1/22ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1Mb)

SVM-MIPIハードウェア仕様書

ハンドブック

ハードウェアマニュアル

このカタログについて

ドキュメント名 SVM-MIPIハードウェア仕様書
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ネットビジョン (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

画像検証&開発支援装置 SVシリーズ
製品カタログ

株式会社ネットビジョン

GMSL/FPD-LinkIII 車載カメラ映像を簡単取り込み
製品カタログ

株式会社ネットビジョン

車載Ser/Desの高速化&低消費電力化に対応。CANとの同期伝送
製品カタログ

株式会社ネットビジョン

このカタログの内容

Page1

MIPI 入力版 ビデオキャプチャ/変換ボード [SVM-MIPI] ハードウェア仕様書 Rev.2.0 株式会社ネットビジョン
Page2

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 改訂履歴 版数 日付 内容 担当 1.0 2016/07/29 初版(新規作成) 山田 1.1 2016/09/12 2.2章、3.2章の図表修正 山田 1.2 2017/03/06 適用バージョンの追記 山田 LED1-9 動作説明の修正 スイッチ SW1 の動作を変更 2.0 2017/04/19 SVM-MIPI rev.2 より適用 山田 i
Page3

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 目次 1. 概要 ............................................................................................................................................................................................................................ 1 1.1. SVM-MIPI の機能 ................................................................................................................................................................................................... 1 1.2. 諸元 (SVM-03 モード) .......................................................................................................................................................................................... 1 1.3. 諸元 (SVM-03U モード) ...................................................................................................................................................................................... 1 2. SVM-03 モードの動作詳細 ............................................................................................................................................................................... 2 2.1. SVM-03 モードの主な機能および特徴 ......................................................................................................................................................... 2 2.2. SVM-03 モードの接続構成例 ........................................................................................................................................................................... 3 2.3. 電源入力に関して .................................................................................................................................................................................................... 3 2.4. PC の USB ポートからの給電に関して ......................................................................................................................................................... 3 2.5. 自動中央切出しと自動黒枠付加中央表示 .................................................................................................................................................. 3 2.6. Raw 入力時の処理について .............................................................................................................................................................................. 4 3. SVM-03U モードの動作詳細 ............................................................................................................................................................................ 4 3.1. SVM-03U モードの主な機能および特徴 ...................................................................................................................................................... 4 3.2. SVM-03U モードの接続構成 ............................................................................................................................................................................. 5 3.3. SVM-03U モードの設定手順 ............................................................................................................................................................................. 6 3.4. Raw 入力時の処理について .............................................................................................................................................................................. 6 4. SVM-MIPI のブロック図 ...................................................................................................................................................................................... 7 4.1. ブロックダイアグラム ............................................................................................................................................................................................... 7 4.2. SVM-03 モードでの FPGA 内部ブロック図 ............................................................................................................................................... 7 4.3. SVM-03U モードでの FPGA 内部ブロック図 ............................................................................................................................................ 8 5. SVM-MIPI ボードの外形 .................................................................................................................................................................................... 9 5.1. 外観写真 ...................................................................................................................................................................................................................... 9 5.2. 寸法図 ......................................................................................................................................................................................................................... 10 6. コネクタ仕様 ........................................................................................................................................................................................................... 11 6.1. CN1: サブ電源コネクタ ...................................................................................................................................................................................... 11 6.2. CN4: ターゲット接続コネクタ .......................................................................................................................................................................... 11 7. 各部詳細 ................................................................................................................................................................................................................. 12 7.1. SW1: プッシュ・スイッチ ....................................................................................................................................................................................... 12 7.2. SW2: DIPスイッチ .................................................................................................................................................................................................. 12 7.3. LED1-9: 動作状態表示 ...................................................................................................................................................................................... 13 7.4. JP1: VDDIO 選択用ジャンパ ........................................................................................................................................................................ 14 ii
Page4

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 8. チェック端子 ........................................................................................................................................................................................................... 14 8.1. TP4: VDDIO チェック端子(赤) ........................................................................................................................................................................ 14 8.2. TP1, 3, 5, 6: 電圧チェック端子(赤) ............................................................................................................................................................... 14 8.3. TP7-10: GND チェック端子(黒) ...................................................................................................................................................................... 15 8.4. TP11-33: 信号チェック端子(黄) ...................................................................................................................................................................... 15 9. 適用バージョン ...................................................................................................................................................................................................... 15 10. 注意事項 ............................................................................................................................................................................................................ 16 11. Appendix ............................................................................................................................................................................................................ 17 11.1. CN2: USB3.0 コネクタ ......................................................................................................................................................................................... 17 11.2. CN3: HDMI コネクタ ............................................................................................................................................................................................. 17 11.3. CN6: FPGA-JTAG コネクタ ............................................................................................................................................................................... 18 11.4. CN7: FX3-JTAG コネクタ .................................................................................................................................................................................... 18 iii
Page5

