ①定期改善時間の確保 0 ②改善テーマの責任者割振り 10 0.0 ③進度状況フォロー 多能工 QC手法の 0 ローテ 使い方 改善前 改善後 現地現物の重要性 効果 今回の活動を通じて、総智総力で取り組む ことと、現地現物を確認することの重要性を ・対象(つばキズ対策)不良低減(99%低減) 理解できました。 ・歯止めへの反映による再発防止 今年度は研修を受けたリーダが核となり3つの ・6人のリーダー育成に成功 QCサークルを立上げ、成果を期待しています。 鈴木専務 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 11 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180924 15年上 15年下 16年上 16年下 17年上 17年下
Page14

【管理-2】RFIDを活用した 機械予備部品在庫管理システム

【生産物流ソリューション事例】 管理-2 RFIDを活用した 機械予備部品在庫管理システム 見える化 Q C D 本社所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1 設立 :1949年12月16日 売上収益 :連結 5兆1,083億円(2017年度) 従業員数 :連結 168,813名/単独 39,315名 連結子会社:221 社 (日本 72、北米 31、欧州36、アジア 76、南米/その他 6) 株式会社デンソー センサ&セミコンダクタ製造2部 様 課題 センサ&セミコンダクタ製造2部様では、生産機械設備の予備部品の在庫管理は、 DePAS ※ への入出庫情報のハンドインプットと年2回の目視確認による棚卸で行って おり、その負荷軽減と精度向上が大きな課題となっています。 ※デンソーの全社標準在庫管理システム ソリューション 機械予備部品の入荷時にRFタグを貼付し、 ・部品倉庫内の 棚卸実績を一括収集 【ステップ1:19年2月~ 稼働予定】 ・部品倉庫への 入出庫実績を自動収集 【ステップ2:19年度中 稼働予定】 【Before】 【After】 DePAS DePAS 在庫情報 在庫情報 在庫管理 システム 在庫情報 在庫 リスト 入庫実績 在庫情報 棚卸実績 出庫実績 納品書 納品書 納品書 Z Z Z Z RFタグ Z Z RFタグを一括読取り 在庫リストに基づき 箱に貼付されている 納品書を見て 納品書を見て 納品書のQRコードを 目視で実地棚卸→ 在庫を一括で読取り RFタグを自動で読取り 入庫実績ハンドインプット 出庫実績ハンドインプット 読取り 入庫実績 棚卸実績ハンドインプット 棚卸実績を計上 作成&RFタグへ書込み 出庫実績作成 入庫 棚卸 出庫 入庫 棚卸 出庫 入 入 荷 出 荷 出 ・ 庫 ・ 庫 入 入 庫 部品倉庫 庫 部品倉庫 <採用したRFタグ=無指向性RFタグの特徴> 効果 よく読める アンテナ ・棚卸工数低減/精度向上 一般的なRFタグ アンテナ 無指向性RFタグ 読めない方向がある一方で Z あらゆる方向から 読み取れる方向は ・入出庫実績収集工数低減/精度向上 読めない 読取が可能だが 通信距離が長い アンテナ 通信距離は短い 電波イメージ [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 12 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180924
Page15

IoTを活用した遠隔監視システム

【ソリューション 活用想定事例】 管理 IoTを活用した 遠隔監視システム <協力会社:株式会社コンテック様> 見える化 Q C D ― 混雑する展示会/イベント会場での活用想定事例 ― 課題 エスアイ本社の展示会開催時、展示物や会場の混雑状況に偏りが多く、来場者様にスムーズに 見学していただくために、各会場の混雑状況の見える化が課題となっていました。 ソリューション ・各展示ブースに温度センサ※1を配置し、データをリアルタイムに集計し、混雑状況を把握。 ・各会場の入口に設置したディスプレイにて、各展示ブースの混雑状況の見える化を実現。 ※1 EnOceanを使って温度情報の取得を行っています 【Before】 【After】 1Fと2Fの各会場入口にディスプレイを設置 2F ▼会場レイアウト上に、混雑マークを表示 2Fに来て 説明待ちの みたら、すごく 来場者が多いから 混雑している! 説明員の応援が ほしいなぁ 展示ブース説明員 来場者 ●●の展示が 混雑しているから、 1Fは混雑 1F 説明員の応援を しているから、 展示会場の 出そう 2Fから 全体が 見学しよう 見渡せない ◀来場者を空いているブースへ案内したり、 混雑したブースに応援を出すには 1Fと2Fを常に行き来して確認しなければいけない 展示会事務局 来場者 展示会事務局 【システム構成】 【その他の活用例】 各種センサ情報を活用し、 コントローラ モニタ ・会議室使用状況 …温度、湿度、人感センサなどを使って利用状況の見える化 無線(EnOcean) ・社屋の施錠状況 …窓の開閉検知から閉め忘れ、開閉状況の見える化 各種センサ 効果 ・来場者自ら混雑状況を確認できるため、スムーズな見学が可能 ・事務局側で混雑状況を確認し、効率的な案内や説明員の応援が可能 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 13 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180903
Page16

