1/14ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.4Mb)

【成功事例集】フルート研削、プロファイル加工用砥石など、実際の写真を用いてご紹介!

事例紹介

通常のレジンやソフトメタルボンドでは辿りつけないサーメット系材種をボンド材に使用した高い形状維持性を実現する高硬度・高研削性ホイール

高硬度・高研削性ホイールによる加工比較を写真・グラフ付で紹介!
フルート研削、プロファイル加工用砥石など掲載!加工事例集

金属を切ったり削ったりするために使われる“切削工具”。
そのねじれ溝はダイヤモンドホイールによる研削で作られます。

創業から45年、超精密加工に挑み続けてきたダイヤモンド工具メーカーのリード社から、フルート研削用砥石の加工事例集をお届けします。
通常のレジンやソフトメタルボンドでは辿りつけない、「サーメット系材種をボンド材」に使用した高い形状維持性を実現する高硬度・高研削性ホイール。
その実績を写真とグラフを交えて解説しています。

例えばフルート研削の砥石性能比較では、エッジの耐摩耗性や砥石外周の観察、 加工のすくい面から、性能の違いが一目瞭然。
そのほかプロファイル加工用砥石による超硬チップソーの乾式加工など、5つの事例をご覧いただけます。


【掲載内容】

◆事例1◆
フルート研削 砥石性能比較

◆事例2◆
プロファイル加工用砥石 超硬チップソーの乾式加工

◆事例3◆
SD270 最適加工条件 送り速度と周速の関係

◆事例4◆
SD800 最適加工条件 送り速度と周速の関係

◆事例5◆
ツルーイング・ドレス 軟鋼材とDCC

◇詳細は事例集をダウンロードしてご覧ください!

このカタログについて

ドキュメント名 【成功事例集】フルート研削、プロファイル加工用砥石など、実際の写真を用いてご紹介!
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 4.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社リード (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

成功事例 選
Page2

事例 研削 砥石性能比較 1
Page3

評価内容 11. .概 概要要    他社製フルート研削砥⽯とDCC砥⽯との社内⽐較検証を⾏いました。 2
Page4

加⼯結果 1. 砥⽯の形状変化までの加⼯数    ※超硬に0.5mmの浅溝を切り込んで砥⽯エッジ形状を確認 DCC-2K6 T社 初期 3本加⼯後 初期 3本加⼯後 側⾯ 底 底 側⾯ 初期 1本⽬ 2本⽬ 3本⽬ 初期 1本⽬ 2本⽬ 3本⽬ (4溝) (8溝) (12溝) (4溝) (8溝) (12溝) 初期、スタート時点でのR幅を20μmとすると、砥⽯の⾓Rが200μmに拡⼤するまでは (直線関係にある場合)、 DCC-2K6 … 底 41本加⼯(167溝) 側⾯ 22本加⼯(91溝) T社 … 底 6本加⼯(26溝) 側⾯ 10本加⼯(40溝) とエッジの耐摩耗性に⼤きな差が⾒られました。 3 R幅 [μm] R幅 [μm]
Page5

加⼯結果 2. 砥⽯外周観察 DCC-2K6 T社 砥⽯ 砥⽯エッジ エッジ ⾼倍率 ⾼倍率 砥⽯ エッジ 砥⽯ 低倍率 エッジ 低倍率 T社は外周がボソボソした感じで、エッジの形状が崩れやすいと考えます。 4
Page6

加⼯結果 3. すくい⾯写真 DCC-2K6 T社 同程度のすくい⾯粗さが得られております。 5
Page7

事例 加工用砥石 超硬 乾式加工 6
Page8

超硬チップソーのプロファイル加⼯ ⽮印の⽅向に 超硬を加⼯ DCCホイール ワーク 超硬チップソー プロファイル加⼯機での加⼯状況 加⼯条件 ワーク … 超硬チップ(厚み4mm K30) クーラント … 無し。乾式加⼯ 超硬チップへの切込み … 1mm/パス 送り速度 … 約200mm/min 周速1,400m/min 砥⽯ Φ150×4t SD120 評価結果 乾式加⼯⽅式なので、通常は耐熱レジンホイールが主に使われる加⼯ですが、 DCCでテストを⾏ったところ、レジンと同じ送り速度で加⼯でき、砥⽯摩耗 はレジンの約1/8で連続加⼯できました。 7
Page9

事例 最適加工条件 送 速度 周速 関係 8
Page10

※送り速度は  砥⽯進⾏⽅向 40mm 周速 送り速度 600m/ 800m/ 1000m min min /min No data 仮想点 600m 800m 1000 1200 /min /min m/min m/min ワーク 破損! No data仮想点 600m 800m 1000 1200 /min /min m/min m/min 1パス3.5mm切込みの場合、 送り速度75mm/min以下      … 電流値は⾼いが、上昇率が低い600m/minを推奨 送り速度100mm/min以上      … 周速が⾼い⽅が上昇率は低いため、1000m/min〜1200m/minを推奨 9 電流値 % 電流値 % 電流値 % 上昇係数 上昇係数 上昇係数
Page11

事例 最適加工条件 送 速度 周速 関係 10
Page12

※送り速度は  砥⽯進⾏⽅向 40mm 周速 送り 速度 S600 S800 S1000 S1200 S800 S1000 S1200 S1000 S1200 粒度#500〜800で1パス1mm前後の切込みの場合、 送り速度60mm/min以下では周速800m/minでのご使⽤を推奨します。 送り速度60mm/min以上では周速800〜1000m/minでのご使⽤を推奨します。 11 電流値 % 電流値 % 電流値 % 上昇係数 上昇係数 上昇係数
Page13

事例 軟鋼材 12
Page14

⼀般的に軟鋼材に砥⽯を当てて砥⽯のツルーイング、ドレスを⾏う⼿法がとられていますが DCCでも適応できるか検証を⾏いました。 S45C 砥 ⽯ 揺動 a:軟鋼加⼯幅 10mm b:ニゲ幅 11mm a b 検証結果 砥⽯外径 参考 超硬加⼯後の砥⾯ SD45C加⼯後の砥⾯ Φ124.941 砥粒は綺麗な状態で加⼯できている   ↓ Φ124.927 (半径で0.007) 参考 WA600ドレス後の砥⾯ ⽬出し出来ている 軟鋼でも⽬は⽴つがWA処理後に⽐べて 砥⾯が荒れていることがわかります。 GC、WAが無い時以外は軟鋼での処理 はお勧めしません。 13