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 1. 概要 本書は、イメージセンサから出力される MIPI 規格の映像信号を HDMI 信号または USB3.0 信号に変換するためのボード「SVM-MIPI」 のハードウェア仕様書です。 SVM-MIPI には HDMI 出力モードと USB 出力モードの 2 つのモードがあります。本仕 様書ではそれぞれ「SVM-03 モード」と「SVM-03U モード」と呼んでいます。これらのモード は、基板上のDIP スイッチ (SW2) の 8番で切り替えることができます。8番オフで SVM-03 モード、オンで SVM-03U モードとして動作します。両モードとも、1920x1080 60FPS までの非圧縮の映像をサポートしていま す。 SVM-03 モードでは、イメージセンサなどのターゲットと接続し、HDMI ポートを持つ PC モニタやテレビと接続することで、 簡単にターゲットからの画像データをリアルタイムでモニタに出力表示し、検証・評価することができます。 SVM-03U モードでは、UVC (USB Video Class) に準拠したデバイスとして PC からキャプチャができるため、Windows、 Linux などさまざまな OS でイメージセンサの評価やアルゴリズム開発を行うことができます。 1.1. SVM-MIPI の機能 SVM-03 モード: MIPI 映像信号 -> HDMI の変換 SVM-03U モード: MIPI 映像信号 -> USB3.0 (UVC) の変換 1.2. 諸元 (SVM-03 モード) 電源: USB バス給電(外部給電も可能) / +5V 0.7A typ. 入力規格: MIPI CSI-2 映像信号(1 - 4 レーン) レーンあたりデータレート: max. 1Gbps 有効画素データレート: max. 2.4Gbps MIPI クロックレート: 100 - 500 MHz 入力解像度: 任意 入力ピクセルフォーマット: YUV4:2:2, Raw10, Raw12 出力: HDMI コネクタ (HDMI モード = YUV / DVI モード = RGB) 出力解像度: 1280x720 / 1920x1080 出力フレームレート: 30FPS / 60FPS 出力フレームフォーマット: YUV4:2:2 非圧縮 / RGB 4:4:4 非圧縮 1.3. 諸元 (SVM-03U モード) 電源: USB バス給電(外部給電も可能) / +5V 0.5A typ. 入力規格: MIPI CSI-2 映像信号 (1-4 レーン) レーンあたりデータレート: max. 1Gbps 有効画素データレート: max. 2.4Gbps MIPI クロックレート: 100 - 500 MHz 入力解像度: 任意 1
Page6

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 入力ピクセルフォーマット: YUV4:2:2, Raw10, Raw12 出力: USB 3.0 (USB 2.0 接続可) デバイスクラス: USB Video Class (UVC) 出力スルーレート: 最大 3.0 Gbps 出力解像度: 任意 出力フレームレート: 任意 出力ピクセルフォーマット: 入力ピクセルフォーマットと同じ * Raw 入力の場合、HDMI モードではモノクロ画像 (Pixel-by-Pixel) で出力されます。 2. SVM-03 モードの動作詳細 本章では、SVM-03 モード(MIPI 入力、HDMI 出力)について説明します。 2.1. SVM-03 モードの主な機能および特徴 ・ SVM-MIPI ボード単体で動作し、PC からの複雑な操作の必要なく、簡単にターゲットからの映像を HDMI モニタに出力 表示することができます。 ・ HDMI モニタへのビデオ出力サイズは、1080p(1920x1080)および 720p(1280x1080)に対応しています。 ・ HDMI モニタへのビデオ出力フレームレートは、60fps および 30fps に対応しています。 ・ PC からの設定は基本的に不要です。 ・ I2C 転送のためのユーティリティソフトが付属しているので、イメージセンサの初期設定が容易です。 ・ RGB4:4:4 での DVIモードでの出力に対応しているので、HDMI規格に準拠していない DVIモニタへの表示も可能です。 ・ フレームメモリとして DDR2-SDRAM(128MByte)を搭載していますので、ターゲットの違いによる多様な取り込みタイミン グに対応でき、画素データ抜け、ライン抜けすることなく取り込み画像をモニタへ表示することができます。 ・ 入力画像サイズを自動検出します。モニタ出力画像サイズより入力画像サイズが大きい場合、出力サイズに合わせて、 入力画像を自動的に切り出します。 ・ モニタ出力画像サイズより、入力画像が小さい場合、出力サイズに合わせて上下、左右に黒枠を自動的に付加して、モ ニタ画面の中央に Dot-by-Dotで入力画像を表示します。 ・ ターゲット接続側は、既存の NetVision 社製 NV-006-B 基板と完全にピンコンパチブルですので、同基板でお使いのタ ーゲットをすぐに接続することができます。 ・ 入力画像フォーマットは YUV、Raw 10 bit、Raw 12 bitに対応します。 ・ USB コネクタとデバイスコントローラを搭載しているので、USB接続による各種設定およびコントロールが可能です。 ・ DIP SW の 8 番を OFF にセットして起動することで、 SVM-03 モードとして起動します。 2
Page7

