1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.5Mb)

高速・高剛性と優れた直進性により、組立・検査のサイクルタイムを短縮する高速直交型ロボットCT4シリーズ

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 高速・高剛性と優れた直進性により、組立・検査のサイクルタイムを短縮する高速直交型ロボットCT4シリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アイエイアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

CT4

回転軸付仕様 ピック&ロータリ仕様シリーズ追加 高速直交型ロボット CT4 CT4 代理店
Page2

高速•高剛性と優れた直進性により、高速直交型ロボット機能比較表

高速•高剛性と優れた直進性により、組立•検査 のサイクルタイムを短縮する高速直交型ロボット  指令加速度3.2G(瞬時最大4.8G)の高速性 回転軸付仕様 ピック&ロータリ仕様シリーズ追加 CT4 ピック&ロータリ部分 高速直交型ロボット機能比較表 高速直交型ロボット 多関節 パラレルリンク型 CT4 ロボット ロボット 1.速度、加減速度 ◎ ○ ◎ 2.剛性 ◎ ○ ○ 3.本体サイズと動作範囲 ◎ ○ ○ 4.直進性 ◎ △ △ 注)「多関節ロボット」「パラレルリンク型ロボット」の評価は、標準的なロボットに対する弊社の評価です。   ◎:良い ○:普通 △:あまり良くない 1
Page3

1 | ピック&ロータリ仕様を追加 優れた高速性能で評判のCT4シリーズに把持回転機構を設け たピック&ロータリ仕様が追加となりました。 軽量物高速搬送に特化した把持回転機構により、これまで エア吸着が難しかった材質や形状の部品にも対応し、より多彩 な用途でお使いいただけます。 [ ピック&ロータリ仕様の特長] ●把持回転一体化ユニット  把持と回転の軸を一本にすることで、装置を小型•計量化で  き、高速化が可能になりました。 ●独自の把持機構  把持する際はバネで、解放する際は、ソレノイドを駆動して  行います。 ●把持機構と旋回機構のフローティング(特許出願中)  回転時に把持機構の配線がねじれないため、ケーブル断線を  防ぐことができます。 2 | 回転軸付仕様をご用意 回転軸 垂直軸先端に、超小型回転軸のみを設置したタイプもご用意 しています。搬送物の向きを変えての移動、整列が可能です。 3 | 高速•高加減速度対応 標準サイクルタイムの比較 最高速度2500mm/s、最大加速度3.2Gの高速•高加減速に より、装置のサイクルタイムを短縮します。 弊社直交ロボット 加減速度1.2G 1サイクル 0.558秒 従来の直交ロボットと比較して標準サイクルタイム(注)を32% 短縮しました。 動作経路 高速直交型ロボット(注)サイクルタイムは右図の様に上下移動 1サイクル 0.379秒 32%短縮 水平移動距離 加減速度3.2G設定   距離25mm、水平移動距離200mm 180°   回転移動角度180度の往復動作の   参考時間です。 4 | 効率の良い動作範囲 400mm(X軸)×300mm(Y軸)の広い動作範囲を確保しま した。ロボットの構造上動作範囲が円となる多関節ロボット やパラレルリンク型ロボットと比べて、四角い動作範囲は無 駄なスペースがなく効率的です。 直交型ロボットCT4の パラレルリンク型 動作範囲 ロボットの動作範囲 300m 5 | 剛性が高く、設置が容易 CT4はフレームの剛性が高いため、可搬質量が大きく、振動も抑えることができます。また、パラレルリンク型ロボットは、通常ワークの 上部に取り付けるため専用台の設置が必要になりますが、CT4はワークの高さの面に取り付けるため設置が容易です。 2 25mm 400m
Page4

アプリケーション例

CT4 高速直交型ロボット アプリケーション例 電子部品の実装 自動車部品のねじ締め 高速直交型ロボット(ピック&ロータリ仕様) 高速直交型ロボット(標準仕様)+ビジョン CT4-G1PR CT4-G1 ねじ締め装置 カメラ ICチップを把持し、向きを変えて カメラでワークのねじ穴を確認し、 電子基板上のソケットにはめこむ。 ねじ締めを行う。 部品検査機へのワーク供給/取出 個包装のお菓子を吸着パッドでピック&プレイス 高速直交型ロボット(回転軸付仕様) 高速直交型ロボット(回転軸付仕様)+ビジョン CT4-G1RT CT4-G1RT 回転軸 コンベアのワークを2個吸着し、 コンベアのお菓子を吸着し、 向きを変えて検査機で検査後、 向きを変えて箱につめる。 検査機 良品はコンベアに戻す。 3
Page5

バリエーション、サイクルタイムについて

お問合せは フリー コール 0800-888-0088 CT4 高速直交ロボット バリエーション 直交4軸回転軸付仕様  CT4-G1RT CT4-G1に回転軸を追加。 特 長 ▶ P5 ワークの向きの変更が可能になりました。 直交4軸ピック&ロータリ仕様  CT4-G1PR CT4-G1にピック&ロータリ機能を追加。 特 長 エアで吸収しにくい形状の部品にも ▶ P7 対応できるようになりました。 直交4軸仕様  CT4-G1 指令加速度3.2G(瞬時最大4.8G)により、 特 長 P9 装置のサイクルタイムを短縮します。▶ ■サイクルタイムについて サイクルタイムについては下記の動作条件、動作パターンで算出しています。 サイクルタイム【アーチモーション】 移動距離 200mm 300mm 直交4軸回転軸付仕様:CT4-G1RT 直交4軸ピック&ロータリ仕様:CT4-G1PR 0.379sec 0.468sec 直交4軸仕様:CT4-G1 動作条件 S字制御 速度 加速度 XY軸 2,500mm/sec 3.2G(瞬時最大4.8G) Z軸 833mm/sec 3.2G(瞬時最大4.8G) R軸 4,500度/sec 83,300度/sec2 サイクル動作パターン 動作経路 水平移動距離 CT4のサイクルタイムは、左図のように、上下移動距離25mm、 180° 水平移動距離200mmまたは300mm、回転移動角度180度の 往復動作の時間です。 4 25mm
Page6

