1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(838.3Kb)

受注2点/出荷4点照合システム ― eye之助活用 ―

事例紹介

【生産物流ソリューション事例をご紹介】eye之助を活用で、出荷品質の向上、作業工数の削減を実現!※(株)三協様への導入事例

【導入事例】
企業名:株式会社三協 様
事業内容:精密部品、ディーゼル噴射ポンプ、金型(冷間鍛造・切削加工)の製造

【課題】
・受注/出荷時、納品書や得意先かんばん等の目視確認による作業ミス
・受注時の出荷指示リスト作成のため、excelへのハンド入力による作業負荷

< eye之助を活用 >*活用方法はカタログにて詳細をご説明!

【効果】
・出荷品質の向上(異品納入ゼロ化)
・作業工数の削減(指示リスト作成の時間軽減、精度向上)
・作業履歴の見える化(システム上で照合完了を確認でき、実績を蓄積
・eye之助を活用したため、低コストで上記効果を早期実現(照合ソフトの開発工数/費用が不要)



*eye之助の詳細については、別途eye之助カタログをダウンロードしてください。
  → https://www.aperza.jp/catalog/page/2323/7167/
*お見積もりやデモ機の貸出し等、お気軽にお問い合わせください。

このカタログについて

ドキュメント名 受注2点/出荷4点照合システム ― eye之助活用 ―
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 838.3Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流ソリューション事例】 出荷-2 受注2点/出荷4点照合システム ー eye之助活用 ー 見える化 Q C D 所在地 :愛知県額田郡幸田町 設立 :昭和36年5月 株式会社三協 従業員数:30名 事業内容:精密部品 幸田工場様 ディーゼル噴射ポンプ 金型(冷間鍛造・切削加工) 課題 三協様は以下2点の改善が課題でした。 ・受注/出荷時、納品書や得意先かんばん等の目視確認による作業ミス ・受注時の出荷指示リスト作成のため、excelへのハンド入力による作業負荷 ソリューション eye之助とは BHTを活用した業務アプリをお客様ご自身で 作成可能な デンソーエスアイ製パッケージソフト。 ・目視確認→BHT2点/4点照合 <特徴> ・設定にはプログラミング知識不要 BHTを動作させるアプリは「eye之助」を活用 ・安価でスピーディに導入 ・出荷・集荷・入庫等あらゆる業務で活用可能 受注時:納品書と得意先かんばんの2点照合で数量チェック 出荷時:出荷指示データ、納品書、得意先かんばん、社内かんばんの4点照合で品番/数量チェック ・受注時の2点照合で取得した照合実績データから出荷指示データを自動作成 【Before】 【After】② excelへハンド入力 ②照合実績データから ① 目視確認 ①BHT2点照合 出荷指示 出荷指示リスト作成 出荷指示 出荷指示データ自動作成 リスト リスト [納品書] [得意先かんばん] [納品書] [得意先かんばん] 得意先 QRコード 得意先 出荷指示 データ ハウス 取込み 出荷場 ③リストを元に ④ 目視確認 ③得意先かんばん ④ BHT4点照合 ⑤出荷 ⑤出荷 ピッキング かんばん差替え ストア を元にピッキング かんばん差替え部品置場 得意先かんばん リストを元に 得意先かんばん 差替え ダブルチェック 納品書 品番A 収容数10 品番A 収容数10 差替え 整理No.1 整理No.1 得意先かんばん 品番A 収容数10 品番A 収容数10 整理No.2 整理No.2 品番A 収容数10 品番A 収容数10 整理No.3 整理No.3 ✔ 得意先かんばん ✔ ロット管理票 社内かんばん<QR付> QRコード ✔ <QRなし> (別システムにて作成) <4点照合> 納品書、得意先かんばん、社内かんばんを順に読取り、 効果 BHTに取込んだ出荷指示データを<正>として消込み ・出荷品質の向上 異品納入ゼロ化 以前は、目視確認で出荷間違いをすることが ・作業工数の削減 指示リストの作成の時間軽減、精度向上 ありましたが eye之助によるBHT照合を導入 してから無くなりました。作業履歴も残るので ・作業履歴の見える化 いざという時に活用でき 安心です。 システム上で照合完了を確認でき、実績を蓄積 また、「間違えてはいけない」と気を使って ・eye之助を活用したため、低コストで上記効果を早期実現 作業をしていましたが、その必要がなくなり 精神的な負荷も減りました。 照合ソフトの開発工数/費用が不要 牧原文子 主任 *QRコードは㈱デンソーウェーブの登録商標です。 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com (改)200601 … … … … …