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 2.2. SVM-03 モードの接続構成例 2.3. 電源入力に関して SVM-MIPI ボードはターゲットを接続しない内蔵テストパターンのモニタ出力で、5V電源入力に対して 600mA程度の消費電 流となります。ターゲットを接続して画像を取り込む場合は、さらに電流量が増えますので、給電には十分な電流容量のあるA Cアダプタおよび USB ケーブルをご使用ください。SVM-03U モードの場合は 500mA程度の消費電流となります。 2.4. PCの USBポートからの給電に関して SVM-MIPI ボードは PC などからの USB 給電で動作可能ですが、USB2.0 ポートでは最大 500mA、USB3.0 ポートでは最大 900mA と USB仕様上では決められています。したがって、PCからの USB給電により SVM-MIPI ボードを動作させる場合は、 動作保証はいたしません。お客様の自己責任にてご使用ください。 2.5. 自動中央切出しと自動黒枠付加中央表示 SVM-03 モードでは、ターゲットからの入力画像サイズを自動検出します。下図に示すように、入力画像がモニタ出力サイ ズより大きい場合に中央を切出して出力し、小さい場合には周囲に黒枠を付加して入力画像全体が中央に表示されるよう出 力します。 3
Page8

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 2.6. Raw 入力時の処理について Raw 形式の入力フォーマットに関して、SVM-MIPI は Raw10 / Raw12 形式の入力に対応していますが、SVM-03 モード では入力 1 画素あたり出力 1 pixel (dot-by-dot) のモノクロ画像として出力されます。このとき上位 8bit のみ出力されるた め、下位 bit は切り捨てられます。Raw 現像機能は現在搭載していません。 3. SVM-03U モードの動作詳細 本章では、SVM-03U モード(MIPI入力、USB 出力)について説明します。 3.1. SVM-03U モードの主な機能および特徴 ・ ターゲットからの MIPI 映像信号を USB 接続により PC に出力します。 ・ USB Video Class (UVC) に対応しているので、可搬性が良く、DirectShow、OpenCV、ROS 等さまざまなライブラリを使用 できます。 ・ 転送は非圧縮で行うので、カメラの画質を損ねることがなく、評価試験やアルゴリズム開発にも最適です。 ・ Windows / Ubuntu (Linux) の OS に対応しています。 ・ I2C 転送のためのユーティリティソフトが付属しているので、イメージセンサの初期設定が容易です。 ・ Extension Unit による I2C 転送や複数台接続によるマルチチャンネルのキャプチャをサポートしています。 ・ 付属 CD に専用 DirectShow キャプチャソフト(NVCap)を同梱しています。 ・ USB3.0 の高速転送により、最大 3.2 Gbps (理論値)の映像データを非圧縮で取り込むことができます。 ・ カメラからの解像度やデータフォーマットの初期設定は PC から行います。設定項目は内部 SPI-ROM に保存されるた め、2 度目以降の設定は不要です。 ・ ターゲット接続側は、既存の NetVision 社製 NV-006-B 基板と完全にピンコンパチブルですので、同基板でお使いのタ ーゲットをすぐに接続することができます。 4
Page9