直交4軸回転軸付仕様、スペック、構造

CT4 高速直交型ロボット CT4-G1RT-A-40-40-30-10B-36L-T2-□ 直交4軸回転軸付仕様 ■型式項目 CT4 G1RT A 40 40 30 10B 36L T2 シリーズ タイプ エンコーダ X1軸 X2軸 Y軸 Z軸 R軸 適応 ケーブル長 種類 ストローク ストローク ストローク ストローク 動作範囲 コントローラ CT4 : 高速 G1RT : ガントリ4軸 A : アブソリュート 40 : 400mm 40 : 400mm 30 : 300mm 10B : 100mm 36L: 360度 T2 : XSEL-PCT 3L : 3m 直交型 回転軸付 仕様 ブレーキ付き リミットスイッチ付 XSEL-QCT 5L : 5m ロボット タイプ □L : 長さ指定 X軸 400mm Y軸 300mm  Z軸 100mm R軸 360度 (注1) ストロークは型式中ではcm(センチメートル)表記と なります。R軸動作範囲は10度単位の表記となります。 (注2) ケーブル長は、本体コネクタ接続部からコントローラ までの長さです。 ご注意 標準は3mか5mですが、それ以外の長さもm単位で 対応可能です。最長30mまで対応可能です。 スペック CT4-G1RT-A-40-40-30-10B-36L-T2-□L 型 式 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 R軸 軸タイプ スライダ スライダ スライダ テーブル 回転軸 各軸仕様 ストローク (mm) 400 400 300 100 360度 最大速度 (mm/sec) 2,500 2,500 2,500 833 4500度/s 構造 直交4軸( X軸シンクロ動作)+回転軸 自由度 4 稼働領域 X-Y-Z(mm)-R(度) 400-300-100-360 位置決め再現性 (mm) X方向 : ±0.02、 Y方向 : ±0.02、 Z方向 : ±0.02、 R方向 : ±0.025度 ロストモーション (mm) X方向 : 0.05以下、 Y方向 : 0.05以下、 Z方向 : -、 R方向 : - 組合せ仕様 可搬質量 (kg) 0.5 走行寿命 (km) X/Y : 20,000、 Z : 5,000( 90%残存確率) R軸許容負荷イナーシャ (kg・cm2) 2 R軸許容モーメント (N・m) 1.2 設置姿勢 水平設置限定 周囲温度・湿度 温度 : 0~40℃、 湿度 : 20~85%RH以下( 結露無きこと) 構造 項 目 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 R軸 モータ ACサーボモータ(200V) 原点検出 アブソリュート 駆動方式 ボールねじ+カップリング モータ出力軸一体 ブレーキ 設定なし 設定なし 設定なし 標準装備 設定なし C型フレーム アルミ鋳物 本体質量 83.0kg 動的許容モーメント(R軸) 【選定上の注意】 回転軸許容モーメント 1.2N•m 取付けたツールのケーブルやエア配管も、引き回し方により、回転軸の負荷となります。 取付けるツールの慣性モーメントは、ケーブルなどの負荷も考慮し、許容値を超えないように してください。また、ケーブルやエア配管が負荷とならないよう固定にも注意してください。 動的許容モーメント方向 5
Page7

寸法図、適応コントローラ

お問合せは フリー   コール 0800-888-0088 CT4 高速直交ロボット 寸法図 CAD図面がホームページより ダウンロードできます。 www.iai-robot.co.jp 2次元 CAD 790 取付穴寸法 30 E E 断面図 E-E 取付穴(12か所)と   アイボルト取付位置(3か所) 280 取付基準面 200 350 200 20 取付基準面 3-M10 φ23ザグリ深さ5 (アイボルト用) 隔壁プラグ(φ4×2) エア配管: エア配管接続用 130 130  Z軸沿いにφ4を2本配置 モータケーブル 差込口 エンコーダケーブル 差込口  詳細図 B 7(2面幅部) (φ8 h7) 50 B 55 ±10° 原点復帰完了時の  2面幅角度 (4)φ8 h7 H 30 (φ8 h7) 詳細図 H C (400) (190.5) 取付基準面 3-M6深10 取付 60 Y:STROKE (60) (19.5) 571 311 245 300 基準面 820 29 図面ビュー C 適応コントローラ 適応コントローラ 最大制御軸数 エンコーダ種類 プログラム数 ポジション点数 電源電圧 内 容 XSEL-PCT CT4専用コントローラ 6軸 アブソリュート 128点 20,000ポジション 三相 AC200V XSEL-QCT CT4専用グローバルタイプコントローラ(安全カテゴリ対応仕様) 【回転軸で動作可能なワークの目安】 下記の負荷イナーシャ計算式にて、ワークが許容負荷イナーシャ(2kg•cm2)以下かをご確認ください。 J = 1/8 x M x D2 J = 1/12 x M x ( a2 + b2 ) <動作可能なワーク例> D 重さ0.1kg、幅50mm、長さ140mmのワークの場合 1/12×0.1×(0.142+0.052)≒0.00018となり 動作可能となります。 b ※回転軸先端のワーク重心が 重さ0.1kg  回転軸の出力軸からオフセット 50mm 質量:M 質量:M  しないようご注意下さい。 140mm a 6 (680.5) 回転中心 回転中心 X:STROKE400 190.5 φ23 φ11 35 100 100 15 6.5 14 200 (209) 8 Z:STROKE 175 100 0. 5 C
Page8

直交4軸ピック&ロータリ仕様、スペック、構造

CT4 高速直交型ロボット CT4-G1PR-A-40-40-30-10B-36L-T2-□ 直交4軸ピック&ロータリ仕様 ■型式項目 CT4 G1PR A 40 40 30 10B 36 T2 シリーズ タイプ エンコーダ X1軸 X2軸 Y軸 Z軸 PR軸 適応 ケーブル長 種類 ストローク ストローク ストローク ストローク 動作範囲 コントローラ CT4 : 高速 G1PR : ガントリ4軸 A : アブソリュート 40 : 400mm 40 : 400mm 30 : 300mm 10B : 100mm 36: 360度 T2 : XSEL-PCT 3L : 3m 直交型     ピック&ロータリ付 仕様 ブレーキ付き XSEL-QCT 5L : 5m ロボット     タイプ □L : 長さ指定 X軸 400mm Y軸 300mm  Z軸 100mm PR軸 回転 360度     ストローク 2mm(片側) (注1) ストロークは型式中ではcm(センチメートル)表記と なります。R軸動作範囲は10度単位の表記となります。 (注2) ケーブル長は、本体コネクタ接続部からコントローラ までの長さです。 ご注意 標準は3mか5mですが、それ以外の長さもm単位で 対応可能です。最長30mまで対応可能です。 スペック CT4-G1PR-A-40-40-30-10B-36-T2-□L 型 式 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 PR軸 軸タイプ スライダ スライダ スライダ テーブル ピック&ロータリ軸 各軸仕様 ストローク (mm) 400 400 300 100 360度 最大速度 (mm/sec) 2,500 2,500 2,500 833 4,500度/s 構造 直交4軸( X軸シンクロ動作)+ピック&ロータリ軸 最大把持力(注1) (N) ― 10 開閉時間 (sec) ― 0.13( 2mm 片側)(注2) 自由度 4 稼働領域 X-Y-Z-P(mm)-R(度) 400-300-100-2 (片側)-360 位置決め再現性 (mm) X方向 : ±0.02、 Y方向 : ±0.02、 Z方向 : ±0.02、 R方向 : ±0.025度 組合せ仕様 ロストモーション (mm) X方向 : 0.05以下、 Y方向 : 0.05以下、 Z方向 : -、 R方向 : 0.1度以下 可搬質量 (kg) 0.1 走行寿命 (km) X/Y : 20,000、 Z : 5,000( 90%残存確率) R軸許容負荷イナーシャ (kg・cm2) 0.4 R軸許容モーメント (N・m) 1.2 設置姿勢 水平設置限定 周囲温度・湿度 温度 : 0~40℃、 湿度 : 20~85%RH以下( 結露無きこと) 構造 項 目 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 PR軸 モータ ACサーボモータ(200V) 原点検出 アブソリュート 把持:ソレノイド+リンク機構 駆動方式 ボールねじ+カップリング 回転:モータ+タイミングベルト ブレーキ 設定なし 設定なし 設定なし 標準装備 設定なし C型フレーム アルミ鋳物 本体質量 83.0kg (注1)把持力はスライド上面(把持位置0mm、オーバーハング量0mm)における両スライド把持力の合計値を示します。(注2)参考値です。 ■ 把持に関する注意事項 【ストロークと把持力の相関図】 【把持点距離と把持力について】 把持機構にはバネを使用しているため、 5.5 把持点距離により把持力が 120 5.0 ストローク(開度)により、把持力は 1004.5 変化しますので、ご注意ください。 変化します。 4.0 80 1. グラフは最大把持力を100%とした時の ※このグラフの数値は片側の計測値です。 3.5 60 3.0 把持点距離による把持力を示しています。  両側の場合は、2倍した値になります。 40 2.5 2. 把持点距離はフィンガアタッチメント取付面から 20 2.0 把持点までの縦方向距離を示します。 1.5 0 0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 3. 把持力は個体差によりバラツキがあります。 0 5 10 15 20 CLOSE ストローク[mm] OPEN あくまでも目安としてご使用下さい。 把持点距離[mm] 7 把持力[N] 把持力[%]
Page9