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 管理 IoTを活用した 遠隔監視システム <協力会社:株式会社コンテック様> 見える化 Q C D ― 生産現場での活用想定事例 ― 課題 保全業務では、実際に現場へ行って設備の状況などを確認し記録する必要がありました。 また、故障した際は、異常発生箇所の特定に時間を要していました。 ソリューション ・既存設備から取得出来る情報と、不足する情報があれば各種センサ※1を取付け、情報を収集する。 ・取得した情報は、保全だけでなく関係する各担当者に必要な情報を提示。 ※1 温度、振動、位置センサなど 保全担当者 設備の稼働時間、温度、振動数など定期点検に必要な情報を自動収集し記録表に保存。 設備異常が発生した場合には、アラート情報の表示、またはメール送信などで通知。 生産担当者 生産計画数、生産実績を表示。設備故障などが発生した場合にはアラート表示。 【Before】 【After】 <日常点検> <日常点検> ・現場へ行き点検 ・センサの取付けにより、 ・設備の状態を 精度の高い、かつ詳細な 紙に記録。 データを定期的に自動収集 保全担当者 モニタ 生産担当者 モニタ ・収集したデータの中から 生産担当者に コントローラ 有益な情報を表示 <故障時修理> ・故障時、急に呼び出し <故障前> ・日常点検記録からでは、 ・異常発生段階で 設備に取り付けられた どこに異常があるかが不明 気づくことができ、 各種センサ 詳細データにより どこに異常が あるか判断可能 ? 効果 ・作業者による定期点検工数削減 ・故障前の設備異常発生時に対応を可能に ・収集データを他部署でも有効活用 必要な情報を、必要な担当者へリアルタイムに表示 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 14 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180903
Page17

【管理-1】AIを活用した問合せシステム(チャット自動回答)

【ソリューション事例】 管理-1 AIを活用した 問合せシステム(チャット自動回答) <協力会社:木村情報技術株式会社様> 見える化 Q C D 自動車部品メーカ様 課題 当該自動車部品メーカ様では、イベント開催時等に、社員からの問合せが殺到することが考えられ、 迅速な対応と、対応工数の削減(人件費削減)が課題となっていました。 ソリューション ・AIパッケージソフト*を活用し、イベントに関するチャットでの問合せに、AIが自動で回答。 ・回答欄に画像やURLを表示でき、excel、word、PDFのファイルもその場でダウンロード可能 ・フィードバック機能により再学習し、使えば使うほど回答精度が向上。 *AIパッケージソフト:AI-Q [木村情報技術㈱] IBM Watson日本語版を用いたAI社内お問合せシステム。 【Before】 【After】 イベントの担当者に いつも、どこからでも その都度電話で質問 自分のタイミングで質問 PCはもちろん URLで詳細添付ファイルを Aさん ページに! スマホや その場で タブレット ダウンロード! にも対応 直接または遠隔で説明 AIが即座に 似たような質問も多い 回答を表示! 個人の知識や経験に偏り有 その他活用例 FB機能:エクセルファイルで作成 ・社内書式の検索・ダウンロード したQA集をインポートする等、 ・社内のPCサポート、 使いながら知識をストック ・業務マニュアル ・従業員連絡先検索 等 効果 ・問合せへの迅速な対応が可能 ・社内問合せ担当部門の人件費削減 ・社員の日常業務の効率化 ・属人的になりがちなナレッジの共有化 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 15 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180827
Page18

ディスプレイタグを活用したカゴ台車の返却管理

【生産物流ソリューション 活用想定事例】 物流 ディスプレイタグを活用した カゴ台車の返却管理 見える化 Q C D ― カゴ台車を使った送荷を行う 物流倉庫での活用想定事例 ― 課題 ・送荷状(荷揃指示書)に従い、毎回カゴ台車へ送荷先を書いて貼付ける必要がある。 ・カゴ台車がどこに何台送荷されているか管理ができず、紛失することがある。 ソリューション ・荷揃指示データを取込み、カゴ台車に取付けたディスプレイタグに書込み、表示 ・送荷状と送付物を照合確認し、カゴ台車へ収容 ・トラック積載時/荷下ろし時に、RFID定置式リーダでカゴ台車情報を自動収集 ・積込指示データと照合し、積込間違いを防止 ディスプレイタグとは 通常のRFタグと同様に、電波を使って タグ内部のICチップへ情報の書込/読取が可能。 ICチップ内部に書き込んだ情報の一部を 電子ペーパー上に表示できる為、 タグ情報を目視でも確認できます。 【Before】 荷揃え時 トラック積載 送荷状 /荷下ろし時 (荷揃指示書) 送荷先 : △△△△△ 送荷先 : ---- 送付物 送付物:---- 1. ○○○○ □個 2. ○○○○ □個 3. ○○○○ □個 送荷先 : ---- 送付物:-- カゴ台車 ①送付物を目視確認で ②送荷先を書き写し カゴ台車の送荷情報を台帳管理しており、 カゴ台車へ カゴ台車へ貼付 どこに何台あるか把握し難い 【After】 荷揃え時 トラック積載 積載 /荷下ろし時 指示データ ディスプレイ 荷揃え タグ 指示データ RFID 定置式リーダ ①ディスプレイタグで送荷先を確認し、積載トラックを選択 ②積載時定置式リーダでカゴ台車情報を自動収集、 積込指示データと照合し、積込間違いやモレを防止 ①荷揃指示データを取込 ②照合OK後、 送付物のバーコード/QRコードを読取り、 送荷先・送付物の情報を 照合確認し、カゴ台車へ ディスプレイタグに書込み、 ディスプレイ上に表示 効果 ③荷下ろし時に定置式リーダで 回収カゴ台車情報を自動収集 ・送荷先/送付物情報の書き換えミス防止、貼付不要 ・送付物の荷揃えミス撲滅 ・カゴ台車の送荷/返却履歴管理が可能 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) 16 [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180810 …
Page20

[本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL 0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒446-0058 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL 03-6367-6440(代表) http://www.denso-si.jp