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 ・ 入力画像フォーマットは標準で YUV および Raw 形式に対応します。他の形式にも対応可能ですが、要相談となりま す。 ・ USB3.0 チップは Cypress EZ-USB FX3 を搭載しています。 ・ DIP SW の 8 番を ON にセットして起動することで、 SVM-03U モードとして起動します。 3.2. SVM-03U モードの接続構成 DirectShow Capture Software 5
Page10

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 3.3. SVM-03U モードの設定手順 SVM-03U モードでは、初回使用時にイメージセンサの仕様に合わせた初期設定が必要になります。設定がイメージセン サの仕様と異なる場合、正常にキャプチャすることができません。 1. ターゲット側電源電圧 (VDDIO) の設定 ターゲットデバイスの接続前に、VDDIO をターゲットデバイスの IO 電圧に合わせる必要があります。VDDIO はボード上 のジャンパ(JP1)によって切り替えることができます。出荷時は 3.3V に設定されています。 2. DIP SW の設定 ターゲットデバイスの MIPI レーン数に応じて DIP SW を設定する必要があります。設定については 7.2 節を参照してくだ さい。 3. PC からの初期設定 PC から解像度やピクセルフォーマット等の初期設定を行う必要があります。この設定は、CD に同梱されているソフトウェ ア「SVMCtl」によって行います。SVMCtl の操作方法については、添付 CD の「SVMCtl ソフトウェアマニュアル」を参照してく ださい。 出荷時の設定は以下の通りです。 解像度: 1920x1080 フレームレート: 48 FPS 色空間: UYVY - SVMCtl は適宜アップデートされることがあります。最新バージョンは弊社 Webページよりダウンロードすることができます。 3.4. Raw 入力時の処理について Raw 形式の入力フォーマットに関して、SVM-MIPI は Raw10 / Raw12 形式の入力に対応していますが、SVM-03U モード では入力データを 16bit 幅とみなして、上位 bit に 0 をセットして PC へと出力します。したがって Raw 形式でキャプチャ する場合、ピクセルフォーマットには UYVY を指定して UYVY にパックして取り込み、ホスト PC のソフトウェアにより Raw 画像処理を行う形になります。 6
Page11

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 4. SVM-MIPI のブロック図 以下に SVM-MIPI ボードの概略ブロック図を示します。 4.1. ブロックダイアグラム 4.2. SVM-03 モードでの FPGA 内部ブロック図 7
Page12

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 4.3. SVM-03U モードでの FPGA 内部ブロック図 8
Page13

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 5. SVM-MIPI ボードの外形 以下に SVM-MIPI ボードの外形に関する写真や図を掲載します。 5.1. 外観写真 9
Page14

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 5.2. 寸法図 以下に SVM-MIPI ボードの寸法図を掲載します。実際のボードでは、上端と下端それぞれで VCUT までの 10mm の部分 は含まれず、縦方向のサイズは他の弊社 SVシリーズ基板同様に 101.6[mm]となっています。 10
Page15

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 6. コネクタ仕様 本章では、カメラとの接続や通常の使用時に考慮すべきコネクタの仕様について記述します。その他のコネクタについては、 Appendix に記述があります。 6.1. CN1: サブ電源コネクタ USBバスパワーでは電源容量を満たせない場合、または USBバスパワー経由で給電しない場合に使用するための電源コ ネクタです。 使用コネクタ 22-04-1021: Molex ピン番 信号名 方向 備考 ピン番 信号名 方向 備考 1 +5V IN DC5V電源入力 2 GND - 電源グランド - CN1 と USB コネクタからの+5Vは、上記回路図のようにダイオード OR で接続されています。 6.2. CN4: ターゲット接続コネクタ ターゲットとなるイメージセンサを接続するためのコネクタです。 使用コネクタ QSH-030-01-L-D-A: SAMTEC ピン番 信号名 方向 備考 ピン番 信号名 方向 備考 1 D1_N IN MIPI レーン 1 入力 - 2 GPIO0 IO GPIO 0 (Reserved) 3 D1_P IN MIPI レーン 1 入力 + 4 GPIO1 IO GPIO 1 (Reserved) 5 GND - 6 GND - 7 D3_N IN MIPI レーン 3 入力 - 8 GPIO2 IO 9 D3_P IN MIPI レーン 3 入力 + 10 GPIO3 IO 11 GND - 12 GND - 13 CLK_N IN MIPI クロック 入力 - 14 GPIO4 IO 15 CLK_P IN MIPI クロック 入力 + 16 GPIO5 IO 17 GND - 18 GND - 19 D2_N IN MIPI レーン 2 入力 - 20 GPIO6 IO 11
Page16