寸法図、適応コントローラ

お問合せは フリー コール 0800-888-0088 CT4 高速直交ロボット 寸法図 CAD図面がホームページより ダウンロードできます。 www.iai-robot.co.jp 2次元 CAD 790 取付穴寸法 30 E E 断面図 E-E 取付穴(12か所)と   アイボルト取付位置(3か所) 280 取付基準面 200 350 200 20 取付基準面 3-M10 φ23ザグリ深さ5 (アイボルト用) 130 130 モータケーブル差込口 エンコーダケーブル差込口 8.4 8.4 8.4 2.7 3 ±1° 把持部原点角度 2 2 詳細図 B 2-φ1.5 h7 詳細図 H 5.4(閉時ピン距)把持原点 M2深3 9.4(開時ピン距離)  11.4(閉時M2距離) 34 φ3 把 6持 .5部旋回 48.8直径 H B 15 C 取付基準面 3-M6深10 (400) (240) 取付基準面 Y:STROKE 300 (60) 29 805 571 311 図面ビューC 適応コントローラ 適応コントローラ 最大制御軸数 エンコーダ種類 プログラム数 ポジション点数 電源電圧 内 容 XSEL-PCT CT4専用コントローラ 6軸 アブソリュート 128点 20,000ポジション 三相 AC200V XSEL-QCT CT4専用グローバルタイプコントローラ(安全カテゴリ対応仕様) 【ピック&ロータリ軸の運転条件】 【許容張り出し量】 実際に搬送できるワークの質量は、フィンガアタッチメント(爪)とワークの 把持位置L、オーバーハング量Hはグラフの使用範囲内で設定してください。 材質による摩擦係数により異なります。選定時は、取扱説明書「ピック&ロータ 範囲外で使用した場合、ガイド寿命を著しく低下させる恐れがあります。 リ軸の運転条件」をご確認ください。 30 25 20 【運転時デューティについて】 15 コントローラの周囲温度が25℃を超える場合は、把持の開閉動作に 10 デューティの制限があります。詳細は取扱説明書をご参照ください。 5 L 0 0 5 10 15 20 25 30 オーバーハング量 H[mm] H 8 (680.5) 1 1.5 X:STROKE 400 240 φ23 φ11 35 100 100 把持位置 L[mm] 6.5 14 76 200 8.3 Z:STROKE 188 100
Page10

直交4軸仕様、スペック、構造

CT4 高速直交型ロボット CT4-G1-A-40-40-30-10B-T2-□ 直交4軸仕様 ■型式項目 CT4 G1 A 40 40 30 10B T2 シリーズ タイプ エンコーダ X1軸 X2軸 Y軸 Z軸 適応 ケーブル長 オプション 種類 ストローク ストローク ストローク ストローク コントローラ CT4 : 高速直交型 G1 : ガントリ A : アブソリュート 40 : 400mm 40 : 400mm 30 : 300mm 10B : 100mm T2 : XSEL-PCT 3L : 3m 未記入 : なし ロボット 4軸タイプ 仕様 ブレーキ付き XSEL-QCT 5L : 5m AC : エア配管付 □L : 長さ指定 仕様 X軸 400mm Y軸 300mm  Z軸 100mm (注1) ストロークは型式中ではcm(センチメートル)表記と なります。 (注2) ケーブル長は、本体コネクタ接続部からコントローラ までの長さです。 ご注意 標準は3mか5mですが、それ以外の長さもm単位で 対応可能です。最長30mまで対応可能です。 スペック CT4-G1-A-40-40-30-10B-T2-□L 型 式 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 軸タイプ スライダ スライダ スライダ テーブル 各軸仕様 ストローク (mm) 400 400 300 100 最大速度 (mm/sec) 2,500 2,500 2,500 833 構造 直交4軸( X軸シンクロ動作) 自由度 3 稼働領域 X-Y-Z(mm) 400-300-100 位置決め再現性 (mm) X方向 : ±0.02、 Y方向 : ±0.02、 Z方向 : ±0.02 ロストモーション (mm) X方向 : 0.05以下、 Y方向 : 0.05以下、 Z方向 : - 組合せ仕様 可搬質量 (kg) 1 走行寿命 (km) X/Y : 20,000、 Z : 5,000( 90%残存確率) 動的許容モーメント(注1) (N・m) Ma=6.4、 Mb=9.2、 Mc=14.2( 5,000km走行寿命の場合) 張出し負荷長(注1) (mm) X方向 : 50、 Y方向 : 50、 Z方向 : 50 設置姿勢 水平設置限定 周囲温度・湿度 温度 : 0~40℃、 湿度 : 20~85%RH以下( 結露無きこと) (注1) Z軸先端取付部における場合です。 構造 項 目 X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 モータ ACサーボモータ(200V) 原点検出 アブソリュート 駆動方式 ボールねじ+カップリング ブレーキ 設定なし 設定なし 設定なし 標準装備 C型フレーム アルミ鋳物 本体質量 82.0kg 動的許容モーメント(Z軸) Mc Mb Ma 9
Page11

寸法図、適応コントローラ

お問合せは フリー   コール 0800-888-0088 CT4 高速直交ロボット 寸法図 CAD図面がホームページより ダウンロードできます。 www.iai-robot.co.jp 2次元 CAD 790 取付穴寸法 30 E E 断面図 E-E モータケーブル差込口 取付穴(12か所)と エンコーダケーブル差込口   アイボルト取付位置(3か所) 280 <標準仕様> 130 130 取付基準面 200 350 200 20 取付基準面 3-M10 φ23ザグリ深さ5 (アイボルト用) 隔壁プラグ(φ4×2) エア配管接続用 <エア配管付仕様> モータケーブル 6-M5深さ6 差込口 5 H7 深さ5 エンコーダケーブル 差込口 φ5H7深5 詳細図 B 24 50 B 55 29 3-M6深10 C (400) (164) 取付基準面 図面ビュー C 取付 Y:STROKE 571 311 基準面 60 300 (60) 245 エア配管無:805 エア配管有:820 適応コントローラ 適応コントローラ 最大制御軸数 エンコーダ種類 プログラム数 ポジション点数 電源電圧 内 容 XSEL-PCT CT4専用コントローラ 6軸 アブソリュート 128点 20,000ポジション 三相 AC200V XSEL-QCT CT4専用グローバルタイプコントローラ(安全カテゴリ対応仕様) 【動的許容モーメントの算出について】 CT4 については、X 軸 /Y 軸は 20,000km 走行寿命、Z 軸は 5,000km 走行寿命(いずれも残存確率 90%)の条件にて 動的許容モーメントを算出しています。 10 (680.5) X:STROKE 400 164 φ23 φ11 35 100 100 6 200 6.5 14 40 40 194 Z:STROKE 190 100
Page12

システム構成、回生抵抗ユニット

CT4 高速直交型ロボット システム構成 直交4軸+回転軸付仕様 オプション オプション ■ 各種フィールド ■ ブレーキ用電源DC24V ロボット本体に付属   ネットワーク接続 ● ピック&ロータリのソレノイド駆動用電源兼用モーターケーブル 型式CB-CT4R-MA□□□ ● Device Net 標準3m/5m ● CC-Link オプション ● PROFIBUS-DP タッチパネルティーチング ● ロボット本体に付属 Ethernet 型式:TB-01-S■ 外部機器 エンコーダケーブル PLC他 型式CB-CT4R-PA□□□ 標準3m/5m ■ シリアル通信ポート   標準・RS232用2ch 直交4軸+ピック&ロータリ仕様 コントローラに付属 I/Oフラットケーブル2m ロボット本体に付属 モーターケーブル 型式CB-CT4R-MA□□□ 標準3m/5m ロボット本体に付属 エンコーダケーブル 型式CB-CT4PR-PA□□□ 標準3m/5m パソコン オプション 直交4軸仕様 パソコン対応ソフト ロボット本体に付属 RS232接続版 モーターケーブル 型式:IA-101-X-MW 型式CB-CT4-MA□□□ USB接続版 標準3m/5m 型式:IA-101-X-USBMW ロボット本体に付属 エンコーダケーブル 型式CB-CT4-PA□□□ 標準3m/5m アクチュエータ RCS2シリーズ(※)/RCS3シリーズ/ 単軸ロボット (注)接続可能なW数はタイプにより異なります。   詳細はP13をご確認ください。 (※)RCS2-RA7/SRA7シリーズは除く ■ 制御用電源 ■ モータ駆動用電源 ■ システムI/O ■ 拡張I/O 単相 AC200V 三相 AC200V ● 非常停止 ● I/Oボード 回生抵抗ユニットに付属 ● イネーブル ● 多点ボード 回生抵抗ユニットケーブル1m ● システムレディ RB- RB- RB+ RB+ RB IN RB IN RB- RB- RB+ RB+ RB OUT RB OUT ■ 主電源 三相AC200V 駆動源遮断回路 ※電源を接続する際は必ず以下のフィルタ相当品を取り付けてください。 (お客様にて用意) ● ノイズフィルタ 推奨機種 三相 TAC-20-683( COSEL) オプション ● リングコア 推奨機種 ESD-R-25(メーカー NECトーキン) 回生抵抗ユニット ● クランプフィルタ 推奨機種 制御電源用 ZCAT3035-1330(メーカー TDK) ※グローバルタイプのみ(標準タイプの場合は不要) ※回生抵抗ユニットは      モータ電源用 RFC-H13(メーカー 北川工業)  2個必要です。 ● サージプロテクタ 推奨機種 三相 R・A・V-781BXZ-4      (メーカー 岡谷電機産業) 回生抵抗ユニット ■ 型 式 REU-1 ※回生抵抗ユニットは φ5 34  2個 本体と一緒に手配して下さい。 ■ 標準価格 ¥9,000 ■ 内 容 モータが減速する際に発生する回生電流を熱に変換するユニットです。 RB- CT4を動作する時は回生ユニットが2個必要となります。 RB+ RB IN ■ 仕 様 RB- RB+ 項目 仕様 RB OUT 本体寸法 W34mm×H195mm×D126mm 本体質量 0.9kg 内蔵回生抵抗値 220Ω 80W 5 付属品 コントローラ接続ケーブル(型番CB-ST-REU010)1m 16.6 126 11 195 186 175
Page13

各部の名称、注意事項

お問合せは フリー コール 0800-888-0088 CT4 高速直交ロボット 各部の名称 Y-Zケーブル <直交4軸仕様> Y軸 Z軸 X-Yケーブル Xマスター軸 コネクタBOX Xスレーブ軸 フレーム Y方向基準面 X方向基準面 コネクタ接続部 <直交4軸+回転軸付仕様> <直交4軸+ピック&ロータリ仕様> X-Yケーブル(PR付専用) X-Yケーブル(エア配管内蔵) Y-Zケーブル (エア配管内蔵) Y-Zケーブル(PR付専用) PR軸 エア配管①接続口 R軸 エア配管②接続口 <エア配管について> 直交4軸+回転軸付仕様は、標準でZ軸先端までのエア配管が付いています。 直交4軸仕様は標準ではエア配管は内蔵していませんので、必要な場合はオプションのエア配管付仕様(型式:AC)をご指定下さい。 注意事項 ■設置用架台について ● 取付け面は機械加工面か、それに準じる精度を持つ平面とし、その平面度は0.05mm/m以内としてください。 ●架台はロボットを水平に取り付けられる構造としてください。 軸 反力 ● ロボットを据え付ける架台は大きな反力を受けます。下表に、1kg積載時の各軸が最大速度、 X軸 660N 最大加速度で移動した場合の瞬時最大反力 (目安 ) を示します。 Y軸 235N 十分剛性のある架台を用意してください。アンカボルトなどで床等に固定し、 Z軸 85N ロボットの動作によってCT4本体が動かないように設置してください。 ●架台の固有振動数が75Hz 以上となるようにしてください。 0.05/1000 ■設置架台の例 右は、設置架台の例です。例を参考に設置架台を製作してください。 25mm 以上 取付ボルトは、架台材質により下表の六角穴ボルトを使用してください。 ISO-10.9 以上の高強度ボルトを使用して下さい。 □100×100mm×t6.0mm  (角形鋼材) 800mm 以下 <架台材質が鋼の場合> 使用ボルト:M10×40 ( 有効ハメ合い長さ10以上 ),使用ワッシャ:M10(10.5×18×2) 締付けトルク:60N・m <架台材質がアルミの場合> 使用ボルト:M10×50 ( 有効ハメ合い長さ20以上 ),使用ワッシャ:M10(10.5×18×2) 締付けトルク:60N・m 900mm 500mm 指定のボルトを使用してください。ボルト長の選定には注意して下さい。指定外のボルトや不適切な長さの ボルトを使用した場合、タップ穴の破損や取付け強度不足となり,異音・振動発生、故障及び寿命低下の原因 となるばかりでなく、CT4本体が移動し、CT4本体およびワークを含む周辺部の破損や死亡または重傷な 危険 どの重大事故を引き起こす危険があります。 ■動作時の設定について 高速直交型ロボットを動作する場合は、S字モーションによる加減速設定と、制振制御をプログラム中で指定して頂く必要があります。 回転軸とピック&ロータリ軸は、負荷イナーシャに対応したサーボゲインをパラメータで訂正して頂く必要があります。 詳細は取扱説明書をご覧下さい。 12
Page14