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 21 D2_P IN MIPI レーン 2 入力 + 22 GPIO7 IO 23 GND - 24 GND - 25 D4_N IN MIPI レーン 4 入力 - 26 GPIO8 IO 27 D4_P IN MIPI レーン 4 入力 + 28 GPIO9 IO 29 GND - 30 GND - 31 SCL OUT I2C SCL 信号線 32 GPIO10 IO 33 SDA IO I2C SDA 信号線 34 GPIO11 IO 35 GND - 36 GND - 37 GND - 38 GND - 39 GND - 40 GND - 41 GND - 42 GND - 43 VSYNC IN VSYNC 入力 (Reserved) 44 GPIO12 IO 45 HSYNC IN HSYNC 入力 (Reserved) 46 GPIO13 IO 47 GND - 48 GND - 49 CK OUT クロック出力 50 GPIO14 IO 51 RST OUT リセット出力(L でリセット) 52 GPIO15 IO 53 GND - 54 GND - 55 VDDIO POW IO 電源出力 56 1V2 POW 1.2V 電源出力 57 3V3 POW 3.3V 電源出力 58 3V3 POW 3.3V 電源出力 59 GND - 60 GND - - HSYNC, VSYNC, GPIO ピンはカスタマイズ時に使用するため、予約しています。標準版では機能はありません。(Hi-Z) - SubLVDS 入力時(カスタマイズ機能)は GPIO0-15 ピンを使用して入力します。Sub-LVDS 時のピンアサイン等について はお問い合わせください。 - クロック出力周波数は PC 側ユーティリティソフト「SVMCtl」によって設定します。 - 1.2V、3.3V は 150mA 程度まで出力可能です。 - I2C スレーブアドレス 0x38, 39, 3D, 3F は内部割り当て済みのため、使用できません。 7. 各部詳細 7.1. SW1: プッシュ・スイッチ SW1 を押している間は、CN4 に割り当てられている RST 信号線がアサート(L 出力)されると同時に、FPGA 内部の映 像転送が中断します。SW1 の機能は SVMCtl により未割り当てにすることも可能です。 7.2. SW2: DIPスイッチ SVM-MIPI の各種動作モードを設定するための 8bitのスイッチです。 スイッチにより下記の設定が可能です。 12
Page17

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 番号# 項目 OFF 時 ON 時 1 (予約) 2 テストパターン出力 通常動作 テストパターン出力 (SVM-03 モードのみ) 3 入力レーン設定 SW [4:3] により入力レーン数を指定 4 入力レーン設定 #4=OFF, #3=OFF: 4 Lanes #4=OFF, #3=ON: 1 Lane #4=ON, #3=OFF: 2 Lanes #4=ON, #W3=ON: 3 Lanes 5 モニタ出力モード選択 HDMI モード DVI モード (SVM-03 モードのみ) (YUV4:2:2) (RGB4:4:4) 6 モニタ出力サイズ設定 1080p(1920 x 1080) 720p(1280 x 720) (SVM-03 モードのみ) 7 モニタ出力フレームレート設定 60 [fps] 30 [fps] (SVM-03 モードのみ) 8 SVM-03、SVM-03U 切り替え設定 SVM-03 モードで起動 SVM-03U モードで起動 (起動時) - UVC 動作時の解像度等の設定は SVM-03 用制御アプリケーション "SVMctl.exe" により行います。 - SVM-03U モードで起動した場合には、DIP SW 1, 3, 4 のみ有効です。 7.3. LED1-9: 動作状態表示 ボードや FPGA の動作状態を表示する LED です。 LED# 説明 1 "CAM POWER"とシルク表記された赤色 LED です。点灯時、ターゲットへの VDDH 電源および VDDL 電源の供給中であるこ とを示します。 2 "VSYNC"とシルク表記された LEDです。ターゲットからの V-Sync 同期信号を 3 分周した周期で ON/OFF します。入力画像 が 30 fps の場合、一秒間に 5回点滅を繰り返します。 3 ターゲットからの入力画像で、幅と高さの自動検出に成功し、画像サイズが安定して取得できていることを示します。 4 (SVM-03 モード) ターゲットからの入力画像をフレームメモリへ書込む過程で、オーバーフローが発生していることを示します。 (SVM-03U モード) フレーム同期用ブロックの動作を示します。 5 (SVM-03 モード) ターゲットからの入力画像をピクセルフォーマットに従いアライメントを調整する際に、問題が発生したことを示します。 (SVM-03U モード) USB 出力への V-Sync同期信号を 3 分周した周期で ON/OFF します。 13
Page18