XSEL-PCT/QCT コントローラ

XSEL-PCT/QCT コントローラ XSEL-PCT/QCT CT4高速直交型ロボット専用 プログラムコントローラ <直交4軸+回転軸付仕様> X S E L 400A 400A 400A 60AB 60AL 3 シリーズ タイプ 接続軸数 1軸目内容 2軸目内容 3軸目内容 4軸目内容 5軸目内容 6軸目内容 ネットワーク 標準I/O 拡張I/O I/Oケーブル長 電源電圧 60Wモータ 60AL アブソリュート E 未使用 400Wモータ 400Wモータ リミットスイッチ付 3 三相AC200V PCT CT4専用タイプ 400A 400A アブソリュート アブソリュート N1 入力32/出力16(NPN) N2 入力16/出力32(NPN) CT4専用グローバルタイプ QCT (安全カテゴリ対応仕様) 12I 12Wモータ(インクリメンタル) N3 入力48/出力48(NPN) 400Wモータ 400A 12A 12Wモータ(アブソリュート) P1 入力32/出力16(PNP) 0 ケーブルなし 5 5軸仕様 アブソリュート 20I 20Wモータ(インクリメンタル) P2 入力16/出力32(PNP) 2 2m(標準) 6 6軸仕様 20A 20Wモータ(アブソリュート) P3 入力48/出力48(PNP) 3 3m ※CT4のみ動作の場合は5軸 30DI RCS用30Wモータ(インクリメンタル) S 拡張I/Oベース付 5 5m 仕様となります。 60Wモータ 30DA RCS用30Wモータ(アブソリュート) ※標準I/O、拡張I/Oが全てE(未※拡張I/Oを使用しない場合は、スロット2 60AB アブソリュート 使用)又はS(拡張I/Oベース30RI RS用30Wモータ(インクリメンタル) からスロット4までE(未使用)を記入してく ブレーキ付き 付)の場合は、I/Oケーブル長ださい。 30RA RS用30Wモータ(アブソリュート) は0(ケーブルなし)となります。  拡張I/Oを使用する場合は、上記の拡張 ※6軸目のW数は30Wが上限となります。 I/Oの記号を装着したいスロットの位置 未記入 未使用  (それ以上は電源容量の関係で動作が出 に記入してください。 DV DeviceNet接続ボード 来ませんのでご注意下さい)  拡張I/Oが指定された場合は、コントロー ラの筐体が拡張I/Oベース付となります。 CC CC-Link接続ボード  最初は拡張I/Oを使わず後から追加する PR ProfiBus接続ボード 場合は、筐体だけI/O拡張ボード付にし て型式はスロット2からスロット4までSを ET Ethernet接続ボード 記入してください。 <直交4軸+ピック&ロータリ仕様> X S E L 400A 400A 400A 60AB 12APAR 3 シリーズ タイプ 接続軸数 1軸目内容 2軸目内容 3軸目内容 4軸目内容 5軸目内容 6軸目内容 ネットワーク 標準I/O 拡張I/O I/Oケーブル長 電源電圧 12Wモータ 12APAR アブソリュート E 未使用 400Wモータ 400Wモータ 3 三相AC200V PCT CT4専用タイプ 400A 400A アブソリュート アブソリュート N1 入力32/出力16(NPN) N2 入力16/出力32(NPN) CT4専用グローバルタイプ QCT (安全カテゴリ対応仕様) 12I 12Wモータ(インクリメンタル) N3 入力48/出力48(NPN) 400Wモータ 400A 12A 12Wモータ(アブソリュート) P1 入力32/出力16(PNP) 0 ケーブルなし 5 5軸仕様 アブソリュート 20I 20Wモータ(インクリメンタル) P2 入力16/出力32(PNP) 2 2m(標準) 6 6軸仕様 20A 20Wモータ(アブソリュート) P3 入力48/出力48(PNP) 3 3m ※CT4のみ動作の場合は5軸 30DI RCS用30Wモータ(インクリメンタル) S 拡張I/Oベース付 5 5m 仕様となります。 60Wモータ 30DA RCS用30Wモータ(アブソリュート) ※標準I/O、拡張I/Oが全てE(未※拡張I/Oを使用しない場合は、スロット2 60AB アブソリュート 使用)又はS(拡張I/Oベース30RI RS用30Wモータ(インクリメンタル) からスロット4までE(未使用)を記入してく ブレーキ付き 付)の場合は、I/Oケーブル長ださい。 30RA RS用30Wモータ(アブソリュート) は0(ケーブルなし)となります。  拡張I/Oを使用する場合は、上記の拡張 60I 60Wモータ(インクリメンタル) I/Oの記号を装着したいスロットの位置 未記入 未使用 60A 60Wモータ(アブソリュート) に記入してください。 DV DeviceNet接続ボード  拡張I/Oが指定された場合は、コントロー※6軸目のW数は60Wが上限となります。 ラの筐体が拡張I/Oベース付となります。 CC CC-Link接続ボード  (それ以上は電源容量の関係で動作が出  最初は拡張I/Oを使わず後から追加する 来ませんのでご注意下さい) PR ProfiBus接続ボード 場合は、筐体だけI/O拡張ボード付にし て型式はスロット2からスロット4までSを ET Ethernet接続ボード 記入してください。 <直交4軸仕様> X S E L 400A 400A 400A 60AB 〔 〕 3 シリーズ タイプ 接続軸数 1軸目内容 2軸目内容 3軸目内容 4軸目内容 5軸目内容 6軸目内容 ネットワーク 標準I/O 拡張I/O I/Oケーブル長 電源電圧 12I 12Wモータ(インクリメンタル) 12A 12Wモータ(アブソリュート) E 未使用 400Wモータ 400Wモータ 3 三相AC200V PCT CT4専用タイプ 400A 400A アブソリュート アブソリュート 20I 20Wモータ(インクリメンタル) N1 入力32/出力16(NPN) CT4専用グローバルタイプ 20A 20Wモータ(アブソリュート) N2 入力16/出力32(NPN) QCT (安全カテゴリ対応仕様) 30DI RCS用30Wモータ(インクリメンタル) N3 入力48/出力48(NPN) 400Wモータ 400A 30DA RCS用30Wモータ(アブソリュート) P1 入力32/出力16(PNP) 0 ケーブルなし 4 4軸仕様 アブソリュート 30RI RS用30Wモータ(インクリメンタル) P2 入力16/出力32(PNP) 2 2m(標準) 5 5軸仕様 30RA RS用30Wモータ(アブソリュート) P3 入力48/出力48(PNP) 3 3m 6 6軸仕様 60I 60Wモータ(インクリメンタル) S 拡張I/Oベース付 5 5m ※CT4のみ動作の場合は4軸 60Wモータ 60A 60Wモータ(アブソリュート) ※標準I/O、拡張I/Oが全てE(未※拡張I/Oを使用しない場合は、スロット2 仕様となります。 60AB アブソリュート 使用)又はS(拡張I/Oベースからスロット4までE(未使用)を記入してく ブレーキ付き 100I 100Wモータ(インクリメンタル) 付)の場合は、I/Oケーブル長ださい。 100A 100Wモータ(アブソリュート) は0(ケーブルなし)となります。 拡張I/Oを使用する場合は、上記の拡張 ※5軸目、6軸目の合計W数は100Wが上限 I/Oの記号を装着したいスロットの位置 未記入 未使用 となります。 に記入してください。 DV DeviceNet接続ボード  (それ以上は電源容量の関係で動作が出  拡張I/Oが指定された場合は、コントロー 来ませんのでご注意下さい) ラの筐体が拡張I/Oベース付となります。 CC CC-Link接続ボード  最初は拡張I/Oを使わず後から追加する PR ProfiBus接続ボード 場合は、筐体だけI/O拡張ボード付にし て型式はスロット2からスロット4までSを ET Ethernet接続ボード 記入してください。 13
Page15

スペック

お問合せは フリー   コール 0800-888-0088 XSEL-PCT/QCT コントローラ スペック 型 式 内 容 コントローラシリーズ・タイプ PCT(標準)タイプ QCT(グローバル)タイプ 接続アクチュエータ CT4/付加軸:RCS2、RCS3、単軸ロボット 接続可能モータ出力 CT4 + 最大100W(※3) 制御軸軸数 4軸 5軸 6軸 4軸 5軸 6軸 制御電源入力 AC200/230 単相 -15%、+10% モータ電源入力 AC200/230 三相 -10%、+10% 電源周波数 50/60Hz 絶縁抵抗 10MΩ以上(DC500Vにて電源端子と入出力端子間および外部端子一括とケース間) 耐電圧 AC1500V(1分間) Max Max Max Max Max Max 電源容量(※1) 4019VA 4265VA 4271VA 4019VA 4265VA 4271VA インクリメンタルエンコーダ(省配線型) 位置検出方式 多回転データバックアップアブソリュートエンコーダ(省配線型) 安全回路構成 二重化不可 二重化可能 駆動源遮断方式 内部リレー遮断 外部安全回路 イネーブル入力 b接点入力(内部給電型) b接点入力(外部給電型、二重化) 速度設定 1mm/sec~ 上限はアクチュエータ使用による 加減速設定 0.01G~ 上限はアクチュエータによる プログラム言語 スーパーSEL言語 プログラム数 128プログラム プログラムステップ数 9999ステップ(トータル) マルチタスクプログラム数 16プログラム ポジション数 20000ポジション(トータル) データ記憶装置 FLASH ROM+SRAMバッテリーバックアップ データ入力方法 タッチパネルティーチングまたはパソコン対応ソフト 標準入出力 入出力48点PIOボード(NPN/PNP)、 入出力96点PIOボード(NPN/PNP) 1枚装着可能 拡張入出力 入出力48点PIOボード(NPN/PNP)、 入出力96点PIOボード(NPN/PNP) 最大3枚装着可能 シリアル通信機能 ティーチングポート(D-sub25ピン)+2chRS232Cポート(D-sub9ピン×2) 標準装備 モータ過電流、 過負荷、 モータドライバ温度チェック、 オーバーロードチェック 保護機能 エンコーダ断線検出、 ソフトリミットオーバー、 システム異常、 バッテリ異常 使用周囲温度・湿度・雰囲気 0~40℃・ 10~95%(結露なきこと)・ 腐食性ガスがないこと、 特に塵埃がひどくなきこと 本体質量(※2) 5.2kg 5.7kg 4.5kg 5kg 付属品 I/Oフラットケーブル ※1 接続軸が最大W数の場合です。 ※2 本体はアブソバッテリ、ブレーキ機構、拡張 I/Oボックスが付いた場合の数値です。 ※3 接続可能なモータW数は、タイプにより異なります。詳細はP13をご確認ください。 14
Page16

I/O信号表、外形寸法図

XSEL-PCT/QCT コントローラ I/O信号表 標準 I/O信号表(N1叉はP1を選択した場合) 拡張 I/O信号表(N1叉はP1を選択した場合) 拡張 I/O信号表(N2叉はP2を選択した場合) ピン№ 区分 ポート№ 標準設定 ピン№ 区分 標準設定 ピン№ 区分 標準設定 1 ̶ (24V接続) 1 (24V接続) 1 (24V接続) 2 000 プログラムスタート 2 汎用入力 2 汎用入力 3 001 汎用入力 3 汎用入力 3 汎用入力 4 002 汎用入力 4 汎用入力 4 汎用入力 5 003 汎用入力 5 汎用入力 5 汎用入力 6 004 汎用入力 6 汎用入力 6 汎用入力 7 005 汎用入力 7 汎用入力 7 汎用入力 8 006 汎用入力 8 汎用入力 8 汎用入力 9 007 プログラム指定(PRG № 1) 9 汎用入力 9 入力 汎用入力 10 008 プログラム指定(PRG № 2) 10 汎用入力 10 汎用入力 11 009 プログラム指定(PRG № 4) 11 汎用入力 11 汎用入力 12 010 プログラム指定(PRG № 8) 12 汎用入力 12 汎用入力 13 011 プログラム指定(PRG № 10) 13 汎用入力 13 汎用入力 14 012 プログラム指定(PRG № 20) 14 汎用入力 14 汎用入力 15 013 プログラム指定(PRG № 40) 15 汎用入力 15 汎用入力 16 014 汎用入力 16 汎用入力 16 汎用入力 17 入力 015 汎用入力 17 入力 汎用入力 17 汎用入力 18 016 汎用入力 18 汎用入力 18 汎用出力 19 017 汎用入力 19 汎用入力 19 汎用出力 20 018 汎用入力 20 汎用入力 20 汎用出力 21 019 汎用入力 21 汎用入力 21 汎用出力 22 020 汎用入力 22 汎用入力 22 汎用出力 23 021 汎用入力 23 汎用入力 23 汎用出力 24 022 汎用入力 24 汎用入力 24 汎用出力 25 023 汎用入力 25 汎用入力 25 汎用出力 26 024 汎用入力 26 汎用入力 26 汎用出力 27 025 汎用入力 27 汎用入力 27 汎用出力 28 026 汎用入力 28 汎用入力 28 汎用出力 29 027 汎用入力 29 汎用入力 29 汎用出力 30 028 汎用入力 30 汎用入力 30 汎用出力 31 029 汎用入力 31 汎用入力 31 汎用出力 32 030 汎用入力 32 汎用入力 32 汎用出力 33 031 汎用入力 33 汎用入力 33 汎用出力 34 300 アラーム出力 34 汎用出力 34 出力 汎用出力 35 301 レディ出力 35 汎用出力 35 汎用出力 36 302 非常停止出力 36 汎用出力 36 汎用出力 37 303 汎用出力 37 汎用出力 37 汎用出力 38 304 汎用出力 38 汎用出力 38 汎用出力 39 305 汎用出力 39 汎用出力 39 汎用出力 40 306 汎用出力 40 汎用出力 40 汎用出力 41 307 汎用出力 41 汎用出力 41 汎用出力 42 出力 308 汎用出力 42 出力 汎用出力 42 汎用出力 43 309 汎用出力 43 汎用出力 43 汎用出力 44 310 汎用出力 44 汎用出力 44 汎用出力 45 311 汎用出力 45 汎用出力 45 汎用出力 46 312 汎用出力 46 汎用出力 46 汎用出力 47 313 汎用出力 47 汎用出力 47 汎用出力 48 314 汎用出力 48 汎用出力 48 汎用出力 49 315 汎用出力 49 汎用出力 49 汎用出力 50 ̶ (0V接続) 50 (0V接続) 50 (0V接続) 外形寸法図 標準仕様 拡張 I/O ベース付 側面図 エンコーダ アブソリュート(注1) アブソリュート(注1) コントローラ ブレーキ あり あり 共通 タイプ I/O 標準のみ 標準+拡張 3-φ 3- 5 φ5 59.5 75 75 59.5 51 120 120 51 4軸 仕様 269 5 342 5 285 358 P C T 3- 3φ -φ 5 5 42 120 120 42 78.5 120 120 78.5 5~6軸 (80) 125.3 仕様 324 5 397 5 340 413 3- 3φ -φ 5 5 38 75 75 38 29.5 120 120 29.5 4軸 仕様 226 5 299 5 242 315 Q C T 3-φ 3- 5 φ5 20.5 120 120 20.5 57 120 120 57 5~6軸 仕様 281 5 354 5 297 370 (注1)付加軸は、インクリメンタル•アブソリュートのいずれかになります。 15 195 195 195 186 186195 186 180 180186 180 180 195 195 186 195 186 195 180 186 186180 180 180 180 195
Page17