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 6 (SVM-03 モード) FPGA内のフレームメモリへの書込みブロックがアイドル状態であることを示します。 (SVM-03U モード) 常に消灯となります。 7 (SVM-03 モード) FPGA 内のフレーム情報テーブルブロックが、メモリへの新しいフレームの書込みをこれ以上受け付けられないことを示しま す。点灯状態で、フレーム入力がある場合、そのフレームは破棄されます。 (SVM-03U モード) 常に消灯となります。 8 (SVM-03 モード) FPGA 内のフレーム情報テーブルブロックが、メモリから新しいフレームの読出しを受け付けられないことを示します。点灯状 態で、HDMI モニタ出力のフレーム読み出しがある場合、出力フレームは前回のものをメモリから再読み込みして表示すること で、同じフレームが繰り返し表示されます。 (SVM-03U モード) ホスト PC からキャプチャ中に点灯します。 9 (SVM-03 モード) HDMIモニタ出力への V-Sync同期信号を 3分周した周期でON/OFFします。出力画像が 60fps の場合、1秒間に 10回点滅 を繰り返します。 (SVM-03U モード) USB 出力への V-Sync同期信号を 3 分周した周期で ON/OFF します。 7.4. JP1: VDDIO 選択用ジャンパ SVM-MIPI ボードで生成するターゲットデバイスの IO電源 (VDDIO) の選択用ジャンパです。1.8V, 2.5V, 3.3V より選択す ることができ、150mA 程度の電流を出力することができます。 VDDIO はイメージセンサやターゲットデバイスの IO 電源電圧として使用されることを想定しています。また、GPIO0-15、 CLK、RST、および SCL、SDA の各信号線は VDDIO 電源レベルの入出力となります。 出荷時は 3.3Vに設定しています。 8. チェック端子 8.1. TP4: VDDIO チェック端子(赤) VDDIO の電圧確認に使用するチェック端子です。 8.2. TP1, 3, 5, 6: 電圧チェック端子(赤) SVM-MIPI ボードの動作で必要となる各電源電圧のチェック端子です。通常の使用では、チェックする必要はありません。ま た、外部モジュールへの電源供給のために、このチェック端子から電源を取り出すことはやめてください。 14
Page19

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 8.3. TP7-10: GNDチェック端子(黒) GND 端子として使用してください。 8.4. TP11-33: 信号チェック端子(黄) ターゲット信号のチェック端子です。各信号のシルクを捺印しています。測定器等を接続する際に使用してください。 9. 適用バージョン モード FX3 Version FPGA Version SVM-03U モード 63 以降 2.00 以降 SVM-03 モード 123 以降 2.00 以降 15
Page20

SVM-MIPI ハードウェア仕様書 (NDC00057) 2.0 10. 注意事項 本ボードをご使用する際は、以下の注意事項を必ずお守り下さい。 1. ファーム / FPGAのアップデートはホストPCから SVM-03制御ソフトウェア (SVMCtl) を使用して行います。 2. ターゲットの接続および取り外しを行う場合は、SVM-MIPI ボードの電源を必ず “OFF” の状態にして行って下さい。 3. 出力画像サイズ、フレームレート等の各設定に関して、全ての HDMI モニタでの画像表示を保証するものではありま せん。モニタによって出力可能な形式が異なり、サポートされない出力形式では何も表示されないことがあります。 4. 本ボードへの電源供給に関して、2.3 章および 2.4 章をよくお読みになり、電流容量に十分余裕のある電源をご使用く ださい。PC からの電源供給は、お客様の自己責任の下で行ってください。万が一 PC が破損にいたった場合、一切 責任を負いかねます。 5. 現状では、HDMI ケーブルを通してのモニタ等への 5V給電について、未検証です。動作保証はいたしません。 6. 本書の内容に関しては、将来予告なしに変更することがあります。 7. 本書の内容の一部又は全部を無断で転載することは、禁止されています。 8. 本書の内容については万全を期していますが、万一不審な点や誤り、記載もれなどお気付きの点がありましたら sv-support@net-vision.co.jp へご連絡ください。 16