オプション

お問合せは フリー コール 0800-888-0088 XSEL-PCT/QCT コントローラ オプション タッチパネルティーチング ■ 特長 ポジションの入力、試験運転、モニタ等の ■ 仕様 機能を備えた教示装置です。 定格電圧 24V DC ■ 型式 TB-01-S 消費電力 3.6W以下(150mA以下) 使用周囲温度 0~50℃ ■ 構成 使用周囲湿度 20~85%RH(ただし結露なきこと) 210 88.6 耐環境性 IP40(初期状態において) 重量 507g(TB-01本体のみの場合) 5m パソコン対応ソフト(Windows専用) ■ 特長 プログラム/ポジションの入力、試験運転、モニタ機能等を備えた立上げ 支援ソフトです。デバック作業に必要な機能をアップし、立上げ時間短縮 に貢献します。 〈XSEL-PCT用〉 ■ 型式 IA−101−X−MW(RS232Cケーブル付) 対応コントローラ XSEL-PCT ■ 構成 5m RS232Cケーブル パソコンソフト(CD) CB-ST-E1MW050-EB ■ 型式 IA−101−X−USBMW(USB変換アダプタ+ケーブル付) 対応コントローラ USB変換アダプタ XSEL-PCT ■ 構成 IA-CV-USB 3m 5m USBケーブル RS232Cケーブル パソコンソフト(CD) CB-SEL-USB030 CB-ST-E1MW050-EB 〈XSEL-QCT用〉 ■ 型式 IA−101−XA−MW(安全カテゴリ4対応ケーブル付) 対応コントローラ ■ 構成 XSEL-QCT 5m 安全カテゴリ対応ケーブル パソコンソフト(CD) CB-ST-A1MW050-EB XSEL-PCTには、IA-101-X-MW、IA-101-X-USBMWをご使用下さい。 XSEL-QCTには、IA-101-XA-MWをご使用下さい。 対応していないコントローラにパソコン対応ソフト用各ケーブルを接続すると、 ご注意 コントローラ内部の部品が壊れる可能性がありますのでご注意下さい。 16 169.5
Page18

メンテナンス品

XSEL-PCT/QCT コントローラ メンテナンス品 モータケーブル<直交4軸+回転軸付仕様/直交4軸+ピック&ロータリ仕様> □□□は、ケーブル長を表します。(最長30m) 例)080・8m 型式 CB-CT4R-M A□□□ CN2 CN1 ピン No. 信号名 太さ ピン No. 信号名 太さ 1 PE [最小曲げ半径] A01 U 2 U 可動使用時: 51mm AWG18 A02 V 3 V B01 W 固定使用時: 34mm 4 W B02 PE CN2 CN3 A03 U ピン No. 信号名 太さ A04 V 1 PE B03 W CN3 2 U B04 PE B1 A1 AWG183 V A05 U 4 W A06 V AWG18 CN4 CN1 CN4 B05 W ピン No. 信号名 太さ B06 PE 1 PE A07 U CN5 2 U A08 V B10 A10 AWG18 3 V B07 W 4 W B08 PE CN6 CN5 A09 U L A10 Vピン No. 信号名 太さ 1 PE B09 W 2 U B10 PE AWG18 3 V 4 W CN6 ピン No. 信号名 太さ 1 PE 2 U AWG18 3 V 4 W エンコーダケーブル<直交4軸+回転軸付仕様> □□□は、ケーブル長を表します。(最長30m) 例)080・8m 型式 CB-CT4R -PA□□□ CN2 CN1 ピン No. 信号名 太さ ピン No. 信号名 太さ A01 BAT+ [最小曲げ半径] 10 NC A02 BAT- 11 NC 可動使用時: 54mm A03 SD12 NC A04 -SD 固定使用時: 36mm 13 NC A05 26 NC 14 1 B01 Vcc25 NC CN2 B02 GND24 NC 26 13 B03 F.G 23 NC B04 BK- 9 NC B05 BK+ 18 NC 14 1 A06 BAT+ CN3 19 NC A07 BAT- 26 13 1 NC A08 SD 2 NC AWG26 B1 A1 (ハンダ付) A09 -SD3 NC 14 1 A104 NC CN4 B06 Vcc5 NC 26 13 B07 GND CN1 6 NC B08 F.G 7 SRD+ B09 BK- 14 1 8 SRD- B10 BK+ CN5 14 BAY+ B25 A25 A11 BAT+26 13 15 BAT- A12 BAT- 16 Vcc A13 SD 17 GND 14 1 A14 -SD20 BKR- CN6 A1521 BKR+ AWG26 26 13 B11 Vcc L B12 GNDシールドはフードにクランプ接続 B13 F.G CN3:CN2に同じ B14 BK- B15 BK+ CN4:CN2に同じ A16 BAT+ A17 BAT- CN5:CN2に同じ A18 SD A19 -SD CN6 A20 ピン No. 信号名 太さ B16 Vcc 10 NC B17 GND 11 NC B18 F.G 12 E24V B19 BK- 13 0V B20 BK+ 26 LS A21 BAT+ 25 CREEP A22 BAT- 24 OT A23 SD 23 RSV A24 -SD 9 NC A25 LS 18 NC AWG26 B21 Vcc 19 NC (ハンダ付) B22 GND 1-6 NON B23 F.G 7 SRD+ B24 N 8 SRD- B25 24V 14 BAT+ 15 BAT- 16 Vcc 17 GND 20 21 シールドはフードにクランプ接続 17
Page19

お問合せは フリー コール 0800-888-0088 XSEL-PCT/QCT コントローラ エンコーダケーブル<直交4軸+ピック&ロータリ仕様> □□□は、ケーブル長を表します。(最長30m) 例)080・8m 型式 CB-CT4PR-P A□□□ CN2 CN1 ピン No. 信号名 太さ ピン No. 信号名 太さ [最小曲げ半径] 10 A01 BAT+ 11 A02 BAT- 可動使用時: 44mm 12 E24V A03 SD 固定使用時: 29mm 13 0V A04 -SD 14 1 26 LS A05 CN2 26 13 25 CREEP B01 Vcc 24 OT B02 GND 23 RSV B03 F.G 14 1 9 B04 BK- CN3 18 AWG26 B05 BK+ 26 13 19 (ハンダ付) A06 BAT+ B1 A1 1-6 NON A07 BAT- 14 1 7 SRD+ A08 SD CN4 8 SRD- A09 -SD 26 13 14 BAT+ A10 CN1 15 BAT- B06 Vcc 16 Vcc B07 GND 14 1 CN5 17 GND B08 F.G 26 13 B25 A25 20 BKR- B09 BK- 21 BKR+ B10 BK+ シールドはフードにクランプ接続 A11 BAT+ 14 1 A12 BAT- CN6 26 13 A13 SD L A14 -SD A15 AWG26 B11 Vcc B12 GND B13 F.G CN3:CN2に同じ B14 BK- B15 BK+ CN4:CN2に同じ A16 BAT+ A17 BAT- CN5:CN2に同じ A18 SD A19 -SD CN6:CN2に同じ A20 B16 Vcc B17 GND B18 F.G B19 BK- B20 BK+ A21 BAT+ A22 BAT- A23 SD A24 -SD A25 B21 Vcc B22 GND B23 F.G B24 BK- B25 BK+ モータケーブル<直交4軸仕様> □□□は、ケーブル長を表します。(最長30m) 例)080・8m 型式 CB-CT4-MA □□□ CN2 CN1 ピン No. 信号名 太さ ピン No. 信号名 太さ 1 PE [最小曲げ半径] A01 U 2 U 可動使用時: 51mm AWG18 A02 V 3 V B01 W 固定使用時: 34mm 4 W B02 PE 1 2 CN2 CN3 A03 U 3 4 B1 A1 ピン No. 信号名 太さ A04 V 1 PE B03 W 1 2 CN3 2 U B04 PE 3 4 AWG18 CN1 3 V A05 U 1 4 W A06 V 2 AWG18 3 CN4 CN4 B05 W 4 B10 A10 ピン No. 信号名 太さ B06 PE 1 1 PE A07 U 2 CN5 3 2 U A08 V 4 AWG18 3 V B07 W L 4 W B08 PE CN5 A09 NC A10 NC ピン No. 信号名 太さ 1 PE B09 NC 2 U B10 NC AWG18 3 V 4 W 18 M1 M2 M3 M4
Page20

カタログ番号 CJ0194-3A( 2014年6月) エンコーダケーブル<直交4軸仕様> □□□は、ケーブル長を表します。(最長30m) 例)080・8m 型式 CB-CT4- PA□□□ CN2 CN1 ピン No. 信号名 太さ ピン No. 信号名 太さ A01 BAT+ [最小曲げ半径] 10 NC A02 BAT- 11 NC 可動使用時: 44mm A03 SD12 NC 14 1 A04 -SD CN2 固定使用時: 29mm 13 NC A05 26 13 26 NC B01 Vcc 25 NC B02 GND 24 NC B03 F.G 23 NC 14 1 B1 A1 B04 BK- CN3 9 NC B05 BK+ 26 13 18 NC A06 BAT+ 19 NC CN1 A07 BAT-1 NC A08 SD 14 1 2 NC AWG26 A09 -SD CN4 3 NC (ハンダ付) A10 26 13 B25 A25 4 NC B06 Vcc 5 NC B07 GND 6 NC B08 F.G 14 1 7 SRD+ CN5 B09 BK-8 SRD- 26 13 B10 BK+14 BAY+ L A11 BAT+ 15 BAT- A12 BAT- 16 Vcc A13 SD 17 GND A14 -SD 20 BKR- A15 21 BKR+ AWG26 B11 Vcc B12 GND シールドはフードにクランプ接続 B13 F.G B14 BK- B15 BK+ CN3:CN2に同じ A16 BAT+ A17 BAT- CN4:CN2に同じ A18 SD A19 -SD CN5:CN2に同じ A20 B16 Vcc B17 GND B18 F.G B19 BK- B20 BK+ A21 A22 A23 A24 A25 B21 B22 B23 B24 B25 I/O フラットケーブル(XSEL-P/Q用) ※□□□はケーブル長さ(L)を記入、最長10mまで対応 例)080=8m 型式  CB-X-PIO□□□ 番号 色 配線 番号 色 配線 番号 色 配線 1 茶1 18 灰2 35 緑4 L 2 赤1 19 白2 36 青4 3 橙1 20 黒2 37 紫4 4 黄1 21 茶3 38 灰4 5 緑1 22 赤3 39 白4 2 1 6 青1 23 橙3 40 黒4 7 紫1 フラット 24 黄3 フラット 41 茶5 フラット 8 灰1 ケーブル 25 緑3 ケーブル 42 赤5 ケーブル 9 白1 26 青3 43 橙5 切り放し 圧接 圧接 圧接 10 黒1 27 紫3 44 黄5 11 茶2 28 灰3 45 緑5 12 赤2 29 白3 46 青5 50 49 13 橙2 30 黒3 47 紫5 14 黄2 31 茶4 48 灰5 フラットケーブル(50芯) 15 緑2 32 赤4 49 白5 16 青2 33 橙4 50 黒5 17 紫2 34 黄4 本社/〒424-0103 静岡県静岡市清水区尾羽577-1 TEL 054-364-5105 FAX 054-364-2589 東京営業所 /TEL 03-5419-1601 大阪営業所 /TEL 06-6457-1171 名古屋営業所 /TEL 052-269-2931 盛岡営業所 /TEL 019-623-9700 仙台営業所 /TEL 022-723-2031 新潟営業所 /TEL 0258-31-8320 宇都宮営業所 /TEL 028-614-3651 熊谷営業所 /TEL 048-530-6555 茨城営業所 /TEL 029-830-8312 多摩営業所 /TEL 042-522-9881 厚木営業所 /TEL 046-226-7131 長野営業所 /TEL 0263-40-3710 甲府営業所 /TEL 055-230-2626 静岡営業所 /TEL 054-364-6293 浜松営業所 /TEL 053-459-1780 豊田営業所 /TEL 0566-71-1888 金沢営業所 /TEL 076-234-3116 京都営業所 /TEL 075-646-0757 兵庫営業所 /TEL 078-913-6333 岡山営業所 /TEL 086-805-2611 広島営業所 /TEL 082-532-1750 松山営業所 /TEL 089-986-8562 福岡営業所 /TEL 092-415-4466 大分出張所/TEL 097-543-7745 熊本営業所/TEL 096-386-5210 当カタログに記載されている内容は、製品改良のため予告なしに変更することがあります。 W-1 PG1 PG2 PG3 PG4